So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

イハトビラキで見えてくる世界 [イハトビラキ]

今朝、イハトがヒラキつつあることを象徴する2つの文章に出合った。「希望」が見える。飯山一郎氏副島隆彦氏の紹介による。

1.『世界平和への絵本集-愛と癒しと和を地球へ』http://www.j15.org/Picturebook-Choice/

現代日本人がもし覚悟を決めて選択することを決意したなら、色々と紆余曲折はあるでしょうが、結局は以下のようになるのではと予想しています。

一切のタブーを捨て国民的な議論を展開 →米国からの独立/自主防衛という未来を選択 →「国民が日本のリーダーたちをサポートしなければ実現は不可能」と覚悟 →対米関係が悪化しないように細心の注意を払いつつ、自己主張は毅然と →米国の不安(日本人は悪/原爆の復讐)へ積極的に対応 →原発廃炉・プルトニウム放棄・核武装放棄宣言 →平和ブランドの強化 →専守防衛の自主平和憲法を制定 →攻撃型の兵器は持たない →非効率な専守防衛を可能とするため国民皆兵・徴兵制・国土強靭化などに関して国民的な議論 →自分の国は自分で守る共通認識 →米国は日本の自主独立と平和希求の決意に驚き日本を尊敬 →米軍基地を自主的に返還 →他国との軍事同盟は結ばない。国連活動への派兵も行わない →軍事力以外の方法で世界の平和を推進 →周辺諸国との交流を深め地域を安定化 →核保有国との戦力バランスでは日本が不利 →不利は甘受。不利なまま毅然と →世界が日本を尊敬し見習い核軍縮が進む →日本が中心となって恒久的な世界平和を達成http://www.j15.org/Picturebook-Choice/52.htm

2.「日本が中国に完敗した今、26歳の私が全てのオッサンに言いたいこと/勝手に『終わり』とか言ってんじゃねえ」http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53545

(↓以下、要所抄出)

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

若者に期待!「菊の南陽」 [菊まつり]

3ヶ月前の9月9日、重陽の節句の日のこと、宮内ふるさと資料館「時代(とき)のわすれもの」の鈴木孝一館長とともに「南陽市民大学講座」の講師を務め「菊まつり」について語ったことがありました。全部で40人ぐらい、20代の聴講者が5、6人ありました。スライドを用意したのですが、うまい具合に最後は↓で締めていました。

225-E7B582E3828FE3828A-930db.jpg

キック*オフ12.2チラシ.jpgそのせいか、終わって2グループの若者が残ってくれて話しました。しばらくしてそのうちの一つのグループが家に訪ねてきてくれました。めざせ100万円!南陽若者コンペティション」に名乗りをあげた「キック*オフ」というグループでした。12月2日に開催するプレイベントに向けた相談でした。12月2日(土)は、熊野大社の縁結び祈願祭「月結び」の日です。そこでの成果、体験をもとに2月25日のコンペ本番に臨むのだそうです。その時の話からアリス(元 粡町の藤屋菓子店さん)に声をかけたりもしました。観光協会の副会長である藤屋くんも乗ってくれました。11月18日には「時代のわすれもの」を会場に、それまでの成果を聞いたりご馳走になったりしてきました。菊関連のメニュー開発にもつながるかと竹さんも誘い、十分なアルコールで盛り上がってきました。そして12月2日、イルミネーションも用意するというので暗くなってから家内と連れ立って行ってきました。12月2日段階ではなんとなく頼り無げで心配だったのでしたが、立派に様(さま)になっていました。なんと言っても若い世代が来ていました。同級生間での盛り上がりがあるようでした。山形新聞の若い記者も来ていました。いい記事にしてくれました。私たちは「お年寄り」になっていました。そう言われる年になっているのかとあらためて思わされたことでした。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済講座(2) [現状把握]

mespesadoさんの発言の度にmespesadoさんによる1億人のための経済講座のコメント欄にメモってきたのですが、夕べ一挙に4連続発言がありました。日本はこれからどうするか、どうすればいいのか、その展望が拓けてくる発言です。新たな展開ですので、あらためて「mespesadoさんによる1億人のための経済講座(2)」とします。

「感覚的に理解できる日本の経済」、いいかえれば「心で納得できる日本の経済のしくみ」です。ぜひ書籍化なることを切望します。国民の共通理解となるはずです。「国民の共通意思形成」に向けての大きなステップアップです。(↓太字は転載者)

*   *   *   *   *

678:mespesado : 2017/12/07 (Thu) 21:47:13 host:*.itscom.jp
>>646
 さて、この Chapter3 の要約を一言で言うと、私がこの連載の一番最初にこの本の批判論者(=アベノミクス賛同者)のアマゾン・レビューとして引用した >>332 の中の

> 結局、この著者が言いたいことは、成長より分配ということです。

ということに尽きると思います。では、このレビュアーはなぜ、「成長より分配」ではダメだ、と主張するのでしょうか?このレビュアーは、上記の一言に続けて

> 「弱者を見捨てるな、生活保護をもっと充実させろ」と書いています。そ
> のためには法人税も増税しろという意見です。

と説明を補い、それではダメだ、という理由として以下のように続けます:

>  世界では「市場」か「分配」かの議論はとうの昔に終わっています。
> 「分配」で成功するのなら、ソビエトや北朝鮮は繁栄しているでしょう
> し、JALが倒産したりはしなかったでしょう。このグローバル競争の時代
> によくもまぁこういう古い考えの人がまだいるのですね。私は、格差は
> ある程度は仕方がないと思います。必要なのは結果の平等ではなく、機
> 会の平等です。

 こういう考え方をする人は結構いて、社会主義的な考え方が嫌いな人に多いと思いますが、実は現代の、特に日本においては、かえって時代遅れな考え方だと思います。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

北朝鮮情勢、レベルアップの緊迫度 [現状把握]

堺のおっさんによる北朝鮮講座のコメント欄にメモろうかと思ったのですが、1ヶ月前の「暴発の危険性」という程度の緊迫度が、「防衛から攻撃への転換か」という緊迫度にレベルアップしています。今日の「文殊菩薩」は『吉林日報』が核戦争への備えを勧告です。「米トランプ政権が北朝鮮との有事に備え、韓国に駐留する米軍人家族の帰国をすでに決めている」との情報も飛び交い出しています。こうした折、堺のおっさんの発言は必読です。(↓太字は転載者)

   *   *   *   *   *

667:堺のおっさん : 2017/12/06 (Wed) 20:32:51 host:*.ocn.ne.jp
皆さま、お久しぶりです。
一寸先は闇。
これ以外に言い表せない情勢。

新たな米韓合同軍事演習 防衛から攻撃への転換かhttps://sptnkne.ws/ggzX

明らかに、開戦を意識したスプートニクの論調
今、出来ることは米朝(とロシアは)は開戦する! と
その前提に立って、生き残りの準備をして、
つまり、最悪を想定し、準備し、その上で楽天的に生きる。
これしかありません。
乳酸菌をわがものにし、健康に生きられる人間は生き残ることができる。
この一点に自信を持ち、生きていきましょう。
それがつまるところ…
最高の指針です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

感動のチェロコンサート [こども園]

1-DSCF7887-001.JPG2日の晩、こども園のホールでチェロのコンサートがありました。今年度新たに牧師・園長に就任された林原先生による企画です。教会100周年記念イベントとして発案され、こども園65周年もあわせて銘打つことになりました。この土地にまだ慣れない中でのご苦労を、終わってみてあらためて思わされているところです。

チェロ走者は川上徹さん、ピアノ伴奏が町田育哉さん。二人は桐朋高校から桐朋学園の同級生、息がぴったり合って、チェロとピアノだけでこんな迫力のある音楽ができものかと感動しました。昨日、夫婦で聴かれたピアノの先生から「感動した!」の電話をもらって話したのですが、「同じ床の上で本格的なチェロ演奏が聴けるなんて!」と言われてなるほどと思いました。演奏合間の川上さんのお話で「チェロを床に付けた時と付けない時の音を床に手を当てて聞き分けてみて下さい」と言われて実際に体験していたのですが、舞台と観客席が分かれているのが普通なわけで、今回は同一平面、ほんとうに贅沢な体験だったわけです。

記念コンサート.jpg記念コンサートプログラム表.jpg記念コンサートプログラム.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「切り替えよ!」 [イハトビラキ]

夕べしたたか酔って帰って読んで「すごい!」と思った飯山氏の発言、そのまま寝たのだが、今朝堺のおっさんが「放知技」板で反応しておられ、あらためて飯山氏の文章を読んでうかんだ言葉が「切り替えよ!」。何も難しいことはない、とことん自分の感覚に帰ればいいだけのハナシ。キーワードは「ワクワク感」。飯山氏曰く、「混乱の時代」=「乱世」は,乱世を好む英雄だけではなく,ワシたち庶民にとっても,またとないワクワク現象でもある!》!あらためて思う、「イハトビラキとはこういうことなのか!」と。 


*   *   *   *   * 


2017/12/01(金)  アノミー・社会規範崩壊・カオス・混沌


様々な「正義感」の噴出


国家社会の態様が大きく変化する日本


飯山一郎chaos.jpg 

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

「から・ころセンター」のこと [教育]

26日(日)、置賜地区青少年育成推進員研修会で「ひきこもりの理解と対応」という講話を聴いてきた。宛職で関わらせられたこの組織、昨年県大会まで行って、あとは最低限の関わりにしておこうと思ったのだが、今回のテーマはどうしても聴きたかった。ギリギリの時間に駆け込んだらいちばん前、正面の席が用意されていて戸惑った。ほとんどネクタイを締めている人ばかり、ジャンバーで来なくてよかった。講師は、特定非営利活動法人「から・ころセンター」の若者自立支援相談員佐藤祐治さん。

今から20年ぐらい前、米沢駅前のクリーニング屋さんが不登校の子どものお世話をしていることを知って行ってみようと思ったことがあったが、当時の子どもの成長につれて、いわゆるニートの人たちを対象に居場所をつくって就労支援まで行うようになったようだ。(1991年「登校拒否の子を持つ親の会」サークルあすなろ、2003年体と心のセンター「から・ころセンター」、2006年特定非営利活動法人に。米沢には不登校の子どもを対象にした「With優」という組織が別にある。)
外観equipment01.jpg団欒室equipment04.jpg食堂equipment06.jpg 

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:地域

天人一体となった放射能からの解放ドラマ [現状把握]

いつのまにか日本人、放射能の恐怖から解放されています。うそのようです。

辞別(ことわけ)て白さく去(いに)し六年前(むとせまえ)三月(やよひ)十一日(とあまりつひたち)東北地方太平洋沖を震源(みなもと)とする比類(たぐひ)なき大地震(おおなひ)加へて嘗て無き大津波(おおたかしほ)襲(おそひ)来て許々太久(ここだく)の人始め田畑樹木建物船舶車輛と有りと凡(あら)ゆる諸々を呑み込む大被害(おほきわざはひ)更に加ふるに福島原子力発電所爆発による放射能の拡散(ひろがり)のさま青人草恐れ慄(おのの)きおれば大神等(おほかみたち)の奇霊(くしび)の御神徳(みいづ)を蒙(かが)ふらせ給ひてこれより後は諸々の枉事(まがこと)有らしめず一日(ひとひ)も速やけく平穏(おだひ)なる世に立かへらしめ給ひ四方の海皆美(うるは)しく諸人たちの身も心も平穏に守り恵み幸(さきは)へ給へと畏み畏みも乞祈(こひの)み奉(まつ)らくと白す

福島、宮城の多くの神社を夫婦して、放射能からの穢れを祓い、清めを祈願して回られた方を知っています。「人の道を尽くして神に頼め」、天の動きに先立つ人の尽力もあったはずです。天人一体となった放射能からの解放ドラマの核心が「放知技」板で明かされつつあります。(↓太字 転載者)

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サークル紹介「南陽宮内岳鷹会」 [詩吟]

2-DSCF7434.JPGNCV(ケーブルテレビ)で宮内岳鷹会が紹介されました。

youtubeでご覧いただけます。https://youtu.be/n_RTPJLLYxA

会員募集中。毎週月曜日午後6時半から8時まで。月3回です。会費は月2,000円。宮内公民館にお問い合わせ下さい。見学も自由です。電話0238-47-3112です。

3-DSCF7451.JPG6-DSCF7462.JPG5-DSCF7455.JPG



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雪の朝 [地元のこと]

今朝のラジオ体操は5人。帽子をかぶって手袋をして。銀杏の木がどうなっているか見てきました。

3-DSCF7847.JPG2-DSCF7846.JPG

1-DSCF7842.JPG1-DSCF7844.JPG

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -