So-net無料ブログ作成
検索選択

『羽前国置賜郡宮内村 金幣山照明寺縁起』 [宮内よもやま歴史絵巻]

照明寺縁起.jpg
菅野昭彦さんが照明寺様に依頼されて作成していた『照明寺縁起』が届きました。副題に「400年の歴史と地域の宝である秘仏を探る」とあります。以下、目次です。

巻頭言
写真特集 石仏石碑にみる照明寺の歴史
写真特集 照明寺の秘仏〜五十年ごとに開帳〜
第1章 歴史を紐とき照明寺の誕生を探る
第2章 二百年前の文書に「秘仏」が紹介
第3章 源信と平維盛の伝説の秘仏のご開帳
第4章 江戸初期の地図に載る照明寺
第5章 明治時代の照明寺再興の願い 
第6章 今後も宮内の寺であり続ける 
謝  辞

A4判フルカラー36ページ、写真が豊富に入っており、多くの人に照明寺に関心をもっていただくきっかけになります。何よりも物証のある平維盛伝説というのがすごいです。本格的な歴史的検証に発展してゆくことを期待したいです。その土台となる本の誕生を喜びたいと思います。

「宮内よもやま歴史絵巻」に『平維盛伝説』として取り上げています。『照明寺縁起』はそれをさらに詳しく掘り下げています。

以下が「よもやま歴史絵巻」の『平維盛伝説』です。

平維盛は、平家が滅びなければ平家の頭領となるべき清盛の嫡孫でした。笛の名手であり、光源氏の再来といわれるほどの美貌で「桜梅少将」と呼ばれました。維盛について次のような伝えがあります。実は入水と偽り、熊野権現を背負ってこの宮内へと逃れ、熊野神社を建立したというのです。

維盛ハ平氏ガ亡ビシ時、独リ死ヲ逃レ、紀州那智浦ニ到リ、松ノ樹ヲ削リ、平維盛入水ト誌シ、遂ニ頭僧陀ト成テ、熊野ニ隠ルト云ドモ、頼朝捜シ求ムルノ急ヲ恐レ、遂ニ其熊野権現ヲ負去リ、奥州ニ来テ潜ニ堂森(米沢市万世)ニ隠棲シ居ルニ、六七年ニシテ又去テ、宮内ニ至リ、紀州ヨリ負来レル神像ヲ此地ニ安置シ、熊野ヲ建立セリ。(『鶴城地名選小幡忠明一八〇四)      


この維盛が紀州より伴ってきた神像というのは、宮内本町の金幣山照明寺に伝わる秘仏ではないかと言われています


昭和五十年、地元有志が中心になって厳重に封印された栗の木箱を開けたところ、漆塗りの厨子に納められた高さ七センチの木彫りの阿弥陀如来さまと五センチの金銅製の薬師如来さまがお現れになりました。その箱には恵心僧都源心(浄土教の基礎となった「往生要集」を著した平安時代の僧侶)の御作で、「吾レ等寂光ノ妙土ヲ出テ此ノ秋津国ニ跡ヲ垂レ熊野権現トアラワレキ尚東ノ方此ノ処ノ衆生ニ縁深キユエニ再此地ニ飛ビ来タレリ紀州熊野権現ノ分身ナリト思ヒモロビトラ崇ブベシ」と記してありました。

 

五十年毎の御開帳と伝えられ、平成三年に御開帳法要が盛大に執り行われました

26 平維盛伝説.jpg





 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。