So-net無料ブログ作成
検索選択

安保法案、参院委員会可決 [日本の独立]

昨日は忘れられない一日になるだろう。ずっとテレビの見れる場所で仕事をしていた。圧巻は福山哲郎議員の鴻池委員長不信任動議の趣旨説明、そして大塚耕平議員、山本太郎議員の賛成討論だった。福山議員は、審議の不徹底をひとつひとつ具体的に指摘した。大塚議員は国会職員に公正性を求めた。それぞれその真摯な姿勢が心に響いた。ここを見る限り、言論の府健在を思った。それを産経ニュース福山氏に次いで大塚氏も長々討論 民主の進行妨害作戦続く」「同党は議事進行を遅らせるフィリバスター(議事進行妨害)作戦を徹底する構えだ。」と報じる。マスコミがいかに国民の政治意識をねじまげてきたことか。


同じ思いを山形市長選の検証報道を見て思っていたことだった。一昨日の山形新聞、「県都激戦―山形市長選を終えて(2)」の見出しは「吉村知事/3選見据え積極支援 自民との火種は拡大」。そして《梅津は10年の参院選で盟友中の盟友である岸と争った人物。もちろん「恩返し」の対象ではなく、それでも あえて積極支援に動いた背景に次期知事選があったことは間違いない。吉村周辺からは「もうひるまない」[腹を決めた」と、佐藤孝弘(39)を推す自民との対決に意を決したという本人の声も漏れ聞こえた。》と書くが、吉村知事は自分の選挙を第一義に梅津応援に踏み切ったのではないはずだ。何よりも、戦争を経済の手段にしか考えない今の日本の政治情勢にくさびを打ち込みたい思いがあったにちがいない。政治家の行動をすべて「票のため」と解釈して当然とする、マスコミのいわば「選挙還元主義」が、国民の政治意識をいかに歪めることになるか、いかに政治家を貶め、政治を軽んずる結果になっていることか。


山本太郎議員にはもっと思う存分語ってほしかった。理事たちが委員長席に集まったその後、委員長(代理)が「討論時間は常識の範囲ということになっていますのでそろそろ打ち切るように」と指示。山本議員、まだまだ語る内容をもっていた様子で「ここで切り上げてまとめるのは難しい」と言いつつ、継続を断念。野党理事は最後まで語らせる方向でがんばるべきではなかったか。本気で廃案に持ちこむ命がけの姿勢が欠けていた。辻元議員がニュースのインタビューで「人の命がかかっている法案だから命がけで成立を阻止する」と語っていたが、これからの本会議、野党勢力の本気度が試される。


それにしてもひどいNHK。
昨晩7時のニュース。
アナウンサー「どうしてこういうことになったのですか。」
記者「野党側が強硬な反対姿勢を崩さなかったからです。」
何をかいわんや。開いた口がふさがらないとはこのことか。もうこのあと聞く気にはなりませんでした。前日来ずっとこの田中という記者ばっかり。ねじ曲がった根性が醜く顔に出ている、と言ったら悪いか。このたびこう言う役割を担わされているのかもしれない。良心に偽りながら生きてゆくことの苦悩のあらわれか(と思いたい)。

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 2

めい

「どんな議事録が作られるのか読者の皆さんも注意して見てほしい:ムネオの日記」
http://www.asyura2.com/15/senkyo193/msg/419.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 9 月 22 日 00:02:05: igsppGRN/E9PQ
     
http://sun.ap.teacup.com/souun/18398.html
2015/9/22 晴耕雨読

2015年9月20日(日)から転載します。http://www.daichi.gr.jp/diary/diary_2015_09.html

 朝の報道番組は安保関連法案成立の話題を各社取り上げていた。与党側の説明は歯切れの悪いとても納得できる説明ではなかった。

 野党側も自己主張で、ただ反対では数で負けてしまう。それならばバッチを外し、野党議員が全員辞めて国民と共に闘うという位の「決意と覚悟」が必要だと思うのだが。

 NHKの日曜討論を見ながら、何か評論家的なやり取りに消化不良の感で一杯だった。

 安保関連法制は来年夏の参議院選挙の争点の一つになろうかと思うが、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」の今の日本人の受け止めからして、9カ月後まで今の熱意が残っているかどうかがポイントでないか。

 17日の参議院安全保障関連法案の特別委員会での採決は「議事録では『……(発言する者多く、議場騒然、聴取不能)』とだけ書かれている」(東京新聞1面)。

 私もテレビ中継を見ていても、人だかり、人が重なっており、委員長の姿形は見えず声は聞こえない。それをもって採決、可決というのはデタラメである。

 正式な議事録は数日後に完成するそうだが、どんな議事録が作られるのか読者の皆さんも注意して見てほしい

 「聴取不能」と書かれている未定稿の議事録が一番正確だと考えるが、どの様なものが作られるのかよくチェックして参りたい。

 国権の最高機関と言われる国会で、嘘やデタラメ、ゴマカシは許されることではないと思うのだが。

鈴木宗男

by めい (2015-09-22 05:09) 

めい

《○委員長(鴻池祥肇君)(発言する者多く、議場騒然、聴取不能)》
http://www.asyura2.com/15/senkyo193/msg/422.html

   *   *   *   *   *

○理事(佐藤正久君) 他に御意見もないようですから、討論は終局したものと認めます。
これより採決に入ります。

我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員長鴻池祥肇君不信任の動議に賛成の方の起立を願います。
〔賛成者起立〕

○理事(佐藤正久君) 起立少数と認めます。よって、本動議は賛成少数により否決されました。
鴻池委員長の復席を願います。
速記を止めてください。
〔速記中止〕

〔理事佐藤正久君退席、委員長着席〕

○委員長(鴻池祥肇君)(発言する者多く、議場騒然、聴取不能)

〔委員長退席〕
午後4時36分

by めい (2015-09-22 05:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。