So-net無料ブログ作成

「生き心地の良い町」(岡 檀著 講談社 2013)を読んで [メモがわり]

生き心地の良い町.jpg
まっぴら!一億総活躍社会 の記事に《「『町をにぎやかに』なんて思わなくてもいい」・・・少子高齢化社会をすなおに受けとめれば、これがこれからの世の中のトレンドになりそうな気がする。「がんばらなくてもいいんだよ。」》と書いた。とすると、今「いい町」とはどんな町なのか。地区長会の研修旅行先を探しているうちに『生き心地の良い町』という本に行きあたった。徳島県海部(かいふ)町、まるっきり日帰り旅行の範囲を越えている。ふと、著者の岡檀(まゆみ)さん、「共育ネットワーク」主催の講演会講師におよびして話してもらえないかと思って事務局に連絡しました。明日8日の事務局会で方向が決まるはずです。

地区長会の研修視察の方は宮城県の岩出山(現大崎市)に行くことにしました。岩出山は伊達政宗が置賜から移封なった地です。飯山市の方々が尾崎氏の跡を追って宮内にお出でいただくのと同じなわけで、今後どんな展開が待ち受けているか。それはそれで楽しみです。

『生き心地の良い町』、アマゾンにレビューしてきました。もちろん五つ星にしました。

*   *   *   *   *

「生き心地の良い町」帯.jpg
「みんなちがって、みんないい」
「いいまち」を探していてこの本に出会った。読みつつ金子みすゞの「みんなちがって、みんないい」の詩句が思いうかんだ。
極めて自殺率の低い海部町で「自殺予防因子」をさぐる著者は、「病、市に出せ」の言葉に反応する。この町で古くから言い習わされた言葉という。「体調がおかしいと思ったらとにかく早めに開示せよ」の意味だが、同時に「やせ我慢すること、虚勢を張ることへの戒め」の意が込められていることに気づく。さらに「でけんことはでけんと、早う言いなさい。はたに迷惑かかるから」の言葉に出会うが、やはり同じコンセプトにちがいない。

3.11以降しきりに「絆(きずな)」が言われ「助け合い」が言われるようになった。ただしその前提が「みんな同じ」か「みんな違う」かで正負が逆になる。「みんな同じ」を前提とすると「違い」は表に出しにくいが、「みんな違う」を前提にすると「違い」に対して寛容だ。「みんな同じ」には「同じであることの規準」があるゆえに、そこからの逸脱度合いとしての「評価」がつきまとう。お互い評価しあいながら生きてゆく関係が生じる。一方「みんな違う」が前提であれば、規準がないから評価の仕様がない。事実そのまま、現実そのままを受け容れて生きてゆけばいいフラットな社会だ。ハゲが「あんたの頭はハゲてるね」と言われても、それが事実ならそれまでのことなのに、そばに居るだれかが「そんなこと言ったら傷つくわ」と言ったら、その言葉でハゲは傷つく。評価が混じり込むからだ。気遣いがかえってうっとうしい。著者は海部町と対照的に自殺率の高いA町についても調査するが、A町はむしろ海部町以上に地域のつながりは固い。ややもするとよけいな気遣いが多いのではないか。「みんな違う」から出発する海部町に対して、A町は「みんな同じ」から出発しているののかもしれない。金子みすゞが思いうかんだゆえんである。

海部町のようになるにはどうすればいいか。著者が気づいたことがある。《この町の人たちは周囲から「野暮な奴だ」と言われることを最大の不名誉のひとつと思っている。彼ら自身が意識しているか否かは別として、この「野暮」というラベルを貼られるような行為を極力避けながら生きているのではないか》と。「野暮」とは《個人の自由を侵し、なんらかの圧力を行使して従属させようとする行為》である。海部町ではそれが最も嫌われる。そうした行為には否応無しに「野暮」のレッテルが貼付けられる。そのことで《人と違った考えや特徴を持っているという理由だけでその人を排除するという行為》《他者を評価する際に相手の能力や人柄を見ることなく、年功や家柄、財力だけで判断しようとする行為》《その人にやり直しのチャンスを与えずスティグマ(烙印)を押しつけるという行為》《権力を行使して相手を無理やり従わせようとする行為》が封じられる。「野暮ラベル」は、海部町コミュニティにおいて「公平な人間関係」「弾力性の高い合意形成のプロセス」を保証する魔除け札である。著者なりの評価と言える。

しかしそもそも、もろもろそうした評価からまったく自由なのが海部町民の海部町民たるゆえんであることに十分気づいて語っている、著者のその姿勢が好ましい。すがすがしい本である。


【追記】
岡さんが参加した鼎談記事がありました。本の内容の大筋が語られています。
自殺をテーマにした異色の2冊の著者が語る「なぜ徳島県海部町は日本一自殺率が低いのか」
末井昭(『自殺』)×岡檀(『生き心地の良い町』)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0