So-net無料ブログ作成
検索選択

吉本隆明さんの御霊前にお参りしてきました [吉本隆明]

20年振りに東京南陽会「ふるさと南陽の集い」に参加してきました。初めての出会いもありがたかったし、20年振りの懐かしい出会いもありました。帰りのバスの中、東京を出た頃は尻がいたくなり出して、このまま4時間はきついなと思っていましたが、カラオケが始まるとつぎつぎいい歌声が聴けて、ガイドさんの仕切りも見事であっという間に南陽市役所に戻っていました。


今回は公費の旅ですが、実はもうひとつ私的な別の目的が育っていました。数日前たまたま「猫屋台」のサイトに行き当たりました。それを見て、どうしても吉本隆明さんにお参りしてこなければと思い出したのです。集いが3時に終了して上野のホテルに入ればその後はフリータイム、時間はたっぷりあります。誰にも言っていなかったのですが私の中では今回の東京行のいちばんの目的になっていました。うまく御霊前に額づくことができるかどうかは、冥界の吉本さんに思いが通ずるか否かにかかっています。それだけに誰にも言えませんでした。


あらかじめ地図で調べるとメトロ南北線本駒込駅からすぐです。チェックインした上野ターミナルホテルで地下鉄の乗り場を聞くと駒込ならタクシーの方がいいという。実際は1700円の距離でした。帰りは通りかかった交番で聞くと「上野なら山手線がいい」ということでJR駒込駅から乗ったら160円でした。そのかわりだいぶ歩いて、ケータイの昨日の歩数計データは12410歩8066mになっていました。


38-DSCF5247.JPG37-DSCF5248.JPG

吉本宅の近く袋小路の手前でタクシーを降りお宅へ向います。4時50分でした。左に曲がると吉本宅です。どうだろうか、不安な思いもありましたが大丈夫、家の中の灯りはしっかり点いていました。玄関の扉も少し開いています。それは猫のための隙間であることにまもなく気づきます。濡れ縁にトラ猫がじっとこちらを見つめます。石塀の上には黒猫です。声をかけ呼び鈴を押すが応答はありません。この程度は想定内です。遠出の留守ではないことは明らかです。時間はたっぷりある。何度も来てみればいい。その辺写真を撮らせていただきました。

35-DSCF5250.JPG29-DSCF5258.JPG

 

吉本さんが住んでおられた土地、いつも歩いておられた通り、そう思いつつ彼岸の中日、さして人通りも多くはない休日の夕刻、寺がなんとなく多く、これも東京かという通りをゆっくり歩いてみました。行ったり来たりしつつ3度ほど訪ねてみるが変わりなし。近くのファミレスで軽く食事して6時半ごろ、すっかり暗くなった中で5度目の訪問。ついに今度は玄関の灯りもしっかり点いています。しかし呼び鈴を押し声をかけるが応答はなし。テレビの音が聞こえます。ただ、さっきはなかった履物があります。待たせてもらうことに心を決めて玄関の上がりかまちに腰を下ろしてまもなく、人の気配があって、「cat only」のドアが開きました。
23-DSCF5267.JPG

 

01-DSCF5292.JPG

長女のハルノ宵子さん。本名吉本多子(さわこ)さん。お風呂上りでした。「突然お邪魔して申し訳ありません。お線香上げさせてください。」こういう客は珍しくないようで怪訝な風をされることもなくすんなり「どうぞ」と、仏壇のある奥の部屋に通していただきました。

 

19-DSCF5272.JPG

テンションの上がり具合は仏壇を撮らせていただいた写真のブレからもうかがえます。心落ち着けて撮らせていただけばよいものをと悔やまれますが、「また来い」と言われたものと解釈しています。通り一遍のことを話しつつ、あちこちシャッターを切らせていただいてお茶をご馳走になりました。


すべてが、思っていた以上に「吉本的」でした。私自身が吉本に感化されている部分もかなりあるのかもしれませんが、私にはすべてが「自然」に見えました。持っていたイメージ以上に「私にとっての吉本さん」そのままを実感することになりました。あらためて「吉本さん、ありがとう」です。

 

私の追悼文が載った「週刊置賜」と、「最も深い『吉本隆明論』(若松英輔さん)」をプリントアウトしたものをお渡ししてきました。今度は「猫屋台」を予約の上おうかがいします。


11-DSCF5280.JPG06-DSCF5286.JPG04-DSCF5289.JPG05-DSCF5287.JPG

02-DSCF5290.JPG

藤田まことさんの色紙「恥ずかし乍ら 一生 芸人です」

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。