So-net無料ブログ作成

今まさに歴史的大転換の秋(とき) [現状把握]

とんでもなく大きく時代が動きつつあるようです。おもしろくなっています。こういうときは、既成概念、既製感覚からの判断はいったん保留にして物事を見てゆかないと、後で気づいたらいつのまにか離れ小島に取り残されていたということになりかねません。


安倍政治を許さない.jpg「市民と野党の力で政治の流れを変えよう」と銘打ったパネルディスカッションへの誘いのチラシが昨日届きました。「安倍政治を許さない南陽連絡会」の発行です。このチラシを見て思ったのが「離れ小島になりかねない」ということでした。市民と野党がいくらがんばってもビクともしなかった安倍政治が、トランプさんの一喝(あるいは懐柔)でいとも簡単に変わってしまうかもしれません。


消費税反対を言い続けてきた日本共産党の一貫した(スジを通す)姿勢を私は高く評価します。しかし、3%から始まって今は8%、さらに10%あるいはそれ以上も視野にあります。ビクともしませんでした。そんな中で飛び込んで来たのがドナルド・トランプ大統領が消費税撤廃要求!?」の記事。ドナルド・トランプ大統領が日本やヨーロッパの消費税について不満のコメントを発表しました。/トランプ大統領は自身のツイッター上で「他国が米企業に税や関税を課している一方、米国はほとんど、あるいは全く課税していない。われわれも彼らに同じように課税しなければならない」と述べ、他国の税を批判。/消費税が商売の邪魔になっているとして、排除を求めるような趣旨の発言をしています。トランプ氏の発言は事実上の消費税撤廃要求だと言え、各国でも賛否両論の議論を巻き起こす事態になりました。》 安倍総理、一挙に共産党の主張に組みすることになるかもしれません。


今朝起きて最初に目にしたのが飯山一郎さんの「てげてげ」の記事でした。ここの記事は「放知技」掲示板と連動しつつ、時代を読む最先端です。今日と昨日のところ、転載させていただきます。


*   *   *   *   *


http://grnba.com/iiyama/index.html#aa02081

2017/02/08(水)  ヤクザの大親分が変わったのだから…

子分が挨拶に行くのは礼儀

溝口センセの説教はスジちがいでっせ(記事クリック拡大)

MizogutiYakuza.jpg

 

・『日刊ゲンダイ』に載った溝口敦センセの文章は面黒いが…

・ヤクザ稼業の一面しか見てない罠~.

・トランプ大親分と,トランプ組傘下のチンピラ組長・安倍を対等に論じている.

・「たとえチンピラであっても“安めを売るな!”」という溝口センセの御説教は,分からないでもない.

・しっかし溝口センセ…

・『アメリカ合衆組』という世界最凶の巨大ヤクザ組織の傘下のチンピラ一家『ニホン組』の安倍組長としては,トランプという異能な大親分が跡目を継いだのですから,先ずはスリ手・揉み手で挨拶に行くのがスジってもんでしょが.

・阿呆なチンピラ組長の安倍に対して,トランプの大親分とタイマンでヤリ合え!などと説教するのは無理スジでんがなwww

・ま,そ~ゆ~こってす.>溝口敦センセ

飯山 一郎(71

ツイート

http://grnba.com/iiyama/index.html#aa02073

2017/02/07(火)3  金玉紋次郎氏の説明は上手い!

ヤクザ組織の親分が変わった!

ネオコン親分からトランプ親分へ

child.jpg
この親分も今が正念場や、敵か味方かビシーッと区別せんならん.あんたもネオコン戦争屋に絶縁状出したってくれや.

 日本もネオコン切りを迫られる(詳しくは,この記事を読むと分かる)

child.jpg

当代は日本にネオコン戦争屋との杯を返して水に戻し、改めて当代と杯を交わすことを求めています.

応じるほかありませんし願ったりかなったりです.

さぁ、こう鳴門絶縁されたネオコン戦争屋が収まりません.

必ずねじ込んできます.水面下で兄弟付き合いをしてもバレたら,当代に弓を引くことになります.日本の当代が引退に追い込まれます.

(詳しくは,この記事を読むと分かる)

 

・世界最大で最凶のヤクザ組織は,アメリカ合衆組だ.

・その冷酷非道な殺人ヤクザ組織の直系子分はニホン組.

・しかしニホン組は,合衆国組内の戦争屋(軍産勢力)のアーミテージ親分に仕切られていた.

ところが今回,アメリカ合衆組に内紛があり,激しい内部紛争の結果,トランプという異端ヤクザが大親分に就任した.

・トランプ大親分は,ニホン組の安倍総長と麻生若頭に対して,「アーミテージとは手を切り,わしの飛行機でフロリダに行こう!」という意向を示してきた.

・このトランプ大親分の意向に,安倍・麻生は,馬鹿みたいに呆気なく従うコトにしたのである.←いまココ.

・何はともあれ,現在のニホン組は,今までのアーミテージ親分に絶縁状を出して,トランプ大親分の傘下に参加するカタチに,一応はなってしまった.

・アーミテージ親分からすれば,安倍・麻生がヤッていることは,裏切りであり,クーデタに等しい.

・そんな出過ぎたコトを,安倍・麻生は,いとも呆気なく,発作的にヤッてしまったのである.

・ニホン組は,この先,いったいど~なってしまうのか?

・それは,2月11日…,
フロリダ・パームビーチでのヤクザチックな「談合」で決まる.

・とまれ,ニホン組は,今までのニホン組ではなくなる!

・なんせ親分が変わったので,子分も変わらざるをえない.

飯山 一郎(71

 

*   *   *   *   *

 

飯山氏の上の記事に応えるように、金玉紋次郎さんの大傑作が披露されていました。(X;トランプ?、日;安倍、阿蘇山:麻生、網手;アーミテージ)http://zjshkd.blog.fc2.com/blog-entry-2725.html

 

*   *   *   *   *

child.jpg

 

談判始まる

 

    若頭X、早速話を切り出す

 

なぁ、おねちゃんとのお楽しみは後で宜しいとしてや、この前言うた破門状の件どないなりましたんや.

日;其の件についてはですね.わたくしの方からですね.若頭に申し付けてましてですね・・・.

X;さよか、ほな阿蘇山どないなってマンのや?(暫時沈黙)・・・黙っとったらわからへんがな.

阿蘇山;実は先日ネオコン組の使いの網手から電話がありましてね. 

X;しゃからなんや?録音でもしとんのんかいな.

阿蘇山;えぇ、まぁ携帯で受けましたんで、してます.

X;聞かしてんか.

網手;おぅ阿蘇さんか、久しぶりやのぉ、うっとこの栗婆さんが跡目争いで下手打ってもうてから色々トラと混み合うてな、それで阿蘇山あんたんとことネオコン組の杯は今までどおりやな.

阿蘇;(沈黙)

網手;なに黙っとんのや70年来ワシラががっしゅう組の暖簾守ってきたんやで、それわかるな.

今な、栗婆さんが下手打っていうてもな、トラ言うたらちょっと前まで堅気やった、そのくせトラの持っとるホテルは何やあれ、只の堅気が盆(賭場)開いて、周りは女控えとるやないか、博打の後は女て、いうなりゃあれらはオメコの汁で飯食うとるんど

あんたんとこ、そんな外道から杯もらうつもりか. 

阿蘇;そうは言ってもトラさんが正式に跡目にきまったわけですし・・・・・・ 

網手;わしら今トラを的に掛けとる.アイツの玉とったらワシラの天下やど.ええか、狙われる奴より狙うやつが強いんやで. 

阿蘇;(沈黙 うめき声、ため息・・・・・) 

網手;そないなったらオドレラを的に掛けたるからクビ洗うて待っとるか. 

阿蘇;沈黙 

網手;なぁ、阿蘇山、わしらよ、旨いもん食うてよ、マブイスケ抱くために生まれてきとるんや内科、其のためには銭が必要や.せやから銭のために体張るのが何処が悪いんや. 

阿蘇;だけど網手さん跡目相手に喧嘩して勝てると思ってるんですか. 

  網手;じゃかしいわい! やっても見んで勝つも負けるもあるかい! 跡目ゆうたらどいつも

       こいつもチビリよって.あったらもんの風下に立ってよセンズリ掻いて仁義に首括っとれいうん

       か、このボケ! 言うとったるがのアメリカにはヤクザは2つも要りやせんのじゃ.トラがこれ

       以上太うなったら手遅れやさかい今の内に取ったれ、ゆうとんのじゃぁ.


*   *   *   *   *


最後のあがき、油断できません。何が起きるかわかりません。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 5

めい

消費税撤廃関連コメントです。

   *   *   *   *   *

666:堺のおっさん : 2017/02/07 (Tue) 20:51:40 host:*.ocn.ne.jp
>>664
消費税を批判というニュースは、間接税がとどのつまりは大衆増税で、
大企業減税に過ぎない!! という核心をついているわけです。

1%のための税制であること、恩恵を受ける企業が限定されていることなど、実によく理解していると思います。トヨタなど、これがなければ・・・

リバタリアンらしく、企業も素の実力で勝負しろよ! ということでしょう。
もし、日本で消費税が撤廃ないしは縮小されると、生き残れる企業は変わってくるのではないでしょうか?

by めい (2017-02-08 15:43) 

めい

談判のつづき。http://zjshkd.blog.fc2.com/blog-entry-2727.html

   *   *   *   *   *

前向いても崖 後ろ向いても崖

X;もうええがな! 蛸坊主の腐れ外道の声聞いてもけたくそ悪うなるだけや、ワシが聞きたいのは総長、あんたの声や.
ネオコン連合会に絶縁状出すんか、出さんのか.  あんたんとこ組内のネオコン破門するんかせんのかどっちやい?
 
総長; 私はですね、今まで合衆組さんとずーっとお付き合いさせてもらってもらってですね.おたがい裨益する関係でですね、わたしもですね、・・・・・・・ずっと止まらない
 
X; でどうなんや絶縁状出すんか出さんのか、組内のネココン破門すんのんかせんのか、はっきりしたところ聞かしておくんなはれ.
 
総長; え〜私はですね、全部若頭に任せてましてですね、全て私が仕切るってことも不可能でありましてですね、従いましてですね、若頭に任してましてですね・・・・・・. その後沈黙.
 
X; もうよろし、ほな総長はん、阿蘇はんの答えがあんさんの答えちゅうことでええんやな.
 
総長 沈黙
 
X; 阿蘇山どや、総長もあない言うてはるし、あんたの考え聞かしてんか.
 
阿蘇若頭; 私はですよ、ソロスが無心に来た時も追い返しましたし、総長がトラ組長に会いに行きたい言う時も応援しました.これでワシラの態度もはっきりしてる思ってますがねぇ.  今喧嘩して何が残るですか? 若いもんは亡くす、金は出て行く、しのぎはできん、いいことは何もないじゃないですか.私はひたすら合衆組と穏やかに付き合っていきますよ.
 
X; あんた何夢みたいこと言うトンねん、アンたら網手の蛸坊主に言われたら中東なりアフリカなり兵隊出したや内科.ワシが言うとんのは兵隊出せ、血ぃ流せ言う話ちゃうやろ.それとも何か、あんた中立でいたい思うとんのか.   言うとくがこの戦争は避けられまへんのや.其の際は敵か味方かビシーッと色分けせんならん.中立やなんや言うても頭に血ぃ昇った若いもんが言うこと聞くかいや. 結局被害を受けるのはオマハン方や.
 
阿蘇沈黙
 
X; なぁ阿蘇はん、あんたそれでも極道かいな. それもとも何か、そこらのセメント屋のおっちゃんか? ワシはセメント屋のオッチャンに用はないさかいな、何処なり行ったら宜しがな、 阿蘇はん あんた後ろ向いても崖、前向いても崖や.せいぜい性根入れて歩くこっちゃな
 
X; 総長はん、ネオコン組な、今どないなっとるか考えてみなはれや、モスクワ連合会からは的に掛けられ、中洲組の近平はんからは目ぇ付けれて落ち目の三度笠や. モスクワ連合会はネオコンにええだけシマ荒らされて、ごっつい血ぃ流して追い出しよった. 極道の鑑や、 シャキンとせん奴はプーチンはんのチンポの垢でも煎じて飲めや.

by めい (2017-02-08 22:09) 

めい

戦略性なき日本。

   *   *   *   *   * 

首脳会談を前に「優しく愛して、お願いトランプ」が日本を覆う異常-(田中良紹氏)
http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/422.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 09 日 00:05:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU

首脳会談を前に「優しく愛して、お願いトランプ」が日本を覆う異常-(田中良紹氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1spjra8
8th Feb 2017 市村 悦延 · @hellotomhanks

メディアには週末の日米首脳会談に向けたカウントダウン報道があふれている。
経済で押し込まれることはないか。安全保障面は大丈夫か。そうした心配が論じられている。トランプ大統領が選挙中に日本の自動車メーカーを槍玉にあげ、また米軍駐留経費の負担増を言ったことで、まるで「冷たくしちゃイヤ、優しく愛して、お願いトランプ」の雰囲気が日本を覆っている。先週のマティス国防長官の初来日も、7日のティラーソン国務長官と岸田外務大臣との初の電話会談も、米国が尖閣諸島を日米安保条約第5条の「適用範囲」と言ってくれるかどうかだけに注目が集まり、「言ってもらえた」と安堵の胸をなでおろしている。米国が「適用範囲」と言うのは当たり前で胸をなでおろす話ではないのにこの有様である。そんな態度では「交渉術」を自慢するトランプ大統領をつけあがらせるだけだとフーテンは思う。さらにトランプの後ろにキッシンジャー元国務長官が「指南役」としているならなおさらだ。フーテンの見るところキッシンジャーは日本人嫌いである。嫌いというよりバカにしている。バカにしているから日本人には本心を隠してリップサービスをする。しかし日本人以外には「日本人ってバカだよねー」と言っている。ところが日本人はキッシンジャーを妙にありがたがって「日本向け」のご高説を拝聴する。例えばキッシンジャーは中国の周恩来との秘密会談で「中国人には我々と同じ戦略性があるが、日本人には戦略性がない。日米安保条約は日本を暴発させないためのビンの蓋だ」と言った。つまり安保条約で米国は日本を自立させないようにするから中国にとっても利益になるという意味である。またキッシンジャーは「日本人は分かり切ったことをやるのに15年もかかる」と言った。ペリー来航で開国するしかないのにすったもんだして明治維新まで15年もかかった。戦争に敗けて西側陣営に付くしかないのに60年安保まで15年も右往左往した。だから冷戦後の世界にもすぐ対応できないし、何をするにも時間がかかる。キッシンジャーはそう考えている。一方のトランプ大統領も『トランプ自伝』(早川書房)を読めば、日本人を好きではない。まず商売相手としてやりにくい。必ず大勢でやって来てその全員を納得させなければならず、それがなかなか難しい。しかも真面目一方で交渉しても楽しくない。ただ日本人は金を持っている。その金はアメリカを圧迫して貯め込んだ金で、これまでの米国の政治指導者は日本の貿易政策にうまく対処できなかったとトランプは考えている。そう考える人間だから自分が大統領になれば日本が米国から吸い上げた金を取り戻すのを自分の仕事と考えるのは不思議でない。『トランプ自伝』によればそのための交渉術は、まず相手に自分の腹の中を分からせないようにし、かつ自分が相手より優位に立っていると思わせることだとしている。その意味では、当選が決まると真っ先に土産を持って会いに行った安倍総理は、最初から自分の優位性を認めているのだから交渉相手としては格好の標的となる。フーテンなりにトランプの心理を読み解けば、下手に出てくる相手はみんなの見ている前でおだてれば喜ぶ。そして一人の時に脅しをかけるのが有効である。週末のワシントンDCとフロリダでの日米首脳会談はそうした考えをベースに組み立てられているとフーテンは見ている。

そしてトランプ政権誕生後の日本を見ると、「尖閣諸島に安保条約第5条を適用してくれ」とそればかりを熱望し、中国にびくついていることを臆面もなく表明した。弱みがそこにあるならば安全保障を絡めれば経済交渉も有利に進められると考えるのが自然である。それにしてもなぜ日本はこれほど「尖閣への安保適用」を熱望するのか。それは中国が尖閣の領有権を主張し始めた時、米国が日中どちらの側にも付かないというあいまいな態度をとり続けたからである。原則として領土問題は当事者同士で解決すべき問題で、国益を侵されない限り介入すべきではない。米国はそう考えたのだろうが日本は違った。普通の国ならば自国の領土は自国で守ると考える。ところが日本ははじめから米軍に守ってもらえなければ領土を守れないと考える。「ビンの蓋」が米国の思い通りの結果をもたらしているのである。日本は米国なしには何もできないと表明する国になった。米国はオバマ政権以来「尖閣には安保条約が適用される」と言うようになった。きっかけは日本をTPP交渉に引き込むためである。しかし米国がそう言ったことを中国と戦火を交えてでも日本を守ってくれると考えるのは誤りである。米国の利益になれば守るが、利益にならなければ守らない。当たり前である。米国民が血を流してでも守る価値があると思わなければ税金を使うことを米国民は許さない。冷戦時代の米ソがそうであったように核保有国同士が直接戦火を交わすことはあまりにもリスクが大きい。それでも米ソの軍拡競争が激しかったのは、軍拡によって相手国の経済を疲弊させ、経済体制の崩壊が政権崩壊につながることを狙ったからである。米中で言えば、中国経済の破たんが共産党の一党支配を崩壊させ、米国流の民主主義が導入されれば米国の勝利と言うことが出来る。しかし米中にはすでに緊密な経済関係が築かれている。そこが米ソ関係とは異なり、中国経済の破たんは米国経済も返り血を浴びて破たんする可能性がある。冷戦後とは「唯一の超大国」として覇権を目指した米国が、自分に代わり得る覇権を抑えるため、中国とロシアとEU(ドイツ)と日本を「仮想敵国」として互いを競い合わせ、その結びつきに楔を打ち込もうとしてきた時代である。しかし米国の覇権は世界中に反米テロ組織を生み出し、情報と金融に特化した経済はリーマン・ショックとなって「資本主義の終焉」を思わせる経済危機を招いた。そのどん詰まりから抜け出そうと米国はもがいている。そのもがきがトランプ大統領という稀有の指導者を生み出した。それは「米国時代の終焉」をも思わせる事態なので各国みな冷静に推移を見守っている。そうした中で「仮想敵国」の中からいち早く軍門に屈した日本だけが、米国がなければ生きていけないとばかりに「すり寄ろう」としている。「すり寄る」ことで国益が得られるならそれはそれで理解できる。しかし中国の軍事力にびくつくような妄想を基に経済交渉を行えばトランプ流「交渉術」にしてやられることは目に見えている。自国の領土は自国で守る。その基本認識を国民に植え付けることもできないで「お願いトランプ」では、キッシンジャーではないが「どこに戦略性があるのか」と言いたくなる。


by めい (2017-02-09 06:04) 

めい

トランプ政策に沿って内需の回復こそ。
《保護貿易には、保護貿易で対応し、高金利には高金利で応じて、アメリカのトランプの政策に沿った政策を取るべきです。/日本こそアメリカのトランプの経済政策を取るべきであり、それに乗じた政策を取るのが、よりデフレから脱却する道なのです。/デフレから脱却する道筋は、ある程度の金利を維持し、低金利にしないこと、生産量の増大より消費者の消費を増やす政策を優先することです。》

   *   *   *   *   *

日本は政策大転換のチャンス
http://www.asyura2.com/17/hasan118/msg/821.html
投稿者 一言主 日時 2017 年 2 月 09 日 09:38:50: AlXu/i8.H/.Es iOqMvo7l

日本は政策転換の転機を再び迎えている。

アメリカの大統領にトランプ氏が就任しました。

これは、日本に、アベノミクスというデフレ促進策から、デフレ解消策へと政策を移すチャンスが巡ってきたということです。

彼はアメリカ第一主義を取り、保護貿易的な政策を取ろうとしています。また移民に対しても制限的な政策を取ろうとしています。

さらに国内では、公共投資の増大や、他の国の通貨安政策を牽制し、輸出を中心とした生産量増大策を取ることになるようです。

さらにFRBは、金利を引き上げることを宣言しています。

このようなトランプ氏の政策は、一見唐突に見えますが、デフレを解消する重要な政策が含まれています。彼が意図的に確かなデフレ解消策を取っているとは思えませんが、結果的に、デフレ解消の理にかなった政策になっています。

デフレ下の経済では、生産量の伸長よりも、消費者の資金不足を解消することが重要な政策になります。そのため生産者側への補助金より、消費者側への援助が大切です。

金利の引き上げは、消費者の担保力の増大や購買力の増加に効果があり、デフレ解消に効果があります。
さらに生産者側の投資を抑える効果も期待できるため、実体市場の資金が、生産者側から、消費者側へ移動をさせます。

もう一つの荒っぽい移民政策は、低開発国からの移民を確実に減少させるでしょう。その結果、生産刺激策により、意図した生産量の増大が、人手不足で困難になるため、生産の停滞が、生産量単位辺りの付加価値の増加をもたらすことになります。それが賃金の上昇を促すのです。

しかもインフラ整備や、生産刺激策のアナウンスは、株式市場を活発化させ、ダウ平均を上げることになります。
アメリカは世界のどの国よりも金融大国であるので、株高や債券高は、多くの個人投資家を潤し、それにより消費者へ資金がまわっていくことになるでしょう。

さらに保護貿易は、デフレ下で内需を振興するには重要な政策です。デフレで国内の消費がくすんでいる場合、国内市場を開放し自由貿易を推奨することは自殺行為です。(日本のように自国がデフレの最悪の事態にある国が、TPPなどによる開放政策を取ることは、自分の首を絞めるに等しい自殺行為だ。)

さらに付け加えると、現在のアメリカよりひどいデフレで苦しんでいる国々、日本、中国、ヨーロッパ諸国は、必死になってアメリカに販売攻勢をかけています。
このような国は、特に日本は、低金利や異常な金融緩和を行い、為替安を惹起させ、販売攻勢をかけています。それは、生産品を不必要に低価格にし、デフレを輸出しています。

このような国に対して保護主義的な態度を表明するのは当たり前のことでしょう。

このことから、アメリカは、トランプ大統領の危うい政策にも関わらず、経済が、拡大再生産になり自律性のある経済成長に乗る可能性が高くなりました。

それにはFRBが、金利を予定どおり引き上げるかどうかが問題になるでしょう。

今年10月頃に大体の結果が出るでしょう。

自国の産業を保護する政策は、デフレ下の国のごく当たり前の政策です。日本のようなデフレ下でTPPなどを実施するのは尋常なことではありません。

深刻なデフレの日本こそ内向きの政策を取るべき国なのです

アメリカがデフレから脱却できないとしたら、それは、アメリカ国内の生産能力が弱く、十分回復せず、日本や、中国、ヨーロッパのデフレの国々からの生産物(輸出品)に対抗できなかった場合であろう。

このようにアメリカは着々とデフレ解消に向かって歩みはじめています。

これに対し日本は、従来のまま、アベノミクス政策を続けていると、デフレ下の株高となり、再び失速するでしょう。それもさらなる大借金を残し、現在の高齢者も、若者も、その子孫もその返済にあえぎ続けることになります。

これは小泉政権下で経験したのと同じようなことが再び起こることを意味しています。円安政策から、輸出が伸長し税収が伸びたが、国内の内需企業は疲弊していたのです。

日本は、ここで政策を大転換し、正しいデフレ解消に邁進するべきです。

アベノミくスの低金利:マイナス金利、金融緩和、国債買い取り、大規模公共投資、生産を刺激するための成長戦略と言われるものなど、はすべてが失敗しました。

謳い文句の物価の2%成長誘導は、未だ達成されず、(もともとマイナス金利や金融緩和で、デフレ市場の物価が上昇するというような理論はなく、政策的に間違っていただけだが。)マイナス金利や国債の買い取りで、銀行経営がどんどん不透明になってきています。

このままではアメリカの金利引き上げと、マイナス金利による金利格差がさらに大きくなり、日本の資金がアメリカに流出し、国内市場に今以上に回らなくなるでしょう。

今までのような輸出産業への補助金のような円安誘導もアメリカに牽制され思うようにできないでしょう。

もはやマイナス金利や金融緩和で、実体市場がインフレになるような事は全くないことは自明であり、多くの人達の魔法が解けました。物価2%誘導などできないことは2年程前に分かっていたことです。

また金融市場や株式市場が、潤っても、実体市場が潤うわけではありません。

これ以上アメリカと金利格差が広がると、資金がアメリカにますます集まり、円キャリーが復活することになります。円キャリーによる日本の株高が起こるだけでしょう。

マイナス金利や金融緩和、国債の買い取りは即刻やめなければならない時に至っているのです。

円安誘導による世界へのデフレの輸出を止め、国内の内需回復を基本にする必要があるのです。

トランプ大統領が目指すところは、輸入を減らし、国内産業を潤すことです。
そのため輸出産業への補助金である円安誘導を行っても、輸出は伸びない、というより阻まれるでしょう。

そのため円安や低金利や金融緩和による生産刺激策は、輸出企業の販売先が減少してくるため伸びないのは明らかです。

このままでは、日本はアメリカと経済戦争となり、デフレが深刻な日本は大きな損失をこうむることになります。

馬鹿げた低金利や金融緩和による円安誘導より、適度な為替レートで、内需の回復を目指す時なのです。
それが本来のデフレが深刻化した国の取るべき姿勢なのです。

保護貿易には、保護貿易で対応し、高金利には高金利で応じて、アメリカのトランプの政策に沿った政策を取るべきです。

日本こそアメリカのトランプの経済政策を取るべきであり、それに乗じた政策を取るのが、よりデフレから脱却する道なのです。

デフレから脱却する道筋は、ある程度の金利を維持し、低金利にしないこと、生産量の増大より消費者の消費を増やす政策を優先することです。

個人金利を引き上げることは、消費者の担保の増加につながり、銀行の信用創造を高める切っ掛けとなります。円高は国内の消費者の生活を癒し、内需の活性化の基盤になります。


日本はアメリカのトランプの経済政策に呼応することが理にかなっており、ことさら悲観することはありません。

日本は、アメリカのトランプの政策に迎合的な経済政策の方がデフレから解消されるでしょう。

これは日本のデフレ解消の一つのチャンスです。変える気があるかどうか為政者に、また日本の大衆に問われているのです。

(迎合的といっても経済政策に限られますが。)
一言主
http://www.eonet.ne.jp/~hitokotonusi/
http://blog.so-net.ne.jp/siawaseninarou/参照


これまでの日本は、成長戦略という生産量増大策や、公共投資による景気拡大策、円安にし、輸出業で利益を出し税収を増やす悪魔のような政府のデフレ政策を止めさせ、国内の需要を増やす方策に転換するのに非常に良い機会が巡ってきたのです。

これに対しアメリカのトランプ大統領の施策は、恐らくデフレ解消に向けた2つの政策を取ると思われます。
一つは、低所得からの移民制限政策。それにより生産抑制が行われ、低賃金化を防ぐことができ付加価値が増すことになる。

FRBが続けて金利を引き上げることによる消費者への担保増。

また成長戦略を宣言することにより株高が、金融大国であるアメリカの消費者の購買力を高める。
アメリカの場合、日本と違い、個人投資かが非常に多いので、株高は消費購買力を引き上げる方向に働く。

この結果、アメリカはデフレから脱却する可能性が大いにあるのです。
by めい (2017-02-09 14:06) 

めい

《まこと,「岸田の時代」は…,明日から始まる!》!

   *   *   *   *   *

738:ちぃと : 2017/02/09 (Thu) 17:52:22 host:*.plala.or.jp
ちぃと、先生お伺いしたいんじゃが
むこう側のプロパガンダ誌 文ちゅんが書いとるけい、こらあきっしゃんで間違いないと思うんじゃが外務省は蚊帳の外?
岸田文雄外相に対する官邸の本音 (2017年2月9日掲載) - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/12650627/
きっしゃんが、頭目とると我が国はどう変わるんじゃろか。去年は、今年はないと踏んで広告宣伝予算を0にしたんじゃが、もうちぃと、行けるんじゃったら超ミクロな話なんじゃが、来年度はちぃと広告宣伝費を計上しようと思うんじゃがいかがなもんですかいのう。

739:飯山一郎 : 2017/02/09 (Thu) 18:41:36 host:121.188.207.6
>>738
         『飯山一郎の“岸田文雄”論』
 文ちゅん(文春)ってのは,確かに「むこう側のプロパガンダ誌」なんだが「むこう側」ってのは,アメ公の戦争屋とそのポチたちだ.
で,その「アメ公の戦争屋」ってのが,いま,トランプに徹底的にホサれてしまっていて,日本のポチたちも途方に昏れている.
文ちゃん(文春)も.ど~してE~のか,これまた黄昏れた記事しか書けない.
「官邸の本音は“岸田潰し”でしょう」つっても,その官邸内部がバラバラ
で,トランプ万歳派から,反トランプどころかトランプ憎悪派までいる.

それで,外務省ってのは…,
今までは,日本の本当の支配者=「日米合同委員会」を仕切ってきて,
さらに,官邸も,閣議も,各省庁間の調整会議も全て仕切ってきた.

その外務省を,岸田文雄は,4年以上の歳月をかけて,バラバラに解体してきた.じつは↑↑コレが,岸田文雄の途轍もなく巨大な功績なんですな.

そ~して,戦争屋の牙城だった外務省や官邸において,岸田文雄は…
存在感をあえて示さず,いつも静かに笑いながら,超長期の外務大臣
として安倍に何気に知恵をつけ…,
今回は,いちはやく,アメ公の戦争屋に見切りをつけ,トランプ詣でに
馳せ参じる.
これは↑↑露中にも異論はなく,岸田は露中にも根回し済みです.
こ~ゆ~「静かなるマキャベリスト」は,日本では非常に珍しい政治家です.

740:飯山一郎 : 2017/02/09 (Thu) 18:54:21 host:121.188.207.6
>>738
ちぃとさん
>きっしゃんが、頭目とると我が国はどう変わるんじゃろか。
 きっしゃんが頭目とろ~がとるまいが…
 我が国は…,
 これからは戦争屋のアメ公に仕切られるのではなく…,
 トランプ大親分の指示に従い…
 トランプ大親分と一緒に…
 アメリカを露中に負けない豊かな国家に発展させる!
 と,そのよ~に,安倍と麻生と岸田が決心をし…
 さらに股,覚悟を固めて…
 いま,ニッポンの政府専用機に乗って米国に向かっております.

741:堺のおっさん : 2017/02/09 (Thu) 18:54:55 host:*.ocn.ne.jp
>>739
ついでに申しあげるならば、岸田-ティラーソンのラインは訪米以降、日米間の唯一のパイプになるとみています。
唯一のパイプという意味は、トランプの意向を岸田が安倍に伝えるということです。すなわち、国内の序列が逆転するということです。
といって、岸田の態度が傲慢になることはありません。
まあ、これまでもあべっちが仕切ってきたわけではないですが。
トランプやプーチンの意向をまともに伝えられる人材を探していたということでしょう。

(ついでに)
742:堺のおっさん : 2017/02/09 (Thu) 18:59:10 host:*.ocn.ne.jp
世耕を間に挟むと、プーチン来日でも証明されたように
話し合いがねじれます。
世耕の猿知恵が話し合いを曲げてしまいます。
一番嫌われるタイプです。本人は気づいてませんが。
3流策士の真骨頂です。

743:飯山一郎 : 2017/02/09 (Thu) 19:02:55 host:121.188.207.6
>>738 >>739 >>740 >>741 >>742
この五つの↑↑アーティクルを合わせると…
完璧な『岸田文雄論(今までとは違う新日本論)』に…なります.
ご熟読のほど,>皆の衆

(さらに)
750:飯山一郎: 2017/02/09 (Thu) 20:27:21 host:121.188.207.6 
●ソフトバンク株(9984)は上げ基調(暴騰前夜)だが… 
 トヨタ株(7203)の下げが止まらない.
 トランプに逆らった咎(トガ)が出ているのか?
 5000円割れまで下がる!鼠~ヒトもゐる.
 日本の消費税を撤廃しろ!と…
 万一,トランプが吠えたら…
 吠えただけでトヨタ株は3000円まで下げる!
 とゆ~シトまで現れた.
 トランプが好きの嫌いの,善いの悪いのと言ってる時ではない.
 明日,安倍と麻生と岸田に,トランプが何と宣う(ノタマウ)か?
 ティラーソンも,歯にコロモを着せないだろう.
 岸田と麻生の踏ん張りが効くかどーか?
 おそらく効かないだろう.
 豚でもない欲求を言い出す可能性がたかい.
 フロリダのゴルフだって…
 安倍は,下手すると100近く叩くだろう.
 最高級のゴルフ場を20近くも所有しているトランプは…
 シングルもシングル,2~3というロ~シングルの腕前.
 ハンディを20もらったって,かなう相手ではない.
 ベッド(賭け金)にレイズを乗せられて,プラス10兆円!
 というラウンドになる可能性も高い!
 トランプは博打ゴルフのプロなのだ.
 トランプとだけは,ゴルフをヤッては駄目!
 ケツの毛まで抜かれる!
 これ↑↑NYではジョ~シキらしい.

751:飯山一郎: 2017/02/09 (Thu) 20:59:42 host:121.188.207.6
●今夜のNY株は高くなる!と.
 ジャパンからカモがキャベツをしょってくるから…
 と言ってるニューヨーカーがゐるらしい.
 バカ言うな! シャラップ!
 安倍がフロリダでヘボゴルフでトランプに大負けしてる間…
 ワシントンに残った岸田と麻生が…
 中国とロシアと北朝鮮は…
 日本の仲介がないとニッチもサッチもイカないことを…
 ワシントンに就任したばかりの半可通のタコ官僚に教える
 なにしろ岸田は古賀誠ラインの中国人脈を全部頂いているし…
 麻生(ラファージュ)の北朝鮮との関係は,CIAより深い.
 麻生と岸田の外交人脈が利用したくて,二人は米国に呼ばれた…
 戦争屋のアメ公には,中国との付き合いを禁じられていたが…
 いまは,(特に)岸田はフリーハンド.
 このことを↑↑ティラーソンは熟知している.

752:飯山一郎: 2017/02/09 (Thu) 21:52:11 host:121.188.207.6
  時事通信が↓↓こんな書き方をしている.
>『日米首脳、対中国で連携確認へ(11日未明会談)
>11日未明(現地時間10日昼)にホワイトハウスでトランプ大統領と
>会談し、海洋進出を強める中国への連携対応を確認。
>貿易・投資を含む新たなルール作りを議題にするなど、安全保障問題
>と通商政策を中心に協議する見通しだ。
>首相は米国の雇用増や市場拡大への包括的な貢献策も示し、
>「米国第一主義」を掲げるトランプ氏を後押しすることで相互利益の
>関係構築を目指す。  https://goo.gl/9ze67N

 日米首脳会談.
 第一番目のテーマ(議題)は…,
 やはり『中国への連携対応』.
 つまり「中国プロブレム」だ.

 習近平vsオバマ会談は…
 『オバマ大統領が習近平に「完全に馬鹿にされ」て終了』
 という動画があるが…(https://youtu.be/TH6fN-d37YU

 いまのアメリカは…,
 軍事面でも外交面でも,中国に圧倒されてしまう.
 このことを最も認識しているのはアメリカ自身だ.
 トランプの「アメリカ・ファースト」とは…,
 世界を相手にする軍事と外交.ここからの撤退!という意味もあるのだ.

 そこで,岸田の登場!となるのだが….
 古賀誠と麻生太郎は選挙区が近いので,仲が悪い.
 この橋渡しも,岸田なら出来るワケで…
 まこと,「岸田の時代」は…,明日から始まる!

(おまけ)
756:飯山一郎: 2017/02/09 (Thu) 23:19:36 host:121.188.207.6 
 ☆ 圧倒的に世界の最先端を行くビジョンを孫正義が提示 ☆彡
孫正義がイメージ豊かに提示する『世界の最先端を行くビジョン』を読んで,私(飯山一郎)は圧倒されまくり,世界の近未来のイメージが変わりました.
孫正義の「ビジョン」! これを読めば分かる!という文章.
その文章を,どうか皆さん,是非とも読んでみて下さい.
  ↓↓これです!
孫正義:『OneWebで情報通信革命を!“宇宙ベンチャー”の未来を語る』
     URLは→ http://logmi.jp/186666

ソフトバンク株が上がりまくり,トヨタ株は下がりまくる.それはなぜなのか?
世界中の投資家が,孫正義の「圧倒的な凄さ」を認識しているからです.
2月から5月にかけてソフトバンク株は暴騰します.途轍もない暴騰になる.
私は,今年は,孫正義のソフトバンクにハマりまくろう!と思ってます.

by めい (2017-02-10 04:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0