So-net無料ブログ作成
検索選択

森友学園問題は「カラー革命」の一環 [現状把握]

マスコミは森友学園問題一色です。参院予算委員会理事として舟山やすえ議員も最前線です。しかしその陰で重要な議論が展開されています。あの悪名高きスターリン評価の見直しにまで、その議論の射程は及んでいます。「放知技」板での夕べから今朝までの展開です。


ちなみに「カラー革命」とは、《カーネギー財団や米国務省などの米当局筋は10年以上前から、米国の言うことを聞かない指導者が率いている外国の政権を、その国の市民運動を支援することによって転覆させる「カラー革命」の戦略を採ってきた。》(田中宇「ソーシャルメディア革命の裏側」 2011.2.18)という理解です。トランプ大統領の出現によってアメリカにも、日本にも大きなねじれが生じています。そのねじれを理解できずに、これまでのままの流れに乗っていると、いつのまにか、以前考えていた本来自分の立つべき場所と真反対の場所に立たされているということになりかねません。日本人は、今思えば最も評価されるべき田中角栄首相を、マスコミの勢いに押されて国民挙って追い落としてしまったロッキード事件を、苦い体験としてよく噛みしめるべきです。舟山康江議員の自重を望みます。


以下、「放知技」板からです。http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=16057898


*   *   *   *   *


119:ぎのご怪獣 : 2017/03/17 (Fri) 17:21:31 host:*.au-net.ne.jp

アメリカの反トランプデモ隊の月給27万て話があったが テレビ新聞から流れてくる「民衆政治ニュース 民主主義のデモ」は目先のカネに操られた「乞食たちの盆踊り」であり 東京ディズニーランドのエレクトリックパレード以下の「チンピラどもの故意のバカ騒ぎ」であり 近現代の愚集は、テレビと新聞の「バカ騒ぎのお知らせチラシ」を金を払って真に受けて読んでいた。 スーパーのチラシ以下。


120:ぎのご怪獣 : 2017/03/17 (Fri) 18:03:50 host:*.au-net.ne.jp

ちょっと調べれば 朝日 植村隆 李信恵 神原元 しばき隊 菅野完 らの人脈といかがわしさはすぐにわかるのに。

愚集どころか警察&司法がこいつらの妄言のまま進んでいるこの国はまっことくるくるーぱー!としか言いようがない。

しばき隊リンチ事件裁判はしばき隊の個人情報は非公開!といい傍聴人の個人情報を渡せ!といい傍聴席の抽選はたったの4人分とか

証人用の「電話会議」を被告が使い倒して裁判所に来ないとか やりたい放題死放題。これが公平な国家の司法ですかいね?大きな視野で世界を見て小さな視野でTwitterで地べたの情報を漁りまくる。


121:すで爺 : 2017/03/17 (Fri) 18:56:54 host:*.bbiq.jp

他の人のカキコミが少ないのではなく、御大(飯山一郎氏)の書き込みが多いだけ。ええことです。もっとやってください。 福一の鎮圧という目標のためなら、過去「真性の売国奴」として命を狙われかねない文章を書いていた相手、小泉とさえ行動を共にできるのではないかと考えたお方です。 政治学や社会学いろいろと説明はしておられますが、福一鎮圧に向けて安部首相なら大きな視野で動いているのではないか、そのために擦り寄ることも、対話することもなんでもやって、日本の独立と世界の経済の活性化のために動いているのではないかと、考えてますね。 小泉の時には講演会で顔を合わせ、すぐに廃炉ビジネスしか頭にない人間と見破って、小鼠と書いていましたが。 さて安部首相が偽者か本物か、御大の見立ては正しいのかどうが、私たちも視点を共有して冷静に観察しましょう。 大きすぎるものは凡人には欠点だけしか見えないということは、十分に自戒しておきましょう。


22:飯山一郎 : 2017/03/17 (Fri) 19:00:02 host:*.ocn.ne.jp

>>119 >>120

『森友狂想曲』の構図は,じつは,きわめて単純なのです.

「安倍晋三」対「戦争屋ネオコン」の壮絶な闘争=殺し合い! ←これだけです.

もう少し詳しく書くと…

「戦争屋ネオコンを裏切った安倍晋三」を,「裏切られた戦争屋ネオコン」が,殺しにかかっている修羅場.←いまココ.


戦争屋ネオコンに加勢している雑兵は↓↓色々様々です.

朝日などのゴロ新聞や,しばき隊の人脈,菅野完みたいなハッタリのゴロ記者…

あとは,野田の時からネオコン政党になってしまっている民主党…

それから,低所得階層に属するネット知識人たちです.

ただし,ネット知識人の大半は,自分が戦争屋ネオコンに加勢していることを全く自覚していない,という知的劣化人です.


以上,『森友狂想曲』ってのは,「ヤツは敵だ,敵は殺せ!(埴谷雄高)」という最も野蛮な政治闘争でしかないワケです.

公平・公平な国をつくろう!という深い正義感や義憤は,カタチばかり.きわめてインチキな正義感です.(太字引用者。以下も)


123:堺のおっさん : 2017/03/17 (Fri) 19:35:00 host:*.ocn.ne.jp

歴史的評価を、次々と塗り替えていかなければならないかもしれない。

たとえば、ロシア革命は元祖カラー革命であった。すなわち、レーニンの

評価は地に落ちるかもしれない。一方、悪魔の独裁者のように言われた

スターリンの本当の評価はそれで正しいのか?

グローバリストの元祖トロッキーを追放したのはスターリン。

ゴルバチョフはソ連の解体に手を染めたが、それがどれほど

ロシア国民を苦しめたか。エリツィンは言うまでもない。

こうした誤った評価はいったい誰が何のために流布したのか?

おもしろい課題だ。


124:堺のおっさん : 2017/03/17 (Fri) 19:48:30 host:*.ocn.ne.jp

http://sptnkne.ws/dPQC

日本とロシアを結ぶ鉄道。計画は相当具体化されているようです。

126:堺のおっさん : 2017/03/17 (Fri) 20:07:38 host:*.ocn.ne.jp

>>122 御大

>野田の時からネオコン政党になってしまっている民主党…

嗤っちゃいました… 格好の隠れ蓑です。


128:飯山一郎 : 2017/03/17 (Fri) 21:23:41 host:*.ocn.ne.jp

>>126

>>野田の時からネオコン政党になってしまっている民主党…

この↑↑原因をつくったのは,じつは,鳩山と小沢です.

小沢は,せっかく政権を奪取したのに衆議院の民主党室に籠もり,国政は(素人の)鳩山に丸投げ…

その鳩山がヤッたことは,仙谷,前原,野田,枝豆等々のネオ・ネオコン(昔,極左)を閣内に招き入れてしまった人事.

そのネオ・ネオコンたちが加担した小沢・鳩山追放劇によって,小沢・鳩山はネオ・ネオコンたちに官邸を明け渡した…,と.


小沢という政治家は,結局は,角栄譲りの選挙の達人というだけで…,

鳩山のネオ.ネオコン選びにも異議無し!

これは↑↑アメリカのネオ・コンサバティブ人脈の由来も意味も分からない証拠で…

真の支配者ではない官僚の支配を打破しようとして…,大失敗.


ただし,「国民の生活が一番!」というポリティカル・コピーは最高だった.(!!)

嗚呼,あの頃の小沢一郎は,ほんと,輝いていた! まぶしいほどに.


132:飯山一郎 : 2017/03/17 (Fri) 22:41:53 host:*.ocn.ne.jp

>>123

トランプ革命的政権の誕生で,世界の政治構造は大きく変わってしまった.

こういう大変革期には,あらゆる知見,常識,認識,思想,人物評価等々を,厳しくチェックして,パラダイム・シフトしていかないと…

世界が全く見えなくなってしまい…,昔の考え方のままだと,間違った世界イメージを描いてしまう.


そして,ただいま現在,最も注意を払いながら再評価すべき政治家は,安倍晋三であろう.その再評価論を,ワシは,書きまくってきた.


さて…,ロシア革命に関わった思想家や革命家たちの評価は,それこそ甲論乙駁で,あらゆる評価づけが行われ,それは今も続いている.

しかし…

現代の米国の政治過程を論じる場合に,特筆すべきことは…

スターリン(一国社会主義者)に追放されたトロツキスト(世界革命主義者)たちが米国に逃げたこと.

その逃避先の米国において,彼らは,軍産体制の中枢トップに入り込んで…

ネオ・コンサーバティブ=グローバリズムの思想を掲げて世界革命(米国式民主主義で世界を統一)を開始し…

その世界革命(カラー革命)は,イラク,リビア,パクネの韓国では大成功した….ウクライナとシリアでは失敗.

さらに昨年の米国大統領選挙では大敗北!

そ~して今,彼ら戦争屋(軍産体制)ネオコンは,裏切り者=安倍晋三追放のカラー革命をニッポンにおいて展開中!と.


こ~ゆ~↑↑大局観をもてば,必ずや,現在の日本の『森友狂想曲』の本質と真相が見えてきます!

だから,この文章は,歴史学と政治学の勉強だと思って,もう一回読んで猪~大寝!>皆の衆


140:堺のおっさん : 2017/03/18 (Sat) 03:27:46 host:*.ocn.ne.jp

ネオコン、および反ネオコンの定義が論者によってバラバラではないか?

特に、反ネオコン勢力はもともと確固たる勢力としてネオコンに細々と対抗し続けてきた勢力ではない。

トランプ革命は、御大も指摘しているようにどうしようもなくなったアメリカを再生する必要性がなければ起こらなかった。

ネオコン的手法は対象国にカラー革命を起こし、その富をアメリカにではなくネオコンに分配する。国家ではなく、グローバリストのの企業や投資家、政治家に分配する。しかもその原資がアメリカの国家予算なのだから、アメリカは膨大な、言い換えれば不要な軍事費でインフラの再生もままならず、へたすれば2流国へ転落しかねないところまで落ちぶれた。

オバマとケリーが、のらりくらりとシリアへの地上軍投入を避け続けなければイラク戦争並みの軍事費でアメリカの没落は一層早まったのではないか。

そうなれば、さらなるカラー革命の連続しか支え続ける手段はなかっただろう。

反ネオコン勢力とは、カラー革命の連続を生き延びる手段と考える勢力に対しその手段そのものを否定し、国民経済優先を選択するすべての勢力である。


141:堺のおっさん : 2017/03/18 (Sat) 03:40:23 host:*.ocn.ne.jp

>>140 捕捉

アメリカの経済が金融と軍産複合体中心といわれるゼロサムゲームとわずかな

トリクルダウンしかもたらさない中、国民が潤うには結局戦争しかなかった。

カラー革命は次のカラー革命を呼ぶのである。その潤いはすぐに乾く。

ここから抜け出すには、国民経済に役立つまともな投資を行う路線に舵を切る

しかない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0