So-net無料ブログ作成

「ヒラリーとトランプは、同じ穴のムジナだった」!? [現状把握]

B8KkajgCMAEPpxK.jpg「シリアがサリン使用」の写真付き報道は嫌な感じだった。案の定、「米、シリア攻撃」。いつか来た道・・・というより、いつもの通り

「アメリカ・ファースト」(米国第一主義)、すなわち米国の覇権的な義務を放棄することで、米国の産業や雇用を一時的に再生しようとするのがトランプの経済戦略の要諦》(田中宇)はどうなるのだろうか。

昨日からの「放知技」板。(太字は引用者)

*   *   *   *   *

700:陽子 : 2017/04/07 (Fri) 10:46:04 host:*.bbiq.jp
米軍がシリア軍施設にすごいミサイル攻撃しましたよー
おかげで石川がバキューーーン

701:飯山一郎 : 2017/04/07 (Fri) 11:03:07 host:*.ocn.ne.jp
>>700
陽子さん,ようこそココへ!??*¨*?.,,.?♪
●『米、シリアにミサイル攻撃 米報道 化学兵器疑惑受け60発』?
2017/4/7 10:37?
日経速報 http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM07H2D_X00C17A4000000/
これは↑↑トランプ大統領承認のミサイル攻撃です.
フリン更迭の悪影響(=米軍ネオコン派にトランプが騙された)が,モロに出てしまいました.
これでトランプも,只の戦争屋のオッサンに成り下がってしまいました.
注目は…
プーチンが「トランプ軍国主義=他国への無断軍事攻撃」をど~裁くか? 砂漠での米露軍事衝突があるかないか? です.

なお,石川製作所(6208)のバキューーーンは…,
トランプの北朝鮮単独攻撃の報を受けたもので…
4月4日から物凄いバキューーーン状態です.

702:陽子 : 2017/04/07 (Fri) 11:17:17 host:*.bbiq.jp
飯山さんどうも 北朝鮮にも武力行使か  っていうことで今日またあげてるみたいですよー

703:飯山一郎 : 2017/04/07 (Fri) 11:20:44 host:*.ocn.ne.jp>>701
日経平均が大幅高から下げに転じ,現在は60円安.
これはトランプのミサイル攻撃の影響でしょう.
戦争を投資家は嫌いますから.
昔は,「遠くの戦争は買い!」でしたが…
しかし,現代の戦争はインターネット通信網をズタズタにするので,経済活動はストップ.
よって,戦争は売りなのです.

しっかし,北朝鮮のミサイル発射実験を駄目!というアメリカが,他国(シリア)にミサイルを60発も撃ち込む!
この理不尽な事態を…,フロリダにいる習近平が,どんな表現でトランプを皮肉るか?
ま,習近平は何か言うでしょう.黙ってニコニコ笑っている事態ではないんだし….

704:飯山一郎 : 2017/04/07 (Fri) 11:24:08 host:*.ocn.ne.jp
>>702
そうですね,今の石川製作所は軍需産業(死の商人)ですから…,
戦争の臭いには,株価も敏感に反応しますわな~>陽子さん

705:飯山一郎 : 2017/04/07 (Fri) 11:31:23 host:*.ocn.ne.jp
>>703
●NYダウ先物,大幅安!
シリアへのミサイル攻撃が報じられた瞬間から急落! 一時は140ドル安

706:俵にマッチ(一本火事のもと) : 2017/04/07 (Fri) 12:16:57 host:*.uqwimax.jp
トランプくん
君が攻撃命令出したから
 4月7日は米崩壊記念日
   俵にマッチ(一本火事の元)

707:飯山一郎 : 2017/04/07 (Fri) 12:37:33 host:*.ocn.ne.jp
>>706
俵にマッチ(一本火事のもと)さん,よ~こそココへ!??*¨*?.,,.?♪
> トランプくん
> 君が攻撃命令出したから
> 4月7日は米崩壊記念日
>    俵にマッチ(一本火事の元)

ワシなど古い人間は↑↑これには大笑い! 爆笑だ.

若い衆に説明するが…
上の「五・七・五・七・七」の句は,『サラダ記念日』(著者:俵万智)のパロ
だから,「俵にマッチ」=俵万智とゆ~ふ~にダジャレったワケ www

それにしてもだ,「マッチ一本火事の元」ってのは…
50年も前の「火の用心」の警句だ. いくら何でも古すぎる!!!
あまりに古すぎて…,ワロタ (爆)

708:かじか : 2017/04/07 (Fri) 12:50:06 host:*.spmode.ne.jp
テロリストとの戦闘が、シリア軍に優位に展開し、平和交渉も妥結に、こぎ着けようとしている、
この時期に化学兵器を使用するメリットは、シリア政府には全くない。
シリア外務大臣は、記者会見で、シリア軍の化学兵器使用に関するキャンペーンが、実際の空爆時間より、
早く始まったことを指摘している。
The Foreign Minister explained that the campaign of accusing the Syrian army of using chemical weapons in Khan Sheikhoun started at 06:00 am, while the first air raid carried out by the Syrian army was at 11:30 am of the same day targeting an ammunition store of Jabhat al-Nusra terrorists that included chemical weapons.
http://sana.sy/en/?p=103704
西側のフェイクニュース・メディアが、これまで報道してきた、シリア軍による化学兵器の使用は、その後の調査で、すべてテロリスト側が関わっていたことが、判明している。
(国連の調査は、その証言を、すべて無視した。)
Pentagon Trained Syria’s Al Qaeda “Rebels” in the Use of Chemical Weapons The Western media refutes their own lies
http://www.globalresearch.ca/pentagon-trained-syrias-al-qaeda-rebels-in-the-use-of-chemical-weapons/5583784
トランプ政権の誕生は、ロシアとの核戦争の可能性を、1-2ヶ月、先延ばしにしただけだった。
ヒラリーとトランプは、同じ穴のムジナだったと言うことだ。
北朝鮮の核ミサイルが、日本の原発に対して、発射される可能性は高まった。
飯山先生、ぼちぼちと、防空壕を 考える 花見かな 山頭花

709:飯山一郎 : 2017/04/07 (Fri) 12:58:23 host:*.ocn.ne.jp
>>706
たしかに,俵にマッチ(一本火事のもと)氏の言うとおりで…
きょう,4月7日は米崩壊記念日になる罠~
「他国への武力攻撃は,トランプ政権はしない!」と,あれほど言い続けたトランプが,本日,武力攻撃!
きょうで,トランプのアメリカは,ヲワタ.

しかし,安倍晋三のニッポンは,終わらない!
安倍晋三には,フクイチ鎮圧!という使命感があるし…
何より,バックにプーチンが,でぇ~んと控えている.→ http://grnba.jp/index.html#aa04061

711:猿都瑠 : 2017/04/07 (Fri) 13:48:32 host:*.au-net.ne.jp
こうやって国際情勢の流れを見ると、理解できない奴に何を言われても構わないとトランプに会いに行った安倍晋三の政治的嗅覚たるや舌を巻くばかりですね。
今のタイミングなら不可能だったでしょう。
大統領就任のご祝儀期間に狙いを定めて、実質的な外交フリーハンドを手に入れて帰国したのですから、戦後70年に於いて政治家として一番の功績としか言いようがありません。

ロシアとロシア国民と共に日本はあると言うことは、対外的に反ネオコンですよ日本はと言う宣誓に他ならない訳ですから、これは日本の独立宣言に等しいかと思います。

712:かじか : 2017/04/07 (Fri) 13:53:20 host:*.spmode.ne.jp
米のシリア軍事介入に警告=ロシア(時事通信) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-00000038-jij-int

シリア攻撃 米が露に事前通告 | 2017/4/7(金) 12:34 - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6235815

米軍、シリア軍基地へのミサイル攻撃前にロシア軍に通知(ロイター) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-00000055-reut-asia

713:飯山一郎 : 2017/04/07 (Fri) 13:54:34 host:*.ocn.ne.jp
>>708
かじかさんの文章は,すごく真っ当な御意見です.熟読しました.
ここで「異説」を少々申し述べます.
シリアへのミサイル攻撃は,習近平が訪米中の「暴挙!」
ただし,次のような可能性があります.
1.米国は,現在,ネオコン戦争屋が政治と軍事を主導している.
2.トランプも↑↑これを抑えられず,シリアへのミサイル攻撃は,戦争屋の顔を立てたガス抜き.
3.しかし,それでも戦争屋は,北朝鮮を攻撃する可能性は消えない.(ここまでは,習も虎も共通認識)
4.「北朝鮮への攻撃は,最初は,今回のようにミサイルを数十発撃ち込む.」
5.「その時は,中国と北朝鮮も反撃するのだろうが…」
6.「その時は米国の全ての軍艦にミサイルを撃ち込み,全て撃沈しちゃうんだろ~な~w」
7.上のよ~な会話を,虎と習がしている可能性があります.

なお,北朝鮮は,旧瀋陽軍区の意向で,日本と韓国は攻撃せず…
米国の軍艦だけを狙った攻撃訓練を続けていることは確かです.

   〓 墓がならんでそこまで波がおしよせて 山頭火

714:かじか : 2017/04/07 (Fri) 14:25:48 host:*.spmode.ne.jp
なるほど、飯山先生ありがとうございます。
知り合いに旧日本軍元兵士の長老がおられます。
その方も、飯山先生と同意見です。
北朝鮮は,旧瀋陽軍区の意向で,日本と韓国は攻撃せず…
米国の軍艦だけを狙った攻撃訓練を続けていることは確かです.

長老の方も、アジアの軍隊は砲弾を大事に使うため無駄撃ちはしないだろうとの話でした。
>>708
は、下記のコメント欄からの引用です。
核ミサイルが、日本の原発に対して、発射される可能性は高まった。
とありそれはないやろうと思い貼らせていただきました。
トランプ氏、シリア化学兵器「いくつもの一線越えた」 ダイナモ
http://www.asyura2.com/16/warb19/msg/891.html

ゆうぜんとしてほろ酔へば雑草そよぐ
山頭火

715:堺のおっさん : 2017/04/07 (Fri) 15:31:03 host:*.ocn.ne.jp
シリアへのミサイル攻撃は詳細が不明ですが、
かつてオバマが「空爆!! 空爆!!」と声高に叫んで
地上軍の派遣を事実上封鎖した手腕を思い出す。

716:猿都瑠 : 2017/04/07 (Fri) 17:51:54 host:*.au-net.ne.jp
米軍のミサイル攻撃と同時にISも攻撃をしたとスプートニクが報じてますね。
https://jp.sputniknews.com/middle_east/201704073512719/
アメリカはISと一体のテロ国家だと表明した事になってしまいます。
投資家は安定してる円買いに走っているとNHK。

717:飯山一郎 : 2017/04/07 (Fri) 19:02:12 host:*.ocn.ne.jp 
● 米国の対シリアミサイル攻撃は現地ネオコン米軍の謀略!
  http://grnba.jp/index.html#aa04071

719:ちょっこし : 2017/04/07 (Fri) 22:07:58 host:*.plala.or.jp
ロシア大統領、米国のシリア攻撃は侵略-空域での衝突回避の合意停止
ロシアのプーチン大統領は7日、米国によるシリア空爆を非難し、「主権国家に対する侵略だ」と断じた。
ロシアはシリア上空での偶発的衝突を回避するための米国との合意を停止した。
米国はシリア政権が化学兵器を使用したとの判断に基づいてミサイル攻撃を断行した。
米ロ間の緊張が突然、高まった。ロシア側は米国の行動が両国関係に「相当大きなダメージ」を与えるだろうと言明。
米国は空爆においてロシア軍に被害を与えるリスクを最小限に抑えたと説明した。空爆ではシリア兵士6人が死亡した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-57022395-bloom_st-bus_all
特別講演会 金正日は日本人だった。月刊日本
https://www.youtube.com/watch?v=2LRNiAcZm0s&list=PLSAbPcNoh5UM0qk3cIvjfi1jrsrqBZeuZ
「朝鮮の人・台湾の人は"大日本帝国臣民"として一緒に大東亜戦争を戦った同胞だったのだ」という視点からスタートしなくてはならない。 
知覧の母~ホタル~?
https://youtu.be/3R9aAYiyhYM

720:ちょっこし : 2017/04/07 (Fri) 22:32:53 host:*.plala.or.jp
今後の展開は、飯山先生如何なものでしょうか?
北の原爆開発者は日本が育てた、今でもメディアNG~元公安庁部長?
https://youtu.be/6FstCKeTxkE
韓国の反日は米国がやらせた~当時を知り尽くした元公安庁部長が語る?
https://youtu.be/gQK6QrNCG3k
パククネ大統領の父暗殺の真実を元公安庁部長が激白~暗殺者が放った言葉?
https://youtu.be/xCTfGiUpZVc
戦後は平和ではない、不審死だらけ、これが戦後レジーム~元公安庁部長?
https://youtu.be/90sWQqmErDQ

721:飯山一郎 : 2017/04/08 (Sat) 00:16:13 host:*.ocn.ne.jp
>>720
ちょっこしさん
今回の米国のシリアへのミサイル攻撃は,『内憂外患』の法則です.
米国の内憂(トランプの不人気と政敵との対立)を,外患(シリアの「化学兵器」)にスリ替えようとした愚策です.
トランプは米国の成金でしかない.ってことが,今回の乱暴な愚策が証明したワケで…
愚策しか取れないトランプは,今後,世界をリードする指導者にはなれず,国内のインフラ整備に注力するでしょう.

なお,北朝鮮における “核”研究の歴史について↓↓小生が8年前に書いた文章です.
「北朝鮮域での核の研究・開発は,70年もの歴史がある!」(https://goo.gl/QUfjPG)

北朝鮮+旧瀋陽軍区の実力(戦争能力)が,どれほどのものか??
これに↑↑無知なトランプが,在韓ネオコン米軍を煽っている現在…,
対シリア攻撃と同じ愚策を,アメリカが北朝鮮域で強行しても,勝負は一瞬でつく.
つまり,東シナ海と日本海を遊弋する米海軍の軍艦の全てを一瞬で撃沈するのは,北朝鮮+旧瀋陽軍区が10年以上も前から狙っている作戦なのです.
今回,フロリダでの共同声明なしの米中首脳会談,習近平がヤケに落ち着いていたのは,胸に一物があるからです.


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 1

めい

《ワシントンとの協力という夢想に心を奪われたロシアは、シリアと自らを苦境に陥れたのだ。》
《ISISに対するロシアの戦いが勝てるところで、そのうちワシントンが、最後のISIS拠点廃絶で、最終的にロシアに協力するだろうと無駄に信じて、とどめをささなかった》
《プーチンは、ロシアを一部きれいにしたに過ぎない。ロシアは依然、アメリカ工作員に満ちている。トランプが陥落したと同様に、プーチンもワシントン支配体制に陥落するのだろうか?》

   *   *   *   *   *

トランプは降伏した。 次に降伏するのはプーチンだろうか?
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-88c3.html

Paul Craig Roberts
2017年4月6日

更新: ワシントンは、シリア空軍基地へのトマホーク・ミサイル攻撃で紛争を再開した。ロシア/シリア防空システムは攻撃を防がなかった。

ワシントン支配体制シオニストと狂った将官だけだが、支配を回復したのだ。まずフリン、そして今度はバノン。トランプ政権に残されたものと言えば、ロシア、中国、イラン、シリアと北朝鮮との戦争を望んでいる。

ホワイト・ハウスには、連中を止める人は誰もいない。

ロシアとの関係正常化にはお別れのキスだ。

シリア紛争は再開されることになった。いかなる証拠も無いにもかかわらず、ワシントンが、シリアのせいにしている化学兵器攻撃の狙いはそこにある。化学兵器攻撃が、ワシントンが画策した出来事であることは完全に明らかだ。報道によれば、アメリカのティラーソン国務長官が、ロシアに、シリアのアサド大統領を排除する措置を進行中だと警告した。トランプは同意している。

アサド排除によって、ワシントンが、もう一人のワシントン傀儡をイスラムの人々に押しつけ、ワシントンから自立した政策を持ったもう一つのアラブ政府を排除し、イスラエルがパレスチナを盗み取るのに反対するもう一つの政府を排除し、エクソンのティラーソンやネオコン覇権主義者が、アメリカが支配する、カタールから、シリア経由でのヨーロッパ向けガス・パイプラインで、ヨーロッパへのロシア天然ガスを断ち切ることが可能になる。

こうしたあらゆるアメリカの優位を無視して、ワシントンが支援するISISから、シリアを完全解放するのを、ロシア政府はためらった。テロに対する協同取り組みで、ワシントンとの提携を実現できるという全く非現実的な希望を持ったがゆえに、ロシアはためらったのだ。

テロはワシントンの兵器なのだから、これは奇妙な考えだ。もし脅し、あるいは、ワシントンとの“協力”という見当違いのロシアの更なる希望で、ワシントンが、ロシアを押し退けることができれば、テロは、次はイランに対し、より大規模に向けることができる。イランが倒れれば、テロは、ロシア連邦と、カザフスタンと国境を接する中国の省に向けて動き始める。ワシントンは既に、アメリカが支援するテロの風味を、チェチェンでロシアに味わせている。更に続くはずだ。

もし、ロシアが突然、欧米から主導権を奪った際、ロシア政府が、シリアからISISの一掃するのをためらっていなければ、シリアは、区分けされたり、上記の理由で、アサドを排除するという新たなアメリカの決意に直面することはなかっただろう。だがワシントンとの協力という夢想に心を奪われたロシアは、シリアと自らを苦境に陥れたのだ。

シリア政府の要請を受け入れ、紛争に参加して、ロシアは独創的に動き、世界を驚かせた。ワシントンはどうすることもできなかった。ロシア介入は、即座に、流れを、ISISに不利に変えた。すると突然、ブッシュが航空母艦上で“任務完了”と宣言したように、プーチンが、ロシア撤退を発表した。

だが任務は完了しておらず、ロシアは再度参入し、独創的に動いてはいるものの、不合理な撤退で、いささか挫折した。記憶が正しければ、この出たり入ったりの作業は何度か起きている。ISISに対するロシアの戦いが勝てるところで、そのうちワシントンが、最後のISIS拠点廃絶で、最終的にロシアに協力するだろうと無駄に信じて、とどめをささなかったのだ。逆にアメリカは、ロシア/シリアの前進を阻止するため、軍隊を送り込んだ。ロシア外務大臣は文句を言ったが、ロシアは、印ばかりのアメリカ軍を退け、紛争を終わらせるために、現場での優勢な軍事力を利用しなかった。

今、ワシントンは、ワシントンの邪魔をするなと、ロシアに“警告”を出した。ワシントンとの協力には一つしか意味がなく、それは、臣下として契約することだというのを、ロシア政府はいつか学ぶのだろうか?

今やロシアにとって唯一の代案は、ワシントンに、地獄に落ちろ、ロシアは、ワシントンによるアサド排除を許さないと告げることだ。しかし欧米と手を組んでいるロシアの第五列は、ロシアがアサドを犠牲にしさえすれば、ロシアは最終的にワシントンの協力が得られると主張するだろう。もちろんロシアの黙認は、ロシアの力というイメージを破壊し、ヨーロッパへの天然ガス販売による外貨をロシアから奪うのに利用されるだろう。

ロシアはワシントンを信じることができないとプーチンは述べた。これは諸事実からの正しい推論だが、するとロシアは一体なぜワシントンとの協力を求めて、自ら苦境に陥り続けているのだろう?

“ワシントンとの協力”の意味は一つしかない。ワシントンへの降伏だ。

プーチンは、ロシアを一部きれいにしたに過ぎない。ロシアは依然、アメリカ工作員に満ちている。トランプが陥落したと同様に、プーチンもワシントン支配体制に陥落するのだろうか?

ロシア・マスコミがロシアがおかれている危機をほとんど理解していないのは異様だ。

Paul Craig Robertsは元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼 の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Order.が購入可能。

記事原文のurl:http://www.paulcraigroberts.org/2017/04/06/trump-surrendered-will-putin-next-surrender/
----------
土地疑惑を収束させるための、アジアで、若い燕に貢いだオバサマの詐欺事件は、インパクトにかけた。そこに、テロ大国による、シリア攻撃。

呼吸をすると同様に易々とウソをつく彼氏、宗主国の無謀な攻撃を支持している。真の趣旨はこうだ。

首相、米の決意支持=シリア攻撃「事態の深刻化を推進する」

小泉首相発言「大統領は(戦争開始の判断は)正しかったと発言している。イラクが大量破壊兵器がないと証明すれば、戦争は起こらなかった」の再現。

シリアが化学兵器を使っていないと証明するのは「悪魔の証明」だろう。
土地疑惑渦中の組織に寄付していないと証明するのは「悪魔の証明」だといった人物が、ご主人のためなら、平然とウソをつく。

9/11偽旗テロ後、難癖をつけ、アフガニスタンを攻撃し、イラクを攻撃した暴虐の再現。誰が世界最大のテロ国家か、良く示す出来事。
しかも、習首席の訪米中というタイミングを狙っている。

『シリア: もう一つのパイプライン戦争』という、ロバート・F・ケネディ Jr.による2016年2月25日付けの記事をお読み願いたい。

宗主国やNATOが、なぜシリアのアサド打倒に必死になっているかという理由が良くわかる。

宗主国の言い分垂れ流し大本営広報部、今夜はみないつもり。腹が立つだけ。
昼の白痴洗脳ワイドショーも夜の呆導番組も、情報を得るため見ているのではない。
こうした翻訳をしながら、いかに洗脳歪曲しているか確認するために聞いている。

大本営広報部バラエティー番組の幇間・売女諸氏諸嬢、宗主国のまったく理不尽な攻撃を、淡々とつたえるのみ。それがお仕事。
報道番組、春の人事入れ換えをしても、タレント・人気アナウンサー総出の大本営広報部呆導番組のまま。

日本マスコミが日本がおかれている危機をほとんど理解していないのは常態だ。

2017年4月 7日 (金)

by めい (2017-04-08 07:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0