So-net無料ブログ作成
検索選択

「自衛隊アレルギー」と「天皇アレルギー」の解消→日本人の共通意思形成 [日本の独立]

宮内交番連絡協議会という団体がある。平成9年に「宮内交番友の会」として発足した。今年発足20周年である。その会が20周年行事として警察音楽隊の演奏会を企画した。会場はシェルターなんようホール(南陽文化会館)。会場使用の便宜を得るために、「宮内中学校区 笑顔いっぱい!共育ネットワーク」に共催をもちかけた。共育ネットワークの事務母体が前向きに受けて動いた。しかし、警察音楽隊との日程調整がうまくゆかなかったかで自衛隊音楽隊に替わった。共育ネットワークの会長は宮内地区長会長の宛職で私が務める。そもそも共育ネットワークという組織は交番友の会と兄弟分のようなもので、その発足には警察側の地域との連携を図ろうとの意図が背景にあった。私も宮内交番友の会発足時のメンバーのひとりだった。そんなことで、今回の企画、私もその流れにさからうことなく17日の事務局会を迎えた。

 

案の定、異論が出た。「教育講演会が自衛隊音楽隊になるというのはそもそもおかしいのではないか」というものだ。今から約40年前、第一回菊と市民のカーニバルを思い起こす。その先導を自衛隊音楽隊にお願いしたところ、宮内小学校から「自衛隊が来るなら協力できない」とクレームが入ったのだ。やむなく音楽隊はカーニバルの隊列から外れて、ずーっと先の前ぶれ隊として演奏していただいた。あとで自衛隊に対してお詫び文を書いたように思う。そんなわけで、異論の背景に「自衛隊アレルギー」を疑ったのだ。それを圧しての強行は無理、その時は交番連絡協議会に断るしかないと覚悟して、当日参加18名みんなの意見を聞いた。

 

意外だった。われわれ世代が感じ持っていた「自衛隊アレルギー」などはもう時代の遺物になっていることを確認させられた。異見の背景にもそれはなかった。自衛隊はもう完全に認知された存在なのだ。齟齬があるとすれば憲法9条上のことであって、自衛隊の存在をそこに盛り込めさえすればすべてすっきりする。

 

《憲法記念日の3日、安倍首相は日本会議が主導する美しい日本の憲法をつくる国民の会の改憲集会にビデオメッセージを寄せ、そのなかで新憲法の施行されるべき年を具体的に2020年と明言し、2020年をめざして9条を改正して「1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込むという考え方は国民的な議論に値する」と指摘している。》https://jp.sputniknews.com/japan/201705033598477/

 

これを受けて《これまでの「護憲」一辺倒の人たちの視野に「改憲」が入るようになるとしたら、このことこそ「国民の合意形成」に向けた第一歩なのではないか。》と書いていた。http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2017-05-12

 

「国民の合意形成」を言うとき、もう一つ問題になるのが「天皇アレルギー」だ。天皇という存在は、戦後叩き込まれた「自由と平等」イデオロギーとどうしても相容れない。一昨年9月、「国民連合政府」実現は、共産党が素直に「天皇」の御存在を理解できるようになるかどうかにかかっています》と題した記事を書いた。http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2015-09-23 その後共産党の「天皇アレルギー」はどんどん解消の方向に向かっている。西歴のみだった赤旗の年号記載も、最近は「平成」記載がよみがえったと聞く。かつて「天皇アレルギー」の総本山であった共産党が変ってきた。

 

「自衛隊アレルギー」と「天皇アレルギー」、この二つが解消したとき、日本人の共通意思の形成が可能になる。いま時代は確実にその方向を向いていると思える。

 

ちなみについ先日テレビで、以前の株主総会での総務の手腕の如何は、いかに質問を封ずるかにあったが、いまは活発な質疑が展開されるかに替わってきている、と言っていたが、我が意を得た思いで聞いた。議論の共通地盤形成が進みつつあることにほかならない。慶賀すべきことと思う。

 

今朝読んだ「放知技」板に、すぐれた現状認識記事があったので貼付けておきます。

 

*   *   *   *   *

 

969:猿都瑠 2017/05/18 (Thu) 17:10:06 host:*.au-net.ne.jp

>>958

 

飯山先生、拙文を載せて頂きありがとうございます。

 

日本は戦後GHQ支配に始まりCSIS(戦略問題研究所)支配が続いて来ました。

大多数の一般国民には支配者達の手先になったマスコミに洗脳され、政治のリアリズムは感知出来なかったのです。

しかし信念ある政治家はいつか自国の主権を取り戻す、その為の闘いを続けていました。

たとえ悪と言われようが、結果で全て政治家としての使命を見せてやると。

アメリカの核に脅されながら、ロシアや中国がいつか対抗するぞと牙を磨いてきたように、

日本の政治家も戦争する権利を奪われつつ、いつか国家の主権を取り戻す時が来るまでと70年闘い続けていたのです。

その中で独自外交を行おうとして悪の権化にされ政治家生命を断たれた者、自分の命まで奪われた者。

それを最も目の当たりにしてきて、歯を食いしばり拳を握り締めていたのは実は安倍晋三その人だったのです。

 

リビアやシリア、イラクのように反政府組織を送り込まれ、アメリカやイスラエルの諜報機関が育てたテロリスト達によって、

国家の体を失って行く様を見ているしかありませんでした。

それどころか日本という国はテロ組織を育てて他国の政権を転覆させたり、

軍事侵攻を行い略奪の限りを尽くす外道達に支配され、それも戦後ずっと巣食っているのですから。

 

しかしトランプ政権が登場し、CSISを追い出すことが出来たのです。

決して諦めないCSISは、野党政治家や安倍に遠ざけられている政治家を巻き込み、

かつて敵だった者達も取り込み反撃に打って出ています。

それが森友に始まる一連の喜劇(あえてそう言わせて貰います)なのです。

 

さてここで共謀罪の捉え方が、日本の国家としての正体を把握している人々と、

ルサンチマンで恨み妬みレベルまで逝ってしまっている人達と正反対になっています。

 

反安倍で燃える人達は、安倍批判を封じる為の、更には憲法を無効化する法律だとまで言っています。

しかし憲法はある物の、憲法に反する行為を平気で政治家や官僚に命令して来た連中が居る事を忘れてしまっているようです。

いくら日本国憲法制定に日本人が関わっていようが、国家の主権が無い状態で制定された憲法、それが日本国憲法なのです。

国家の主権が無い事で国民には吐露出来ない惨めな思いをして来た、そんな政治家がいる事には想像が決して及ばないのでしょう。

 

もう一度言いますが、日本はCSISといった自分の欲望の為には人間の命や国家がどうなろうが、軍事力で蹂躙して来た連中の所有物でした。

テロリストを送り込まれた国ではなく、その親玉達の支配する国だったのです。

そこから安倍首相は国家の主権を取り戻そうとしている。

つまりイラクやリビア、シリアで行われているテロ攻撃は、中東等より過激な物になる可能性があるのです。

安倍政権が共謀罪の標的としているのは組織犯罪を行う連中[ISCIAやモサドが育てたと周知)等のテロリスト]です。

テロの芽を摘むどころか、種さえ植えさせない。その為の適用範囲の広さなのです。

 

共謀罪ですら国家としての最低限の防衛ラインだと思います。

生物兵器であれ劣化ウラン弾であれ使用する、手段を選ばない連中相手なのですから。

 

安倍政権が何を行おうとして共謀罪を通そうとしているか気付かない。

これを平和ボケと言います。

全世界が反ネオコン対ネオコンの戦争を行っているのと同様、日本国内でも同じことが起こっている最中なのです。


 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0