So-net無料ブログ作成

南陽市がバルバドスの「ホストタウン」に! [上杉鷹山]

5月17日の記事「バルバドスからの手紙」の最後を「『世界に届け!鷹山公精神』、今後どのような展開が待っているのだろうか。」と締めたのだが、2020年東京五輪・パラリンピックにおいて南陽市がバルバドスの「ホストタウン」になることが決定したとの報道。
ホストタウン決定(山形新聞290708).jpg今朝の山形新聞。
《丸川珠代五輪相は7日の閣議後の記者会見で、2020年東京五輪・パラリンピックに参加する海外選手らと自治体の交流を促す「ホストタウン」構想の第4次登録41件を発表、本県の申請4件全てが認定された。第1〜4次の登録件数は全国で179件、対象国・地域数74。本県の累計は登録件数‥11件、対象国・地域13で、都道府県別でともに全国トップとなった。/ 政府は今年中に第5次の申請受け付け、認定作業を実施する見通し。/ 本県で第4次登録されたのは▽米沢市(相手国・地域=香港)▽寒河江市・県(同=韓国)▽東根市(同=ドイツ)▽南陽市(同=バルバドス)。/・・・・・/ 南陽市は中米・カリブの島国バルバドスの陸上や水泳、射撃、トライアスロンなどの合宿誘致を目指している。現地日本大使館に村山市出身職員がいることなどがきっかけ。/ ホストタウン構想は、自治体が相手国・地域を狭め、政府から登録を受ける制度。合宿誘致や交流事業に対する国の財政支援がある。・・・》
5月16日の山形新聞記事、再掲しておきます。
カリブ島から山新記事.jpg
7月18日には、南さんがご家族とともに南陽市にお出でになるという。
もろもろ、鷹山公のおはたらきを思わずにはいられません。
【追記 29.10.3】
今朝の山形新聞です。
バルバドス大使南陽へのコピー.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0