So-net無料ブログ作成
検索選択

オミコクづくり [熊野大社]

08-DSCF6936.JPG今年のハコバヨイ、80歳(72781歳になる)の頭取が十数年ぶりに箱を負った。そして私が、納所長の片平仁君とともに箱添(ハコゾエ)の役を務めた。本来は屈強な納所(ナッショ)の役割だ。片平君にしても60歳。彼は代々獅子冠事務所員の家柄で、若い頃は農青会員として参加、親が病いを得た十年ぐらい前から親に代わって事務所に入った。空白期間はあるが、獅子冠事務所のかつての形についてだれよりも知っている。屈強とは言えないが、農業と長距離選手としてならした体をもち、頼りになる。それにしても二人あわせて130歳のハコゾエ出現をだれが予想し得たか。箱を負う頭取とあわせると210歳。そこに至るにはそれなりのドラマ(葛藤)があったのだが、それにはふれない。

 

ハコゾエには若水汲みという重要な役割がある。ハコゾエはかつて23回務めたことがあったが、屈強でもなんでもない私には遠い役割だったので、25日早朝の若水汲み、そしてその若水を使ってのオミコク(黒豆フカシ)づくりについてもほとんど経験がない。それを今年はつぶさに経験(観察)、記録できたのがありがたかった。

 

以下、黒江太郎著『宮内熊野大社史』(昭和51年)の「オミコク」の項。

 

*   *   *   *   *

 

若水汲み.jpg 短い夏の夜空は白みかけ、七月二十五日の朝をむかえる。この日の明けあけに、頭取は納所のものをしたがえ、白木の手桶をもって大清水のミタラシから若水くみをする。頭取の行事はつぎから次とつづいて休むひまも無いほどである。若水を神社にもちかえり、その水で糧米五升に五介の黒豆をいれて黒豆フカシをむす。黒豆フカシをオミコクという。オミコクをつくるのは六供衆の仕事である。獅子の宝前にオミコクをそなえ、頭取は獅子の頭にさらに三枚のオシダをかぎりつけ、神酒でお顔洗いをして朝の祈祷をあげる。

 六供の衆は立場の神社にそなえる供物をつくらなければならない(今は恩地家ひとりでやっている)。供物は丸曲(マルマゲ)と角曲(カクマゲ)にいれる。丸曲にはオミコクと餅を小さく切って二こいれる。角曲には副食の菜を盛る。丸曲と角曲をくみあわせて白紙でつつみ、スゲの草でむすんで御幣をたてる。江戸時代の記録に「守物.ゆえ」とあったが、この丸曲と角曲のことである。角曲には、青杉菜を敷いてそのうえに、山イモ・葉ヒョウ(「オトコヒョウ」という)・スモモ・山ユリ・ツタ(「タビラッカ」という)・ワカメ(今は入れない)・トコロの品々を盛りあわせる。この七くさの品をみても、大社の古い歴史をうかがうことができる。

 丸曲と角曲のほかに、若水をくむ五升桶、大曲をのせる三宝二台、直会につかう本膳木皿を総称して木具(キグ)という。これらの本具は上杉藩の藩費で調達され、上杉家の曲師剣重家が毎年おさめた。維新後もそのまま続けられ、同家が山形市に移住ののちも従前どおりに継続したが、昭和二〇年大戦のさなかに剣重吉太郎氏の代に中止された。神社ではこれを惜み、復活することになっている(復活していない)

 

*   *   *   *   *

 

10-DSCF6938.JPG11-DSCF6939.JPG

 

 

 

 

 

 

16-DSCF6945.JPG19-DSCF6948.JPG20-DSCF6949.JPG22-DSCF6951.JPG24-DSCF6953.JPG23-DSCF6952.JPG24-DSCF6953.JPG25-DSCF6954.JPG26-DSCF6955.JPG27-DSCF6956.JPG28-DSCF6957.JPG30-DSCF6959.JPG31-DSCF6960.JPG32-DSCF6961.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0