So-net無料ブログ作成

緊迫する世界。今をどう見るか(つづき) [現状把握]

前記事のコメント欄につなげようと思ったのですが、昨朝から今朝への息もつかせぬ勢いの「放知技」板の流れ、記録させていただきます。いみじくも飯山氏、621でこう言っています。

《ワシたちは,恐ろしい何かが起こっても,それに対処して生き延びねばならない./その生き残り作戦(サバイバル)は,最悪事態をシナリオにして想定することから始まる./これを↑↑『危機管理』というのだが,その基礎となるシナリオは,たゆまぬ現実観察から生まれてくる./その現実観察も,見方(観点)を変えると…,全く違った現実が見えてきてしまうのだ./であるからして…/現実観察の時々を,メモ,あるいはノートにして残し,それを読み直してフィードバックし,検証しながら先に進む,という日々が最も賢明で確実な生き方になる./そして,この↑↑メモ,あるいはノートは,仲間うちでシェアしあって共有すると…,仲間同士の助け合いによる危機管理が進むことになる./そういう「危機管理情報」を共有し,切磋琢磨する場として,『放知技』は,ある.》

そして、↓がすごい!ほんとにそうかもしれない日本の現状。

民族や国家の独立は闘い取る!そ~ゆ~もんだと教わったが…/支配され,抑圧されている属国が,ひたすら低姿勢な日々を過ごし…/支配者である宗主国の内部崩壊をひたすら待つ.70年くらい待つ./そのうち,変人大統領が現れて,宗主国はバラバラ・ガタガタになって…/気がつくと…,あれ? オレたちの国って,独立してるじゃん!てな気分./こんなことって↑↑あるのかね? 良く分かんないけど…》(629:飯山一郎 : 2017/08/18 (Fri) 19:28:53)

堺のおっさんはこれを評していわく、覇権の移行期だからこそ起こる現象》630)。

ともあれ、トランプ政権の行方とも絡みつつ予断をゆるさぬ緊迫した情勢が続いています。

以下、「放知技」板からの転載。文中太字は転載者。

*   *   *   *   *

619:堺のおっさん : 2017/08/18 (Fri) 06:00:02 host:*.ocn.ne.jp
>>617 >>618
御大、よ~くわかりました。
(金正恩の)この戦術なら半島が焦土となる可能性は極めて低いでしょう。
孫氏の兵法にのっとり、戦術も兵器の開発も行われており、
自国民を守るため万全の準備を積み重ねてきた。
何十年も持続させてきた強い信念を感じます。

他方、ネオコンは高額兵器の開発で儲け、難民で儲け、丸ごと略奪。
戦争は最高のビジネス。このやりたい放題の連中から自国民を守る。
第一次朝鮮戦争が国民を疲弊させる冷戦の幕開けであったように、
第二次朝鮮戦争は冷戦を終結させる歴史のターニングポイントとなるでしょう。
620:飯山一郎 : 2017/08/18 (Fri) 09:31:04 host:*.dion.ne.jp
>>619
堺のおっさん
>>617 >>618 は,ワシの「期待可能性」を籠めた1つのシナリオです.
只今現在において最も可能性の高いシナリオは…,
米軍の艦隊(空母2隻に原潜1~2隻)が,朝鮮半島に過度に近づく航路をとらず…,
北朝鮮を過度に刺激しないように,日本列島に沿って日本海を南下北上する航路選択です.

ところで…
安倍晋三首相は本日(18日),米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長と会談しますが…
百戦錬磨の政治家が(本音・本心を内に秘めた)常ならぬ深い話を軍人にすることになるでしょう.

(直截な)習近平国家主席とも,(親北の)文在寅大統領とも全く異なる観点からの話…
(表向きは完璧に親米の)安倍首相は,米国の国益と米軍の軍益になる話をしながら…
長くて脆い日本列島を北朝鮮のミサイル攻撃から米軍と自衛隊が防衛する最適戦術を聞きただしながら…
決定的な米朝対決を先送りする延期主義の効用を説くはずです.

ダンフォードは好戦的でも…
米軍は(全体としては)大義のない戦いはしない!という『厭戦』なのです.
621:飯山一郎 : 2017/08/18 (Fri) 13:47:38 host:*.dion.ne.jp
>>620
未来は,現在の延長であるにしても…,
現在ある「“無数”の選択肢」と「“無数”の可能性」のなかから,未来という不確実性に満ちた時空は生成されてくるのだ.
すなわち「未来」とは,数式で表せば,『“無数”ד無数”=∞(無限)』なのだ.
この↑↑数式を,言葉で表現すれば…
「一寸先は闇であり,何が起こるか分からないし,何が起こっても不思議ではない!」 という文章で表せる.

何が起こるか分からない,何が起こっても不思議ではない「未来」を(副島氏のように)予測する!というのは…
じつは,「当てずっぽうを言う」にすぎない.当たるも当たらぬも「八卦(はっけ,易学)」の領域なのだ.

しかし! ワシたちは,恐ろしい何かが起こっても,それに対処して生き延びねばならない.
その生き残り作戦(サバイバル)は,最悪事態をシナリオにして想定することから始まる.
これを↑↑『危機管理』というのだが,その基礎となるシナリオは,たゆまぬ現実観察から生まれてくる.
その現実観察も,見方(観点)を変えると…,全く違った現実が見えてきてしまうのだ.
であるからして…
現実観察の時々を,メモ,あるいはノートにして残し,それを読み直してフィードバックし,検証しながら先に進む,という日々が最も賢明で確実な生き方になる.
そして,この↑↑メモ,あるいはノートは,仲間うちでシェアしあって共有すると…,仲間同士の助け合いによる危機管理が進むことになる.
そういう「危機管理情報」を共有し,切磋琢磨する場として,『放知技』は,ある.

難癖つけ屋やイチャモン屋のケチつけも,「チンピラ対処法の教材」だと思えば,むしろ歓迎してもE~!野鴨.
622:飯山一郎 : 2017/08/18 (Fri) 14:14:57 host:*.dion.ne.jp
>>602
>北朝鮮の高性能ミサイルの秘密は,すべて!「北朝鮮の親友」=ウクライナ(キエフ)が背後にゐた!
スプートニクは16日,こういう↑↑趣旨の長文記事を載せて(https://sptnkne.ws/fkg6),抗弁していたが…
同じ日,スプートニクは,『ロシアは北朝鮮に対する経済的抑圧案を支持しない』(https://sptnkne.ws/fjRk)という記事を載せた.
世界中が(アメリカの言うことをきいて)北朝鮮に対する経済制裁を強化して,核を放棄させよう!というのに…
ロシアは,そういう経済制裁には反対だ!と,明確に述べたのである.
ということは,ロシアと北朝鮮は強固な同盟関係にある!ってことを改めて宣言したことなので…
あたくしは,分かりやすくてE~!と,むしろ共感をおぼえました.

堺のおっさんが >>587 で↓↓いみじくも喝破したように…
>露・朝の軍事同盟関係は地政学的にもロシアにとって重要だ。
>なんせ、北朝鮮がなければロシアの東側は丸裸。
>防衛するにも、ハートランドはあまりにも広大。
>中国にとって北朝鮮が緩衝地帯という地政学的価値はじつはロシアも同義。
こういうことを↑↑考えれば…,ロシアが北朝鮮に対する経済制裁には反対!というのは当然のこと.
もし戦争になったら,ロシアが北朝鮮と一緒になってアメリカと戦うのも,当然のこと.
野次馬がツベコベ言っても…,そんなのは無駄で無意味.
623:飯山一郎 : 2017/08/18 (Fri) 14:48:22 host:*.dion.ne.jp 
● この2~3日で,最も重要なニュースは何か?!
『米軍トップ、中国北部戦区の訓練視察』 というニュースである.
どういう内容のニュースか? というと…
>米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は16日、
>東北部の遼寧省『瀋陽』を訪れ、
>中国人民解放軍『北部戦区』の軍事訓練を視察した。
>北部戦区は中国の五つの戦区の中で北朝鮮に最も近い。
>『房峰輝』・連合参謀部参謀長の招待を受けた視察という。
>https://www.jiji.com/jc/article?k=2017081700011&g=int
>画像:https://www.jiji.com/news/kiji_photos/0170816at79_p.jpg

北朝鮮を米国の攻撃から防衛する義務と使命を帯びた『旧・瀋陽軍区』を…
米軍制服組のトップが視察した!
これだけでも↑↑驚異的なニュースなのに…
ダンフォードを招待したのは,『房峰輝』だ!というのだ.
『房峰輝』の正体は何か?!
この↑↑軍人こそが…
(今も中国政府に巨大かつ隠然たる影響力を持つ,金正恩の後見人)胡錦濤・前国家主席の…
懐刀(ふところがたな)なのである.
結論だけ言おう,
あと4~5日以内に,ダンフォードは,次のことを明確に認識するであろう.
米軍が北朝鮮と戦う!ということは,(中国軍最強の)『北部戦区(旧・瀋陽軍区)』と戦う!ということである,と.
以上.
624:飯山一郎 : 2017/08/18 (Fri) 16:38:01 host:*.dion.ne.jp
>>623
↑↑
ダンフォードを瀋陽に招待し,北部戦区(旧瀋陽軍区)を軍事訓練を視察させたのは…
中国人民解放軍総参謀長,国家中央軍事委員会委員の『房峰輝』だ.
『房峰輝』は↓↓ダンフォードと共に閲兵式に臨んでいる.
https://www.jiji.com/news/kiji_photos/0170816at79_p.jpg
写真で見ると↑↑『房峰輝』は,あたかも「一国の元首」の如き威厳がある.
左様! 『房峰輝』は…,
(ワシが言う)「満州国」=ニュー・マンチュリア(中国内の独立自治区)の元首なのだ.
そして,この「満州国(旧・瀋陽軍区)」には(中朝友好協力相互援助条約」によって),北朝鮮を防衛する義務がある.
このことを↑↑ダンフォードが正確には理解していなかったようなので,軍事評論家たちは呆れている.
625:飯山一郎 : 2017/08/18 (Fri) 17:16:35 host:*.dion.ne.jp
>>624
米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は16日…
中国人民解放軍総参謀長『房峰輝』の招待で瀋陽を訪れ…
北部戦区(旧・瀋陽軍区)を視察した.
視察後,ダンフォード議長は↓↓こう述べた.
「中国が国連安保理の北朝鮮制裁決議を履行すれば、朝鮮半島の非核化に向けて前進する環境が整う」
こういうのを↑↑「言っても無駄な無理難題」という.

中国政府が北朝鮮制裁決議を(形式的に)履行しても…,ウラでは旧・瀋陽軍区が北朝鮮に経済的な援助を大規模に行っている現実.
北朝鮮の核も,旧・瀋陽軍区と北朝鮮の「協同事業」なのだ.
こういう現実を↑↑正確に認識していれば…,
「米国は,北部戦区(旧・瀋陽軍区)の“活躍”を,今後も注目していく!」ぐらいのコトは言えるはずなんだが….

なによりかにより,「北朝鮮や旧・瀋陽軍区が核を保持してはいけない!」という合理的な理由を,米国政府も北京政府も明確・明快に言えないのだ.
しかも,現実,実際に,北朝鮮と旧・瀋陽軍区は(協同で開発した)核兵器を,保持している.
現に持っている核を「放棄しろ!」と言われても…,絶対に放棄しない! 無理だ.
無理を通そうとすれば,道理が引っ込み,収拾がつかなくなる.
アメリカは,無理(北朝鮮の非核化)を強引に通そうとしている.収拾がつかなくなって自壊するだろう.
626:飯山一郎 : 2017/08/18 (Fri) 17:32:48 host:*.dion.ne.jp
>>620
>安倍晋三首相は本日(18日),米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長と会談し
>長くて脆い日本列島を北朝鮮のミサイル攻撃から米軍と自衛隊が防衛する最適戦術を聞きただしながら…
>決定的な米朝対決を先送りする延期主義の効用を説くはずです.
やはり,「同盟国を守るために全ての措置をとるとトランプ米大統領が明言していること」が議題になったようです.
(http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK18H30_Y7A810C1000000/)
そして,「日米同盟のさらなる強化」が再確認されたようですが…
これは,安倍政権と米軍トップとの「同盟関係」が,さらに強化され,深まった,ということでしょう.
安倍首相は今後,ことに触れてはダンフォード議長に電話をしては頼み事をするという関係.これは近々役に立つ…鴨
627:ぎのご怪獣 : 2017/08/18 (Fri) 18:04:42 host:*.eonet.ne.jp

11. 韓国人
これは原爆の警告文でなく、焼夷弾を利用した戦略爆撃警告文だ
なぜ工業都市である広島と、港町である長崎がないのか、
日本はもちろん米軍将兵も疑問に思ったという
その謎が解けた時戦争は終わった

84.名無しさん2013年03月14日 03:50 ID:39crAsuO0▼このコメントに返信
日本も重慶爆撃、南京爆撃の前に攻撃中止して予告と勧告のビラ巻いてるんですがね
アメリカさんと違って攻撃対象ピンポイントで予告しちゃったせいで
結構な数の爆撃機が落とされていたりするw
http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/25574969.html


日本軍が重慶を無差別空爆やったから
日本に原爆を落とし全土無差別空爆をやったが
ダメリカネオコンの言い分だが

日本軍は重慶に空爆予告のビラをまき
一般住民を避難させている。

ダメリカネオコンは広島長崎の地名がない
いい加減なビラをまき、かく乱作戦をやって
日本人民族浄化のまさに無差別攻撃をやった。

イラクでもシリアでも、ダメリカネオコン軍の本当の狙いは
一般住民の皆殺しである。

アジア分断を狙っているダメリカネオコンの籠城拠点の植民地
「韓国」と「日本」は、国民丸ごとただの「人質」なのだ。

洗脳で思考停止の人質を盾に籠城しているから、
誰も手が出せなかった。

もし、日本海周辺で戦争になったら
ダメリカは韓国と日本の一般国民を人質にするだけの話。
自作自演で住民を殺して回って
ロシアや中国や北の仕業に見せかけるだろう。

そうなる前に、ロシアと中国は、
一気に2時間半のネオコン丸ごと「殲滅戦争」。

高性能命中率100%のミサイルが
あっちゃこっちゃから、
飛んでくるーーー。


ネオコンの「偽善の正体」マルハゲドンw
https://www.youtube.com/watch?v=qdX6XrDOOrM
628:飯山一郎 : 2017/08/18 (Fri) 18:11:32 host:*.dion.ne.jp 
●ドナルド・レイムダック・トランプ. アメリカは地獄を見るぞ!
トランプ大統領の白人主義擁護は…,何の証拠も無いモリカケやロシアゲートとは違って…
明確な「言質」や「証拠」が,仰山ある.ありすぎるほどある.

12日のバージニア州での衝突では,白人至上主義者側の男が反対派の人混みに車で突っ込み!女性1人が死亡した.
この事実は↑↑白人至上主義者側の明確な悪業なのに,トランプ大統領は,白人至上主義者の非を全く責めなかった.
当然,批判が噴出.大統領は14日,非を明確にする声明を出し直したが,15日には「双方に非がある」と発言を逆戻りさせた.これで批判は何倍にも拡大してしまった.
大統領は,政府諮問会議のメンバーによる抗議の辞任が相次いだため,諮問機関の解散に追い込まれ,政権運営にも影響が出始めた.
トランプ米大統領の人種差別に関する認識が酷すぎる!との批判が強まる中,産業界からも,さらに陸海空と海兵隊の4軍トップも人種差別への批判の声を上げた.
(http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM17H3B_X10C17A8EA2000/?dg=1)
昨日は,コーン国家経済会議(NEC)委員長が辞任するとの観測が浮上し,経済政策実施の遅れが懸念されて,株の売り圧力となって,昨夜は株価が暴落した.
まさに,ドナルド・レイムダック・トランプである.トランプは四面楚歌である.
政権基盤は脆い(もろい)というより,崩壊状態だ.ここからの修復は,かなり難しいのではないか?
アメリカは,政治も,経済も,(政権の屋台骨である)軍部までもがバラバラのガタガタになりつつある.

国家の内部がバラバラになって,ガタガタになって,争いが収まらなくなって,政府の統治能力が失せてくると,ど~ゆ~ふ~になるか?!
アメリカは…,イヤ!というほど思い知ることになるだろう.
629:飯山一郎 : 2017/08/18 (Fri) 19:28:53 host:*.dion.ne.jp
>>628
民族や国家の独立は闘い取る!そ~ゆ~もんだと教わったが…
支配され,抑圧されている属国が,ひたすら低姿勢な日々を過ごし…
支配者である宗主国の内部崩壊をひたすら待つ.70年くらい待つ.
そのうち,変人大統領が現れて,宗主国はバラバラ・ガタガタになって…
気がつくと…,あれ? オレたちの国って,独立してるじゃん!てな気分.
こんなことって↑↑あるのかね? 良く分かんないけど…
630:堺のおっさん : 2017/08/18 (Fri) 20:04:07 host:*.spmode.ne.jp
>>629
禿同!!
徳川家康も、こんな気分だったんでしょうね。
今川の末期のようにアメリカで、一斉にネオコンを
ボイコットする流れがでてくればしめたもの。
しかし、このような現象も覇権の移行期だからこそ
起こる現象と考えれば納得です。

631:西尾仁秀: 2017/08/18 (Fri) 20:37:34 host:*.openmobile.ne.jp
今のアメリカ国内で、
人種差別問題や反トランプ政権等で衝突を繰り返してる
賛成派と反対派のアメリカ人達を見て、
何かに似てるなあと思ったら、
311のメルトスルー日本の最近までの
原発問題と反安倍政権等の動きにソックリですね。

アメリカでは、表でも手や足を出すガチ喧嘩。
日本では、表では口や屁理屈の陰湿な嫌がらせ。
それぞれの国民性が良くわかりますね。

邪悪な情報アンダーネオコントロールで、
国民のスピリットを分断する役割分担に使われてるのが、
アツくなり過ぎてわからんのかな?
632:mespesado : 2017/08/18 (Fri) 21:02:47 host:*.itscom.jp
>>629 >>630
 案外、米を追い出されたネオコンが日本国内の親ネオコン官僚の残党と結託し、
その戦いが最後まで残るのかも知れません。
633:飯山一郎 : 2017/08/18 (Fri) 21:45:58 host:*.dion.ne.jp
>>632
mespesadoさんが↓↓おっしゃるとおりでしょう.

>案外、米を追い出されたネオコンが日本国内の親ネオコン官僚の残党と結託し、
>その戦いが最後まで残るのかも知れません。

そのネオコン派官僚群の(不死身の)特攻隊長が,前文部次官・前川喜平です.
前川喜平の妹は,中曽根弘文議員に嫁いでいます.
つまり中曽根弘文議員は,前川喜平の義弟です.

日本に原発をつくりまくったニッポン原発ムラの総本山のボスであり…
また,米国ネオコン戦争屋の日本国総支配人こそ!中曽根康弘元総理ですが…
中曽根弘文議員は,中曽根康弘の長男です.

前川喜平が,あれほど派手で大胆な倒閣運動が出来る!ということの秘密は…
前川喜平が,まさに米国ネオコンの日本支部=中曽根康弘軍団の「倒閣特攻隊長」だからです.
634:mespesado : 2017/08/18 (Fri) 22:12:00 host:*.itscom.jp
>>633
> 前川喜平の妹は,中曽根弘文議員に嫁いでいます.つまり中曽根弘文は,前
> 川喜平の義弟です.
 これ、恥ずかしながら、初めて知りました。そこで「前川喜平」「中曽根弘文」
でググってみたのですが、どれを見ても彼等をヒーロー扱いする記事しか見つか
りません。典型的な例が、MONEY VOICE の以下の記事です:

世論は無視できても…中曽根大勲位と米国を敵に回した安倍官邸の誤算=斎藤満
http://www.mag2.com/p/money/246663/2
> 前川氏の上の妹は、中曽根大勲位の息子で元文部大臣、外務大臣の中曽根
> 弘文氏の夫人にあたります。つまり前川氏は親戚になります。
> 官邸がその前川叩きをしたことで、大勲位が反安倍に動く可能性があります。
> 文科省の多くの職員が前川前次官を支援している
> この文科省の背後で、財務省が後押ししているとの見方もあります。
> 米国ネオコンにとって安倍政権は「用済み」
> さらに、中曽根大勲位や財務省の後ろには米国がついています。
> 米国のネオコンが安倍総理を支援し、利用しているのは確かですが、彼らは
> 安倍総理に代わる人間を利用することもできます。
> 「安倍降ろし」はアメリカのお墨付きか?

 つまり、官邸が前川氏を叩いたので中曽根氏が敵に回る可能性がある、と。
彼らは安倍首相がネオコンのポチだと信じきっているから、因果関係をまるっ
きり逆に捕らえてしまっているんですね。
 冷静に考えれば、前川、中曽根、米ネオコン、財務省がつるんで安倍政権を
攻撃しているのであれば、前者の方がアヤシイことは一目瞭然なのに…。
 いくらいろんな情報を知っていても、ものごとを表層でしか捉えることがで
きない人は、丸でトンチンカンな解釈をしてしまうものだな、と改めて思いま
した。
635:ぎのご怪獣 : 2017/08/18 (Fri) 22:18:09 host:*.eonet.ne.jp

ウクライナ東部の紛争における死者の記念碑に
ゲーム「ディアブロ3」の天使が描かれる
https://jp.sputniknews.com/world/201708173996028/

見た目の非道さではウクライナの「大量殺戮テロ」が酷かった。

数では、
汚染食品と中性子線蒸気と
遺伝子組み換え昆虫ワクチンで
大量の民族浄化をやられた日本こそ
ネオコンの最大の殺戮拠点なのだ。

中性子線蒸気→ロシアのロスアトムが入ったとたん止まる
遺伝子組み換え昆虫ワクチン→認可却下→工場閉鎖
文科省天下り前川&吉田→クビ
iPS研究所→研究員がよっぱで警官平手打ちで逮捕

静かだが、徐々に徐々に馬鹿野郎ネオコン官僚包囲網が・・・w


プーチン親分もあべぼっちゃんも正恩君も習とーさんも
ここでひるんだら、男が廃る。

出来る男は黙って着々と事を進めるのみ。
636:ぎのご怪獣 : 2017/08/18 (Fri) 22:37:24 host:*.eonet.ne.jp

中曽根ファミリー家系図
http://kingendaikeizu.net/seizi/nakasone.htm
638:飯山一郎 : 2017/08/18 (Fri) 22:59:12 host:*.dion.ne.jp
>>636
ぎのご姐さん.「中曽根ファミリー家系図」を見ました.
福田康夫が,ヘンな陰湿さで反安倍発言をするのは,中曽根人脈つながりだったからだ!ってことが分かりました.
639:西尾仁秀: 2017/08/18 (Fri) 23:51:22 host:*.openmobile.ne.jp
1960年代後半に日本で初めて派遣会社を設立した日本で最初の人材派遣会社は、
アメリカに本社があるマンパワージャパン。
中曽根内閣の時代以降、日本中で派遣会社と非正規雇用労働者が急激に普及。

この会社は、約15年位前まで、長期雇用の派遣と求人募集を出しておいて、
実際には二ヶ月単位の有期細切れ派遣契約にすり替えて保険年金逃れをしてました。
会社ぐるみの脱法行為の具体的な手法を、厚生労働省と傘下の各役所に伝えて、
全国で雇用をした非正規雇用労働者に掛ける保険年金の半額負担分を、
嘘で誤魔化して利益に付け替えるズルいやりを出来なくしておきました。

「ハケンの変革」で検索すると、生々しいリアル話をご覧になれます。
大手マスコミが、よってたかってGoogleの検索結果を変えたがってるみたいですけど、
まだまだ僕のホンマの情報には勝たれへんようですわ(笑)
640:ゼンジー京福 : 2017/08/19 (Sat) 01:23:59 host:*.zaq.ne.jp
雑話休題
http://grnba.jp/index.html#aa08181
「ハ〜イ!、ワタシ中国ハ広島のウマレアルヨ!」
「タネモシカケモ、チョトアルヨ」「ヨークミテ、チョウダイ」
真樹ちゃん、まるみちゃん
東京コミックショー
https://youtu.be/-HcP4v9wsto
中曽根さんと云えば
国鉄分割民営化 - Wikipedia
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/国鉄分割民営化
https://youtu.be/YOOmoXsvSSM
太郎ちゃん頼んまっせ〜
https://youtu.be/tZS4CuWgjYw
おまけ
https://youtu.be/H6RK2QcHaEQ
642:堺のおっさん : 2017/08/19 (Sat) 05:06:34 host:*.ocn.ne.jp
>>626 御大
早朝、悪いニュースが…

保守強硬派バノン氏が離職=米ホワイトハウスが発表
8/19(土) 2:40配信
時事通信
>【ワシントン時事】米ホワイトハウスは18日、バノン首席戦略官・上級顧問が
>同日付で離職すると発表した。
>ケリー大統領首席補佐官とバノン氏が合意したと説明している。トランプ大統領
>は混乱する政権運営の立て直しに全力を挙げる方針だが、保守強硬派のバノン氏
>の離職がどう影響するかは不透明だ。
マイケル・フリンが去り、ついでバノンが去るトランプ陣営。
もはや本来のトランプ政権の影も形もない。なにやらペンス副大統領の影も。

この事態を一気に打開する手段はやっぱり第二次朝鮮戦争なんだけど、
瞬殺される可能性大で諸刃の剣すぎて、肝心のネオコンが踏み込めない。

今現在、アメリカの中で第二次朝鮮戦争を起こすことで利益を得る勢力はない。
あるとしたら、政権基盤が崩壊したトランプ大統領自身である。
トランプが政権崩壊の危機挽回策として北朝鮮への先制攻撃を指示した場合、
①成功した場合は、緩衝地帯を失った世界は一気に前の冷戦時代へ戻る。
…ただし、この可能性は限りなく低い。トランプのはかない夢となる。
②瞬殺され失敗した場合は、トランプ辞職。ネオコンのペンス体制へ。
ただし敗戦国アメリカとなるので、軍事力の行使を制限されたいばらの道となる。
③戦争が長期化した場合、考えたくもないが朝鮮半島は草も生えない焦土と化す。
この③が、冷静に考えればネオコンにとってベストのシナリオかもしれない。
ただし、この可能性もかなり低い。

かくしてネオコンにとって、トランプ政権のレイムダック化=末期化の結果起こる
第二次朝鮮戦争の勃発は、手を汚さず、権力を取り戻すまたとない機会となる。
週末の株価の動きは、あまりに流動的なこうした動きへの反応だろう。

第二次朝鮮戦争、遠のいたかと思えば瞬く間に開戦前夜。
しかし、18日からのダンフォード・安倍会談で第二次朝鮮戦争延期の流れに
なれば再び開戦の局面は遠のく。ダンフォードの軍人としての矜持に期待したい。

延期は冷戦化の開始だが、この場合アメリカの内部崩壊を眺めていればよい。
ソ連の崩壊を招いたかつての冷戦とは異なり、今度の冷戦はアメリカの崩壊。

本格的な冷戦の始まりは残念ながら長期的にはアメリカの崩壊が色濃くなれば
株価の下落要因となるだろう。

最高のシナリオは、②の別バージョントランプが辞任せず、アメリカの再生に
全力を注ぐこと。これが本来のトランプ政権であり、世界はこれを望んでいる。
株価も3万ドルを超えていくだろう。

nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 3

めい

金正恩をおとなしくさせる唯一の方法→それは、天皇陛下が訪朝することです!
《どうか一つ、仲良くしてもらいたい。日本国はそれを切に希望する。貴方がたの存在も認めるし、仲良くしていかなければいけないのだ。この極東有事にかつて大日本帝国だった貴方がたに、これ以上の摩擦は起こしてもらいたくない」ということを、もし天皇陛下が言ったならば、治まります。》
《争って、争って、争って疲れたときに、初めて求めるものがあるのです。/「世界を統一していく盟主が必要なのだ」と気が付くのです。世界の民族が一つになっていくための盟主です。これに気が付くのです。「どこにもいない」と探して、「いるじゃないか!」と気がつくのです。それが日本の天皇です。》

   *   *   *   *   *

金正恩をおとなしくさせる唯一の方法
2017-08-19 00:00:00NEW !
https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12302554652.html

こんな良い方法が一つだけあります。アメリカが力で抑えようとしても、力では治まりません。
 力を持って北朝鮮とアメリカが戦争するならば、何百万人という死者がでます。北朝鮮の人口は2千万人ですから、半数は死んでしまうかもしれません。それでも治まりません。力を持って屈服させて完全に抑えるということは、歴史を見てもできません。ユダヤ民族は、何回も虐殺されてきました。
 しかも、ジェノサイドという皆殺しです。ローマ軍は「これから我々はユダヤ人を皆殺しにするけれども、一つだけ願いを聞いてあげよう。何が希望か言ってみろ」と言うのです。ユダヤの長老は「シナゴーグを残してくれ。あとは何もいりません」と言ったのです。シナゴーグとは教会です。それでユダヤ人はローマ軍に虐殺されたのです。
 教会一つだけ残ったのです。教会だけ残せばユダヤ民族がまた蘇ってくるのです。そのようなことを何度も歴史上で繰り返してきているのです。例えば朝鮮人が持っている山葡萄原人という遺伝子が一人でも残ってしまうと、また増殖してくるのです。
 一人も残らずぶっ殺すということは、いくらアメリカでもできません。相当の数が残ってしまいます。これがまた増殖してきます。
 人間が力を持って抑えるということは、必要なことですから、ある程度認めて統治したほうがいいのです。
 そこで、僕が考えた方法が一つだけあります。それは、天皇陛下が訪朝することです。こんなことは誰も思いもつかないでしょう。天皇陛下が訪朝するように、内閣総理大臣が「どうか陛下様、お願いします」とひれ伏してお願いするのです。天皇は「政治的な発言はしない」ということになっていますから、なかなか動きません。
 しかし、譲位される1年くらい前ですから、最後のお仕事を陛下にお願いをするのです。訪朝を実現させるのです。首相などが行っても相手にはされません。天皇の訪朝を国民がお願いするのです。
 「原爆が三度日本に落ちないように、どうか北朝鮮に行って陛下からお話をしていただきたい」という内容です。韓国には行かれたことがありますが、北朝鮮には行ったことがありませんから、「そのような名目で一度金正恩と会ってください」と言えばよいのです。
 天皇陛下が北朝鮮へ行って、金正恩と会えたとします。こんなことは現実にはありませんが、そのようなことを仮定するのです。
「日本民族は原爆を二度も受けている。三度目の原爆は日本に落とさないでください。北朝鮮と言っても、戦前は大日本帝国だったではないですか。一つの国が争うのは時代に即していません。どうか一つ、仲良くしてもらいたい。日本国はそれを切に希望する。貴方がたの存在も認めるし、仲良くしていかなければいけないのだ。この極東有事にかつて大日本帝国だった貴方がたに、これ以上の摩擦は起こしてもらいたくない」ということを、もし天皇陛下が言ったならば、治まります。
 陛下が言う言葉は大変なことです。まず、北朝鮮はビックリ仰天します。首相が行ってもビックリするのに、日本国の天皇、本物の帝王が出かけて行ったら大喜びです。金正恩も帝王になりたいのです。
 帝王の予備学生みたいなものが、本物の帝王に会ったら、一発で参ってしまいます。例え、その場で言葉はどうであろうと、日本に原爆が降ってくることはありません。もし、この会談が成立するならば、アメリカはビックリ仰天です。どうしてアメリカがビックリするのかというと、これが2800年続いている天皇の威力です。誰でも頭が下がってしまいます。
 その威力にアメリカはビックリして「天皇は大事だな」と思います。そして、そのことを成功させると、恐ろしい威力に参ってしまいます。「日本の天皇はすごい。俺たちには天皇はいない。天皇はいないから我々は天皇に従っていくしかない」という気持ちが出来てきます。
 そして東南アジアの諸国も「天皇が北朝鮮に行って話をつけられた」ということになると、尊敬のまなざしが集まります。これは東南アジアを一つにしていく最高の策です。その後は、ついでに天皇は中国に行ってもよいのです。
 北朝鮮だけに行くととってつけたようですから、中国に行けばみんな参ってしまいます。もう悪口は言わなくなります。これはウルトラCです。東南アジアはまとまり、韓国も中国もまとまって、北朝鮮は大人しくなるのです。
 何故かというと北朝鮮の大義名分が立つからです。「天皇が来て、このように言われました。だから我々は核攻撃を止めます」ということになるのです。一つは天皇に体制を認められたということになります。
 天皇をたてて、「我々は原爆を止めます」ということになれば、大義名分が立ちます。それと同時に本物の帝王を金正恩に見せることにより、新しい道を開くのです。そうすればロシアも抑えられてしまうのです。
 天皇の力で日本と北朝鮮がなかよくなった、韓国とも仲良くなった、東南アジアも仲良くなった、中国とも仲良くなったとなると、プーチンも手が出せません。アメリカも手が出せません。
 そこに神天皇としての威力があるのです。これは是非、実現してもらいたいと思いますが、まあ無理でしょう。政治家どもは、それはできません。自分たちが解決するならばともかく、天皇にお出かけいただくということになったら、「天皇は政治に口出ししない」ということにも反することになります。
 反するからこそ、これは神の力です。そうすればピタリと治まってしまいます。結局、「人間は何処で生まれて、何のために生きて、何処へ向かっていくのか?」という構図が描けないのです。
 人類は最後まで争いをするのでしょうか? そうなってしまいます。アインシュタインはそう言っています。争って、争って、争って疲れたときに、初めて求めるものがあるのです。
 「世界を統一していく盟主が必要なのだ」と気が付くのです。世界の民族が一つになっていくための盟主です。これに気が付くのです。「どこにもいない」と探して、「いるじゃないか!」と気がつくのです。それが日本の天皇です。
 天皇を神として大事にした国が神国です。世界は「盟主は天皇なのだ」と気が付いてくるのです。今の皇太子様はふさわしい雰囲気です。戦前の天皇は大元帥陛下ですから、武力がついていたのです。大元帥陛下が世界を一つにするのではなくて、「これ以上やると世界が滅びるぞ」ということを教えるために、現れた武力なき天皇の存在が大事だとかわかるのです。
 そのような時代になっていくと思います。それが歴史を知ることです。「とても、そんなことは天皇陛下にお願いできない」と言うでしょう。あえてそれをお願いするのです。全ての国民がお願いすれば天皇陛下は動きます。自分の在位の間の最後の仕事かな」と思えば「行きましょう」と言われるでしょう。
天皇が動くと世界中の大ニュースです。まして、北朝鮮は旧帝国陸軍の連中が大勢残っているのですから、その連中は歓喜して天皇の訪朝を待つでしょう。そのようなことを考えてみました。天皇陛下にこの話はまとめていただきたいと思います。
素晴らしいでしょう。新しい発想はいつもあります。発想が新しいところから出てきて、それを実現化させていくところに、新しい世界が出てくるのです。行き詰っているのは、貴方が行き詰っているのです。第三者から見れば何も行き詰っていません。行き詰っているのは貴方です。貴方の考えが行き詰っているのです。
行き詰った時は、自分の考え方を変えなければいけません。そうすれば会社も個人も落ちぶれるということはありません。世界も国家も考え方を変えて、誰かが本当にやってくれれば済んでしまうことです。
天皇が「会いたい」と言って金正恩が「会わない」と言ってもよいのです。天皇が「会いたい」と言っただけで充分です。メンツの国ですから、それだけで日本を攻撃する気持ちは全くなくなってしまいます。
つっぱるから喧嘩になるのです。つっぱらなければ喧嘩にはなりません。つっぱらないと相手はグングンと押してきます。僕も若い頃はそのような経験があり、「なんでこんなに喧嘩するのだろう」と20歳くらいまで考えたことがあります。
必ず喧嘩になってしまうのです。何故かというと、僕は引きません。引かないと必ず殴り合いになってしまうのです。「なんだ、その言い方は。もう一回言ってみろ!」と言うと喧嘩になってしまいます。20歳頃に考えて「俺がつっぱるからだな」と気が付いたのです。つっぱらなければ別に喧嘩にはなりません。
つっぱらないと相手はググッと押してきます。押してくるときに、子分にならないように僕なりに考えてやってきたのです。だから誰の子分にもならずに今日まで来たのです。僕は全然つっぱっていません。天皇陛下も同じことです。合気道は相手の力を利用して相手を投げ飛ばします。天皇は投げ飛ばす必要はありません。自然に相手が天皇にひれ伏してしまうのです。これが天皇の御稜威(みいつ)です。
ビートたけしも天皇の前に出たら身がすくんでしまいました。2800年の歴史が効いてくるのです。日本の歴史は天皇がいて、2800年続いているのです。「その歴史の真っただ中に自分がいるのかな」と思うと硬直してしまうのです。
これを提言します。よろしく!

by めい (2017-08-19 08:58) 

めい

《100年にわたりアメリカを支配してきた本当の王権の失墜を暗示する今回の日食。》《世界の覇者であるアメリカの衰退を暗示することは間違いありません。》《欲と暴力に支配させないためにも、次の未来をどうするか、、、が早急に問われる時代に入るのです。》《誰かに未来を託すのは止めて、自身の生き方をどうするか、自分はどんな存在で、何をしにこの世に来たのか、、、》《皆既日食、、、いよいよの時となっていきます。》

   *   *   *   *   *

■ アメリカでの皆既日食 2017年08月22日(火)
http://www.love-ai.com/diary/index.php?date=20170822

日本時間の本日未明、アメリカでは21日となりますが全土にわたって皆既日食となりました。皆既日食ラインは幅が100キロ前後ですので、すべてのアメリカで見えたわけではありませんが、日食自体は全アメリカで見えたはずです。

100年ぶりともなる大規模日食でアメリカ全土は湧いたようですが、占星術的には日食は喜ばれるものとは違います。

月が太陽を隠す天体現象が日食。占星術的には月は民衆を示し、太陽は王権を意味します。

昔から占星術師は日食を前もって知らせることが本来の仕事であり、もっとも重要な仕事でした。日食が予知できなければ占星術師失格となり、信頼は失墜しました。

占星術師は王様に天の知らせを進言することが仕事でしたので、王権の安寧を壊すかもしれない日食を、前もって王に知らせ、王や一族を安全な場所に避難させなくてはならなかったことでしょう。

日食の占星術的意味は今も昔も実は変わりません。月が太陽を隠す、、、日頃太陽のようにトップに君臨していた勢力にとって、日食は今でも危険な天の兆候なのです。

そのことを知っているか知らないかは、また別の問題です。

今回の皆既日食ラインはアメリカ大陸のど真ん中を見事に射貫くようにして進行しました。その意味は大きいと思います。

アメリカを支配していた王権とは何でしょう、、トランプ氏のことでしょうか。それは違うと思います。トランプ氏はマスコミに散々悪く言われてきましたし、今現在も同じです。

トランプ氏を悪く言える勢力こそが、本当の王権であり、これまでの大統領を自由に選んでこれた勢力こそが、本当の王様だったはずです。

トランプ氏誕生は王権のそのものであったクリントン女史を破って選ばれた、月が表す大統領そのものである可能性が高いのです。

マスコミ勢力の予想に反して奇跡的に勝ち、大統領になったトランプ氏は、大統領になった後も手足が自由に動かさせない状況の中で国の運営を行っているように見えます。

要するに、トランプ氏は何等かの勢力と今なを争っているわけです。

争う相手は、これまで営々と王権にいた勢力であり、それこそが太陽そのものだったことになります。トランプ氏の民意への裏切りの可能性もありますが、今のところ、非常に巧みに国の運営を行っているように思えます。

側近の解任はありましたが、解任された側近は北朝鮮との戦争などあるわけないでしょ、、、という態度でマスコミに姿勢とは全く違います。

戦争勢力とはまさにこれまでの王権であり、北情勢の元に集められたとも言えるでしょう。

日本の現政権もミサイル落下への防衛策など、わざわざテレビコマーシャルを使って国民に危機を知らせようとしていますが、何か場違いな印象を国民は抱いています。

戦争に危機を仰いでも、現場が動かないのです。王権の力の衰えとも言えます。戦争を起こしたくても起こせないのです。そうした中で、本日アメリカでは皆既日食が起きました。

皆既日食の暗示が影響する期間は実は意外と長く、どんなに短くても半年、基本的には数年はその影響が続きます。

その間に進む事柄が、これまでの王権の失墜です。アメリカ全土にわたる大規模な日食はおよそ100年ぶりといいます。100年にわたりアメリカを支配してきた本当の王権の失墜を暗示する今回の日食。

この100年はアメリカが世界を支配した時代でもありました。そのアメリカでの皆既日食ラインの横断は、世界の覇者であるアメリカの衰退を暗示することは間違いありません。

1999年のグランドクロス、冥王星の小惑星への格下げ、そして今回の皆既日食。これらすべては、アメリカ王権の限界と失墜を暗示する天の印です。

先日お話した百武彗星の北斗七星のひしゃくへの貫通は、全世界的な異変の始まりであり、アメリカ独自の衰退を示す天の印と合体したことで、全世界の変化が読めるわけです。

日本もまさにアメリカ王権の下部としてこれまでやってきましたので、今回のアメリカ王権の失墜の影響はこれから急速に現実の形になってあらわれます。

富国強兵路線から日清日ロ大戦を経て、次に大陸に渡り、満州国を作り、第二次大戦に至らせた力は、今なを現政権の夢として残っていますが、そうした夢はついに破れることになります。

憲法改正は遠のき、民意の時代となる前の、混乱の世の始まりとも言えるでしょう。

膿は破れ、悪い血は出ましたが、新たな時代の旗振りがまだいません。日本人はこれから何を求めるのか、どう生きたいのか、何をしたいのか、どういう未来を作りたいのか、、、、

世界の王権の力が消えていく流れの中で、早急に私たちは未来を手ごたえを伴ったものとして、計画し、実行しなければならなくなります。

そうでないと、巨大な虚無が日本や世界をおおうことになるでしょう。悪い王様でもいればそれなりの目的と秩序がありますが、悪い王様でも、もしそれがいなくなれば、海図なき航海となり、世界は荒れてしまいます。

欲と暴力に支配させないためにも、次の未来をどうするか、、、が早急に問われる時代に入るのです。

スローガンに騙されないように、、、誰かに未来を託すのは止めて、自身の生き方をどうするか、自分はどんな存在で、何をしにこの世に来たのか、、、

まずは、疲れた体を休めるのも良いかもしれませんね。そしてその後です。まずは健康になり、健康で自然な生き方をなし、誰も犠牲にしないで、自分のことは自分でやる生き方を確立していく。

そのうちきっと見えてくるものがあると思います。スローガンに騙されないように、、、つまらないものに騙されないように。

月が太陽を隠す、、、月が私たちです。月があなたです。

太陽はスローガン、価値観、見栄、体裁、出世、、、私たちは嘘の太陽に騙されてきたのです。

その太陽を月が隠し、嘘の大本尊は力を失いつつあります。月の主張があれば、今は通るときです。

自分のことは自分でやる、、、これが基本です。それが自立です。自分のことを自分でしないから人を必要としてややこしくなるのです。

皆既日食、、、いよいよの時となっていきます。

by めい (2017-08-25 05:07) 

めい

《トップ同士のサシの会談がもうすぐ始まる。》
「アベ力」が試される超重要な局面がまもなくです。

   *   *   *   *   *

288:堺のおっさん : 2017/10/31 (Tue) 23:50:49 host:*.ocn.ne.jp
アメリカで反動が始まった。
うまく表現できないので、反動。
https://sptnkne.ws/fQbQ
https://sptnkne.ws/fQd5
北朝鮮問題の本質は…、
従来の極東政策を維持しようとしているネオコンと
トランプの「世界の警察放棄」政策の対立。
北は休戦を終わらせて、アメリカに対して最終的な戦争の勝利を
実行しようとしている。それが一連の核実験とミサイル開発。
本来戦争とは究極の消費行動であり、何も生み出さないが
莫大な戦費での浪費を生む。
軍産共同体性が不断に戦争を求めるのはこれ以外に
存続できないからだ。トランプはこの軍産体制を
付加価値を生む民生転換しようともしている。
この方が、アメリカの再生の王道なのだが、激しい抵抗にあっている。
一方で、北は豊富な地下資源を生かした国家建設に進みたいが、
休戦状態のアメリカとの戦争は終わらせなければならない。
北の核実験とミサイル開発が想定外に早く進んだため、
従来の制裁での外交的押さえつけが
意味をなさなくなってしまうステージに変化。
そのために、もう一度、戦争による決着という
可能性が急浮上。
裏返せば、トランプがアジア歴訪から帰国以降しか
第二次朝鮮戦争を始めるタイミングはない。
今回のトランプのアジア歴訪はアメリカの今後にとっても、
極東に関係する5か国にとっても最重要だ。
ここで、外交的解決の道が出てこなければ…
勝敗はさておき、アメリカ好戦派は戦争を始めてしまうだろう。

もう少し細かく言うと、
戦争になった場合…
アメリカは短期間で負けるだろう。
数日で決着がつくと、大部分の空母や兵器を失い戦後補償も莫大となる。
この認識は、何度もアメリカは経験してきたはずだが都合よく忘れてきた。
これが1か月くらいの時間を要するのであれば、充分な消費行動をできる。
アメリカの本音は、マスコミで喧伝される北が数日で負けるというものではない。
このことをトランプにしても、どこまで認識しているかどうか?

制裁以外の外交的的解決に進むかどうかは北の戦力をどう認識するか。
この一点にかかっている。
安倍総理はこれをトランプにキチンと教えることができるだろうか?
イヤ、やってもらわねば反動の流れに巻きこまれてしまうことになる。
そうした、トップ同士のサシの会談がもうすぐ始まる。

by めい (2017-11-01 05:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。