So-net無料ブログ作成
検索選択

国民の日常を壊したNHK [現状把握]

昨日(8月29日)の事。

《今朝5時58分に、また北朝鮮がミサイルを発射実験した。今朝5時58分に、また北朝鮮がミサイルを発射実験した。/日本上空を通過して襟裳岬から東に約1180キロの太平洋上へ落下した。/テレビは、朝からずっと大騒ぎして、国民を怖がらせて煽っている。/北朝鮮に対しては、米・中・ロの3大国が話し合って、うまく処理(国際社会による強制執行)すればいい。日本に何かできるわけではない。》(副島隆彦 重掲示板
《北朝鮮が本日早朝,弾道ミサイルを発射した./前回のミサイル発射は,わずか3日前の26日のことだった./そして本日の弾道ミサイル発射! じつに大胆な挑発行為だ./菅官房長官は,「度を超した挑発行動を断じて容認できない」と,緊急記者会見の場で述べた.
たしかに,「度を超した挑発行動」だ./しかし…,/「断じて容認できない」からといって,いったい何が出来るのか?/アメリカにとっても,今朝の北朝鮮の度を越した挑発行動は,断じて容認できないだろう.
ここまでヤラれたら,これはも~我慢の限界だろう.
このまま座視していたら…,アメリカは腰抜け!ということになるし,世界の嗤い者になる./しかも,現在,北朝鮮は,さらに挑発的な核実験の準備を完了させている.(記事)/本日のミサイル発射の何日か後に,北朝鮮が核実験を強行したとしたら…,これに対抗して米国政府も強硬手段を強行せねばならなくなる./もし,米国政府が優柔不断になって逡巡していると,米国戦争屋のハネっ返りが,発作的に暴走・暴発して,数百発のトマホークを北朝鮮領域に撃ち込む!という事態もありえる./こ~ゆ~↑事態を想定して,いや,期待して…,北朝鮮は敢えて大胆な挑発行動に出ているのではないのか?/だとすると…,バックにはプーチンがいる./いつ核ミサイルの先制攻撃をされるかもしれない恐怖に20年以上も耐えてきたロシア,そして中国./さらに,昨年末以降,なんと8人もの大使,外交官,大統領側近が「変死」させられたプーチンも,すでに我慢の限界に達していて,(アメリカに先制攻撃をさせ,その際に米軍艦隊を一気に叩きツブす)潮時!と考えている…野鴨./上の「野鴨」というのは,「可能性が高い」という意味です./とにかく,今朝の金正恩の大胆すぎる挑発行動によって…/世界は,一寸先は闇!という状況に,一気に突入した…野鴨.》(飯山一郎 てげてげ
 

 

公民館にある放送塔からボヤーッとしたサイレンらしき音につづいて何か聞こえてきたが、ちょうど6時頃なので「今日は何だっけ」と思っていたら、二階に寝ている息子が「北朝鮮がミサイル発射したらしい」と下りてきてテレビをつけた。「安全なところに避難するように」と言われてもまったくピンとこない。しかし、この日歯医者に行ったら、歯科衛生士の女の子が「はじめて命の危険を感じた」と言うのを聞いて、たしかに国民の多くをそんな気持ちにさせた放送だったのかとあらためて思った。私には、8時からの「ひよっこ」が「今日はお休みにします」になったのはともかく、6時半からのラジオ体操が一言の断りもなく緊急放送にジャックされたことが何よりショックだった。多くの国民がラジオを前に立っていたのに、そこまでやるかNHKこの程度でやすやすと大事な日常を壊されてたまるか!の思い。

nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 3

めい

「《CIAと対峙しているのは北朝鮮であり、日本はCIAの支配を受けているフリ、従ってるフリをしながら自国の対CIA対策を推し進めている》安倍政権」という見方をしている放知技板、という猿都瑠さんの見立て。

   *   *   *   *   *

895 名前:猿都瑠 2017/08/31 (Thu) 02:37:58 host:*.eonet.ne.jp
リテラの誘導も相変わらずです。

http://lite-ra.com/2017/08/post-3422.html

数百万も殺す結果が良くなかったって言ってるのに、麻生はナチス称賛のイメージを植え付けたいのが目的なんでしょうね。
mespesadoさんがナチスのせいにして戦争の統括としたと言ったように、大日本帝國が悪かったんだでは片手落ちなんですよね。
今も結局は戦争を真に引き起こしているネオコンに触れずに、それに対抗している北朝鮮を悪に仕立て上げている。
一見、平和を求めているように見えますが、実の所、本当の悪の悪事をカモフラージュする為の騙す為の平和主義を掲げている、これにお人よしの平和主義者は騙され続けているって事でしょう。

その上で、今回の北朝鮮のミサイルの反応。

1、北朝鮮は悪い国だ。日本は舐められている。
2、CIAと安倍政権と北朝鮮はグルだ。CIAの戦争協力の為に今ピンチの安倍政権を助ける為に、資金提供して核開発を行っている北朝鮮がアシストして飛ばした。
3、CIAと対峙しているのは北朝鮮であり、日本はCIAの支配を受けているフリ、従ってるフリをしながら自国の対CIA対策を推し進めている。

1、一般人。
2、自称目覚めた人々。
3、放知技のメンバー。

となるでしょうか。

カメラ機材に加えて神保町から持って帰れると古書を持って腰が筋肉痛で動けなかった猿都瑠@人生は冥土行っても読書好き

by めい (2017-08-31 04:09) 

めい

安倍首相いわく《「朝鮮問題を解決して,世界を大きく変えていく!」》
飯山一郎氏《一寸先は闇なのだが…,光明も,見える》

   *   *   *   *   *

◆2017/09/02(土)2  情勢が悪化するなかで日米首脳が電話会談
よほど深刻なのか? 2日連続!
日本主導での状況打開策を↓さぐる安倍晋三
http://grnba.com/iiyama/index.html#aa09022

北朝鮮が北海道上空を通過する弾道ミサイルを29日に発射したことを受け,安倍晋三首相は30日深夜,トランプ米大統領と異例の2日連続となる電話協議を行った.(記事)
終了後,安倍首相は記者団に「トランプ大統領と昨日に続き,北朝鮮の最新情勢について分析し,今後の対応について話をした」と説明した.

その上で,「対応(の中身)について話はできないが,日本上空を飛び越えるミサイル発射を強行したことは極めて危険な行為であり,国際社会で圧力を高めていかねばならないことにおいて完全に一致した」と述べた.

安倍首相が言い続けてきた「より一層の圧力強化」という決まり文句は相変わらずの紋切り型.

しかし今回は2日連続となる異例の電話協議なので,「圧力強化」や「北朝鮮の情勢分析」だけではなく,「今後の対応」について,具体的な対応策を協議したことは間違いない.

安倍首相が「対応(の中身)については話できない」と述べたことは,到底公開できないほど重要な対応策が話し合われた!ということだ.

官邸から僅かに漏れてきた話を,さらにワシが漏れ聞くところによると…,「圧力強化」の具体策などは,出なかったらしい.朝日が報じた「石油禁輸」もウソらしい.

それで,漏れ聞いた片言隻語を並べると…
北朝鮮から遠い韓国南方での「米・日・韓の共同軍事訓練」
日本が北を刺激しない軍事訓練に参加することで,金正恩がミサイル発射実験の中止を内諾.
「北の内諾」を確認したら,トランプが電撃訪朝!
トランプの本心は,「電撃訪朝!」.これで世界と米国の人心一新を図ることが狙いらしい.
事故った第7艦隊のイージス艦2隻は来春まで使用不能なので,「米・日・韓の共同軍事訓練」には自衛隊のイージス艦がフル出動.
北の弾道ミサイルをTHAADミサイルで徹底的に撃破・撃墜する軍事作戦の有効性は?
中国は頼りないので,6日の安倍・プーチン会談で,具体策を協議.
北のミサイル発射中止後の核実験を容認するかしないかで物別れ.
以上は,たしかに公開できない具体策なのだが…,
もうひとつ.安倍首相はトランプ大統領との電話会談の直後…
「朝鮮問題を解決して,世界を大きく変えていく!」とかと…
何気に(まわりに聞こえるように)ツブやいていたという.
これで,今後1週間の注目は,ウラジオストックで6日,7日に行われる安倍・プーチン会談が焦点になる!

一寸先は闇なのだが…,光明も,見える.
飯山 一郎 (71)

by めい (2017-09-03 03:44) 

めい

《いま,世界の運命は,安倍晋三とプーチンが,握っている.》!

   *   *   *   *   *

◆2017/09/03(日)  世界の運命は安倍晋三とプーチンが握っている
「圧力強化」のウラの意味
「北風と南風の教訓」↓南風は誰が吹かせる?

プーチン大統領のオトナの啖呵,いや,政治の奥義を知り尽くした大人(たいじん)の説教である.↓
『核やミサイルの計画をやめさせようと圧力をかける政策は誤りで,無駄なだけだ.
挑発や圧力,攻撃的で侮辱的な言葉の応酬を続けてもその先には何もない!』
こう↑断定した上でプーチン大統領は,「対話を通じて解決すべきだ」と改めて主張し,さらに続けて,同じ立場の中国との連携を強調した.(記事)
来週(6~7日),プーチン大統領はウラジオストックで安倍首相と首脳会談を行い,ロシアのこうした立場や懸念を直接安倍首相に伝えることになる.

これで,安倍首相は,いよいよ正念場を迎えることになる.

安倍首相の主導によって,日本国は『日露同盟路線』を選択し,現在進行中なのだが,しかし日本は,米国という宗主国を無碍(むげ)には出来ない.

とくに北朝鮮問題については,日本は米国と共同歩調をとりつつ,「北朝鮮に対してより一層の圧力強化」を図っていかねばならない『対米協調が宿命である国家』なのだ.

しかし,プーチン大統領は,「圧力強化は誤り!無駄なだけ!」と,安倍首相に迫るだろう.

『安倍氏、米国とロシアの間をジグザグ歩行できるか?』(記事)と,かつてスプートニクは書いたが,本当に安倍晋三は大丈夫なのか?!

日本の識者は↑こういう設問,疑問を発したことはないし,日本国が安倍のリードで『脱米入露』に大きくカジを切ったことをキチンと認識して論じる知識人も少ない.この知性の劣化は覆うべくもない.大丈夫なのか?!

日本の知識人は,牛~ほとんど駄目だが…www,安倍晋三は大丈夫! 心配無用なのでR.

なぜなら安倍首相は…,移り気でブレやすい(根は反ネオコン)のトランプ大統領の信任が(2日連続の長時間の電話会談を行うほど)厚く,また,“トランプ扱い”が(初対面の時から)抜群に上手いのである.

ちなみにメルケル独首相は,トランプには毒を吐きすぎた.その点,安倍は薬にもならないゴルフ談義ばかりしていたが…ww

いっぽうプーチンと安倍晋三との関係は,会った回数もさることながら…,近代国際政治史上,これほど緊密で昵懇な首脳同士の信頼関係は見当たらない.しかも互いに相手を尊敬していて,そのことを双方が認識している….

さらに安倍首相が『脱米入露=日露同盟路線』を選んだように,プーチンも『対日関係の発展はロシア外交の最優先課題』(記事)として,日露関係を最重要視してきた.

さらにプーチンは,外交や経済(投資)だけではなく,『ロシアは日本の投資に劣らず「日本」を必要としている』(記事)という意向をスプートニクに書かせているほどだ.

ここで本題の北朝鮮問題に戻るが…,安倍は「圧力強化」を言い,プーチンは「圧力は誤り!無駄!」と断定した.

日・露.首脳の意見・見解の相違・対立は,ミゾが深すぎる!
この深すぎるミゾは,埋められるのか? 埋まるのか?

長文になったので,結論を急ぐと…,埋められる!

じつは…,安倍が言い続けてきた「より一層の圧力強化!」というのは,軍事的な解決を排除!または延々と延期させるための“方便”だったのだ.

北朝鮮に幾ら圧力をかけても全く無駄であることなどは,先月までの弾道ミサイル発射や,本日の水爆実験を見ても明らかなのだし,そんなことは安倍晋三だって合点承知の助で「より一層の圧力強化!」などといった空虚な発言を続けてきたのだ.

結論は…
安倍晋三の巧妙で狡猾な『延期主義』を淡々と見ていれば…,いまに分かってくる!ということだ.

米国ネオコン戦争屋の好戦派の暴発の可能性や,トランプの電撃訪朝も含めて…,プーチンと安倍晋三は,6日~7日,ウラジオストックにおいて,泊りがけで『秘策』を練る!

いま,世界の運命は,安倍晋三とプーチンが,握っている.
飯山 一郎 (71)

by めい (2017-09-04 04:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。