So-net無料ブログ作成

mespesadoさんの経済談義(7)トランプをどう見るか [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

「トランプをどう見るか」をめぐって、堺のおっさん、飯山御大とのやりとりです。「優れた判断力を持つ」のか「見通しが甘い」のか。信頼できる情報源がない発言が大きくぶれるのも致し方ないとしても、そのホンネはしっかり理解できます。トランプ登場によって世界はまっとうな方向に動き出しました。
*   *   *   *   *
467:mespesado : 2018/05/27 (Sun) 08:00:53 host:*.itscom.jp
 北朝鮮問題についてはいろいろな論者がいろいろなことを言っていますが、ブログ「へっぴりごし」で、アゴラに八幡和郎という人が2本寄稿しているのを知りました:

米朝会談中止宣言から一夜明けて分かったこと
http://agora-web.jp/archives/2032833.html
米朝首脳会談中止の責任は中韓にある:緊急寄稿
http://agora-web.jp/archives/2032809.html

 2番目の方も似たような論調なので、1番目の方から引用してみます。

> もっとも目立つのは北朝鮮の狼狽ぶりだろう。25日の午前中、金桂冠外
> 務次官は「関係改善のための首脳会談がどれだけ切実に必要か」「(ト
> ランプ大統領のことを)内心は高く評価していた」「(トランプ大統領
> が示した非核化の方式を)賢明な案だと内心期待していた」「対話の扉
> は開かれている」と、北朝鮮のこれまでのやせ我慢ぶりとはうってかわ
> った低姿勢である。

> アメリカに甘い顔ばかりしていると向こうのペースになるから格好をつ
> けるつもりが、大火傷した図式だ。金正恩・軍の長老・外務省それぞれ
> の責任のなすりあいがすさまじいことになりそうで、粛清の嵐になるか
> もしれない。

 冒頭いきなりこれです。北朝鮮が「狼狽」してるとか「大火傷した」とか。

> 中国は、北朝鮮がアメリカ寄りになりすぎることを嫌ったのだろうか。
> どちらにせよ、習近平は、トランプのペースで会談が進むことを邪魔し
> た。トランプが会談が成功しないと政治的に窮地に陥るから譲歩すると
> みたか、中国に北を説得させて恩を売り、貿易戦争で得をしようとした
> ようだ。ところが、アメリカから邪魔したという怨みを買うことになっ
> たし、北にとっても、中国の言うとおりにしたら会談がつぶれたのだか
> ら感謝されるはずもない。

 返す刀で中国の評価もボロクソです。これに対してアメリカに対しては、

> アメリカは、なかなか冷静だった。ポンペイオ国務長官は、金正恩が突
> っ込んだ措置を執る覚悟を決めていないと見抜き、あえて楽観的な見通
> しを流して交渉打開のテコとしつつ、中止になる可能性が高いという前
> 提で根回しをしていたようだ。だから、北高官が中止をほのめかすなど
> 愚かなまねをした、もっとも無理のないタイミングで中止を声明し、責
> 任を北に負わした。ポンペイオがプーチンと同じく諜報機関のプロであ
> ることを北も中韓も忘れていたのではないか。

と、絵にかいたような持ち上げようです。
 てげてげ、文殊菩薩、放知技でのスタンダードな論評とはまるっきり正反対ですが、中国・北朝鮮嫌い従米戦争屋典型的ウヨク論壇としては標準的な見方なんでしょう。
 で、面白いのは日本の安倍総理に対する評価です。

> 日本は完璧にうまく立ち回っている。「安倍首相が出し抜かれた」とか
> 間抜けなことをいってきた偽リベラルの愚か者は少し反省したらどうか。

> もし、ここで、国民が半島情勢や来年のG20を考えれば、しばらくは、
> 安倍首相にやらせた方が良いという賢明な判断でほぼ一致するなら、北
> の方から拉致問題でのしかるべき納得のいく提案とともに、トランプ大
> 統領との仲立ちでも頼んできていいタイミングだ。それを邪魔している
> のは、もうすぐ、安倍退陣だと騒いでいる偽リベラルだが、実は彼らこ
> そが、金正恩の道を誤らせたといえる。私は偽リベラルに騙された金正
> 恩や北の人たちに同情を禁じ得ない。

 リベラル批判なところはそのとおりなのですが、「彼らこそが、金正恩の道を誤らせた」とは…。
 思うに、ウヨクはトランプと安倍総理を優れた戦略家と考える反面、金正恩や習近平の判断能力を見下しているとしか言いようがありません。
 その点、てげてげ、文殊菩薩、放知技では、各国の首脳の判断能力を、もし自分が彼らであったならどういう行動を取るだろうか、という「なりきり」思考によって、今考えているであろうことを想像し、また次の行動を予測しています。その結果、金正恩、習近平、安倍晋三の3人の行動についてはほぼ想定通りなので、納得できるのですが、ただ一人、トランプだけはよくわかりません。田中宇さんのように、すべての首脳のすべての行動を想定内だと考えるのは「贔屓の引き倒し」だと思いますが、トランプが「下手こいた」ように見えても次のシーンでは「次の手が用意されている」ように見えることもあり、この人だけは「優れた判断力を持つ」のか「見通しが甘い」のかよくわからないのです。
 以上の観点について、いろいろなご意見を頂ければ幸いです。
471:堺のおっさん : 2018/05/27 (Sun) 09:35:57 host:*.ocn.ne.jp
>>467 メッさん
トランプが不動産事業で鍛えた駆け引きのテクニック。
この肝は、相手に本音を悟らせないこと。
あくまでも、相手が持ちかけてきた話に「乗ってやってるだけ」というスタンス
これに尽きると思います。
ですから、トランプの行動を予測することはピンポイントでは不可能ですが、
幅を持って予測することは可能ではないかと思います。
トランプの本音をキチンと押さえれば、それが可能かと。

トランプの本音は…
大局的にはアメリカ・ファースト。アメリカの再建。
短期的には秋の中間選挙をどう乗り切るか?
この二つを重ね合わせると、本音は譲歩しても米朝会談をやりたい
それが、今はネオコンの会談ぶち壊し戦術で不可能に
ならば、ペンディングするしかない。
条件づくりを待っている。
その条件とは、南北の融和を黙認し、既成事実が積み重なっていく。
首脳会談は大統領の意思で延期も中止もできるが、
南北の融和は民族固有の権利。
アメリカも口出しできない。
南北融和の進展は、非ネオコン的、核問題の解決と朝鮮戦争終戦への
を開き、最後の仕上げにトランプが登場するというシナリオもあります。
ただ、秋までには時間があまりないのがネックです。
477:mespesado : 2018/05/27 (Sun) 11:00:20 host:*.itscom.jp
>>471
 堺のおっさんさま、どうもありがとうございます。

> トランプが不動産事業で鍛えた駆け引きのテクニック。
> この肝は、相手に本音を悟らせないこと。
> あくまでも、相手が持ちかけてきた話に「乗ってやってるだけ」という
> スタンス。

 なるほど、これなら >>469 で奥田さんが引用された

> 2 一貫してリアクション、常に受けの立場で相手が下手に出れば会い、
> 相手が批判的になったら会わない。

がうまく説明がつきますね。

> トランプの本音は…
> 大局的にはアメリカ・ファースト。アメリカの再建。
> 短期的には秋の中間選挙をどう乗り切るか?
> この二つを重ね合わせると、本音は譲歩しても米朝会談をやりたい。
> それが、今はネオコンの会談ぶち壊し戦術で不可能に。
> ならば、ペンディングするしかない。
> 条件づくりを待っている。

 これこそが「なりきり」思考ですね。この「なりきり」思考って実に不思議で、自分で思いつくのはなかなか難しいんですが、実際になり切り思考に基づいて導かれた結果の文章を読むと、それ以外に考え難い、唯一の正解を見るような気がします。
473:飯山一郎 : 2018/05/27 (Sun) 10:00:46 host:*.dion.ne.jp
>>467
グルンバ発明以降,ワシは「油揚げを掠めるトンビ」たち数百人と会った
そのお陰で,トンビを一瞬で見抜く眼力がついた.

八幡和郎という識者は,本質が見えない,現象の表面しか見てない人です.

>金正恩が率直に反省して素早く反応すれば意外に早く会談が行われるかもしれない。
(http://agora-web.jp/archives/2032809.html)

この↑↑八幡和郎の『米朝首脳会談中止の責任は中韓にある』の冒頭の2行目を読んで,ワシは残りの文章は斜め読み.mespesadoさんは,八幡氏みたいなワケワカメ識者の文章も丁寧に読み込む…,偉いと思います.

トランプは,いま,発言がブレています.これは判断・認識が「その場その場で変わる」からです.
478:mespesado : 2018/05/27 (Sun) 11:12:11 host:*.itscom.jp
>>473
 飯山さん、コメントありがとうございます。
 サヨク論壇のルサンチマンには辟易しますが、保守論壇も、こと北朝鮮問題に関しては本質が見えない人が多くてウンザリしていたところです。
 しかし、

> トランプは,いま,発言がブレています.これは判断・認識が「その場
> その場で変わる」からです.

という部分は難しい。トランプの判断が「本当にぶれている」のか「戦争屋を忖度した発言をした結果、過去の発言と整合性が取れなくなっている」だけなのか、修業が足りないせいか、個別の事象にその判断ができるまでには至っていません。
481:堺のおっさん : 2018/05/27 (Sun) 12:00:36 host:*.ocn.ne.jp
>>478 メッさん
この件について補足させていただきます。
トランプは、ポンペオの「金正恩がリビア方式を受け入れた」
との報告を真に受け、一件落着と勘違いしてしまったようです。
記念硬貨まで作っちゃつたりして…、はしゃいじゃったわけです。

その後、金正恩から米韓合同軍事演習をとがめられ、
「アレッ?」
一体どうなってんだと慌てふためいたわけです。
ポンペオ(CIA)を信じたら、このざまだ。
いったいぜんたい、どの情報を信じればいいのか?

信頼できる情報源がないトランプの発言が、
大きくぶれるのも致し方ないということです。
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。