So-net無料ブログ作成

ネオコンの主目標はすべて排除された→新時代! [現状把握]

706:堺のおっさん : 2018/06/12 (Tue) 20:13:21  host:*.ocn.ne.jp

今回の米朝会談は、トランプと金正恩二人の成功であった。
CVIDは盛り込まれなかった。
非核化も「朝鮮半島の非核化」と表現された。
要は、ネオコンの主目標はすべて排除された。


707:飯山一郎 : 2018/06/12 (Tue) 20:41:27 host:*.dion.ne.jp>>706
↑↑
この短文が,本日の米朝首脳会談の本質の全てです!!!
まことに見事な“見透かし”です!>堺のおっさん

*   *   *   *   *

飯山御大によるその詳細解明↓ http://grnba.com/iiyama/index.html#ai06131

*   *   *   *   *

平成30/06/13(水)  「北朝鮮の非核化」は何処へいったの?

金正恩:満面の笑み


トランプ大統領金正恩を誉めちぎり


612a612b612c612d612e


昨日の米朝会談.「北朝鮮の非核化(CVID)」は,話題にもならなかったようだ.(だっから,評論家たちは不評タラタラwww


はっきりと書こう.
「北朝鮮の非核化CVID,リビア方式)」とは,じつは,米国ネオコン戦争屋(軍産)の願望なのだ!


米国軍産が企んでいる「北朝鮮の非核化」とはこ~ゆ~ことだ.


大勢の査察官・監査官が北朝鮮国内の長期間駐留し,これでもか!というほど厳格・厳重な査察・検証を繰り返し,まだ他に“核”関連施設があるはずだ!と執拗に追求し続ける.


こんな米国軍産が望む「北朝鮮の非核化」は,金正恩は絶対に拒否!と言い続けてきた.当然だ.


別の観点から言えば…
北朝鮮の国内には1万5千本もの地下坑道が掘ってある.支道を入れれば5万本近い.これらを査察・監査・検証してゆくのは,事実上不可能.


さらに,フォーチュン誌の報道によれば,「北朝鮮の非核化費用は,10年間で(邦貨換算)210兆円!」 (記事)
つまり,コスト面からも「北朝鮮の非核化」は不可能なのだ.


こ~ゆ~現実を知らずに「北朝鮮の非核化」を言う者は,無知まる出し! かつ,米国ネオコン戦争屋を支援することになるのだ.


だっから,昨日の米朝会談でも「北朝鮮の非核化(CVID)」は,話題にもならなかった.


さて,上の写真を見れば一目瞭然なのだが…
トランプと金正恩は,たった数時間の間に深い信頼関係を築いた!
そ~してアメリカと北朝鮮は,敵対関係から融和関係になった.
いや,友好関係になった!と言い切ってもE~だろう.


敵同士だから相手国(敵国)の“核”や“ミサイル”が問題なので…
敵対関係でなければ,相手国(友好国)の“核”は,何の問題もない!
(そら“核”なんて物騒な物は地上から消えたほ~がE~けどさ).


さよう! いまや(きょうから),北朝鮮の“核”やミサイルは,アメリカにとっては,何の問題もない!


のみならず,中国を牽制するために,中国にも向けられる北朝鮮の“核”やミサイルは,むしろ,あったほ~がE~!
このよ~な価値の逆転が起こったことを怒ったらダメよwww


もっと大所高所から鳥瞰すれば…
昨日の米朝首脳会談で,トランプは金正恩の心を掴み,金正恩に「トランプ大統領と共に巨大な事業を始めたい!」と言わせた.


さらにトランプは,カネのかかるウォー・ゲーム=米韓合同軍事演習を凍結する意向を示し,中・露を喜ばせた.(記事)


そして何よりも見事だったのは,トランプが北朝鮮の金正恩と「義兄弟」に近い友好・信頼関係を結ぶことに成功した結果,朝鮮半島が中国の影響下(支配下)に入ることを阻止したことだ.


それにしても,昨日,トランプはシャベりまくり,気を使いまくり,語りまくった.いっぽう,金正恩は驚くほど寡黙だった.寡黙でも,笑顔と貫禄で途轍もない存在感を示し続けた.


金正恩は11日夜,マリーナ・ベイ・サンズ(オーナーはトランプの最大の支援者・シェルドン・アデルソン)を突然訪問するなど,策略家,もとい事業家である一面も見せた.



【結論】


・ トランプと金正恩にとって,612米朝首脳会談は大成功!


・ 「北朝鮮のCVID」を完全に退けられた米国軍産は,大敗北!


・ 朝鮮半島情勢激変!このことの本質が分からぬ者,激増!


・ 2018年元旦から始まった金正恩の快進撃は,まだまだ続く!


・ 日本人拉致問題には,思わぬ展開が待っている!


・ 以上.


飯山 一郎 (72


 


【追記 30.6.14】


http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-9053.html


 


ホワイトハウスが金正恩マンセー映画を公開



トランプが日米首脳会談の際に金正恩に見せたショートムービーが、なんとホワイトハウスから一般に公開された。

4分ほどのショートムービーだが、金正恩が歴史を変えた決断をしたことで朝鮮半島が将来に大きく発展を遂げるという内容だ。

まるでハリウッドの映画の宣伝さながらのようなショートムービーで、金正恩を国を導く新たなヒーローとして描き出している。

米国がこのような形でこれまで敵国だった相手の指導者を称賛するのは前例がなく、金正恩のイメージを180度転換させようとする演出だ。

日本が敗戦した時にはマッカーサーと天皇の並ぶ写真が衝撃を与えたが、今回の金正恩ムービーは同様の衝撃を世界に与えるだろう。


野崎晃市(43)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。