So-net無料ブログ作成

新・「日本の独立」 [日本の独立]

30数年来、私にとって課題は、行き着くところ「日本の独立」です。その思いが11年前からこのブログ「移ろうままに」を書き続けさせた原動力です。その私にとって今朝最初に目に飛び込んだ「てげてげ」の記事は、トランプ大統領登場以来の議論の総括的帰結として実に感慨深く読みました。

まだまだ不充分ですが,日本の政治構造は一変した!》《日本民族の悲願=『日本独立回復』の為の偉大な第一歩!》

勇気が湧いてきます。時代はいい方向に進んでいる、そう思います。


◆2017/03/29(水)  私は1億2000万人の国民に責任がある

麻生太郎Aso8Kokushi.jpg


[東京 1月9日 ロイター] 麻生太郎財務相は9日午後の参院財政金融委員会で、


金融政策よりも財政が物価の水準を決めるとのシムズ理論については、


「ヘリコプター・マネー(ヘリマネ)」と指摘。


「美味しい話は怪しいと思わなければいけない」とし、

投資家のジョージ・ソロス氏が薦めに来たが、

「無責任なあなた方と異なり、私は1億2000万人の国民に責任がある」 


として拒否したことを明らかにした。


その上で「私が大臣の間、内閣にいる間、ヘリマネ、シムズ理論は


採用しない」と言い切った。


平木大作議員(公明)への答弁。 (ロイターの記事)


 



  • 自分の国を誇りに思う! 自分の国の指導者を偉いと思う.

  • 日本人は,こういうことを忘れてしまった. なぜなのか?

  • 敗戦後,日本は米国の戦争屋・CIAに支配されてきた…

  • CIAの言うことをきかない総理大臣は殺された.(必読記事)

  • だから日本の首相は,CIAの言うことを聞くしかなかった.

  • その情けない姿を見ると…,尊敬できない.軽蔑したくなる.

  • だが面従腹背,『日本の独立回復』を胸に秘めた首相もいた.

  • じつは! 岸信介と安倍晋三も,民族独立派なのです.

  • 「教育勅語」も「日の丸」も,『日本の独立回復』のサイン.

  • 戦前の独立国家=『大日本帝国』への憧憬・あこがれ.

  • 独立国家への憧憬を,極右思想として表現する…

  • 悲しくなるほど屈折した極右主義の国家思想ですが…

  • 日本民族の悲願=『日本独立回復』の祈りは,みな同じ.

  • 極右の戦前回帰思想はイヤ!と言う人は,考え方が浅い.

  • 安倍晋三が極右思想を言うのは,自民党を纏めるため.

  • 首相としては,靖国にも行かず,経済最優先の政治!

  • アベノミクスは,じつは,国民の6割を豊かにしました.

  • 小泉・竹中のような国民を貧乏にする政策は,ないです.

  • そ~して今回,トランプやプーチンと緊密な関係を結び…

  • その結果,従来の悪辣な支配者を追い払いました.

  • 悪辣な支配者の名は,アーミテージ,マイケルグリーン.

  • こうして日本は悪辣な米国戦争屋の支配から脱出できた.

  • まだまだ不充分ですが,日本の政治構造は一変した!

  • その1つの証拠が,麻生太郎のソロス撃退!という政治力.

  • ソロスは,米国戦争屋ネオコンの首領です.大ボスです.

  • そのソロスの命令を,麻生太郎は命懸けで蹴ったのです.

  • 「私は1億2千万人の国民に責任がある!」と言い放って…

  • 安倍晋三と麻生太郎.この二名は偉い!と,ワシは思う.

  • 「政治」は結果です!安倍・麻生がヤッた政治の結果は…

  • 日本民族の悲願=『日本独立回復』の為の偉大な第一歩!

  • 次は,日本民族の悲願=フクイチの鎮圧! これです.

  • ソレは,安倍・麻生・岸田が,すでに始めています.

  • フクイチの鎮圧は プーチンと安倍晋三がヤル!(記事)

  • いまは,これに期待するしかないのです.

  • 安倍・麻生・岸田トリオに頑張ってもらうしかないのです.

  • ワシの考えに不満をもつ方がいたら,代案を出して下さい.


 


「国士」とは,もっぱら国の事を心配する人物.憂国の士.


飯山 一郎 (71)



続きを読む


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

稀勢の里の奇跡の優勝は日本国民の「祈り」の結果です [現状把握]

稀勢の里の奇跡の優勝は日本国民の「祈り」の結果です。優勝決定の瞬間、確信しました。本割りも優勝決定戦も、立合い前のあの一瞬の静寂、「祈り」の集中を感じました。「日本国中、みんな祈ってる!」


前回記事のコメント欄に、以降の「放知技」板からピックアップしてきました。その最後が稀勢の里で盛り上がっていたので、今日の標題を思いつき、今朝のピックアップ分をこの記事として再掲することにしました。


「祈り」というと思い出す本があります。『フィールド 響き合う生命・意識・宇宙』です。「ヒーリング効果を検証する」という章があって、「祈り」が実際に功を奏するかどうかを検証した結果について書かれてあります。結論は《得られた結果はもはや必然だった。どのような種類のヒーリングを用いようと、どのような「高位の存在」を奉じていようと、ヒーラーたちは患者の身体的、心理的状態の改善に劇的に貢献していたのである。》(274p)そして次の章は「病気は集合的な力によって癒される」。10年前の過去記事にそこからピックアップした箇所がありました。そうしたヒーラーたちが共通にもっているように思われたのは、我を通さず道をゆずっていることだった。/エリザベスからすれば、ほとんどのヒーラーは、それぞれの意思を表明した後で一歩身を引き、なんらかのヒーリング力のはたらきに身をゆだねていると主張しているように感じられた。/それはあたかもドアを開き、何か偉大なものが入ってくるようにしてやるかのようだった。/高い成功を収めたヒーラーの多くは、心霊世界から、集合無意識から、さらに、イエスのような宗教上の人物から、助けを求めた人たちだった。/それは、自分の力を誇示するような自己中心的なヒーリングというより、「この人が癒されますようお願いします」という依頼というべきものだった。/こころに描かれたそのイメージの多くは、リラックスすることと関係があり、心霊や光や愛を導き入れるものだった。》(277p)


「『復活論』との出会い」の記事にもこの本から引用があります。≪現在の人間はインターネットにより結ばれていますが、近い将来は「テレパシー」を通じて多次元意識を使い、宇宙のあらゆる情報やエネルギーにアクセスできる。それが、来たるべき「シンクロニシティ文明」であると私は考えます。≫(エハン・デラヴィ「近未来の予言と予測」月刊ザ・フナイ 2008 4月号)その根拠としての「ゼロ・ポイントフィールド(ZPF)」です。実在のより根源的水準では時間も空間も存在せず、明白な因果関係―なにかがほかのなにかにぶつかり、時間や空間的にみてある種の原因と結果になること―もないことを示唆しはじめていた。絶対的な時間や空間というニュートン流の考えも、あるいは、相対的時空というアインシュタインの考えでさえも、もっと真実に近い世界観に置き換わろうとしていた。つまり、この宇宙は、ある一時点における時空の全ての点が表現された、膨大な「いま」のなかに存在している、というのだ。もし原子内粒子があらゆる時空を超えて相互作用しうるのなら、原子で構成されるもっと大きな物質でも同じではないのか。ゼロ・ポイント・フィールドの量子世界、純粋な確率が支配する原子内世界では、この世はひとつの巨大な「現在」として存在する。》(リン・マクタガード『フィールド 響き合う生命・意識・宇宙』インターシフト)


この本、2005年5月の第三版で3,200円(税別)ですが、今いちばん安い中古品で6,304円。新刊復活してほしいです。


以下「放知技」板からです。太字は引用者です。堺のおっさんの↓この言葉が要です。
《今の日本に右も左もない。/過去、そうした時代もあったが、そんな枠組みは無用!!/今現在の枠組みは、唯一「ネオコン VS 反ネオコン」/この視点がなければ本質が見えません。》そして、国民の心がひとつにならなければなりません。「祈り」の結集です。飯山氏いわく、いまは,「日本」は,ひとつに纏まらなければいけませんね./国難の時のナショナリズムは,ファシズムに近い位のほ~がE~のです.》

   *   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「森友学園問題」の本質へ迫る太田光 [日本の独立]

319日の「サンデージャポン」での太田光の発言に注目したい。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15985.html


太田が自身感じ取っている感覚をなんとか言葉にすることで状況を切り裂こうというぎりぎりの姿勢に好感。できるだけ忠実に再現してみた。

https://www.youtube.com/watch?v=TcrlRayNbVg

https://www.youtube.com/watch?v=fv7ryfzSw3o 

 

*   *   *   *   *

(太田)別の見方をするとね、目的が、政治家の関与とかそういうことよりも、ずっと先にあって、いわゆる日本会議っていうね、なんていうのかな、そのロビー団体っていうか、そういう政治団体がどういうふうに日本の戦後をしようとしているのかっていうのと、安倍さんがどうやって・・・安倍さんも「美しい国」っていうスローガンで出てきたわけだから、この人もやっぱり、別の立場からだけど、日本の戦後をどうやって捉えるかっていうことが、最終的には目標としてあって、安倍さんも変にごまかすんじゃあなくて、もう少し突っ込んで、なぜ籠池さんに賛同したかというのをテーマに・・・、いつもの政治と金の問題で終っちゃうとこのまんままた、通り過ぎちゃうから・・・


(西川史子)いえ、(籠池or安倍?は)そういう大意(大義?)ある人なんかなと・・・


(太田)この人多分そういう人だと思いますよ。


(西川)えーほんとにー?・・・利用しようと思って出てきたちょっとした人だと・・・


(太田)そりゃあわかんないけど、僕が思うに、それは、右も左もお互い立場が違うけど、みんな戦後の日本はどうするんだろうって考えてきたわけじゃない?まだ答えが出ない、ずーっと先送りにしている問題があって、それをここでまた、何回かこれまで靖国問題や拉致問題や沖縄の時も、何回かそれがメインテーマになるチャンスがあったけど、目先のことが大事だってことで、みんな先送りにしてしまったけど、もしかしてこれが、メインテーマになるチャンスであるかもしれないなと思うんだよね、それがこのワイドショーレベルでみんなでやることであって、朝生みたいに、なんつうかな、論客集めてディベートの勝ち負けでやる事じゃあなくて、もうちょっとヒステリックじゃなくて落ち着いた話し合いができるチャンスであるっていう見方もできるんじゃあないか。


(デーブ・スペクター)今まで触れられなかったですよ。国会議員どうのこうのという議論はさておいて、言葉の表現においてすら誰も口にしなかったですよ、最近まではね。そういう意味ではいい進歩だと思いますね。


*   *   *   *   *


私の理解で言えば、太田が言おうとしているのはこういうことだ。


《森友学園問題は「政治と金」の問題レベルではないもっと大事な問題を提起している。それは、日本の戦後をどう考え、どのような日本を目指してゆくかという問題だ。というのも、籠池氏、日本会議、安倍首相には、共通して目指している「日本の戦後のかたち」がある。それは本来日本人みんなにとって重要な問題なのに、真剣に向き合うことなしにこれまでずっと先送りしてきてしまった。今回の問題を機に、そのことを本気でわたしたちひとりひとりの問題として、議論というよりもだれもが語れることとして話題にすべきではないのか。》


西川史子はこういう問題意識には全く無縁なバカタレントであることを自ら表明したが、この太田の言葉で何か感じ取ったのかもしれない。デーブ・スペクターは意味不明ではあるが、あえて好意的に忖度すれば、《この問題に向き合うことをこれまで日本人は避けてきた。ようやく意識されるようになったとしたら、それは進歩だ。》デーブが言う「この問題」とは、「戦後日本の真の独立」という問題。まさに以下の記事の言うところの問題だ。

http://grnba.com/iiyama/index.html#aa03202

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

森友学園問題は「カラー革命」の一環 [現状把握]

マスコミは森友学園問題一色です。参院予算委員会理事として舟山やすえ議員も最前線です。しかしその陰で重要な議論が展開されています。あの悪名高きスターリン評価の見直しにまで、その議論の射程は及んでいます。「放知技」板での夕べから今朝までの展開です。


ちなみに「カラー革命」とは、《カーネギー財団や米国務省などの米当局筋は10年以上前から、米国の言うことを聞かない指導者が率いている外国の政権を、その国の市民運動を支援することによって転覆させる「カラー革命」の戦略を採ってきた。》(田中宇「ソーシャルメディア革命の裏側」 2011.2.18)という理解です。トランプ大統領の出現によってアメリカにも、日本にも大きなねじれが生じています。そのねじれを理解できずに、これまでのままの流れに乗っていると、いつのまにか、以前考えていた本来自分の立つべき場所と真反対の場所に立たされているということになりかねません。日本人は、今思えば最も評価されるべき田中角栄首相を、マスコミの勢いに押されて国民挙って追い落としてしまったロッキード事件を、苦い体験としてよく噛みしめるべきです。舟山康江議員の自重を望みます。


以下、「放知技」板からです。http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=16057898


*   *   *   *   *


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

必見!サウジアラビアからの大挙訪日が意味すること [現状把握]

サウジアラビアからの大挙訪日が意味することについて、亀さんブログが見事に整理してくれています。必見です。

今朝15日月例参拝。何となく気持ちが明るくなって帰ったところでした。
世の中が思いっきり明るい方向に動き出しているような気がします。
「構想力」が問われる時代です。気持ちを切り替えねば・・・。

【追記 29.3.16】

• 日本国は,いま,大きく変わりつつある.
• トランプ,プーチン,習近平.この三人がつくる世界は…
• 戦争のない,皆が豊かで,皆が元気一杯の笑顔世界だ.

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

横山大観がモチーフにした「相生の松」 [宮内よもやま歴史絵巻]

1-相生の松.jpg

粡町商店街「歴史溢れて光り輝く街づくり」事業は、平成28年度南陽市商店街まちづくり活性化推進事業補助金をいただいての事業で、なんとか年度内完成を目指してがんばっている。「よもやま歴史絵巻」、今回も10枚作製に挑戦中。そのうちの一枚「日本一の相生の松」を作成中、大発見があった。その経緯。


「妹背の松 長部功」.jpg

《日本には男女和合のめでたい松としていくつかの「相生の松」がありますが、双松公園の相生の松は、姿においても大きさにおいても日本一と言っていいすばらしい松です。夫婦相生の松として「妹背(いもせ)の松」ともよばれ双松公園の名の由来となりました。


 昭和三十年代、当時東大名誉教授であった植物学の権威本田正次博士が枯れ死寸前のこの松を見て驚かれ、博士自らすぐ県に連絡して天然記念物に指定されたといわれます。その後婦人会や地元の方々の献身的な手入れによって今の姿に回復したのでした。


 この松にまつわる伝説もいくつか伝えられており、古来この松に願えば縁むすびに効験があると云われ、代々寺子屋を開き琴平神社の神主でもあった長部功が歌にしています。
  


  結ばんと思ふえにしはわが里の妹背の松に祈れ諸びと   


(この歌は宮内岳鷹会の持ち歌のひとつ。10年前、10周年記念での構成吟「美(うま)し地(くに)みやうち」の中にある。平岳謙先生に節調をつけていただいた。)


大観「相生の松」.jpg

このブログにも相生の松については何度か書いているので、それをまとめればいいと思ってここまで書いてきて、何の気なしに「相生の松」で画像検索したら、横山大観の「相生の松」を発見。なんとこれ、ここの相生の松ではないのか!?


ちなみに双松公園の「相生の松」は樹齢350年、たまたま大正8年発行の「宮内案内」口絵写真に、当時の相生の松の写真があった。大観の絵は東側から見た構図だが、写真は西側から。

相生の松 大正8年.jpg

宮内よもやま歴史絵巻にも、横山大観については「横山大観と多勢亀五郎」がある。横山大観は大正から昭和にかけてしばしば漆山の金上製糸に長逗留している。その間、漆山の金上の屋敷の中でじっとしていたわけではない。酒を飲むにも当時隆盛を極めた宮内の料亭が多かったにちがいない。双松公園まで足を運んで相生の松を目にしなかったはずがない。(それに当時公園に上るにはわが家の前を通るしかなかったはず。)あたりまえのこのことにあらためて気づかされて、にわかに大観が身近な人に感じられるようになった次第。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

明るい未来へ(『光の子ども』寄稿) [こども園]

28年度「光の子ども」表紙.jpg

毎年この時期恒例です。今年で12回目になります。その時々いちばん頭にあることを書くようにしています。一年間でいちばん力が入る文章です。

今年ははじめに提出した文章の一部を数日後急遽差し替えました。最後の方の大きく時代が動き出しています。・・・若い世代の思いがけない思いが時代を切開いてくれると信じています。》のところ、はじめは私とは同世代トランプ大統領の出現によって、思いがけないほど世の中が明るくなりそうな気がしています。「正義」とか「民主主義」とかのきれいな言葉の裏で「経済第一」金まみれ、陰謀渦巻いていた世界が、思いっきりあけっぴろげになってきつつあります。一体これまでの世界は何だったんだ。どんどん霧が晴れて太陽がくっきり現れてきます。若い人に期待します。》だったのです。その経緯は「遠のいた?イハトビラキ」に書いた通りです。

「後生畏るべし、いずくんぞ来者の今に如かざるを知らんや」『文殊菩薩』ブログからです。


*   *   *   *   *


続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ねじれから本格的な「殺し合い」の段階へ入った?日本の政治 [現状把握]

一般マスコミも、それに距離を置くはずの阿修羅板も「森友学園問題」一色で、安倍首相そして昭恵夫人を攻めたてている。そんな中で今朝、田中良紹氏の「古来から『將を射んと欲すれば馬を射よ』で権力者夫人は狙われる」で、昭恵夫人が最も影響を受けた人が江本勝氏であることを知った。江本勝氏については、「雲消しゲーム」と「水からの伝言」で私にとっても親しい。このブログにも書いている。10年前のことだ。

・幼稚園創立五十五周年にあたって http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2007-05-04

・「お祈り」の習慣 http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2008-03-09


さらに昭恵夫人と思想が近い人として荒井広幸氏の名前が出た。荒井氏と言えば、2005年の郵政民営化選挙の時だったか郡山市での集会に駆けつけたことがある。荒井氏も「医療用大麻解禁」を唱えているという。大麻については、青苧からの絡みで私もおおいに関心がある。

・第4回青苧フェスティバル、高安淳一大麻博物館長講演!多勢久美子さん新作民話! http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2013-07-07

・「大麻以上!」と言われて、どうする!?青苧 http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2016-03-27

 

その昭恵夫人が森友学園を応援することになる気持ちも私にはよくよくわかる。その昭恵夫人が攻められることについて他人事ではない。トランプ当選後の状況理解については折々その都度書いてきた。その変化がわかる。 

・トランプ氏勝利、よかった! http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2016-11-10
・なぜトランプ大統領で「よかった」か http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2016-11-13
・見事なトランプ大統領就任演説分析(田中宇氏)http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2017-01-26
・「日本はもう一度敗戦を迎える」 http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2017-01-30
・今まさに歴史的大転換の秋(とき) http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2017-02-08
・副島v.s.飯山 どちらが正しい?  http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2017-02-11
・「豊かになるには働けばいい。そう思える社会」への転回 http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2017-02-12
・遠のいた?イハトビラキ 
http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2017-02-15

 

ネットで出会う心に懸かった記事はそのたびにコメント欄にメモしてきたが、「遠のいた?イハトビラキ」のコメント欄にメモした堺のおっさんの状況整理がよくわかるのであらためて書いておく。《日本の政治も、ねじれから本格的な「殺し合い」の段階へ入った。》という。

http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=16034724




続きを読む


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

祝!県知事賞「出番前」 [熊野大社]

「出番前」.jpg今朝の山形新聞にびっくり。第51回県写真展の最高賞、山形市の須藤佐重さんの「出番前」、モデルが熊野大社総代で獅子冠事務所員の川合嘉雄さん(76)でした。まさに「一幅の絵」といっていいできばえ。「たしかに絵になる人だなあ」とあらためて思ったところです。歴史と伝統を背負った人です。川合さんは太々神楽100周年記念事業の副実行委員長、事業に弾みがつきそうです。神様のおはたらきを感じました。




2017年02月12日 20:53
解説を交えながら入賞作品などを選ぶ大西みつぐさん=山形市・山形美術館
解説を交えながら入賞作品などを選ぶ大西みつぐさん=山形市・山形美術館
 第51回県写真展の公開審査が12日、前日に続き山形市の山形美術館で行われた。写真家大西みつぐさん(東京都)が審査し入賞・入選作を決定。最高賞の県知事賞に須藤佐重(さじゅう)さん(74)=山形市深町3丁目=の「出番前」が選ばれた。

 須藤さんの作品は薄暗い屋内で祭りに出る支度をしている男性に窓から一筋の光が差した場面。大西さんは「自然の光が晴れの舞台に出る人を美しく照らした瞬間を生き生きと捉えた。静かな空間だがプリントの隅々から情感があふれている」と評価した。

 大西さんは出品者が詰め掛けた2日間の公開審査について「山形の写真熱をうれしく思う」とし、作品レベルを向上させる要点として「写真の絵作りがパターン化しているようだ。技術だけではなく、自らの感性、個性をさらに掘り起こす努力が必要。名作を数多く見て学んでほしい」と話した。

 県内の21~90歳の愛好家584人(昨年比41人減)が出品した計2444点(同100点減)から入賞12点、準入賞と努力賞各10点、入選466点が選ばれた。審査員と無鑑査認定者などの作品を加えた計523点を23日~3月20日、山形美術館で展示する(月曜休館、最終日20日は開館)。入賞・入選者名簿は20日付、入賞作品は3月初めの本紙で紹介する予定。須藤さん以外の入賞者は次の通り。

 県写真連盟会長賞=江部誠吉(米沢)▽山形新聞社長賞=芳賀長悦(寒河江)▽山形放送社長賞=斎藤妙子(上山)▽山形美術館長賞=冨樫馨(酒田)▽県議会議長賞=早坂武弘(尾花沢)▽県教育委員会賞=須貝国男(山形)▽県生涯学習文化財団賞=石垣弘一(遊佐)▽山形市長賞=冨樫美穂(鶴岡)▽山形市議会議長賞=黒田清美(米沢)▽山形市教育委員会賞=高橋克巳(天童)▽県写真材料商組合長賞=小田原光穂(酒田)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース