So-net無料ブログ作成
検索選択

「宮内認定こども園」の歴史・「祈り」について(平成29年度辞令交付式講話資料) [こども園]

宮内認定こども園の歴史1 29.4.jpg
4月1日は宮内認定こども園の辞令交付式。近藤園長になってから講話の時間が与えられている。幼稚園時代は全員を前にして話したが、0歳児からの保育を担う認定こども園になってからは半数以上が現場を離れることができない。なので、読んでわかってもらえる講話資料をつくるように心がけてきた。今回は新しい園長先生をお迎えするので、宮内認定こども園まで65年の歴史をふりかえってみることにした。そのあと「祈り」の意義についてと思って作った資料だったが、自分の歴史に重なる園の歴史を語っているうちあらかた時間がなくなって、「祈り」のほうは、そのことを取り上げるきっかけになった「稀勢の里奇跡の優勝」についてで終えた。

宮内認定こども園の歴史

昭和261951)年の10月、宮内熊野講堂において賀川豊彦先生講演会開催。この時集まった八千円を50年後100年後の人材を育てるための幼稚園をつくりなさい」と宮内に残す。

(賀川先生は昭和7年5月16日か17日頃も宮内に来られている。熊野大社石段下の土社神社前で撮った写真が残っている。賀川豊彦全集の中に「花すぎて緑の山に小鳥鳴く世のさわがしさ気にとめぬごと 宮内にて」とあるのを見つけたときはうれしかった。犬養毅首相が銃弾に倒れた五一五事件直後の歌だ。今に通ずる当時の宮内を彷彿させる。さくらんぼの木とともに寄附していただいた園裏が整備なるとき、そこにこの歌碑が建てられたらいいなあと思い続けている。)


 賀川豊彦先生:貧困からの解放、戦争のない平和な世の中を目指す社会運動に生涯を捧げたクリスチャン。若くして神戸の貧民街に暮らし、その体験から生まれた自伝小説「死線を越えて」は、大正時代、歴史的ベストセラーとなる。その印税はすべて社会運動に注ぎ込まれたという。働く人の生活安定を目指す生活協同組合の運動を立ち上げるなど、社会事業家、政治家として活動の範囲は世界中に及び、ノーベル文学賞の候補に2回、平和賞の候補に3回あげられる。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感