So-net無料ブログ作成
検索選択

大岡信氏の訃報に接して(1) イルカの話 [思想]

大岡信.jpg

大岡信さんの訃報で、宮内幼稚園を会場にした「詩人の会」を思い出した。昭和62年、大岡さん56歳のときだ。

 

詩人の会は、昭和59年に谷川俊太郎氏と正津勉氏、60年に吉野弘氏、61年に團伊玖磨氏、そして62年大岡氏。幼稚園のホールに50人ぐらい、ワインをチビチビやりながら当代一流の詩人の語りに耳を傾けるという、実に贅沢な集いだった。足立守園長のほか、錦三郎先生や武田正先生等が中心になっておられた。私は4回とも参加させていただいた。そして4回とも、その感想を「週刊置賜」に書いている。「週刊置賜」は、團さんと大岡さんのそこでの語りそのままを再現して連載してくれた。そのコピーが私の手元にある。「週刊置賜」はほんとうにいい仕事をしたとあらためて思わされた。テープ起こしを担当していた木村陽子さんは、80歳を過ぎたいま、松倉とし子さんの後援会でがんばっておられる。

 

以下、大岡さんの講演を聴いて「週刊置賜」昭62.5.16号に書いていた文章。私もまだ40歳、かなり気負っているが、イルカの話はよかった。ディカリズムの行き求める先はこの感覚に在り》。たしかに今もそう思う。演題は「日本の詩歌を語る―言語の神秘性」だった。


*   *   *   *   *


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感