So-net無料ブログ作成
検索選択

大岡信氏の訃報に接して(2) 大岡氏、置賜の印象を語る [思想]

すっかり忘れていたのだが、昭和62年、宮内幼稚園を会場に大岡氏を招いて開催された「詩人の会」、その時の講演録を読んだら、ワインですっかり酔っ払った私が質問を発して、それに対して大岡氏がそれこそ丁寧に答えておられるのがしっかり記録されていて驚いた。ほんとうに全く忘れていたことだった。

大岡氏の一通りの話が終って懇談の場に移り、私の前にどなただったか記憶にないが、宮沢賢治と信仰についての質問があった。これについても多くを語られているが、中にこんな発言もあった。
《宮沢賢治は、稲が凶作の場合、或いは風雨があっても耐えられる強い茎を持ち、そして一つの穂から多くの米が探れるようにする為にはどうしたらいいか、死にもの狂いで考えて、そして薬品を調合して農民に与える訳ですね。/ しかし、その年は運悪くひどい凶作の年であった。つまり天候がメチャクチャだった訳ですね、それで彼は、その為に肺炎になって死んだ。あれは自殺とみてもいいようなものなんです。》

私が聞いたのは、まず置賜の印象。

*   *   *   *   *

日本の詩歌を語る

「言語の神秘性」


置賜のイメージ

 ――前に井上ひさしさんとお話する機会があった時に、井上ひさしさんにとって一番大事な文学者は宮沢賢治さんだ、とたしか ”さん” づけで言われました。その井上さんや吉本隆明さんなどと関わりのあるこの置賜を、大岡さんの観点で捉えて、どんなイメージを持たれたでしょうか。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

「ヒラリーとトランプは、同じ穴のムジナだった」!? [現状把握]

B8KkajgCMAEPpxK.jpg「シリアがサリン使用」の写真付き報道は嫌な感じだった。案の定、「米、シリア攻撃」。いつか来た道・・・というより、いつもの通り

「アメリカ・ファースト」(米国第一主義)、すなわち米国の覇権的な義務を放棄することで、米国の産業や雇用を一時的に再生しようとするのがトランプの経済戦略の要諦》(田中宇)はどうなるのだろうか。

昨日からの「放知技」板。(太字は引用者)

*   *   *   *   *

700:陽子 : 2017/04/07 (Fri) 10:46:04 host:*.bbiq.jp
米軍がシリア軍施設にすごいミサイル攻撃しましたよー
おかげで石川がバキューーーン

701:飯山一郎 : 2017/04/07 (Fri) 11:03:07 host:*.ocn.ne.jp
>>700
陽子さん,ようこそココへ!??*¨*?.,,.?♪
●『米、シリアにミサイル攻撃 米報道 化学兵器疑惑受け60発』?
2017/4/7 10:37?
日経速報 http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM07H2D_X00C17A4000000/
これは↑↑トランプ大統領承認のミサイル攻撃です.
フリン更迭の悪影響(=米軍ネオコン派にトランプが騙された)が,モロに出てしまいました.
これでトランプも,只の戦争屋のオッサンに成り下がってしまいました.
注目は…
プーチンが「トランプ軍国主義=他国への無断軍事攻撃」をど~裁くか? 砂漠での米露軍事衝突があるかないか? です.

なお,石川製作所(6208)のバキューーーンは…,
トランプの北朝鮮単独攻撃の報を受けたもので…
4月4日から物凄いバキューーーン状態です.

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース