So-net無料ブログ作成
検索選択

「置賜力」を考える  [メモがわり]

「置賜力」を考える     

南陽市更生保護女性会 平29.4.21 於 えくぼプラザ 

はじめに

○「置賜力」

山形県産の清酒をGI(地理的表示)指定まで高めたレジェンド的存在である山形県工業技術センター所長
小関敏彦さんが置賜出身であることを知った驚き(昭和31年、川西町大塚生れ。米沢興譲館高を経て新潟大学農学部農芸化学科卒)。

吉本隆明が米沢高等工業卒であり、井上ひさしが小松生れであり、ますむらひろしが米沢生れだった!

 

置賜観の転換

○上杉でなく伊達の視点への発想の転換(小川弘先生に聞いた「伊達遺風一掃政策(伊達事=悪い→「だで」「だでごど」の語源)」)

興譲館中学校校歌作詞/五十嵐力
 作曲/弘田竜太郎)

盆地米沢狭けれど
山には飯豊、吾妻山/川には松川、鬼面川/前には武道の不識公 /後には文道鷹山公 /自然に祖先にめぐまれし/
この恩寵を忘るるな /
興譲中学、興譲中学、学生我等」

・宮内中学校旧校歌 (作詞/結城哀草果 作曲/久木原定助)

南に開く国原/吾妻嶺と呼び合う飯豊/置賜は四季美しく/青ぞらにいらか輝き/晴れやかにサイレンひびく/学校は知徳満ち満つ/来よ、来よ、来よ/共に学ばん」

置賜人にとっての置賜観を変えたNHK大河ドラマ『独眼竜政宗』1987

伊達政宗が愛して止まなかった置賜25歳までこの地を拠点として成長した伊達政宗は、秀吉により岩出山への移封を余儀なくされた。それから23年を経た慶長19年(1914)、徳川幕府の命により越後高田城築城総裁として出向の帰途、次の歌を残している。)

   故郷は夢にだにさえ疎からず現になどかめぐり来にけん

  (夢に見ることしばしばであった故郷置賜、その地にいまこうして足を踏み入れるときが来ようとは)

  越方の思い旅寝のふるさとに露おきまさる草枕かな

  (越後での築城の工事を終えての帰途、思い出の故郷での旅枕にしきりに涙があふれてなりません)

  ある時はあるにまかせて疎けれど無きあとを訪う草枕かな

  (この地に居たときは在ってあたりまえと思っていたことも、この地を離れて旅人として来てみると、

   在ったものが無くなってしまっていることの何という切なさよ)

○置賜に於ける寺社山岳配置の妙の発見

○「21世紀、置賜は世界の中心となる!」1991

○直江兼続が主人公のNHK大河ドラマ『天地人』2009

○「江戸時代の2000藩主の中でぜひ大河ドラマに取り上げてほしい藩主・上杉鷹山公」(磯田道史・林修/2016

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感