So-net無料ブログ作成
検索選択

遠藤孝蔵さん葬儀参列、山栄さんを思う [弔詞]

遠藤孝蔵staffのコピー.jpg山栄(やまえ)さんこと、東の麓酒造有限会社々長遠藤孝蔵さんが19日に亡くなった。脳内出血とのこと。安らかなお顔だった。享年90歳。今年2月に奥様を亡くし、その納骨が14日の日曜日、その週の金曜日だった。葬儀が昨日28日。

 

娘さんが幼稚園からの同級生で、子供の頃から存じ上げていたが、当時からお顔立ちもそのまま、端正に淡々と一生を貫かれた。葬儀のお返しが「純米大吟醸 龍龍龍龍(テツ)」と「純米酒 東の麓」、共に純米酒で山栄さんらしいと思った。

 

葬儀会場の飾りが見事だった。白菊と紫の花(竜胆?)で残雪の雄大な吾妻連峰が表現され、その中に大きく白菊で「東の麓」のロゴ、中央にいつもそうだった山栄さんの笑顔の写真、葬儀社ナウエル渾身の作だったのだろう。

 

弔辞は46年間杜氏として山栄さんに仕えたという山田さんと、菩提寺護持会だけだったのが意外だったが、目立った公職などには一切就かず、いつうかがっても奥様と向かい合わせて事務所に居られ、ひたすら酒造りを思い、酒蔵を守って居られたことは、山田さんの弔辞を聞いても納得する。それでいて、心底から宮内を思うこと、山栄さん以上の人が思いうかばない。私が書いたものなどお持ちするたびにほんとうに喜んでいただいた。

 

思えば山栄さんは、私にとっては子供の頃から飛び抜けた存在だった。そういえば酒をご一緒する機会は一度もなかった。読書が好きだとどこかで誰かに聞いたようにも思うが、どんな本を読んで居られたかもまったくわからない。「淡々と、端正に、怒ることなく、笑みを絶やさず」、そうしてそのまま逝かれた。その心の中に入り込む機会はなかったが、宮内のほんとうにいいところを体現されていたように思う。それは山栄さんが育てた酒蔵東の麓の若い衆(「従業員」というのは似合わない)に引き継がれ、宮内人がどこに行っても自慢できる「東の麓」という酒とともに生き続ける、そう思う。

 

どうしても山栄さんのこと書いておきたかった。どうかお見守りつづけて下さい。ありがとうございました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アーモンドの実が育っていました [地区長]

09-DSCF6368.JPG05-DSCF6357.JPG06-DSCF6362.JPG

雨が降ったあとアーモンドの勢いはどうなっているかと思って公園に行ってきました。がっちり根を張って頼もしいのもあれば、この先大丈夫?というのもけっこうありました。根元から台木のあんずが伸び出しているのをむしってきました。07-DSCF6364.JPGアーモンドが枯れてあんずがすくすく伸びているのもありました。それはそのままにしてきました。実をつけたアーモンドが何本かありました。さわってみるとまだもやもやしています。これからどうなってゆくのか楽しみです。


あさって30日、「双松公園景観づくり協議会定期総会」の案内が来ています。現地視察をした上での総会です。アーモンドについての論議もあるはずです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『夫の○○○が入らない』 [メモがわり]

『夫の・・・』.jpgリテラの〈話題の本『夫のちんぽが入らない』のタイトルに込められた深い意味…しかし一方では広告掲載拒否の動きが 〉を読んでこの本を知ったが、買うまでにはいかなかった。ほどなくして副島隆彦さんが〈『夫のちんぽが入らない』(扶桑社)という本を読んだ。これが文学だ。 〉とぶちあげた。副島さんもリテラで知ったのだった。すぐ注文した。読み出すなりたちまち引きこまれた。さりげなく時代を変えてしまう本かもしれない、そんな気がする。みんなあからさまに出し合って、肩の力を抜いて生きてゆく、それでいい・・・みたいに。

 

以下、アマゾンへのレビュー(よかったら「役に立った」ボタン押して来て下さい。ベストレビュワーランキング、現在9,228位でがんばっています。)

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

どうなる!?お祭り「子供神輿問題(琴平神社)」 [地元のこと]

粡町から双松公園を望む12-DSCF7978.jpg02-双松公園 石段.JPG双松公園から粡町通り05-DSCF7943.jpg01-DSCF5942.JPG

20日の琴平神社祭典の反省会で子供神輿存続が問題になった。今年の準備の段階で子供みこし実行委員会から存続問題が提起されていた。

 

明治時代、この地域(宮内東部)に大きな火災が相次いだ。以下は『おみきばばちゃの夜噺』巻末年表にある火災の記録。

明治51872)年49日 宮内大火。戸数500戸中300戸焼失。死者2名。火元は鳥居の場掛舞台。

明治241891)年 宮内町役場、宝積坊等焼失。火元宝積坊。

明治261893)年5月 宮内大火。粡町27戸焼失。火元片平浅右衛門豆腐屋。

明治331900)年9月 宮内大火。105戸焼失。火元十文字風呂屋。

 

もう神様に願うしかない、高橋弥藤次という人が四国讃岐の金比羅宮に参詣祈願、御分霊を勧請して火伏せの神様としてお祀りしたのが双松公園琴平神社のはじまり。粡町、足軽町、久保、仲ノ丁、横町、五町内住民が氏子である。

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「男女共同参画推進は人類を滅ぼす!」 [思想]

18日、地区長連絡協議会代議員会の議事終了後、懇親会までの間にということでアンケートを渡された。東北公益文科大学の修士課程の学生からの依頼ということで男女共同参画についてのアンケートだった。ゆっくり考える時間がないので条件反射的に答えていたが、結構な分量でだんだんイライラしてきた。どうもそのイライラが上から目線の問いかけであることにふと気づいた。「男女共同参画は絶対正しい」ことが前提の質問なのだ。その前提には大事な視点がすっぽりぬけ落ちている。女性が子供を生み育てたいと思える、そういう世の中こそがほんとうにいい世の中ななのではないか。最後の「なんでも書いてください」の欄にこう書いた。「男女共同参画推進は人類を滅ぼす!」


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「自衛隊アレルギー」と「天皇アレルギー」の解消→日本人の共通意思形成 [日本の独立]

宮内交番連絡協議会という団体がある。平成9年に「宮内交番友の会」として発足した。今年発足20周年である。その会が20周年行事として警察音楽隊の演奏会を企画した。会場はシェルターなんようホール(南陽文化会館)。会場使用の便宜を得るために、「宮内中学校区 笑顔いっぱい!共育ネットワーク」に共催をもちかけた。共育ネットワークの事務母体が前向きに受けて動いた。しかし、警察音楽隊との日程調整がうまくゆかなかったかで自衛隊音楽隊に替わった。共育ネットワークの会長は宮内地区長会長の宛職で私が務める。そもそも共育ネットワークという組織は交番友の会と兄弟分のようなもので、その発足には警察側の地域との連携を図ろうとの意図が背景にあった。私も宮内交番友の会発足時のメンバーのひとりだった。そんなことで、今回の企画、私もその流れにさからうことなく17日の事務局会を迎えた。

 

案の定、異論が出た。「教育講演会が自衛隊音楽隊になるというのはそもそもおかしいのではないか」というものだ。今から約40年前、第一回菊と市民のカーニバルを思い起こす。その先導を自衛隊音楽隊にお願いしたところ、宮内小学校から「自衛隊が来るなら協力できない」とクレームが入ったのだ。やむなく音楽隊はカーニバルの隊列から外れて、ずーっと先の前ぶれ隊として演奏していただいた。あとで自衛隊に対してお詫び文を書いたように思う。そんなわけで、異論の背景に「自衛隊アレルギー」を疑ったのだ。それを圧しての強行は無理、その時は交番連絡協議会に断るしかないと覚悟して、当日参加18名みんなの意見を聞いた。

 

意外だった。われわれ世代が感じ持っていた「自衛隊アレルギー」などはもう時代の遺物になっていることを確認させられた。異見の背景にもそれはなかった。自衛隊はもう完全に認知された存在なのだ。齟齬があるとすれば憲法9条上のことであって、自衛隊の存在をそこに盛り込めさえすればすべてすっきりする。

 

《憲法記念日の3日、安倍首相は日本会議が主導する美しい日本の憲法をつくる国民の会の改憲集会にビデオメッセージを寄せ、そのなかで新憲法の施行されるべき年を具体的に2020年と明言し、2020年をめざして9条を改正して「1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込むという考え方は国民的な議論に値する」と指摘している。》https://jp.sputniknews.com/japan/201705033598477/

 

これを受けて《これまでの「護憲」一辺倒の人たちの視野に「改憲」が入るようになるとしたら、このことこそ「国民の合意形成」に向けた第一歩なのではないか。》と書いていた。http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2017-05-12

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バルバドスからの手紙 [上杉鷹山]

カリブ島から山新記事.jpgバルバドス日本大使館の南久恵さんからの手紙を川井榮助事務局長が持って来てくれたのは2月のはじめだった。早速メールで返信した。 

*   *   *   *   * 


バルバドス日本大使館


南 久恵様 


 思いがけないうれしいお手紙ありがとうございました。 


 「移ろうままに」というブログを書いている者です。「白鷹山に『伝国の辞』の碑をつくる会」の事務局をやっています。事務局長の川井榮助さんからお手紙を届けていただきました。早速齊藤喜一会長にも読んでいただいたところです。会長も「鷹山公精神が世界に届いた!」と大喜びでした。


 平成20年に齊藤会長が新聞投書という形で投じた一石が大きな波紋を巻き起こし、鷹山公という存在が、ケネディ駐日大使の心に深く刻み込まれることになるであろうことは、当初のわれわれは考えもつかないことでした。そしてこのたび南さんとの御縁をいただき、今後どのような展開になるのか、思うほどにゾクゾクしてまいります。昨年暮れのテレビで「江戸時代の2000藩主の中でぜひ大河ドラマに取り上げてほしい藩主」として鷹山公の名前が出されましたが(http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2016-12-22)、NHK大河ドラマに取り上げていただき、広く鷹山公の人となり、そしてその精神を世の中に知っていただきたいというのが、私たちの切なる思いです。経済万能が行き渡ったように思える現在の日本ですが、一歩心の中にふみこめばけっしてそうではないはずです。鷹山公精神には、そうした心を活性化させて時代を転回させるような起爆力が秘められているように思います。最近、藤沢周平さんの『漆の実のみのる国』を読んで強くそう思ったところでした。


 とりあえず、資料等お渡ししたいのですが、ご帰国の予定はおありでしょうか。もし近々はないようでしたらお送りするようにしたいと思います。お知らせ下さい。またご帰国の折りはぜひお父様とご一緒に白鷹山へ御登拝下さい。御案内させていただきます。 


 バルバドスという国、米沢市より小さい面積に人口25.6万人でカリブ海地域において最も裕福な国の一つとのこと等、今知りました。これまで考えたこともない地域です。これから身近に思える国になりそうです。今後ともよろしくお願い申し上げます。 


   201727 


*   *   *   *   * 


 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青少年育成市民会議理事会で [教育]

 昨日、青少年育成市民会議理事会。宛職で議長役。20人のメンバーのうち半数欠席。「昭和55年にできたこの組織、当時はそれなりの切実な課題があってできたんだろうけど、今は当初の問題は解決していい世の中になったということの反映か。」と挨拶。今年度の活動計画の協議の中で、警察署生活安全課長さんと市中学校校長会代表の校長先生に「今の子どもたち、青少年たちの切実な問題があるとすれば何ですか。」と訊ねてみた。課長さんからはSNSに根ざす性に関わる問題が指摘され、校長先生からはSNSとともに、うまく人間関係をつくれないという問題が出された。そこから出発していろんな意見が出され、少人数なりのいい会になったが、今振り返って私の感想。

 SNSについてはちょうど『プレ・シンギュラリティ』を読み終えたところで、議論の最後の方で市PTA連合会長さんの「SNSについて批判的視点から語ってみたところで、私たち大人が子どもたちよりどれだけわかっているかと言えば、若い人の方がずっと進んでいるわけだから・・・」の意見に共感。

 人間関係の問題については、校長先生は「こういう会議でというよりも、医療、福祉の方での解決になるかと・・・」と言われたが、私はこういう問題こそこういう会議で取り上げねばならない問題なのではと、昨年読んだ生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由(わけ)がある』を思い起こしつつ思ったことでした。

 

『プレ・シンギュラリティ』、アマゾンレビューしてきました。星は3つです。

 

*   *   *   *   *

 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

アーモンドのその後 [地区長]

今朝、双松公園クリーン作戦。昨日の空模様と天気予報からして雨の確率50%ぐらいかと思っていたのだが、目覚めたら雨音はない。途端に「アーモンドどうするか」が気になり出した。

 

アーモンドの郷(秋のクリーン作戦).jpg目の前に突きつけられたアーモンドの苗木1,200本、昨年のクリーン作戦に合わせてどうにかこうにか植え付けを果した経緯は昨年 くわしく書いていた。

http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2016-05-18

その後秋のクリーン作戦には、冬に備え支柱で養生した。今シーズンの雪はほんとうにたいしたことなく終ったが、春先見たところでは、根付いているのは半分ぐらいかというところだった。これからどうすればいいのか、建設課とも相談しなければ等々、気になりつつも年度始めの怒濤のような日程の消化に汲々しているうち、クリーン作戦の今日になったしまったのだった。

 

枯れた苗木と支柱を片付けるとしたら今日しかない、そう思うと急に気がもめだした。Y衛生組合長とN公民館代理は5時には公園に行っていると一昨日聞いている。行ってお願いしなければ。外に出ると朝日がちょうど顔を出したところだった。5時半の花火合図に待機する二人に「枯れた苗木を片付けたい」と言ったが、「急に云われても」と戸惑いの表情。そもそもが今朝の思いつきなわけでそう無理も云えず、「まあなんとかするから」と成り行き任せ。琴平さまには「よろしくお願いします」と手を合わせた。

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

9条1項2項を残す改憲案は伊藤哲夫氏の発案だった! [日本の独立]

《憲法記念日の3日、安倍首相は日本会議が主導する美しい日本の憲法をつくる国民の会の改憲集会にビデオメッセージを寄せ、そのなかで新憲法の施行されるべき年を具体的に2020年と明言し、2020年をめざして9条を改正して「1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込むという考え方は国民的な議論に値する」と指摘している。》https://jp.sputniknews.com/japan/201705033598477/

この報道は、私にはうれしい驚きだった。飯山一郎氏は《安倍晋三は,右や左の旦那様が「大反対!」と言えない…/絶妙な改憲案で日本国民を1つにまとめよう! まとまろう!/…という国民統合の切っ掛けをつくろうとしている?/ロシアのように国民が1つにまとまっている国が手本かな?/国家指導者の使命は,国民を巧みにまとめていきながら…/豊かな国家社会をつくること.これが最も大切な使命だ./喧嘩ばかりしていたのでは,国家は衰亡しちゃうのだし…/国民が1つにまとまらないと,国家は豊かになれない./そのような考え方と構想が安倍晋三にはあって…/いや,今の日本は,国民が1つにまとまらないといけない!》http://grnba.com/iiyama/index.html#aa05031と書いた。まさに「国民の合意形成」に向けて踏み出したと思った。そして今、それが伊藤哲夫氏の提案だったことを知って、さらにうれしくなった。

伊藤哲夫氏については、ジャパンハンドラーズへの傾斜に対しての危惧をたびたび書いてきた。ジャパンハンドラーズの影響下に入ることは、軍産協力経済体制に組み込まれることだった。そのことに伊藤氏はどれだけ自覚的であるか。当時の安倍政権を見る限り、私にはどっぷりはまり込んでいるようにしか見えなかった。私の安倍政権に対する批判の出発点はそこにあった。新しい歴史教科書をつくる会の運動の中で見た、伊藤氏の切り捨て御免的姿勢と安倍総理とを重ねて見ていた。そこに「国民の合意形成」という私にとっての最大の関心事が入る余地はなかった。私がつくる会の運動から離れたのも、そこに理由があった。

9条1項2項を残す改憲案は伊藤哲夫氏の発案だったことを知ったのは反安部で一貫するリテラの記事だった。信じられないのは、こうしたまやかしに乗っかって、リベラル派の中にも、この提案に賛同する声が出てきていることだろう。》というねじれた見方になるのは土台反安部なのだからやむを得ない。しかしこれまでの「護憲」一辺倒の人たちの視野に「改憲」が入るようになるとしたら、このことこそ「国民の合意形成」に向けた第一歩なのではないか。リテラの記事は、伊藤氏にそうした意図があったようには書いていない。しかしどうあれ、伊藤氏が、そして安倍総理が、憲法第九条1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。》をそのまま残そうという判断に至ったことを、戦争遂行の中枢にあっての体験を踏まえ、九条護持に生涯を懸けた遠藤三郎元中将を思いつつ、ほんとうに慶賀したい。日本は安倍総理の下、まっとうな方向に向かいつつある!

以下、リテラの記事。http://lite-ra.com/2017/05/post-3147.html

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感