So-net無料ブログ作成
検索選択

「自衛隊アレルギー」と「天皇アレルギー」の解消→日本人の共通意思形成 [日本の独立]

宮内交番連絡協議会という団体がある。平成9年に「宮内交番友の会」として発足した。今年発足20周年である。その会が20周年行事として警察音楽隊の演奏会を企画した。会場はシェルターなんようホール(南陽文化会館)。会場使用の便宜を得るために、「宮内中学校区 笑顔いっぱい!共育ネットワーク」に共催をもちかけた。共育ネットワークの事務母体が前向きに受けて動いた。しかし、警察音楽隊との日程調整がうまくゆかなかったかで自衛隊音楽隊に替わった。共育ネットワークの会長は宮内地区長会長の宛職で私が務める。そもそも共育ネットワークという組織は交番友の会と兄弟分のようなもので、その発足には警察側の地域との連携を図ろうとの意図が背景にあった。私も宮内交番友の会発足時のメンバーのひとりだった。そんなことで、今回の企画、私もその流れにさからうことなく17日の事務局会を迎えた。

 

案の定、異論が出た。「教育講演会が自衛隊音楽隊になるというのはそもそもおかしいのではないか」というものだ。今から約40年前、第一回菊と市民のカーニバルを思い起こす。その先導を自衛隊音楽隊にお願いしたところ、宮内小学校から「自衛隊が来るなら協力できない」とクレームが入ったのだ。やむなく音楽隊はカーニバルの隊列から外れて、ずーっと先の前ぶれ隊として演奏していただいた。あとで自衛隊に対してお詫び文を書いたように思う。そんなわけで、異論の背景に「自衛隊アレルギー」を疑ったのだ。それを圧しての強行は無理、その時は交番連絡協議会に断るしかないと覚悟して、当日参加18名みんなの意見を聞いた。

 

意外だった。われわれ世代が感じ持っていた「自衛隊アレルギー」などはもう時代の遺物になっていることを確認させられた。異見の背景にもそれはなかった。自衛隊はもう完全に認知された存在なのだ。齟齬があるとすれば憲法9条上のことであって、自衛隊の存在をそこに盛り込めさえすればすべてすっきりする。

 

《憲法記念日の3日、安倍首相は日本会議が主導する美しい日本の憲法をつくる国民の会の改憲集会にビデオメッセージを寄せ、そのなかで新憲法の施行されるべき年を具体的に2020年と明言し、2020年をめざして9条を改正して「1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込むという考え方は国民的な議論に値する」と指摘している。》https://jp.sputniknews.com/japan/201705033598477/

 

これを受けて《これまでの「護憲」一辺倒の人たちの視野に「改憲」が入るようになるとしたら、このことこそ「国民の合意形成」に向けた第一歩なのではないか。》と書いていた。http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2017-05-12

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感