So-net無料ブログ作成
検索選択

山形新聞「談話室」子へ [現状把握]

山形新聞の「談話室」は、彩り豊かな文章で、いつも読ませられる。今朝は結城豊太郎翁が取り上げられた。宮内の人間からするとちょっと距離があるが、それでもうれしい。

 

*   *   *   *   *

 

1-188 22-A 結城豊太郎.jpg▼▽幕末維新の志士がくぐっただろう旧薩摩藩江戸屋敷の重厚な門が、南陽市赤湯にある。蔵相や日銀総裁を歴任した結城豊太郎が戦前、自身の書屋を横浜から郷里に移して図書館「臨雲文庫」を開いた際に、表門とした。

▼▽元蔵相の故井上準之助邸にあった門を結城が譲り受け、「(故郷の若者に)無言の教育にもなろう」と恵示から移築したものだ。戦争へと向かっていた不穏な時代。国家経済安定に心血を注いだ金融人が、「古里は国の本なり」と人づくりにも力を尽くした一面が偲ばれる。

▼▽根幹にあったのが儒学の教え。己を修め人を治む「修己治人」だ。修養に励んで徳を積み、世を正しく治めることを自らに課し、言葉通りに実践した。町に上水道を敷設し、母校にドイツ製のピアノも寄贈した郷土の偉人を、赤湯の人々は親しみを込めて「結城翁」と呼ぶ。

▼▽現代の政官界に、なおくすぶる陸上自衛隊の日報隠蔽問題。防衛相ばかりか制服組トップ、さらに南陽市出身の事務方トップも辞任する事態に追い込まれたが、真相解明には程遠い。あす8月1日は結城翁の命日。志高く国を率いた先人の目には、どう映っているだろうか。

 

*   *   *   *   *

 

結城翁、今の国会、マスコミを見て「なんて的外れなくだらないことに時間を費やしているか」と嘆いているにちがいない。

 

森友・加計問題については、高橋政弘氏の山形新聞への投書加計問題の報道に危機感が正論であることを指摘した。http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2017-07-22

 

日報の情報公開問題については、次のような議論があることを知って欲しい。(文中太字転載者)

 

*   *   *   *   *

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

黒江防衛事務次官(宮内生れ)、おつかれさまでした [政治]

昨日来、稲田防衛相、黒江防衛次官辞任ニュースが大きく取り上げられていますが、このところずっと、黒江次官就任時に書いた黒江哲郎新防衛事務次官は宮内生れの記事へのアクセスが多い日がつづいています。そこで以下を【追記】したのですが、あらためて記事にしておきます。
--------------------------------------
ー稲田辞任の背景ー
安倍政権vs官僚に巣食うネオコン勢力
(「放知技」板よりhttp://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=16155707 太字は転載者)
*   *   *   *   *
稲田/看板006-190x285.jpg35:muku : 2017/07/01 (Sat) 14:44:12 host:*.bc9.ne.jp
「内閣人事局」の看板。
  稲田防衛大臣談 https://www.inada-tomomi.com/blog/277
  >(稲田大臣)先週参議院で審議入りした国家公務員制度改革がいよいよ大詰めです。
  >吉川壽一先生の指導のもと「内閣人事局」の看板の字を気合い込めて書きました。
  >霞が関を敵にして孤立無縁だった去年の今頃を思うと感無量です。
 
323:堺のおっさん : 2017/07/26 (Wed) 05:48:11 host:*.ocn.ne.jp
稲田が責められるのは防衛大臣だからではなく、
内閣人事局の初代担当大臣だったから。
(看板の件)
山本幸三が責められるのも現担当大臣だから。
萩生田が責められるのも、現局長だから。
内閣人事局に関わると徹底的に嫌がらせするぞ、という
官僚勢力の必死の抵抗が見えるね。

こんなわかりやすい構図、他にないだろ。
答弁の肩書に必ずこれをつければ、
たとえば、稲田なら「元内閣人事局担当大臣、現防衛大臣」
こうすれば、かなりに人に官僚が既得権守るため
内閣人事局を骨抜きにしようとしてる
な…と分るだろう。
 
334:堺のおっさん : 2017/07/27 (Thu) 08:29:05 host:*.ocn.ne.jp
官僚側からの「リーク」が止まらない。
ネオコンの草どもが、仕掛けている。

彼らにとっても、出所を知られることは
背に腹は代えられないほどの事態を表す。
冷静に分析すれば、ネオコンの草名簿ができる。
頭のみならず、草を根っこから抜き取らないと
官僚支配の政治体制を終わらせることができない。
肉を切らせて、骨を断つ。
 
338:堺のおっさん : 2017/07/28 (Fri) 05:39:16 host:*.ocn.ne.jp
劇画子連れ狼の最後。
柳生烈堂が柳生の宝である日本中に長年かけて育てた草を
全員召集し拝一刀と対峙する。
一刀は倒したが、裏柳生もまた壊滅する。
なんか、あの流れを思い出しました。

諜報組織ってのは情報源の出所が命。
情報漏洩も出所がわかってしまえば終わり。
そして、対策もできる。
官僚に巣食うネオコン組織は強力だが、根っこから枯れようとしている。
他方で、稲田を切って守った…ということだろう。

 
*   *   *   *   *
 
以下、「てげてげ」http://grnba.com/iiyama/index.html#aa07111

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

オミコクづくり [熊野大社]

08-DSCF6936.JPG今年のハコバヨイ、80歳(72781歳になる)の頭取が十数年ぶりに箱を負った。そして私が、納所長の片平仁君とともに箱添(ハコゾエ)の役を務めた。本来は屈強な納所(ナッショ)の役割だ。片平君にしても60歳。彼は代々獅子冠事務所員の家柄で、若い頃は農青会員として参加、親が病いを得た十年ぐらい前から親に代わって事務所に入った。空白期間はあるが、獅子冠事務所のかつての形についてだれよりも知っている。屈強とは言えないが、農業と長距離選手としてならした体をもち、頼りになる。それにしても二人あわせて130歳のハコゾエ出現をだれが予想し得たか。箱を負う頭取とあわせると210歳。そこに至るにはそれなりのドラマ(葛藤)があったのだが、それにはふれない。

 

ハコゾエには若水汲みという重要な役割がある。ハコゾエはかつて23回務めたことがあったが、屈強でもなんでもない私には遠い役割だったので、25日早朝の若水汲み、そしてその若水を使ってのオミコク(黒豆フカシ)づくりについてもほとんど経験がない。それを今年はつぶさに経験(観察)、記録できたのがありがたかった。

 

以下、黒江太郎著『宮内熊野大社史』(昭和51年)の「オミコク」の項。

 

*   *   *   *   *

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北条郷熊野の夏まつり「若衆熱気、雨飛ばす」 [熊野大社]

神輿御下り(山新).jpg24日は朝から土砂降り、「こんなお祭り経験ない」と雨の中での準備開始。24日の天気予報90%、25日は80%の降水確率。かつてない雨のお祭りを覚悟した。しかし結果は、肝腎なところではほとんど雨にあたることもなく、ほんとうにほんとうに無事終了することができました。今日は総社祭がありますが、全県晴れマークです。昨日の山形新聞見出し「若衆熱気、雨飛ばす」でしたが、われわれも若衆のひとりでした。

今回NHKから取材に入っていただきました。今日夕方6時10分から7時までの県内ニュースの時間に10〜15分間放映なるそうです。そのほか、8月9日以降のいつになるかわかりませんが、同じ時間帯に東北六県に向けて放映なるそうです。

それにしても、昨年のダイドードリンコ「日本の祭り」、それに熊野大社総代で獅子冠事務所の川合さんが題材の写真が、県写真展で最高賞の県知事賞ということもあって、カメラマンの多かったことに驚きました。たしかに絵になるお祭りなのでしょう。そして、その背景にはいろんなドラマもあるわけです。「あー、無事終ったなあ」、とりわけ今回はその感慨ひとしおのおまつりでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

安倍さん自身も気づいていない、「瓢箪から駒」の現状日本 [現状把握]

「国家資本主義」のコメント欄にメモったのですが、ものすごく大事なところなので記事にしておきます。熟読玩味必須の内容です。
(以下、コメント欄より)
mespesadoさんの議論に納得です。「政治制度」と「経済制度」の原理的なちがいを根底に、日本の現状が見事に解き明かされています。

続きを読む


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

正論です!「加計問題の報道に危機感」(山形新聞投書欄) [政治]

今朝の山形新聞の投書欄、全く正論です。この投書を掲載した山形新聞の姿勢もいい。いい加減、みんな目を醒さねばなりません。

 

田中角栄を葬った愚をくり返してはならない!

http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2017-07-05

 

   *   *   *   *   *

 

加計問題の報道に危機感

■米沢市 高橋政弘 52

 

 学校法人加計学園を巡る先日の衆参両院の閉会中審査で、改めて明らかになったことがあります。

 ほとんどの新聞やテレビは相も変わらず、前川氏の「官邸によって行政がゆがめられた」との論調での報道でした。「ますます疑惑が深まった」と、いつもの野党のコメント入りです。 果たして本当にそうでしょうか。

 加戸前愛媛県知事の発言を、どれだけのメディアが取り上げたでしょうか。十分に取り上げていたメディアは、ほとんど皆無ではないでしょうか。

 前川氏について多くは、内部告発をした勇気ある人となぜか好意的に扱っています。前川氏は天下り問題の中心人物であり、暴力団の資金源になっていると思われる出会い系バーに、足しげく通っていたと報じられたにも関わらずです。

 一方、メディアは「官邸の関与」を否定する見解を示した加戸氏の発言や、国家戦略特区ワーキンググループ委員の発言を黙殺しています。あまりにも報道が偏りすぎてはいないでしょうか。

 時系列で追ってみれば、官邸が関与する余地がないことは、メディアの優秀な記者であれば分かるはずです。むしろ、獣医師会の既得権益を長年にわたって守ろうとしてきた文科省の体質こそ、問題にすべきだと思います。

 まるで野党と結託して、恣意(しい)的に世論を誘導し、政権批判を繰り広げているようにしか思えません。このようなメディアの報道姿勢には、危機感を持たざるを得ません。

 私たちは正しく見極める目を、耳を持たなければならないと思います。

 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

進化の半面の落し穴(「青少年おきたま」への提言) [教育]

広報 青少年おきたま.jpg地区長連絡協議会長の宛職のひとつ、南陽市青少年育成市民会議会長としての提言、「広報 青少年おきたま 第39号」に掲載していただきました。

 

   *   *   *   *   *

 

  進化の半面の落し穴

 

 先日、6年生のクラスに入って昔の宮内のことを語り、さらに給食を共にする機会がありました。気持よくすごすことができました。その後、ひとりひとりの感想文をいただきました。みんなきれいな字でていねいに書いてあることに驚きました。この頃は町で出会う小学生や中学生からの挨拶の声を聞くことも多くなっています。
 宮内地区の人口は60年前と比べると69%です。小学校の児童数は23%です。団塊の世代の私の小学校時代、50人学級が6クラスでした。今は30人学級が2クラス。今の子どもの方がずっと目も手もかけられているにちがいありません。私が子どもの頃、60年前は雑多で雑然としていました。それに比べて今の子どもたちはずっときちんとしています。60年前と今ではその豊かさは比べようもありません。知識の量も格段の違いだと思います。われわれの頃に比べて今の子供はずっと進化しています。
 青少年育成市民会議で「今の子どもたち、青少年たちの切実な問題があるとすれば何ですか。」と訊ねたところ、中学の校長先生から「うまく人間関係をつくれない子どもたち」という問題が出されました。われわれの時代、雑多な中でもみくちゃにされながらもなんとか切り抜ける道を見つけておとなになったはずです。今の子どもたちは人間関係の壁の前で引きこもり、そして60万の若年ニート数。進化の半面の落し穴、そんな気がします。青少年育成市民会議が本気で取組まねばならない課題なのではないでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「国家資本主義」 [現状把握]

放知技板で「国家資本主義」という言葉がクローズアップされています。日本の将来を見晴るかす(見霽かす)上で重要な議論です。

 

飯山一郎氏「てげてげ」の↓記事から始まります。

 

2017/07/17(月)  東京株式市場は「外資支配」から「政府支配」へ

日本企業の配当は政府が頂く!

外資より日本政府が儲ける東京株式市場

 

2016829

 

4社に1社、公的マネーが筆頭株主 東証1部

 

「公的マネー」による日本株保有が急拡大している。

日本経済新聞社が試算したところ、公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)と日銀を合わせた公的マネーが、東証1部上場企業の4社に1社の実質的な筆頭株主となっていることが分かった。

 

 

 

GPIFは運用総額約130兆円の世界最大の年金基金。2014年に日本株の保有比率の目安を12%から25%へと大幅に引き上げた。日銀は金融緩和策の一環として上場投資信託(ETF)を買い入れている。7月29日に年間購入額を3.3兆円から6兆円へと倍増した。

GPIFと日銀を合わせた公的マネーは、東証1部の約1970社のうち4社に1社にあたる474社の筆頭株主となっており、日本株は「官製相場」の色彩が強まっている。

TDK(17%)やアドバンテスト(16.5%)、日東電工(14.2%)などで保有比率が特に高く、コナミホールディングスやセコムなども10%を超える。企業側からは「長期に保有してもらいたい」(横河電機)などの声が出ている。

東証1部全体でみると株式保有比率は7%強。国内の民間株主では最大の日本生命保険(約2%)を大きく上回る。政府の市場介入を嫌う風潮が強い米国では、公的部門の株式保有比率はほぼゼロ。国営だった企業が多く上場している欧州でも同比率は6%未満だ。

GPIFと日銀の株式保有額は3月末で約39兆円と5年前の11年3月末比で約25兆円増えた。

この間に日経平均株価は約7割上昇し、株価の押し上げ効果は大きい。日銀がETFを年間6兆円買うと、「日経平均を2000円程度押し上げる効果がある」(野村証券の松浦寿雄チーフストラテジスト) (記事)

 

(以上日経、以下飯山)

 

従来,日本企業の高額配当を受け取るのは「外資」だったが…

安倍政権になってからは,日本企業の利益配当金を受け取るのは日本政府!という流れに変わった.

色々な意見はあるだろうが,しかし,『国益』という観点からすれば,安倍政権の「株屋稼業」は合格!だろう.

問題は…,「大暴落」を外資に仕掛けられた場合の対処法であるが,安倍政権が健在であるかぎり,「秘策」はあるようだ.

とにかく安倍政権と安倍一族の「株屋稼業」は,まこと,したたかで巧みなのだ

ともかく,東京株式市場を「(ハゲタカ)外資支配」から「日本政府支配」へ変えた!ということは,厳然たる事実なのである.

このことを評価するかどうかは,カラスの勝手.

52にどうぞ! (なお,GPIF関連の追加情報は次稿にて…)

飯山 一郎 (71 

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バルバドスとの交流へ向けての第一歩 [バルバドス]

1-DSCF6839-001.JPG南陽市がバルバドスのホストタウンに決定したことを受け、駐バルバドス日本大使館の南久恵さん一家が南陽市にお出でになりました。南さんは駐バルバドス日本大使館一等書記官First Secretaryとして市役所を訪問、2時間近く市長やみらい戦略課と打合せした後、ご家族共々われわれ「白鷹山に『伝国の辞』碑をつくる会」のメンバーと合流し親しく歓談していただきました。

 

ホストタウンについて、首相官邸のHPにこうあります。《2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向け、スポーツ立国、グローバル化の推進、地域の活性化、観光振興等に資する観点から、参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図る地方公共団体を「ホストタウン」として全国各地に広げていきます。》

 

交流計画の概要(例)です。

交流計画(例).jpg

地方財政措置の概要です。

地方財政措置.jpg

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実存主義(ニーチェ)→現象学(メルロー・ポンティ) [メルロー・ポンティ]

はじめてのニーチェ.jpg副島隆彦著『ニーチェに学ぶ「奴隷をやめて反逆せよ! 」―まず知識・思想から』を読みつつ、適菜収著『新編 はじめてのニーチェ』を読んで、アマゾンにレビューした。

 

*   *   *   

 

概念的理解を感覚的理解に変えてくれる

 

 ニーチェといえば「神は死んだ」。今までいた神がいなくなったということかといえば、そうではない。「神の視点=絶対的な視点など存在しない」(116p)。すなわち、「客観的世界」などは迷妄にすぎないのであって、「すべての認識は『パースペクティブ』に基づく」(119p)。「客観存在としての世界は存在しない。/個別の世界が発生するだけだ。」(124p)しかしそこに「権力の意志」が登場することで「世界」が構築される。すなわち自己保存の欲求を基盤にした「世界解釈」であり、それが虚構であれ誤謬であれ、そこに他者との共通世界が生まれるようになる。だからそもそも「世界は虚構であり、真理は誤謬なのだ。」(126p)神によって保障される概念やイデオロギーなんて通用しない。「真理を永遠なものと考えるプラトン=キリスト教的信念がデタラメであること。それが『神は死んだ』という言葉の意味です。」(117p

 実存主義の原点である。概念的理解を感覚的理解に変えてくれる。

 

*   *   *   *   *

 

こう書いて、実はここから現象学に通ずる道筋が見えてきた。もう50年近くになるが、メルロー・ポンティを読んでいて「パースペクティブ」という言葉がとりわけ意味深く心に残ったのだが、このたびその言葉がまさにニーチェ思想の原点にあったことを知った。

 

50年も前書いたことを抽き出してみる。

 

*   *   *   *   * 

 

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ: