So-net無料ブログ作成

目からウロコ「世界恐慌が起らない理由(わけ)」 [現状把握]

4月に、スティグリッツ教授「1000兆の国債は相殺すればゼロになる!」という提言をメモっています。そこでこう書いていました。《失笑(?)を買うこともあるが、「トランプ大統領の登場以来世の中が明るくなった」といろんな場で言っている。私の周囲には、ああしたい、こうしたい、そういう希望を持つことの大切さが漲(みなぎ)り始めている、そんな気がする。これまで70年生きてきて、この感覚は初めての体験だ。そんな中、今朝読んだ記事がこれ。「1000兆の国債は相殺すればゼロになる!」、なーんだ、そうだったんだ、「なにも後顧の憂いなく”希望”を語っていいんだよ、”いい世の中”を目指していいんだよ」。イハトビラキのまっただ中、そう思いたい。》

そして今朝の放知技板、「もう世界恐慌は起らない!」の議論に納得。要するに世界恐慌も、ネオコンの影響力後退の中では神話になりつつあります。/なので、ネオコンが大復活しない限り、世界恐慌は起こりません。》そもそもネオコン以外の誰かが損する範囲でしか恐慌は起きない》のです。そしてこう付け加えます。また、戦後は日本という便利なお財布があったので、その必要もなかった。/その流出資産、3000兆円とも!! 世界恐慌よりも儲かりまんな。》「株式投資は合法的な商い」として日本人の発想の転換を迫るフジさんの議論も貴重です。目を醒した日本には明るい未来が待っています。

ちなみに「ネオコン」とは世界を統一し自分たちに都合の良い世界を作ろうとしているグローバリスト・金融資本主義者を指します。ネオコンについてよくわかる説明があります。→https://sites.google.com/site/uranenpyou/home/neo-conservatism田中角栄を葬った愚をくり返してはならない!」にも転載しています。)


*   *   *   *   * 

続きを読む


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース