So-net無料ブログ作成

「流れる雲よ」を観て—議論によって道を拓け [教育]

昨日『流れる雲よ』の舞台を観た。夜の一般公演の時間は運動会の練習なので、市内10校の小学6年生と中学生全員が対象の昼の部に潜り込ませていただいて最後列で観た。年相応の聴覚力ゆえもあってセリフを聞き取るのがたいへんで、どうも絶叫調は苦手だなと思いながら、舞台の流れに入り込めないでいたが、後半、特攻隊員として死を目前にした伯父とその姪との時を超えた交信シーンから引きこまれていった。君が代と海ゆかばのきれいなソプラノが心に残った。ただ、話に聞いていたような涙は出なかった。むしろ複雑な思いで見終えたというのが正直なところだ。その複雑さを解きほぐしたいと思った。

 

演劇を観たのは何時以来だろうか。井上ひさしさんの「しみじみ日本・乃木大将」を観た平成311月以来かもしれない。「週刊置賜」に観劇記を書いている。終幕、舞台正面につり下げられた血したたりおちる日の丸の旗。わたしにはそこに、舞台の意図とは裏腹に、こうした舞台を作り出してしまう戦後日本思潮のザラザラとして悪意の混じった心象風景をみたように思えたのだ。》「流れる雲よ」は、いわばその対極ともいえる。その劇に向けられた市内の小中学生の、会場いっぱい万雷の拍手を聞きながら、「隔世の感」を思った。

 

この脚本を書きプロデューサーである奈美木映里(草部文子)氏への桜チャンネルでのインタビューを聴いた。40歳まで マスコミに籍を置いて戦後感覚に染まり切っていたという奈美木氏が語る言葉には好感が持てたが、見終えてハンカチがぐしゃぐしゃになったと語る聴き手から伝わるいかがわしさは何なのだろう。あのいかがわしさを明確にしたいと思った。教育現場にそのまま滑り込ませてはならないいかがわしさ、そんな気がする。

 

ともあれ、あれから72年、戦争の記憶、というより戦争があったということさえどんどん意識から遠ざかっているという今、小中学生があの舞台を観た意義は大きい。彼らの感想をぜひ聞きたい。そこから始まることがあるはずだ。

 

昨日の感想、どう書き始めようかと思って浮んだのが「議論によって道を拓け」だった。とりあえず昨日の今日ということで書き留めておきます。


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:演劇