So-net無料ブログ作成
2018年01月| 2018年02月 |- ブログトップ
前の10件 | -

北野達教授最終講義「古事記が目指したもの」(1) [熊野大社]

1-DSCF8095.JPG2月3日、米沢女子短大国文学教授でもある北野達熊野大社宮司の退官最終講義を聴いてきた。テーマは「古事記が目指したもの」。

そもそも教授の専門は「万葉集」。ところが「万葉集」はなかなかまとまりがつかない。そんなところから「古事記」にのめりこむようになった。その力になったのが熱心に聴いてくれる学生たち。学生にわかってもらうには自分がよくわかっていなければならない。「古事記」がわかったという手応えを感じるようになったのが5、6年前。そのいちばんの手がかりが本居宣長の『古事記伝』。しかしこれまでの学者の研究の95%は宣長批判で、だれも宣長の水準に追い付いていない。「高天原を疑ってはだめ」という宣長を現代の研究者は理解できない。いったん「古事記」の世界に入ってみないとわからないのに。まっとうな研究者といえるのは山田孝雄(よしお 1873-1958)のみ。古事記研究者以外では小林秀雄『本居宣長』津田左右吉はというと、「古事記」と「日本書紀」を併せて、そこからひとつの世界を読み取ろうとした。しかしそれは誤り。「古事記」には「古事記」の、「日本書紀」には「日本書紀」の世界がある。

4-DSCF8102.JPGでは「古事記」の世界とはどういう世界か。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済講座〈Ⅱ〉(7)「mespesado理論を知る者と知らぬ者の知的格差は,月と泥亀ほどの差が出るだろう.」 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

松尾匡著『この経済政策が民主主義を救う: 安倍政権に勝てる対案』の書評として展開された「mespesadoさんによる1億人のための経済講座〉」の最後の4本。ひとつの区切りを迎えたところで、飯山氏があらためて大賞賛の言葉を寄せられました。

486飯山一郎 : 2018/02/18 (Sun) 22:36:04 host:*.dion.ne.jp
>>478
mespesado氏の大連載,『(安倍政権に勝てる対案 )松尾匡論』が…
政府の国債発行→日銀の円(¥)増刷が,「(国や国民の)借金」ではなく,「国富の増大!」であることを明解に示したことは…
「目からウロコ」の読者を想像以上に増大させ…
その波及効果と大なる影響力で,(霞が関などにも)思わぬ読者を勝ち得たようだ.
まこと,mespesado氏の大連載は,政財界,金融界にも大なる影響をもたらすだろう.
ネット界や知識人の世界(論壇,思想界)でも,mespesado理論を知る者と知らぬ者の知的格差は,月と泥亀ほどの差が出るだろう.
mespesado氏のお陰で,『放知技』の知的レベルは,ネット界でも最上位にランクされる位置に到達した.
mespesado氏には,あらためて深甚なる御礼を申し上げたい.≫

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

mespesadoさんによる1億人のための経済講座〈Ⅱ〉(番外編6) ウヨク脳、サヨク脳の由来 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

当初、番外編(5)の「サヨク脳からの脱皮せよ!」のコメント欄にメモったmespesadoさんの議論ですが、3本目の結論が見事です。そこに至るの展開がすごいので1本の記事にしておきます。(その流れの中で私の文章も入れていただいています。光栄です!)

--------------------------------------------

mespesadoさんがウヨ・サヨ論を「スリーパーセル(潜伏細胞)」発言問題に適用して、≪やれサヨクはお花畑だぁ、やれウヨクは差別主義者だぁ、などと罵倒し合っても何も有意義なモノは生み出さない≫。「客観視する余裕」を説かれています。

*   *   *   *   *

447mespesado : 2018/02/15 (Thu) 21:54:22 host:*.itscom.jp

 先日来、ウヨ・サヨ論を書いていたところですが、世間ではお誂え向きの話題が盛り上がっているようですね。例の三浦瑠麗氏の「スリーパーセル」発言です。去る2月11日放送のワイドショーで次のような発言があった件についてです:

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済講座〈Ⅱ〉(番外編5) サヨク脳から脱皮せよ! [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

 高橋富代論文「アメリカよ、日本を打つならまず自らの手を清めよ
~幾多のお吉たちへの鎮魂歌~ 
 」のコメント欄にメモったmespesadoさんの議論から、mesさんと天然居士さんの貴重な議論が展開されました。「サヨク」と「ウヨク」について、さらに納得させられます。私だったら425でもう相手にするのをもう止めたくなるところですが、mesさんはまあおちついて。》の言葉で誤解を正し、議論を進化させていきます。その結果、「共産主義」という言葉の見直し、さらに年金会計の見直しという、目からウロコの議論に至ります。アベノミクスの途上国援助の意味もあらためて納得です。本来議論とはこうあるべき、ということについても教えられたmesさんと天然居士さんの議論です

 

*   *   *   *   *

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済講座〈Ⅱ〉(6) 欧米論客のアベノミクス評価 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

「取って食い取って食い」暮らしは「宵越しの金は持たない」感覚と同じレベルです。「金なんて天下の回りもの」「なるようになるから毎日気持ちよく生きてゆこう」(このレベルが「幸福」にいちばん近い? ※関連記事「ゼニカネ」でない日本人の「あたりまえ」)。・・・ところがそのうち使いきれない余るほどの金が入ってくるようになると「将来への不安」が芽生え始めます。「内部留保」は必然です。欧米論客はここのところがわかっていないというmespesadoさんの指摘です。

*   *   *   *   *

375:mespesado : 2018/02/07 (Wed) 23:38:12 host:*.itscom.jp
>> 277
 さて、100近く、だいぶ間が空いてしまいましたが、松尾匡さんの本の書評を続けます。いよいよ色々突っ込みどころが多い最終章の第6章「今の景気政策はどこで行きづまるか」に進みます。
 第6章の最初の節は「欧米左派の大物論客は何に賛成し何に反対しているのか」と題して様々な論客のアベノミクスに対する評価を紹介します。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「実存感覚」(「光の子ども」原稿) [こども園]

この時期、認定こども園の卒園文集に原稿を依頼されます。今年で13回目。9日が締め切りだったのですが間に合わなくてなんとか10日に出したところです。毎年その時その時いちばん頭(心)にあることを書くようになっています。一年の総まとめのような気がしてかなり頑張って書いてきました。いつもは文集が発行なってからここでの記事にするのですが、このたびはとりわけ書くのに苦労したので、まだ新鮮なうちに記事にしておくことにします。文中、仙台に向かう車の中で感じた体験を書いていますが、何をしに仙台に向かっていたかと言うと、天行居の東北神咒奉唱大会のためでした。このこととそのとき「実存感覚」と名付けた体験は無縁ではないはずです。今、落合陽一さんの『日本再興戦略』を非常に興味深く読んでいるところですが、読みつつ、「こんな世界もあるんだよ」と言っておきたくて急に思い立って記事にしました。

*   *   *   *   * 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第一回粡町での楽しい暮らしを考える会 [粡町での楽しい暮らしを考える会]

11月の末だったか、共栄会の菊片付け御苦労会で残った酔った者同士で話しているうち、藤屋くん(現アリス)が「商工会におもしろい指導員がいる」と言い出したことから、「一度粡町に喚んで話を聞いてみよう」ということになって実現した一昨日の会合。女性5人を含む13人の参加で大いに盛り上がった。

最初から商店街以外にもよびかけようということで粡町町内会と粡町共栄会の協賛を得、今月1日の市報配布時に案内チラシを全戸配布した。

*   *   *   *   *

粡町での楽しい暮らしを考える会の

ご案内

 

 久々に宮内に戻った菊まつり、そして新年早々「ゆく年くる年」で熊野大社が全国放映と、宮内全体活気づいています。「もう年だから・・・」と後ろ向きになるよりも、あれこれ楽しい未来を思いながら生きた方がずっといい、そういう時代です。

 昨年暮れ、粡町共栄会の会合で酒を飲みながら話す中で、商工会の指導員におもしろいのがいるのでよばってみないかということになり、このほど「粡町での楽しい暮らしを考える会」を下記の通り開催することになりました。

 いろんな立場からのいろんな話が出た方がいいので、家族揃っての参加も大歓迎です。ここから何かが始まるかもしれません。

テーマ 粡町での楽しい暮らしを考える

講 師 南陽市商工会 金子浩樹指導員

 

と き 29日(金)午後6時から

     ところ 琴平会館

   会 費 1,000円(終了後懇親会参加者)

 

主催 粡町商店街

後援 粡町町内会・粡町共栄会

 

*   *   *   *   *

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いま日本はどういう方向に向かいつつあるか [現状把握]

”いま日本がどういう方向に向かいつつあるか”についてイメージできる重要な議論が「放知技」板で展開されました。昨年7月に「日本の将来を見晴るかす(見霽かす)上で重要な議論」として、飯山一郎氏の「てげてげ」記事に始まる堺のおっさんの議論をメモっておきました。その議論を飯山氏は「国家社会主義者」である安倍晋三が,日本国を「国家資本主義」を目指して着実に改造してゆく流れ…/これが↑↑成功すれば,その行き着く先は…,ベーシックインカム!≫とまとめています。「国家資本主義」という言葉が私には新鮮でした。天然居士さんの問題提起に始まるこのたびの議論は、半年前の議論の延長上に位置づけられます。このたびの議論の飯山氏による結論です→安倍晋三は米国留学時代の2年間,リープクネヒトの国家社会主義論やヒトラーの国家社会主義論(ナチズム)を徹底的に学び,安倍晋三流の「国家資本主義」に書き換えました./簡単にいうと,安倍晋三の「国家社会主義」は,思想史学的には,「国家資本主義」に近く…/それが,現在の政策=国家財政で超優良企業の株式を買い漁り,大企業を(岸信介流の官僚ではなく)国家政府が支配してゆく!という政治手法に現れています./このことによって↑↑安倍晋三は,日本国内の超優良企業の外人支配を解き放ち,「日本政府支配」に一歩も二歩も近づけました. 

*   *   *   *   *

341:天然居士 : 2018/02/04 (Sun) 18:07:28 host:*.ocn.ne.jp

正直言って、私はアベノミクスはすでに破たんし、米中の景気上昇が止まれば、経済は沈没すると思っていました。
しかし、飯山先生流に視座を変えて考えると、なんとパラダイムシフトが起こりました。
マルクスは、資本主義体制が行き詰った先に社会主義体制が出現すると預言した。
水野和夫の言う通り、マイナス金利に突入した日本は、まさに世界で最初に資本主義の終焉期に至った。
社会主義とは、乱暴に言えば「市場を政治権力で牛耳る」経済体制だ。
かつての社会主義国は土地・生産手段・金融機関などを国有化し市場を無力化しようと試みた。
この結果、経済のダイナミズムを破壊し社会の停滞を招いた挙句、強権で国民の不満を押しつぶし自滅した。
アベノミクスは、金融・財政政策で市場を乗っ取り、「社会主義体制」を実現しようとしている。
安倍首相やブレインらは、そんなことはつゆほど思っていないだろう。
デフレからの脱出を追い求めているうちに、とんでもない時代の扉を開けてしまったのだ。
すでに、国債市場は日銀の大量購入で息絶えている。金利操作のハンドルは日銀の手の中にある。
株に関しても、今や日本の主要企業の筆頭株主の大半が日銀や政府機関だ。
株でも国債でも暴落しそうになれば、政府・日銀が買い支える。
市場はギャンブル性をなくし、ほとんど公認の八百長状態だ。
その気になれば、巨額な公共投資で工業製品などの市場も抑えることができるだろう。
市場の「見えざる手」を神から、政府が奪い取ることが可能になったのだ。
ただ、この「社会主義経済体制」を安倍首相がどう活用するかが問題だ。
一部の金持ちをより豊かにするためでは情けない。
史上最大の生産能力を最大限活用し、日本から貧乏人を一掃することだって可能だ。
ひとり月20万円ほどのベーシックインカムをばらまけば、日本経済はフル回転し、不況は吹っ飛ぶ。
政府の借金は塩漬けにしてしまえばいい。
市場に振り回されることがないのだから、恐慌も起こりようがなく、計画経済は意のままだ。
世界中が「社会主義経済体制」で統一できれば、貧困も資源の取り合いも戦争もなくなる。
安倍さんに、この「社会主義体制」に踏み切る覚悟と勇気があるのか。それが問題だ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

平岳謙先生「生きる上で最もたいせつなこと」 [詩吟]

07-DSCF8133.JPG02-DSCF8111.JPG2月4日、「第17回平教場・宮内岳鷹会合同発表会」が熊野大社證誠殿で行われました。宮内岳鷹会は冒頭で「構成吟 南陽八景」を披露しました。10月29日「20周年記念式」初演、1月6日新春懇談会で一部ですが2度めの披露、そして1月19日に割り当てを決め、たった2週間の準備期間、その上各自独吟もということで、宮中校歌も入れるとひとり5番吟ずるという、かなりハードな日程で迎えたこの日で、平先生の講評どおりで反省しきりでした。しかし懇親会の席で平先生に、「自信を持っていろんな場で披露してほしい。郷土に誇りを持ってもらうように若い人に聞かせてほしい。」と言われました。構成吟11番のあと、子どもたちの吟8番(2人インフルエンザで欠席)、一般吟36番で計55番というぎっしりの内容、中でも、昨年暮れ、南陽更生保護婦人会50周年で披露して多くの涙を誘ったという合連吟「母」は圧巻でした。私が勝手に「生きる上で最もたいせつなこと」と題した平先生の講評と共にいくつかをyoutubeにアップしました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済講座〈Ⅱ〉(番外編4)「エンゲル係数」の上昇が意味すること [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

たてつづけのmespesadoさんです。「エンゲル係数」の上昇(2016年は1987年以来の高い数字)をどう見るかから始まった議論は、所得が増えても可処分所得は必ずしも増えてはいないこと、その原因を探ると高齢社会化に伴う社会保障費負担の増大の問題、高齢者の介護と医療の問題にたどりつきます。「エンゲル係数」の上昇が意味するところ、満たされた豊かな世の中にあってもなお残る最後の課題がここにあるということでしょうか。問題の本質に迫るすごい議論です。

問題は、介護の仕事が他の仕事に比べて過酷な労働になっているか、あるいは全体の労働人口が減少する中で、介護という人海戦術的な仕事に十分な要員が回せるか、ということにすべてはかかってきます。》

*   *   *   *   *

333:mespesado : 2018/02/04 (Sun) 13:24:29 host:*.itscom.jp
 内容は経済なんですが、ちょっと時事的な話題として「エンゲル係数」の話をしようと思います。もう既にご存知の方がいるかもしれません。エンゲル係数とは、衆知のように、家計の消費支出のうち、飲食費が占める割合のことを言いますが、食費(食糧・水など)は生命維持の関係から(嗜好品に比べて)極端な節約が困難とされることから、一般に、エンゲル係数の値が高いほど生活水準は低いとされています。ところがエンゲル係数は2005年まで低落傾向が続いたものの、以後はゆるやかに上昇、特に2010年代半ばからはそのペースが速まり、2016年には25.8%(2人以上の世帯)と、1987年以来の高い数字を記録しています。こんな状況のもとで、1月31日の参議院予算委員会で、民進党の小川敏夫議員が次のような質問をしました:
 「安倍総理、これは厳然たる事実ですよ。国の行った調査でエンゲル係数が上がっている、国民の生活は苦しくなっている。それがアベノミクスの実質じゃないですか」

 これに対して安倍首相は、エンゲル係数の上昇自体は「ファクト」だと認めつつ、その原因には「物価変動のほか、食生活や生活スタイルの変化が含まれている」と反論し、野田聖子・総務相も、高齢化や共働きの増加など、やはり「豊かさ」以外の要素がエンゲル係数の上昇に関わっているとの認識を示した、ということです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -
2018年01月|2018年02月 |- ブログトップ