So-net無料ブログ作成

mespesadoさんの経済談義(10) 日本のビジョンが世界のビジョン [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

昨日の「てげてげ」で、安倍総理がトランプ大統領に約束した 「日本が米国に新たに投資を行う」ことの意味がよく理解できます。

「日本が米国に新たに投資を行う」=「トランプ大統領の公約(念願)である“米国内のインフラ整備と内需拡大”に日本がカネ(¥)を出す(投資する)」→①「投資権益(利権)」と「見返り(配当)」②日本の建設会社や商社に対する支払い(→税収増)
《世界一の債権国! しかも,日本政府は日銀という子会社に命じて円(¥)を何百兆円も発行させることができる》がゆえの米国との約束。《こ~ゆ~↑途轍もない経済効果(=ニッポンの国益=米国に対する発言権)を安倍総理は狙っている》

さらに安倍総理のハラは、《“朝鮮戦争の終戦”が実現》→《在韓米軍も在日米軍も大規模に縮小》→《米軍基地は自衛隊の基地》→《独自の軍隊や外交で自国を守ってゆく》→《真の独立国家》。

一方mespesadoさんは一週間前、《資本主義経済の下では、「経済が成長しないと社会が維持できない」のはなぜか》を明らかにしつつ、安倍トランプ約束を予見するように《「経済成長の頭打ち」を打開するには、既に需要は満たされてしまっている国内から需要を「海外」に求めるしかありません。》と書かれました。mesさんの視野はその先にも及んでいます。高度成長から安定成長へ、そしてこれからどうなるか。世界全体が「供給不足」の時代から「供給過多」の時代に入りつつある今、まさに《産業革命によって「農本主義」が「資本主義」に「相転移」したのに匹敵するような大変革の時代である。》その先頭を走るのが日本だとすれば、われわれのビジョンが世界のビジョンです。

1週間前3日ほど家を空けたので書き遅れましたが、必読の議論です。

*   *   *   *   *

544:mespesado : 2018/06/02 (Sat) 09:59:56 host:*.itscom.jp
>>531
■アホ過ぎるセンセイシリーズ(その2)
↓の藤田孝典というセンセイ(聖学院大学准教授)がアホ過ぎる件

藤田孝典@fujitatakanori
> これやると経済成長する、あれやると経済成長する、とかもううんざり。
> 何やっても30年近く経済成長していないし、これから先も基本的には
> 成長しないって。これ以上経済成長を求めれば、長時間労働でさらに人
> が死ぬよ。
  ↓↓↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感