So-net無料ブログ作成
検索選択

正論です!「加計問題の報道に危機感」(山形新聞投書欄) [政治]

今朝の山形新聞の投書欄、全く正論です。この投書を掲載した山形新聞の姿勢もいい。いい加減、みんな目を醒さねばなりません。

 

田中角栄を葬った愚をくり返してはならない!

http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2017-07-05

 

   *   *   *   *   *

 

加計問題の報道に危機感

■米沢市 高橋政弘 52

 

 学校法人加計学園を巡る先日の衆参両院の閉会中審査で、改めて明らかになったことがあります。

 ほとんどの新聞やテレビは相も変わらず、前川氏の「官邸によって行政がゆがめられた」との論調での報道でした。「ますます疑惑が深まった」と、いつもの野党のコメント入りです。 果たして本当にそうでしょうか。

 加戸前愛媛県知事の発言を、どれだけのメディアが取り上げたでしょうか。十分に取り上げていたメディアは、ほとんど皆無ではないでしょうか。

 前川氏について多くは、内部告発をした勇気ある人となぜか好意的に扱っています。前川氏は天下り問題の中心人物であり、暴力団の資金源になっていると思われる出会い系バーに、足しげく通っていたと報じられたにも関わらずです。

 一方、メディアは「官邸の関与」を否定する見解を示した加戸氏の発言や、国家戦略特区ワーキンググループ委員の発言を黙殺しています。あまりにも報道が偏りすぎてはいないでしょうか。

 時系列で追ってみれば、官邸が関与する余地がないことは、メディアの優秀な記者であれば分かるはずです。むしろ、獣医師会の既得権益を長年にわたって守ろうとしてきた文科省の体質こそ、問題にすべきだと思います。

 まるで野党と結託して、恣意(しい)的に世論を誘導し、政権批判を繰り広げているようにしか思えません。このようなメディアの報道姿勢には、危機感を持たざるを得ません。

 私たちは正しく見極める目を、耳を持たなければならないと思います。

 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

山口敬之『総理』 安倍批判がどこまで的を得ているか、その反省を迫る本 [政治]

『総理』.jpg山口敬之『総理』、アマゾンにレビューしてきました。五つ星です。

 

実は『暗闘』を先に読んだ。それはそれで『総理』発刊以降の情報、トランプ、プーチンとどう向き合って来たかについては貴重だが、先ず『総理』を読むべきだ。

 

*   *   *   *   *

 

安倍批判がどこまで的を得ているか、その反省を迫る本

 

日本という国を想うならば、先ずもって読むべき本だった。国家の最前線が描かれている。「まえがき」に本書の第一の目的が《至近距離で目撃してきた安倍晋三と安倍政権のキーマン達の発言と行動を詳らかにし、読者に「宰相とはどんな仕事か」「安倍晋三とはどんな人物か」「安倍政権はどのように運営されているか」を広く知っていただくこと》(17p)とある。読み終えて、たしかにその達成を納得した。

 

物事をほんとうに知るということは、その物事の内的必然性を理解するということである。おのれの価値判断を優先させた「知ってるつもり」で物事を批判してみても、批判される物事にとってはせいぜい「五月蝿(うるさ)い」だけだ。私も安倍批判を重ねてきたが、はるかな遠吠えでしかなかったことを思い知らされた。おのれの安倍批判がどこまで的を得ていたか、その切実な反省が迫られる。


nice!(1)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『日本会議の研究』に販売差し止め命令ということなので [政治]

昨日から『日本会議の研究』に販売差し止め命令が話題になっています。産經新聞がその理由の中味にまで触れています。

*   *   *   *   *

「日本会議の研究」販売差し止め 東京地裁が仮処分決定
http://www.sankei.com/affairs/news/170106/afr1701060025-n1.html

 ベストセラーの新書「日本会議の研究」(菅野完(たもつ)氏著)で名誉を傷つけられたとして、同書で言及された男性が出版元の扶桑社に販売差し止めを求めて申し立てた仮処分で、東京地裁は6日、差し止めを認める決定をした。ベストセラー書籍の販売差し止めは異例。/ 決定によると、同書は平成28年5月発行。男性が所属する宗教法人の機関誌の発行部数を拡大する運動を進めた結果、「自殺者も出た」などと指摘していた。/ 関述之裁判長は決定で、記述が「男性の社会的評価を低下させる」と判断。自殺者が出たという部分については、菅野氏の説明以外に客観的な資料がなく、男性に取材していないことを菅野氏が認めたことなどから、「真実でない可能性がある」とした。/ その上で、該当部分を削除しない限り、販売などを差し止めるとともに、扶桑社にある在庫を地裁の執行官に引き渡すよう命じた。/ 扶桑社は「一部削除を求められたことは誠に遺憾」とコメントしている。

*   *   *   *   *

この記事から、問題があるとされたのは289pの次の箇所であることがわかります。「第6章 淵源」の「宗教と政治の交わるところ」の冒頭部分です。

*   *   *   *   *

「『理想世界』100万部運動]の達成で、安東の権威は揺るぎないものとなった。学生時代には、「民族派の全学連」と評された全国学協を立ち上げ、社会人となってからは、[生長の家」青年会を拡大させ、教団の屋台骨とした。もう誰も彼の権威に逆らえない。
 土台無理がある100万部達成のために、青年会に所属する学生や社会人1年生は消費者金融に手を出してまで「理想世界」を買うことを余儀なくされた。当時、消費者金融の取り立ては社会問題化していたほど苛烈を極めていた。結果、自殺者も出たという。しかし、そんなことは安東には馬耳東風であった。安東は、「谷口雅春尊師のお教えを、日本の青年に広めるのだ。そのためには諸君らの「允の弾丸』が必要だ」と演説し、周囲はそれに心酔し、熱狂が集団を支配していた。

*   *   *   *   *

この本のいちばんすごいところが第6章の安東巌氏についての記述でした。少なからず日本会議と関わり合ったことのある私も全く知りませんでした。その安東氏からの訴えであったと思われます。今回の命令に対して「言論弾圧」の声もありますが、本屋にはまだ平積みになっていて昨日から一挙にベストセラー1位ということなので、サンケイ系列の扶桑社は大喜びしているのではないでしょうか。

それはそれとして、この本を読んで私はどうしても言っておきたいことを書いてアマゾンにレビューしました。そのことはここにも記事として載せたところでした。書いてしばらくは「このレビューが参考になった」がどんどん増えて81人までになったのですが、その後何ヶ月もそのままでした。300件もあるレビューの山に埋もれてしまったのかもしれません。(今見たら82人になっていました。)
私も覚悟をもって書いた文章なので、『日本会議の研究』が注目されることになった今、あらためてここに載せておきます。安倍政権の怖ろしさの根底に触れたつもりです。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『明治維新という過ち』を読む ―― 根底的安倍批判 [政治]

明治維新という過ち.jpg

原田伊織著『明治維新という過ちー日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト(毎日ワンズ 2015)、アマゾンにレビューしてきました。


*   *   *   *   *

 

実は、軽い気持ちで読み始めた。司馬史観からは自由であるつもりだったから。しかし読み終えたいま、気持ちは重い。ぐさりとくるものがある。読み進むにつれて深く刺さってくるものがあったのだが、なんと言っても「第五章 二本松・会津の慟哭」がきつかった。ここ数年来逐いつづけてきた落合莞爾史観が絵空事、砂上の楼閣に思えてきた。歴史の「事実」として、言い換えれば「実存」として、こっちの方がずっとよくわかると思ってしまうのはどうしようもない。

《京の御所の塀が何故あのように低いかということに触れた。この一事が、この島国における天皇の存在を政治的にも精神文化的にも如実に表わしているのである,大和人であるならば、天皇のおわす御所に現実に弓を引くなどという発想は、まず出てこない。この点からも、口先で「尊皇」を唱える彼らが、その実、「尊皇」という真意など全くなく、単なる政治的テロリストとしてテロ目的達成のために天皇という存在を利用しようとしていたことは明白である。》(95P)
「口先『尊皇』」に思わず安倍首相が思いうかんだ。

《長州のテロリストたちが拠り所としたものは「水戸学」であり、そのリーダーたちはこれをうまく利用した。「尊皇攘夷」を呼吸するのと同じような頻度で喚きながら天皇と同義ともいえる御所を砲撃するという暴挙について、「形は足利尊氏でも心が楠木正成なら許される」といい放つ詭弁と傲慢さは、気狂い状態に達してしまった当時の長州人ならではのものであろう。そして、政権簒奪に成功するや否や、目を疑うような豹変を平然と行った。欧米を神のように尊崇したのだ。見事というほかはない。》(140P)
アメリカのジャパンハンドラーの手の内で詭弁を弄する「日本会議」に重なる。(菅野完著『日本会議の研究』のアマゾンレビューに「伊藤哲夫氏への異和」と題して書いた通り。)

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『田中角栄を葬ったのは誰だ』を読む  [政治]

田中角栄を葬ったのは誰だ.jpg「事実が語る『政治の究極』ドラマ」と題してアマゾンにレビューしました。

   *   *   *   *   *

『田中角栄を葬ったのは誰だ』は先ず以て、劣化しつづける日本の政治への警鐘である。ロッキード事件によって、民の暮らしに目線をおく田中角栄は葬られ、権謀の極み中曽根康弘は生き延びた。その結果するところ、日本のまっとうな自立の機会はいよいよ遠ざかり、アメリカにすり寄る功利の感覚の跋扈だった。著者の中曽根へのいらだちは激しい。
《確かに政治には綺麗事では済まされない面もあり、いちがいに非難するつもりはない。要は品性の問題なのだ。裏工作をしたことを平然と自慢し、人を編し出し抜いたことを、「凄いだろう」といって堂々と胸を張る中曽根康弘という人間の卑しさに、はっきりいって吐き気を催した。》(158p)
政治の世界において「品性」はいよいよ希少化しつつある。この著の意図を記したプロローグは《混迷する日本政治の腐食を剔挟する。それによって、健全な議会政治の復権を実現すること、これが私の願いである。》(10p)の言葉で締められる。

この著にはもうひとつ、著者が秘書として仕えた前尾繁三郎衆院議長の遺言に拠る主意がある。。
《「ロッキード国会で僕がどれほど悩んだか。平野君、君が知った事実や必要な事柄などを記録に残しておいてくれ。それが、田中角栄君に迷惑をかけた、せめてもの僕の思いだ」
 私が今回、『田中角栄を葬ったのは誰だ』を上梓した最大の理由は、この前尾さんの遺言であった。》
(10p)

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

青木理『日本会議の正体』を読んで [政治]

アマゾンにレビューしました。

   *   *   *   *   *

product rating stars以前青木氏の『トラオ』に五つ星をつけたことがあり、こんどは『日本会議の研究』の後塵を拝しつつどこまで踏み込んでいるか期待して手に取ったが、二匹目のドジョウ狙いの域を出てはいない。しかも、著者の「宗教性」「政教分離(⇔祭政一致)」についての理解が通念的であるためか表面をなぞるだけの記述になり、読んでいてさっぱり心が動かない。日本会議についての一般的知識を得るためならそれなりに読む価値があるかもしれないが。ただ、安倍総理に自ら育てた信念というほどのものはなくて「子犬(安倍)が狼の子(日本会議)と群れているうち、ああなってしまった」はきっとその通り。しかしその結果として国民(くにたみ)が「戦争のできる国」につき合わされるとしたら、そこで果しつつある日本会議の罪の深さ。日本会議を担う方々の善意を知るだけにつらい。そこに至らねばならぬ背景、構造を探ってほしかったというのはないものねだりか。国際的視野からの解明が俟たれる。

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

伊藤哲夫氏への異和(『日本会議の研究』を読んで) [政治]

昨日「風の谷のナウシカ」舟山やすえちゃんを書いたあと、『日本会議の研究』にとりあげられた重要人物のひとりである伊藤哲夫氏に読んでいただきたいと思い立ち、アマゾンにレビューしてきました。かなりの部分、昨日の記事とだぶります。

 

------------------------------


伊藤哲夫様

 

すっかりご無沙汰しております。伊藤さんが「安倍首相の筆頭ブレーン」として詳しく紹介されている『日本会議の研究』を読み、いろいろ懐かしく思い起こしております。15年ぐらい前のことですが、日本会議山形県支部発足の会で司会を務めさせていただいたこともありました。伊藤さんと最後にお会いしたのはちょうど10年前、平成183月の「立ち上がれ!日本」ネットワーク山形支部の設立の会合でした。あの時、伊藤さんのお話に異和を感じて質問させていただきました。「日本本来の保守の立場」とは何なのかを考えるきっかけになったものでした。その後の第一次、第二次安倍政権成立、伊藤さんの陰ながらの御尽力を思いました。とりわけ第二次安倍政権において繰り出される施策の数々に伊藤さんの熱い思いを感じ取っていました。しかし正直申し上げ、最後にお会いした時の「異和」の感じは膨れ上がる一方でした。


私たち世代はいろんな場で言いあい、議論をしたものでした。はじめっから丸く収めようなどとは決して思いませんでした。みんな言うだけ言いあえば、そこからおのずとひとつの道筋が見えてくる、けんか腰もありましたが、最後はちがいはちがい一致は一致でそれはそれ、たしかな魂のふれあいがありました。そうした言いあいの蓄積がひとりひとりの活力にも世の中全体の活力にもつながっていったのだと思います。

 

実はそうした思いからすると、施策のどうこう以前に、安倍首相の姿勢ががまんなりません。議論にならないというより前に議論しようとはしないのです。言いくるめる、はぐらかす、その場を切り抜けることしか考えていない。魂の在処がみえません。フクイチの現状を「アンダーコントロール」と言いくるめ、「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない」はずが、そんなことは忘れた振りでむしろTPP実現推進に様変わり、「経済第一」の行きつくところの軍事力増強、そのための安保法制、九条破棄、その先にあるのはいよいよ宗主国アメリカ様言いなりの「戦争のできる国」。「アベノミクス」「三本の矢」も所詮お題目、暮らしはさっぱり豊かにならず貧しさに向っているのが正直な実感、ごく一部の富裕層と残りの貧困層、中間層がぬけ落ちて二極化の進行です。伊藤さん、どっかで間違ったんじゃあないですか。かねて伊藤さんたちが唱えられ、私も共感していた「日本再生」どころか、大切な日本が足もとから壊れているんじゃあないですか。


伊藤さんを思い起こしながら2年前に書いた文章があります。


続きを読む


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

レーガン以来の歴史の流れ(Paul Craig ) [政治]

このところ、マスコミに載らない海外記事に目を凝らしています。とりわけPaul Craig 氏。この記事もどこかのコメント欄にメモっておこうと思ったのですが、大きな流れをつかむのにいいので、1本の記事にしておきます。


レーガン、パパブッシュによる米ソ冷戦解消、ドイツ再統一、しかしその後ネオコンと組んだクリントンによる冷戦再開、そこに起因する中露連携、そうした流れの中で翻弄される日本の現状、そうしたことがよく見えてきます。結語は、ヒラリー大統領候補に対する一刀両断です。(Paul Craig Robertsは元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者)


紹介の「海外記事」につづく、紹介者のコメントも大変興味深いです。元記事必参照


       *   *   *   *   *

マスコミに載らない海外記事


2016年4月19日 (火)


アメリカ・ネオコンは、いかにして平和に対する人類の希望を破壊したか    

 Paul Craig Roberts     2016年4月18日


ロナルド・レーガンが、ネオコンに背を向け、解雇し、連中の一部を告訴して、彼の政権はネオコンの悪の影響力から解放され、レーガン大統領は、ソ連のゴルバチョフ大統領と、冷戦終焉交渉をした。連中の予算、権限やイデオロギーが、核超大国、二国間の和平見込みによって脅かされるので、軍産複合体や、CIAや、ネオコンは、冷戦を終わらせるのに大反対だった。

私は関係者だったので、これを知っている。ソ連に冷戦を終わらせることに合意させるよう圧力をかけるべく、不振のソ連経済に、新たな軍拡競争の脅威をもたらすための経済基盤を作り出すのに、私はレーガンに協力し、CIAに対する召喚権限を持った秘密の大統領委員会の委員に任命された。秘密委員会は、レーガン大統領から、ソ連が軍拡競争で勝つだろうというCIAの主張を評価する権限を与えられていた。秘密委員会は、これは、冷戦とCIAの重要性を永続化させるための、CIAの手口だと結論づけた。

ジョージ・H・W・ブッシュ政権とジェームズ・ベーカー国務長官は、レーガンのゴルバチョフとの約束を守り、NATOは、一インチたりとも東に拡張しないという約束でドイツ再統一を実現した。

富を貯め込むことが人生の主目的である腐敗したクリントンは、冷戦を終わらせるのに、アメリカ合州国がした約束を破ったのだ。二人の傀儡大統領 - ジョージ・W・ブッシュとオバマは - クリントンに習って、アメリカ政府の支配をネオコンに奪われ、歴史が、世界に対する覇権を行使するようアメリカを選んだという傲慢と尊大を信じ込んで、すぐさま冷戦を再開した。

これはアメリカ指導部とともに失われた、世界人類の平和への好機だった。ネオコンの影響力の下、アメリカ合州国政府は、ソフト・パワーと、それに対し、アメリカの影響力が勝れたであろう、友好的生存へと世界を導く能力を投げ捨てたのだ。

ところが、ネオコンは世界を威圧と暴力で脅し、8か国を攻撃し、旧ソ連共和国で“カラー革命”を醸成した。

この狂った愚行の結果が、ロシアと中国の経済・軍事戦略的提携の出現だ。ネオコンの傲慢な政策がなければ、この提携は存在しなかったろう。ネオコンのアメリカ世界覇権という主張に対する反応であるロシアと中国との戦略的提携について、私が書き始めたのは十年前だ。


続きを読む


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

議員定数削減より議員報酬削減 [政治]

議員定数が問題になっている。7月の参院選もだが、あと1ヶ月で南陽市議選だ。定数17人。私が市議の時代は25人だった。そのあとどんどん減ってしまった。私は「議員定数は多いほどいい。議員報酬はまだまだ少なくていい。」が一貫した持論だ。議員定数が少なければ少ないほど、市民の声が反映されにくくなるというあたりまえのことがどうしてわからないのだろうか。議会を牛耳りたい者にとっては、議員定数が少ないに超したことはない。定数が少なければそれだけ議員が特権化する。3月に当選して6月に賞与が出た。ひと月の1.5ヶ月分だったろうか。その金額にたしか1.4が掛けられていて、思っていた金額よりずっと多いことに驚かされた。ありがたく押し頂いたが、そのことがずっと心にかかっていた。市役所職員の賞与額平均に合わせるための措置ということだった。染め屋の感覚からすれば、ずいぶん割のいいカネ取りと思えたものだった。

ここにきて世の中もようやく「定数是正」のいかがわしさに気づき始めたようだ。まず、222日の東京新聞。


   *   *   *   *   *


【私説・論説室から】

定数減は身を切る改革か

2016222日 

 衆院「一票の不平等」是正に合わせて、衆院議員の定数が十削減されることになりそうだ。消費税率引き上げで国民に負担増を強いる以上、国会議員が率先して身を切る必要がある、のだという。/ しかし、国会議員の数を減らすことが、本当に身を切る改革になるのだろうか。そもそも誰が身を切ることになるのだろう。/ 国会議員は「全国民を代表する」存在だ。その代表者を減らすことは、国民自身が身を切ることになる。本末転倒ではないか。 / 国会議員自身が身を切る必要があるというのなら、議員の「実入り」を減らせばよい。/  国会議員は歳費や期末手当、文書通信交通滞在費など、年間四千万円程度を受け取る。三人の公設秘書の給与を含めれば、議員一人あたりの経費は七千万円程度とされる。/ 議員を十人減らしても、削減効果は七億円だ。国会議員は衆参合わせて七百十七人。一人当たり年間千二百万円の文書通信交通滞在費を半額にすれば、四十三億円節約できる。この方がよほど身を切ることにならないか。/ さらに、共産党を除く各党は年間三百二十億円の政党交付金を議席数などに応じて受け取っている。一割減らせば三十二億円、いっそやめてしまえば三百二十億円の節約だ。/ 国会議員はなぜこんな単純なことに気付かないのだろう。それとももっと深いわけが? あるのなら聞かせてほしい。 (豊田洋一)


   *   *   *   *   *

つづいて、あいば達也さん「世相を斬る」の昨日の記事「●官僚達の犯罪! 鳩山に引導渡した外務・防衛の捏造極秘文書」から。(この記事全文も重要必読!)

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

黒江哲郎新防衛事務次官は宮内生れ [政治]

黒江哲郎.jpg昨日の山形新聞「この人」欄です。斎藤茂吉中林梧竹との関わりで何度か記事にした黒江太郎さんの二番目の弟、三郎さんの息子さんということは知っていましたが、山形市出身とばかり思っていたら、宮内生れだそうです。

   *   *   *   *   *

防衛事務次官に就任した 黒江哲郎さん(57)

 通常国会で成立した安全保障関連法の作成で、中心的な役割を担った。同法は9月30日に公布され、6ヵ月以内に施行される。防衛省として戦後の重要な転換点を迎えようとする中、1日付で防衛事務次官に就任した。
 防衛政策に精通し「北朝鮮、中国といった隣国の軍事的な動向、中東地域の情勢流動化など国際環境が厳しさを増している。わが国の平和と安全を守るため、これまでと同じアプローチでは不十分」と同法の必要性を強調する。安全保障政策の3本社として▽防衛力の整備と充実▽日米同盟関係の強化▽国際紛争の早
期解決—を挙げ、この実現に向けて司法整備に尽力した。
 自衛隊は現在、南スーダンで国連平和維持活動(PKO)に従事し、司法施行後は他国部隊員らを助ける「駆け付け警護」などが想定される。隊員のリスクが高まるとの懸念があるが、「この瞬間でも自衛官は有事と災害に備え、派遣されれば現場で命を懸けている。それぞれの現場には常に高いリスクがあり、事前の
情報収集で可能な限りそのリスクを低減することに努めている。この姿勢は変わらない」。関東・東北豪雨で自衛隊は2069人を救出した。
 1981(昭和56)年の入庁(当時は防衛庁)。山形銀行の行員だった父の実家が南陽市宮内で、就学前まで近くの借家で育った。その後は山形市に移住し、県立山形東高から東大法学部に進学した。妻聖子さん(57)は高校の同窓生。
 参院本会議で同法が成立したのは9月19日午前2時18分。それから約6時間後、沖縄から里帰りしていた長女が出産し、待望の初孫が誕生した。
 「とてもかわいいハンサムな男の子でした」。防衛官僚とは思えない柔和な顔が一層ほころんだ。

   *   *   *   *   *

テレビで見る顔は堅い顔ばかりでしたが、笑顔の写真でホッとしました。「北朝鮮、中国といった隣国の軍事的な動向、中東地域の情勢流動化など国際環境が厳しさを増している。わが国の平和と安全を守るため、これまでと同じアプローチでは不十分」と言う黒江次官、先輩の柳澤脇二氏や孫崎享氏のような柔軟性をもって事にあたっていただきたいと思いました。切に願わくば、小松(川西町)出身の遠藤三郎中将という先達軍人の精神をもぜひ汲み取っていただきたい。