So-net無料ブログ作成
検索選択

遠藤孝蔵さん葬儀参列、山栄さんを思う [弔詞]

遠藤孝蔵staffのコピー.jpg山栄(やまえ)さんこと、東の麓酒造有限会社々長遠藤孝蔵さんが19日に亡くなった。脳内出血とのこと。安らかなお顔だった。享年90歳。今年2月に奥様を亡くし、その納骨が14日の日曜日、その週の金曜日だった。葬儀が昨日28日。

 

娘さんが幼稚園からの同級生で、子供の頃から存じ上げていたが、当時からお顔立ちもそのまま、端正に淡々と一生を貫かれた。葬儀のお返しが「純米大吟醸 龍龍龍龍(テツ)」と「純米酒 東の麓」、共に純米酒で山栄さんらしいと思った。

 

葬儀会場の飾りが見事だった。白菊と紫の花(竜胆?)で残雪の雄大な吾妻連峰が表現され、その中に大きく白菊で「東の麓」のロゴ、中央にいつもそうだった山栄さんの笑顔の写真、葬儀社ナウエル渾身の作だったのだろう。

 

弔辞は46年間杜氏として山栄さんに仕えたという山田さんと、菩提寺護持会だけだったのが意外だったが、目立った公職などには一切就かず、いつうかがっても奥様と向かい合わせて事務所に居られ、ひたすら酒造りを思い、酒蔵を守って居られたことは、山田さんの弔辞を聞いても納得する。それでいて、心底から宮内を思うこと、山栄さん以上の人が思いうかばない。私が書いたものなどお持ちするたびにほんとうに喜んでいただいた。

 

思えば山栄さんは、私にとっては子供の頃から飛び抜けた存在だった。そういえば酒をご一緒する機会は一度もなかった。読書が好きだとどこかで誰かに聞いたようにも思うが、どんな本を読んで居られたかもまったくわからない。「淡々と、端正に、怒ることなく、笑みを絶やさず」、そうしてそのまま逝かれた。その心の中に入り込む機会はなかったが、宮内のほんとうにいいところを体現されていたように思う。それは山栄さんが育てた酒蔵東の麓の若い衆(「従業員」というのは似合わない)に引き継がれ、宮内人がどこに行っても自慢できる「東の麓」という酒とともに生き続ける、そう思う。

 

どうしても山栄さんのこと書いておきたかった。どうかお見守りつづけて下さい。ありがとうございました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山又さんへの弔詞 [弔詞]

8月22日、山又さんが亡くなった。6日目の葬式で、思い起こすことも多く毎日少しずつ書いていたらずいぶん長い弔辞になってしまった。将棋6段の腕前、何事も段取りのいい方で、戒名も告別式の会場も司会を誰にしてもらうかまでも決めておられたという。私が弔辞を読むことも段取りの中に入っていた。そうでないとしても、私にとっては当然読まねばならない人だった。


*   *   *   *   *


弔 詞


 山又さんこと、江口徳(のぼる)さん、享年九十六歳、自らに向っては数々の道を窮めること深く、外に向ってはその影響及ぼすこと広く、堂々たる人生を終えられました。

 静かであれば埃は立ちません。波立つこともありません。動けば動いただけ、埃も立ち、波も立ち、波紋も広がります。一生を振り返れば言い知れぬ多くのご苦労、ご心労もあったにちがいありません。まわりへの波立ちも多々あったにちがいありません。多くを果された後、昨年脳梗塞に襲われ、以来療養の日々を送っておられました。しかしお盆も過ぎた時、致命的とも言える誤嚥性肺炎によって回復の道を閉ざされ、最後を家でとの配慮からご自宅に帰られました。私が最後にお会いしたのが亡くなられる四日前、穏やかなお顔でした。枕元で和子ちゃんとしばらく昔話をして、「また来っから」とお別れしましたが、次にお顔を拝したのは旅立たれた後のことでした。すべてを祓い清め、穏やかに静かに旅立たれたように私には思えます。

 最後まで心に懸けていただきましたことに感謝しつつ、山又さんと重なる私なりの思い出を振り返らせていただきます。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大竹正弘さんへの弔詞 [弔詞]

昨日(7日)大竹正弘さんの葬儀で弔詞を読んできた。4月1日、仕事場で倒れていたのに家族が気づき救急車で運んだがだめだったという。最後に会ったのはいつだったか。工場の近くを通る度気になりつつ御無沙汰の数年だった。そのこともあって、報を知って弔詞の決心まで2時間ぐらいを要してそれから弔問に行った。2日のことだ。変わらぬいつもの顔に思えた。奥さんに「弔詞を読ませて下さい」とお願いした。葬儀まで時間があることもあって、いろいろ思い起こすこともあり長くなった。他の誰かと重複するようなところがあったら、端折ろうと思って臨んだが、弔詞奉読者の席に着いたのは私と地区長さんだけだった。私の後、同業組合の理事長さんが出られて原稿なしでの感極まる弔辞を捧げられた。あまり広くない会場だが、廊下まであふれてぎっしりだった。一見地味な人だったが、いかに慕われ信頼されていたかがわかった。40年近く前、お母さんが突然亡くなられた時もそうだったのだが、前日や数日前に会ったばかり、電話で話したばかりという人が、私が直接聞いただけで五指に余る。走りつづけて逝ってしまった。大竹さんにとって、現界と冥界の垣根は案外低かったのかもしれない。式場の最前列で遺影を見つめつつ、ずっとそこに居られるように感じていた。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高橋俊信さんへの弔詞 [弔詞]

新規作成、しばらくのご無沙汰だった。書きたいこと、書かねばならないことがいろいろあったのに、ここに書くためのまとまった時間が取れない。そうこうしているうちに、同じ町内高橋呉服店、高橋俊信さんの訃報。2年前から、肺が悪くなる病(ヘビースモーカー)で、ポータブルの人工呼吸でがんばっていたが、今年はじめから入院しての闘病だった。弔詞に書いたがほんとうにお世話になり、また気にかけていただいた。昭和7年の2月生まれ、満83歳の生涯だった。商売の跡を継ぐ息子さんの喪主挨拶、「悔いのない一生だったと思う」。

   *   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

母のたいせつな友人への弔詞 [弔詞]

母にとってほんとうにたいせつだった友人が、10月21日息をひきとり昨日葬儀だった。弔詞をと頼まれ、当然の務めと引き受けた。
弔詞は書くものではなくて書かされるものだと、このたびあらためて思った。享年90歳(大正13年生)。見事な一生を見せていただきました。それにふさわしい葬儀でした。

   *   *   *   *   *
     弔詞


 ひとかたならずお世話になり、常に心にかけていただいた○○○○様に対し、謹んでお別れの言葉を申し上げます。

 私の母が一足先に旅立って三年半が過ぎました。私の母にとって、山又さんのばあちゃんは、昭和二十七年、できたばかりの宮内幼稚園に私が和子ちゃん、晴ちゃんと共に通うようになって以来、生涯にわたって、共に笑い、共に涙し、共に励まし合った、かけがえのない、たいせつななたいせつな友人でありました。いつもせき立てられるように走り回っていなければ気が済まない私の母に対して、しっかり大地に根を下ろした大樹のようにいつも変わらず悠揚たる山又さんのばあちゃんの存在からはいつも、「つぎちゃ、そげに気もまねごんだ。」というメッセージを受け取っては、我に帰らせていただいていたのではないかと思います。「山又さんはほっとする。」そんな母の言葉が今でも聞こえてくるような気がします。

 同じ嫁務めでも、豪快奔放なおじいさん、ほとんど病の床に臥せるおばあさんに仕えながら、山又製材所の大所帯を陰で支えるそのご苦労は私の母の比ではなかったはずです。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

KH君への弔辞 [弔詞]

10月25日、中学の時の同級生のKH君が亡くなった。ご主人とともに老人施設におられる担任の遠藤先生にお報せしたところ、先生も参列してくださったのはほんとうにありがたかった。先生にとってはずっと気になる生徒だったのだと思う。

    *   *   *   *   *

   弔 辞

 運転している君と車同士ですれ違って、一瞬だったが久しぶりに相変わらずの君の姿を見て、ほっとしたのが十日ぐらい前のことでした。それから間もなく、あまりに突然の訃報、あてにされても「がんばれ」という以外、何の役にも立つことができなかった不甲斐ない自分を省みつつ、逝ってしまった君の顔を拝しました。穏やかないい顔でした。がんばってがんばって生き通して果たし終えた顔にも見えました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

千葉繁さんへの弔詞 [弔詞]

5月5日、商工会青年部の時代、共に行動した先輩が亡くなった。昭和17年生れ68歳。書籍も扱う大きな文房具店だったのだが、時代の波に乗り切れなかったのに加えて、連帯保証も重なって自宅も手放し、晩年はアパート暮らしだった。先輩からも後輩からも「ヤマチョー」「ヤマチョーさん」と慕われていたが、晩年は病気もあって人との交流はほとんどなかった。弔詞もわたし一人だけだった。一つの時代が幕を下ろした、そんな思いである。

    *    *    *    *    *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大和久晃君への弔詞 [弔詞]

かけがえのない友人を亡くした。6月2日の夕から姿を消し、翌朝亡くなっているところを発見された。昨日が告別式。用意された壇払いの後、仲間と夜遅くまで痛飲。通夜の晩もだったが、最近こうした酒飲みの機会がなくなっていた。大和とこういう機会を作っていればと悔やまれてならなかった。大和久晃。享年54歳。しかし、やるだけやって、彼らしく完結させた生涯だった。法名 一観晃道居士。

 

続きを読む