So-net無料ブログ作成

うれしい川勝平太知事誕生 [選挙]

私には一筋の光明が見えてきたように思えたうれしいニュースだ。

「富国有徳論」(紀伊国屋 1995)を引っ張り出してきた。

≪新しい社会をになう日本人をどのように形容すればよいでしょうか。男性、女性を問わず、世俗にあって廉直な心を持続する者のことを「士」、豊かな物の集積を「富」と名づければ、新日本の建設のために、両者を兼ね備えた「富士のごとき日本人」こそ、めざすべき新しい日本人、いや、とり戻すべき本来の日本人の姿でしょう。≫(『提言・富国有徳の国づくり』)

これほど骨太なビジョンがあろうか。「廉直」という言葉がいい。「心が清らかで私欲がなく、正直なこと。」という。日本の政治がもう忘れかけていたものだ。15,000票という僅差の勝利。日本が日本であるために首の皮一枚でつながった。川勝氏は今の日本、われわれの世代の中で最も優れた知性と思えていた。雑音に惑わされず、静岡に”日本の理想”を実現するために邁進されることを心から期待したい。そしていずれその成果を国政に。あせらずあわてずじっくりと。

あらためて「富国有徳論」を読んでみることにします。

 


市議選についての感想 「史上最低の投票率に思う」 [選挙]

 3月23日の市議選のあと書いた文です。「週刊置賜」に載せてもらうつもりでしたが機を逸してしまい鮮度が落ちたのでここに載せておきます。

   *   *   *   *   * 

 久しぶりの市議選、六人が落選という激戦にもかかわらず、八年前の前回に比べて投票率が3.33ポイント下回る77.63%という結果だった。「やっぱり」と納得した。振り返れば今回の選挙ほど低調な選挙はかつてなかったのではなかろうか。史上最低の投票率はその結果と考えるべきである。

続きを読む