So-net無料ブログ作成
検索選択
宮内よもやま歴史絵巻 ブログトップ
前の10件 | -

「宮内よもやま歴史絵巻」28年度版 [宮内よもやま歴史絵巻]

◎「日本ハム」草創を担った宮内ゆかりの人々 

 

 いまや売上高(連結)一兆二千億円を越す日本ハム株式会社、創業者大社義規(おおこそよしのり 1911-2005)と共にその礎石となったのは宮内に縁ある人たちでした。

 日本ハムファイターズの初代オーナーで野球の殿堂入りも果している大社は、生家の没落により旧制高松高等商業学校を中退、叔父が経営する 徳島の養豚組合へ就職します。当時(昭和9年 1934)について日本経済新聞の「私の履歴書」(昭和59年 1984)にこう記しています。
《組合には、現在日本ハムの専務をしている鈴木茂雄君がいた。彼は私と同い年で、香川県から派遣されていた稲葉育男技師の甥だった。山形県の中学を出てから叔父を頼ってはるばる四国に来ていたもので、組合では私より二年先輩である。彼が、豚を気絶させるお手本をみせてくれた。さすがにうまいもので、必中である。彼とは誕生日が一日違いということもあり、すぐに仲良くなった。》

 稲葉育男は中川村中山の出身で宮内粡町稲葉亮三郎の兄、妻は粡町中山家の出。置賜農業を卒業後、ハムづくりの先駆者ローマイヤに学び、香川県でその技術を伝えていました。大社社長の右腕として副社長を務める鈴木茂雄は宮内菖蒲沢の出身、宮内高校鈴木隆一先生の弟です。昭和17年(1942)「徳島食肉加工場」が、大社が営業、鈴木が製造の責任を担ってスタートします。戦争による中断の時期を経て昭和23年再開、《工場再開には、鈴木君が、私のたっての願いを聞いてくれ、はせ参じてくれた。彼は故郷の山形で入隊したが、戦後はまた元の養豚組合に復職していた。製造技術に明るい彼が協力者として来てくれたのは、何よりも心強かった。》(同右)二人三脚での再スタートでした。

 昭和26年(1951)には「徳島ハム」となり、昭和29年(1954)大阪工場建設を皮切りに全国展開、飛躍の時代を迎えますが、その工場建設の先陣役が高畠泉岡出身の武田昭二郎。稲葉を頼って四国に渡り、戦後徳島工場再開時からの叩き上げ、大阪、下館(茨城県)、酒田、旭川、八戸等全国各工場の礎を築きました。粡町中山家に嫁いでいる姉の縁で稲葉につながります。妻は粡町高岡家の出です。

 なお、藤沢周平は「日本加工食品新聞」の編集長を十年も務め、日本ハムの成長をつぶさに見守ってきた人でした。大社が語った文章があります。《実は、藤沢さんとは、彼が作家になる前からの古い付き合いだ。1961年に、山形県のハム会社に資本参加した時に、食肉業界紙の記者五、六人を山形に招待したところ、山形出身で郷土の話を切々とされる記者がおられ、非常に強い印象を受けた。それが藤沢さんだった。・・・当時から作家になりたいと言っておられ、仕事の合間に小説を書いては、雑誌に投稿されていたことを覚えている。藤沢さんが初めて小説で賞を取った時も、直木賞をもらった時も音頭を取って祝いの会を開いた」〈談〉(「日経ビジネス」1994) 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

横山大観がモチーフにした「相生の松」 [宮内よもやま歴史絵巻]

1-相生の松.jpg

粡町商店街「歴史溢れて光り輝く街づくり」事業は、平成28年度南陽市商店街まちづくり活性化推進事業補助金をいただいての事業で、なんとか年度内完成を目指してがんばっている。「よもやま歴史絵巻」、今回も10枚作製に挑戦中。そのうちの一枚「日本一の相生の松」を作成中、大発見があった。その経緯。


「妹背の松 長部功」.jpg

《日本には男女和合のめでたい松としていくつかの「相生の松」がありますが、双松公園の相生の松は、姿においても大きさにおいても日本一と言っていいすばらしい松です。夫婦相生の松として「妹背(いもせ)の松」ともよばれ双松公園の名の由来となりました。


 昭和三十年代、当時東大名誉教授であった植物学の権威本田正次博士が枯れ死寸前のこの松を見て驚かれ、博士自らすぐ県に連絡して天然記念物に指定されたといわれます。その後婦人会や地元の方々の献身的な手入れによって今の姿に回復したのでした。


 この松にまつわる伝説もいくつか伝えられており、古来この松に願えば縁むすびに効験があると云われ、代々寺子屋を開き琴平神社の神主でもあった長部功が歌にしています。
  


  結ばんと思ふえにしはわが里の妹背の松に祈れ諸びと   


(この歌は宮内岳鷹会の持ち歌のひとつ。10年前、10周年記念での構成吟「美(うま)し地(くに)みやうち」の中にある。平岳謙先生に節調をつけていただいた。)


大観「相生の松」.jpg

このブログにも相生の松については何度か書いているので、それをまとめればいいと思ってここまで書いてきて、何の気なしに「相生の松」で画像検索したら、横山大観の「相生の松」を発見。なんとこれ、ここの相生の松ではないのか!?


ちなみに双松公園の「相生の松」は樹齢350年、たまたま大正8年発行の「宮内案内」口絵写真に、当時の相生の松の写真があった。大観の絵は東側から見た構図だが、写真は西側から。

相生の松 大正8年.jpg

宮内よもやま歴史絵巻にも、横山大観については「横山大観と多勢亀五郎」がある。横山大観は大正から昭和にかけてしばしば漆山の金上製糸に長逗留している。その間、漆山の金上の屋敷の中でじっとしていたわけではない。酒を飲むにも当時隆盛を極めた宮内の料亭が多かったにちがいない。双松公園まで足を運んで相生の松を目にしなかったはずがない。(それに当時公園に上るにはわが家の前を通るしかなかったはず。)あたりまえのこのことにあらためて気づかされて、にわかに大観が身近な人に感じられるようになった次第。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「文学碑のある風景 佐佐木信綱」(山形新聞28.4.28) [宮内よもやま歴史絵巻]

佐佐木信綱 山新280428.jpg

やまがた 文学碑のある風景 佐佐木信綱

民間歌人初の宮中の歌会始選者

他界した弟子しのぶ


 南陽市宮内の双松(そうしょう)公園は、春に多くの桜が咲き、6、7月にはバラが来園者を楽しませる憩いの場だ。公園の坂道を車で上る。フロントガラスをピンクの花びらが彩る。広場に着き、木を見上げると、少なくなった花を目当てに大きなハチたちが飛び回っている。青空から降り注ぐ強い日差しに、手をかざした。


 山のうへに朝の光のてりみちて金色の水かがよひにほふ


 歌人・国文学者の佐佐木信綱(1872〜1963年)が、光あふれる穏やかな情景を詠んだ歌碑が、公園内の琴平神社にある。佐佐木は第1回文化勲章受章者。1947(昭和22)年に斎藤茂吉、窪田空穂らと民間歌人初の宮中の歌会始選者を務めた人物だ。佐佐木と宮内地区にどのような関係があったのだろうか。

 同地区の粡町商店街が作った「宮内よもやま歴史絵巻」などによると、佐佐木の弟子に宮内出身の須藤るい(1890〜1961年)がいた。るいは、吉野石膏の創業者須藤永次(1884〜1964年)の妻で佐佐木が主宰する短歌結社に入会、歌道に精進した。静岡県熱海市の佐佐木宅と須藤夫妻の住まいが近く、交流があったのだという。そうした縁で、宮内地区には須藤家別邸、長谷観音、琴平神社に計四つの歌碑が建てられた。

 琴平神社には、双松公園の環境整備など郷土の発展に多大な貢献を続けた須藤夫妻の胸像が立っている。その傍らに、他界したるいをしのぶ佐佐木のもう一つの歌碑。


 ありし世にわが背守リましきみづから乃よになき今も吾せまもる刀自


 宮内地区の街並みを望む神社の石段に桜が舞った。(報道部・鈴木悟)


   *   *   *   *   *


関連記事です。

宮内よもやま歴史絵巻「佐佐木信綱と須藤るい」

「新春宮内歌碑めぐり」

吟行「置賜の詩心を訪う」

 

5月4、5日が琴平神社、魚籃観音の祭禮日です。粡町、久保、足軽町、横町、仲ノ丁の五町内で行います。私が中学3年生の時(昭和38年)に始まった子供神輿も、今年は子供の数が少なくなって、とうとうトラックの荷台に載せての渡御になってしまいました。40年前に始まった粡町共栄会も平均年齢もう70歳。5月4日の夕方、今年も売店を出します。気分は40年前と変わりません。

1-DSCF2893.JPG2-DSCF2895.JPG3-DSCF2899.JPG

6-DSCF2915.JPG須藤るいさんの生家、山崎家。昨年解体されて今は更地。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宮内よもやま歴史絵巻展 開催中 [宮内よもやま歴史絵巻]

2-DSCF3744.JPG1-DSCF3742.JPG宣伝が遅れてしまいましたが、11月1日から30日まで宮内公民館で「宮内よもやま歴史絵巻展」を開催しています。粡町通りに飾っているものを2/3に縮小したものです。22枚中18枚ぐらいですが、その場でほとんど全部見れます。さっと見るだけならそれだけですが、2時間ぐらいかけて熱心に読まれた方もあったそうです。公民館で芳名簿を用意してくれました。ぜひご記入下さい。3-DSCF3731.JPG26年版よもやま歴史絵巻チラシ表.jpg26年版よもやま歴史絵巻チラシ裏.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北条郷熊野の夏まつり [宮内よもやま歴史絵巻]

今日26日、朝6時からのの後片付けと慰労会とで、今年の夏まつり、獅子冠事務所全日程が終わった。夕食後一眠りしたのだがまだ身体にはアルコール分が残っている。とりあえずパソコンに向かうと、「『北条郷』熊野の夏まつり」の終了に合わせたかのように、今日届いていた■■ 国際派日本人養成講座 ■■が「北条氏の仁政」だった。この北条郷には、まさにその北条氏のミーム(文化遺伝子)が流れている。うれしくなって本気で読んだ。「宮内よもやま歴史絵巻」のひとつとして、「『北条郷』の由来」を今年つくったばかりだった。

1「北条郷」の由来.jpg 

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『羽前国置賜郡宮内村 金幣山照明寺縁起』 [宮内よもやま歴史絵巻]

照明寺縁起.jpg
菅野昭彦さんが照明寺様に依頼されて作成していた『照明寺縁起』が届きました。副題に「400年の歴史と地域の宝である秘仏を探る」とあります。以下、目次です。

巻頭言
写真特集 石仏石碑にみる照明寺の歴史
写真特集 照明寺の秘仏〜五十年ごとに開帳〜
第1章 歴史を紐とき照明寺の誕生を探る
第2章 二百年前の文書に「秘仏」が紹介
第3章 源信と平維盛の伝説の秘仏のご開帳
第4章 江戸初期の地図に載る照明寺
第5章 明治時代の照明寺再興の願い 
第6章 今後も宮内の寺であり続ける 
謝  辞

A4判フルカラー36ページ、写真が豊富に入っており、多くの人に照明寺に関心をもっていただくきっかけになります。何よりも物証のある平維盛伝説というのがすごいです。本格的な歴史的検証に発展してゆくことを期待したいです。その土台となる本の誕生を喜びたいと思います。

「宮内よもやま歴史絵巻」に『平維盛伝説』として取り上げています。『照明寺縁起』はそれをさらに詳しく掘り下げています。

以下が「よもやま歴史絵巻」の『平維盛伝説』です。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この師ありてこそ 田島賢亮 [宮内よもやま歴史絵巻]

肖像.jpg

いよいよ「宮内よもやま歴史絵巻」26年度版全10枚作成に本腰をと思っていたところに、齊藤喜一さんが『田島房子小文集』というのを持って来てくれた。田島房子さんは田島賢亮の奥さん。賢亮が宮内小学校で小学3年の房子(佐々木)を担任、「この子を妻にしたい」とひそかに思いつづけて11年、ついに結婚、13歳年下。実にむつまじい夫婦だったようだ。この本に、斉藤さんの伯母さんが田島先生に恋いこがれて花を届ける様子が描かれている。田島先生、もらった花はすぐゴミ箱に捨てたようにこの本にはあるが、斉藤さんが聞いているところによると、田島先生も満更ではなかったらしい。ともかくこの小文集を読んで、田島賢亮を語らずして宮内文化は語れないと思い、昨日図書館から借りてきたのが私家版『追想 田島賢亮』。一通りながめて、次の文章をどうしても留めておきたくなった。

 

《   「教育は感化」

         (緑丘中学校PTA会報 昭30・3・15

 以前「教える」という言葉が使われました。私には不満足であります。たとえぱ、親孝行とはかくすべきだと教えることは誰にでも出来ます。けれどもこれだけでよいものでしょうか。戦争後には「指導する」という言葉が使われるようになりました。これも不満足です。こうして親孝行をしなさいと指導すること誰にでも出来ます。けれどもこれだけでもよいものでしょうか。

 私は、教育は「感化」であると信じております。自分自身が親孝行でなけれぱ、子供を孝行の人に感化するわけには参りません。感化は理屈ではありません。理屈などは、子供自身が先刻知っております。わかっておるのに理屈を並べるから、子供はますますいやになるのです。


 教師や大人に純情があり、熱情があり、若々しい鋭い感性があり、けがれない良心があり、同感があれぱ、必ず子供は感動を受けます。感動のないところに、感化はありません。教育は人間との共鳴に出発すると存じます。》(『追想 田島賢亮』昭和61年)


それを書き出しに「宮内よもやま歴史絵巻」の文章をつくってみた。題して「この師ありてこそ 田島賢亮」。

 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

「よもやま歴史絵巻 金山編」(2)勝景の地 金山郷 [宮内よもやま歴史絵巻]

知られざる勝景の地 金山郷

平成2年に「南陽市商工会報 かがやき」に書いた記事です。当時、宮内・赤湯・和郷の3商工会が合併して間もなくで、広報委員をやっていました。そういえば、みんな結構楽しく張り切ってやっていたのですが、突然何の断りもなしに解任されていました。いささかの報酬も出ていてそれを貯蓄していたはずなのですが、それもどうなったのか。どうもトップの意向に逆らうような編集になったのが原因だったと思われますが、当時はいちいちかかずらうのも面倒でそのままになっていたのを今思い出しました。四半世紀も前のことです。以下、取材を重ね、張り切って書いた記事でした。


龍の口明神.jpg

宮内から小滝街道を北上して最初の集落、金山地区の中ほど右手田んぼの真ん中に、数本の木立に守られた古社龍の口明神かある。岩肌をのぞかせて周囲を睥睨(へいげい)するかのごとき山容を見せる七瑳古山(ななさこやま)を背景にしたその小さなたたずまいは、日本の原風景そのものとも言えそうな趣かある。御祭神は市杵島姫命。創建は文応元年(1260)と伝えられる。御祭日は十月十五日。金山片岡の高橋武雄氏ら六人の氏子によって守られている。

 現当主武雄氏、代々七兵衛の名を継ぐ高橋家は南陽でも有数の旧家である。家系譜によると、小四位源朝臣頼親七代の孫三宮蔵人長親末流、源長安で高橋石見守、代々会津の芦名家に仕えていたが、不遇だった長安は世を遁れ勝景の地を探り、松島・南部・象淘・山寺を経てこの地に居を構えたと伝えられる。それが今からおよそ五百年前。つまり勝景の地を求めてついに採し当てたその土地がまさにわが北条郷金山の里であったのである、この地か松島、象潟、山寺をも凌駕しうる勝景の地たる所以(ゆえん)は一体何処にあるのだろうか。

 その一つの答えは高橋家でお話を伺い玄関を出てふと前方を見上げた時に見つかった。そこには正面から拝する七瑳古山の「あっ!」と声を上げさせるばかりの見事な姿があったのてある。そういえば、十月のご祭日毎に来られる熊野大社の北野猛前宮司が、口を極めて七瑳古山紅葉を賞でておられたという話を今聞いたぱかりだった。これまでの金山に抱いていたイメージからは到底考えられない風景の発見であった。 

12 龍の口明神相関図.jpg

  もう一つの笞えは、かつては高橋家の耕地の真ん中に位置していたという龍のロ明神にある。

 社の東側にかつての小滝街道が農道として残っている。村山盆地長谷堂から入って幾つもの山を越え谷を抜けてきた旅人にとって、この明神様はあと一息の一服の場所にいかにもふさわしい。明神様から前方を見ると、平館の城跡を左右からいとおしむかのように東西の稜線が心地よく置賜の平野へと吸い込まれ、その先、晴れた日には米沢の斜平山、そしてさらには、栂峰への起伏に富んだ連なりを望むことかできる。ちょうど母親の胎内から世界をのぞき見るような、入間の原初の記憶に通ずるともいえる風景なのである。見て飽きさせぬ、しかもなんと安定した構図であることか。

 そしてこの位置にも、秘められた謎がある。

 まず、この明神様と吾妻の最高峰西吾妻山とを結ぶと、ぴったりその直線上に戸塚山古墳のある米沢の戸塚山頂が重なり、赤湯の稲荷森古墳と飯豊山頂とはこの位置からぴったり60度の角をなし、さらに小松の、天神森古墳と大朝日岳山頂とはこれまたぴったり90度なのである。置賜盆地から望むことのできる三大高峰と盆地内三大古墳との、龍の口明神を介したこの不思議な関連には一体どんな意味が隠されているのだろうか。

 因みにこの金山地区は、金が発見される以前には、神山(かみやま)郷とよばれていたそうである。》


続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「よもやま歴史絵巻 金山編」(1)色部氏 [宮内よもやま歴史絵巻]

知られざる勝景の地 金山郷.jpg

昨日、金山公民館の「元気塾」で「よもやま歴史絵巻 金山編」ということで話してきました。金山地区は、平成2年に「商工会報かがやき」の連載シリーズ「ロマンを探る」で金山地区について書いた時以来思い入れのある地区です。その後、飯山からのつながりで尾崎の歴史に関わることになり、さらに大河ドラマ「天地人」で直江兼続への注目からその義弟色部光長につながって、また金山への思い入れが深まったのでした。それだけに館長からの講話依頼はうれしかった。おもしろいことに、準備しているうちに金山出身の写真家菊地晴夫氏にたまたま行きあたって、思いがけなくも美瑛町と金山地区が「勝景の地」ということでつながり、「スマート・テロワール」で締めくくることができました。資料はそれなりに用意したものの、例によって感覚先行で話してしまうのでどこまでうまく伝わったか。話したことをふりかえってみることにします。


間際になっての心づもりとしては、金山地区と関わった色部氏の歴史に流れる傑出した特異性、今思いついていうと、そのDNAにひそむ「倫理性」あるいは「美学」のようなものに光をあてて見ることと、金山地区を「勝景の地」として自覚してもらえるようになればいいなあということでした。その視点であらためて整理してみます。


続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

童謡「ナイショ話」/結城健三と結城よしを [宮内よもやま歴史絵巻]

ナイショ話 結城よしを.jpg
昨日の山形新聞の「やまがた名詩散歩」は
井上達也さんが書かれた「ナイショ話」だった。これから10枚つくらねばならない「宮内よもやま歴史絵巻」のひとつに結城よしをを考えていたところだった。宮内こども園(旧宮内幼稚園)で新聞の話をしたら、NHKが「ナイショ話の番組をつくるので」ということでこどもたちの様子を撮って行ったとのこと。11月28日午後6時10分すぎに放映なるそうです。「ナイショ話」の碑除幕の時に宮内幼児園児が「ナイショ話」を歌ったその時の写真がある。平成2年(1990)10月26日、結城健三さんが挨拶しておられる写真だ。
1-ないしょ話碑除幕.jpg
「宮ばしらのかげより我の稚児舞を見ていたまひし母が恋ひしき」。昭和46(1971)年建立の健三歌碑。
3-IMGP6978.JPG
その手前に息子よしをの碑が建てられた。
2-IMGP6991.JPG

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 宮内よもやま歴史絵巻 ブログトップ