So-net無料ブログ作成
検索選択
神仏混淆 ブログトップ

出羽三山開祖蜂子皇子御尊像拝観記 [神仏混淆]

蜂子皇子チラシ.jpg
9月25日、熊野大社神道会主催の蜂子皇子御尊像拝観旅行に参加してきました。総勢21名、日頃から身近かで気心の知れたメンバーが多く終始和気あいあい、出発間もなくからのアルコールの勢いも手伝って楽しく賑やかな一日でした。昼食時に「ケネディ大使、27日米沢へ」のニュースが飛び込んで、その対応にバタバタさせられましたが、それも忘れられないいい旅として思い出に残るためのアクセントになると思います。
1-DSCF2206.JPG
01-DSCF2204.JPG
宿坊の並ぶ手向(とうげ)地区に着いたのが9時半前。事務局でプランナーのOさん、時間計算を間違えていたようで1時間ほど早くついてしまいました。待ってるはずだった案内役の神林さん、あわてて車で駆けつけます。
20年以上前に2446段という石段を登って参拝したことがありましたが、今回はマイクロバス1400円の羽黒山有料道路で一気に神社境内へ。そのため国宝五重塔はパス。
案内役は宿坊で単独宗教法人格をもつ三山大愛教会の三代目神林さん。教会を設立した初代、神林茂丸さんが平成15年に亡くなって、県職員から転身して坊としての仕事を引き継いだそうです。年間60日は栃木、茨城、福島にある羽黒講をまわる営業活動。毎年1000人ぐらいの宿泊客を受け入れるとのこと。昼食に先だって教会でお祓いしていただいた2代目のお父さんは元羽黒高校の先生です。
1-DSCF2209-001.JPG
2-DSCF2207.JPG
商売柄、やはり幟に目が行きます。34の院と坊の名が記されています。いずれも宿坊を営んでおられる山伏の家柄と思われます。
午後からは晴れに向いましたが、午前中小雨模様で時折強くなることがありました。全体が靄(もや)っています。神々しい中に法螺貝の音が響いてきます。
3-DSCF2210.JPG

続きを読む


神仏混淆 ブログトップ