So-net無料ブログ作成
としょり園 ブログトップ

サービス付高齢者向けマンション [としょり園]

大石田 友企画.jpgこのブログをはじめて間もない2006年6月に「収入のない高齢者が不安なく老後を過ごせるにはどうすればいいか」の記事を書いたことがありました。そもそもあの記事を書くことになった当該土地はあの当時のまま、建物もいつ崩れてもおかしくない状態で放置されています。私にとってたいへん気になることの一つです。

さて、今朝の山形新聞に左の記事。「おっ」と思ったのでとりあえず貼付けておきます。詳しくいろいろ調べてみたいです。

   *   *   *   *   *

賃貸料最大4万円補助
大石田の友企画 駅東口にマンション建設

 互助会の友企画(大石田町、星川澄男会長)はJR大石田駅東口に、サービス付き高齢者向けマンション「レインボーヒルズ」を建設した。子育てや新婚世帯、一般世帯も入居可能。国の地域優良賃貸住宅制度を使い、賃貸料について国と町が折半で入居者に最大4万円を補助する。同町によると、この制度の活用は県内初。友企画は22日から入居者募集を開始する。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

「老後破産」への備え [としょり園]

928日放映のNHKスペシャル 老人漂流社会「老後破産の現実」が関心を集めています。3人へのインタビューを軸に構成された番組です。今朝たまたま約50分、メモを取りつつ見入ってしまいました。番組の最後は「決して他人事ではない現実です。」の言葉で締められていました。


NHK特集(老後破産の現実 他人事ではない)(NEVADAブログ) NHKスペシャル 老人漂流社会「老後破産の現実」
http://www.asyura2.com/14/hasan90/msg/649.html


1.

東京港区のアパートで独り暮らしの男性83才。23年間勤めたビール会社を脱サラして飲食業を始めるも倒産。2ヶ月で20万円弱の年金。アパート代が月6万円。安いアパートに移ろうにも引っ越し資金がない。


ここ数日冷麦しか食べていません。食事の時間はひとり。訪ねてくる人もいません。緊急の事態に見舞われても、頼る人もいません。


かつて社交的だった田代さん、今の暮らしを知られたくないと人付き合いを避けるようになりました。


「金がなかったら、誰も見向きもしてくれませんよ。友達はいなくなるだろうし。ということは。接することが嫌ですよね。人に接するということがものすごく嫌ですよ。だからそういうものを避けなければならない、はじめから。そういうのがいちばんつらいですね。」


「まあやることやったんだから、早く死にてえなあ。まさか自殺するわけにはいかないしね、だけどほんとうに、早く死にたいというのがホンネですね。苦しみやいまの不安がなくなる、不安をなくすためには死んじゃった方がいいなあと思う。」


続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

収入のない高齢者が不安なく老後を過ごせるにはどうすればいいか [としょり園]

われわれも老後について考えねばならない年代になってきました。「収入のない高齢者が不安なく老後を過ごせるにはどうすればいいか」、このテーマで考えてみる機会がありました。まとめたものの一部を掲載しておきます。ご意見ください。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
としょり園 ブログトップ