So-net無料ブログ作成
検索選択
伊達政宗 ブログトップ

「伊達氏と上杉氏」展と岩出山行 [伊達政宗]

このところ「伊達氏」づいている。そもそも1011日の宮内地区地区長会研修を岩出山に決まっていたところに、ちょうどいいタイミングで、上杉博物館で「伊達氏と上杉氏」特別展


109日、特別展に行ってきた。4時少し前だったが賑わいは残っていた。とりわけ「洛中洛外図」の原図展示とあって、その前は二重の人だった。あらためて米沢の文化歴史遺産のすごさに脱帽。


上杉博物館で「伊達氏」が正面切って取り上げられたことには特別の感慨がある。かつてこう書いた


《思えば置賜に住む人間の置賜観が大きく変貌したのは、昭和62年の大河ドラマ『独眼竜政宗』の放映がきっかけだった。実はそれまで、政宗がこの地で生まれ、秀吉の命によって岩出山へ移される25歳まで過ごしたことを知っている人はごくわずかの歴史好きに限られていたといってもいい。南陽市の観光課職員も外からの問合せではじめて、政宗が置賜に縁あることを知ったという話があったほどだった。そしてそのわけを、上杉氏による伊達遺風一掃政策が400年近くこの置賜を支配していたからと(小川弘先生に)聞かされ、なるほどと思った。たしかに言われてみれば、この地で「だでごど」といえば良からぬことを指す。それが「伊達事」を指しているのだと言う。同じ意味合いで「うだで」とも言うので、古語の「うたてし」とどう関わるかの問題もあると思うが、それにしても置賜人の記憶から伊達の記憶があれほどすっぽり抜け落ちていたのはたしかに異様なことだった。鷹山公が養子としてこの地に入り、政宗公両親の墓地のあまりの荒れようを見て驚かれ、隣地の者に墓守の役を任じたという話も伝わる。この地に在る者には当たり前であったことも、外から入った鷹山公からみれば明らかにおかしく思えたのだろう。》


館山城跡が国史跡に指定されたことを記念しての開催で、どれだけ頭に入ったかはおぼつかないが、一通り解説も目を通しながら1時間以上かけてまわってきた。私の中でも置賜に於ける伊達の時代がそれなりにイメージとして定着したように思う。多くの国宝を抱える博物館としての矜持のゆえと思うが、解説文章のレベルが高く、なかなかすっと頭に収まらないのはしょうがないのだろうか。


岩出山研修記念RGB.jpg

そして昨日11日、岩出山への視察研修。特に公式の訪問等はないので出発間もなくから御神酒をいただきながらの和やかなバスの旅。着いた頃は大分出来上がっており、とにかく先ずは城山公園の伊達政宗公立像前にみんな揃って、相馬市からというご夫婦にシャッターを押していただきました。伊達と相馬は対立の関係だったとご主人が話してくれました。


たしかに、

陸奥相馬氏(中村相馬氏)は、・・・(戦国時代)武勇に秀でた当主が続き、更に独立心が旺盛で、現在の米沢宮城県を領する伊達氏や、現在の茨城県北部を領する佐竹氏に対しても一歩も引かなかった。伊達氏とは小高と中村の双方に目を配らせて30回以上におよぶ戦闘を重ね、たびたび苦杯を舐めさせている。やがて伊達政宗が現われ南奥州の諸大名が悉く政宗の軍門に降った時も、相馬義胤は敗れたとはいえ独立を維持し、伊達氏と戦う意地を見せた。そして天正18年(1590年)、豊臣秀吉小田原征伐に際し豊臣方について本領を安堵された。(ウィキペディアhttps://ja.wikipedia.org/wiki/相馬氏)とありました。ただし、伊達氏と相馬氏のこんないい話もあるようです。

伊達政宗、相馬領を通過・いい話


祝日の翌日とあって休館が多い中で、刀剣専門の中鉢美術館に入り、説明を聞きながらじっくり日本刀を観ることができました。あらためてパンフレットを見ています。東北のすごさを思わされるいい文章ですのでコピーしておきます。


続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
伊達政宗 ブログトップ