So-net無料ブログ作成
mespesadoさんによる1億人のための経済講 ブログトップ
前の10件 | -

mespesadoさんの経済談義(6)どうやったら物価(賃金)は上昇するか [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

染屋の仕事もデジタル化したことで、手作業の時代に比べ格段に生産性が上がったにもかかわらず、時間的余裕はできたが、どうも「豊かになった」という実感が伴わない。手作業時代と同じ価格であれば儲かってウハウハなのかもしれないが、楽になった分価格は当然下がる。価格を決めるのも、昔は自分の商圏内だけで判断して通用していたのが、今はそうはいかない。「安い」情報がどんどん入る。染物のデジタル化に移行し始めて20年近くなるが、この間ずっとデフレマインド。価格もずっと据え置き、どころかぎりぎりまでの安さの追求。「値上げできる雰囲気」が待ち遠しい。
*   *   *   *   *
453:mespesado : 2018/05/26 (Sat) 13:40:58 host:*.itscom.jp
 経済学の用語に「フィリップス曲線」というのがあります↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B9%E6%9B%B2%E7%B7%9Aフィリップス曲線2009-05-21.gif 「縦軸にインフレ率(物価上昇率)、横軸に失業率をとったとき」のグラフをフィリップス曲線というのですが、これが右下がりの曲線、すなわちインフレが強くなるほど失業率が減少する、というのがフィリップス曲線に関する経験則です。で、その理屈は「期待インフレ率が上昇すると、名目賃金には硬直性があるため、実質賃金(=名目賃金/予想物価水準)が低下する。完全雇用が達成されていない短期においては、この労働力価格の低下を受けて雇用量が増加し、失業率が減少する。」のだそうです。
 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

mespesadoさんの経済談義(5)農水省も同じ穴のムジナ [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

食糧自給率0105f5770f1b225a70dedddf9edfa2cc.jpg日本の「食料自給率」は、他の先進国に比べてほんとうにそんなに低いのか。世界標準は「生産額ベース」なのに日本の農水省は、ことさら低く見せるために「カロリーベース」で計算しているとの指摘。目からウロコです。

下記記事がありました。

日本の食料自給率「カロリーベース」の裏のウラ 正直、こんな指標は農業政策に無意味だhttps://www.sankei.com/premium/news/150504/prm1505040004-n1.html

康江ちゃんがアメノウズメの神様の役割を果すには自らをも斬る覚悟が必要、とのmesさんからの御指摘のように読めました。

*   *   *   *   * 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

mespesadoさんの経済談義(4)康江ちゃーん、読んでくださーい! [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

与党も野党もごった混ぜになって、そしてそこから日本人の共通意思が自然(じねん)と醸されだす。そんな希望が見えてきます。 


*   *   *   *   * 


396:mespesado : 2018/05/23 (Wed) 22:56:09 host:*.itscom.jp
 元民進党参院議員の金子洋一氏のブログから
 
私が野党の党首ならこんな経済政策を掲げます
http://blog.guts-kaneko.com/archives/689 
> もし今このタイミングで野党の党首だったらどういう経済政策を掲げる
> だろうかというのは頭の体操としてとても興味深い問いだと思います。
 
という自問のもとで、
 
> 『金融緩和については拡充。財政政策については緊縮政策を離れる。成
> 長戦略については金融緩和の果実を利用する』というスタンスであるべ
> き
 
> 今、必要なのは増税ではありません。経済を回復させて、将来も安定し
> て働ける職場を増やし、家計の赤字を黒字に変える経済政策が必要です。
 
金融緩和は加速させなければなりません。
 
> 野党も胸を張って金融緩和を推進すべき
 
> 総額50兆円以上のファンドを創設。教育・子育ての無償化をはじめ、次
> 世代エネルギー開発、現状でも混雑・不足しているインフラ整備を大胆
> 拡充するなど、わが国経済の将来の成長を促すための投資ともいうべき
> 政府支出を増やします。(中略)このファンドは現在の歴史的な低金利
> を利用し、超長期国債を原資の中心とした国債の追加発行でまかないま
> す。
 
> 2014年4月の消費増税分約8兆円については、これまで約1/5しか社会保
> 障の充実・強化にまわされていませんでしたが、その配分を改め、全額
> 社会保障の強化にまわし、借金の返済には流用しません。

 
> 黒字化を口実とした理念なき財政支出削減は行いません。支出の削減に
> より、景気が悪くなるということもさることながら、将来の世代に対す
> る子育て支援、収入に関わらない公教育、生活の基盤となるインフラ整
> 備が真っ先に切り捨てられてしまい、わが国の将来が危うくなるからで
> す。
 
> 予算編成の中での、各省庁からの減税や新規施策要望の際に、査定当局
> が同額の事業削減を強制する「ペイ・アズ・ユー・ゴー原則」によって、
> 新規施策も往々にして看板の掛け替えに終わり、政策効果を削いでしま
> っています。これは戦略的な予算編成のためには有害無益であるため、
> 閣議決定を持って廃止します。
 
> 家族の年齢構成と所得に応じた「給付つき税額控除」(負の所得税)、
> 教育・子育ての無償化、生活保護の適用範囲拡大など所得再配分などの
> われわれの生活に密着した各種施策を同時に実施します。
 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

mespesadoさんの経済談義(3)「放知技感覚」 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

現在の国際政治の見方の基本が示されています。「放知技感覚」と言っていいと思います。私自身「放知技」板の議論に学ぶことで身につけた感覚です。結論は「パワー・ポリティクスの時代」などとんでもない、「真の国際協調が可能となった時代」であるといえると思うのです。そういう意味ではリベラルがよく揶揄される「世界市民」的理想に実は近づいていると言えるのです。》です。昨晩の議論、飯山御大(232)への堺のおっさんの反応(235)《激しいせめぎあいの果てに出てくるのは、結局、新時代の大東亜共栄圏構想。それもロシアまで巻き込むスケールアップした途轍もない構想。アジアの繁栄を予見させます。また、これによりロシアでのネオコンの影響力が弱まり、プーチンの基盤が盤石になるなら、真にアメリカからアジアへ覇権の移行が完遂することとなります。トランプも安心してモンロー主義を前面に打ち出し、アメリカの再建に着手できるでしょう。その流れは、中東にも及びます。》に通底します。ウヨクサヨクは言うに及ばず、国境をも超えて広がる雄大雄渾の世界が見えてきます。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(1)  コメント(9) 

mespesadoさんの経済談義(2)本格的「財政出動」への期待 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

「これからの日本経済はどうあるべきか」の道筋が、1990代以降のこれまでの流れをふまえた上で、見事に示されます。本格的「財政出動」への期待が膨らみます。必要なところには金は惜しみなく行き渡る世の中になるはずです。いい時代です。これからは、クヨクヨケチケチせず、思いっきり夢を描く能力が問われます。若者がんばれ!おれたちもまだまだがんばるぞー!

*   *   *   *   *

191:mespesado : 2018/05/13 (Sun) 11:05:40 host:*.itscom.jp
>>189
 私の手元に野口旭氏の『アベノミクスが変えた日本経済』という本があります。この第1章は、日本の「失われた20年」と呼ばれる大不況時代をどのように克服しようとしてきたかを巡る歴史を振り返りながら、最後に登場したアベノミクスの効用を説明しているものですが、その中から一部を引用しておきましょう:

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

mespesadoさんの経済談義(1)「限界費用ゼロ社会」に向かっている [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

mespesadoさんに3年前に書いた記事に注目していただきました。安倍評価の見直し前、安倍批判の時代の記事です。たまたま「そもそも供給過剰社会で物価上昇はない」と書いていたことに目をつけていただいたのですが、このことをしっかり認識できるようになったのはmespesadoさんから指摘していただいてからのことでした。今回の議論も理屈だけの理解で満足するのでない、目配りの利いたmesさんらしい議論でよく納得させられました。「伊東氏は一点、ある現象を見逃しています」以下の議論です。

*   *   *   *   *

189 名前:mespesado 2018/05/13 (Sun) 07:22:13 host:*.itscom.jp
 私が定期的に読みに行っている、例の「めい」さんの過去記事(2015年1月13日付)に次のような書評記事があります:

伊東光晴「アベノミクス批判―四本の矢を折る」を読む
http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2015-01-13
 その中に、次のような記述があります:

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 

mespesadoさんによる1億人のための経済講座Ⅲ(最終回) よくわかる「mes理論」の基本 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

これまで『「アベノミクス」の真相』(浜矩子 日経新書 2013)、『この経済政策が民主主義を救う』松尾匡 大月書店 2016)、『アベノミクスによろしく』(明石順平 インターナショナル新書 2017)の書評として展開されてきた「mes理論」のいちばんの基本・眼目・エキス・アルファでありオメガが、初めての人にもわかるように語られる「1億人のための経済講座」にふさわしい最終回です。mespesadoさん、ありがとうございました。(あとで読み返す時のために、傍線感覚で太字にさせていただいています。ご了承下さい)

*   *   *   *   *

899:mespesado : 2018/05/03 (Thu) 21:00:16 host:*.itscom.jp
>>799
 さて、『アベノミクスによろしく』第7章すなわち財務省の洗脳ストーリーへの反論の「回答」です。もう答なんか知ってるからもういいよ、という方も多いと思いますが、実はこの連載を『アベノミクスによろしく』のレビューで参照してもらおうと思っているので、初めての人にもわかるように一応説明しておきます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 

mespesadoさんによる1億人のための経済講座Ⅲ 番外編(6)文部科学委員会質疑(30.2.28)  [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

「衆議院議員 安藤ひろし 平成30年3月28日 文部科学委員会質疑」見終えて思わず拍手。必見です。
まず前半は、文科省との間で「世界大学ランキングを上げるために外国人教員を増やす、そのために日本人研究者の教員枠が削減されるというのは本末転倒」「研究者の研究に充てる時間、2002年46.5%が2013年には35%に減少」「安定的研究資金の確保がないために、若手中堅研究者に短期の成果が求められ、長期的展望に立った独立した研究ができない」といった問題点を指摘し、鈴鹿医療科学大学 豊田長康学長 による「運営費交付金削減による国立大学への影響・評価に関する研究」 から、「各大学とも外部資金の獲得等に努力してきたが、運営費交付金削 減の法人化による代償効果は、附属病院を除いては限界に達し、 交付金削減がそのまま教育・研究機能や組織の縮小として反映さ れるフェーズに入っている。」等の指摘を引用して、20:30からいよいよ財務省官僚との問答。財政破綻の定義を問うことから始まりますが、財務省の逃げ腰明らかな早口、まるで答えになってない。昨年8月南陽市に於ける財務省による国民洗脳研修会」を思い出しました。財務省自身「日本経済の強固なファンダメンタルズを考えると既に低過ぎ、更なる格下げは根拠を欠く」「日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない」とする「外国格付け会社宛意見書」(平14.4.30)に基づく質疑です。

「放知技」板、以下のやり取りを通してこの質疑を知りました。
*   *   *   *   *
 

続きを読む


nice!(1)  コメント(1) 

mespesadoさんによる1億人のための経済講座Ⅲ(12) 「国の借金が増えすぎて破綻する」論w [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

明石氏の主張は、財務省の「国の借金が増えすぎて破綻する」論そのままです。《今年から来年にかけて,日本は,リフレ派 対 消費税増税派の熾烈な闘いになるでしょう.》とは飯山御大の発言(3/1)ですが、mespesadoさんの以下の整理で「消費税増税派」の考え方があらためてよくわかります。
*   *   *   *   *
798:mespesado : 2018/04/30 (Mon) 20:55:49 host:*.itscom.jp
>>781
 いよいよ明石順平『アベノミクスによろしく』も残すところあと2章となりました。とはいえ書評を書く側としては、第5章の「データに基づいており一見尤もだが、著書で引用されている以外の情報を参照すれば実はウソとわかる話」と、第6章の「個々の論点は特に誤りではないが、労働環境のそもそも論に立ち返るとそういう次元での問題ではないとわかる話」が、書くのに一番骨が折れたし汗もかいた部分です。
 これに比べると、残りの2章は、すでに私だけでなく、高橋洋一氏や田中秀臣氏やもりちゃんさんやら多くの論者が既に指摘しているように、容易にウソと分かる話ですので、軽く流したいと思います。
 ではまず第7章「アベノミクスの超特大副作用」について。
 タイトルはやたらケバケバしいですが、内容は「国の借金が増えすぎて破綻する」論です。すでにここ放知技の読者にとっては演習問題にすらならないレベルの「終わった話」ですが、一応内容を紹介しておきます。
 

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

mespesadoさんによる1億人のための経済講座Ⅲ(11)「労働」について④ 賃金の問題 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]


*   *   *   *   *

793:mespesado : 2018/04/30 (Mon) 13:03:44 host:*.itscom.jp

>>792
 ↓労働問題について、分析は鋭いが、結論に疑問を感じた記事。

「同一労働同一賃金」の本質とは何か?
https://bowgl.com/2017/10/26/equal-pay-for-equal-work/

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - mespesadoさんによる1億人のための経済講 ブログトップ