So-net無料ブログ作成
検索選択

400年くすぶる課題解決(遺恨解消)に向けて [地元のこと]

宮内の根底にくすぶる歴史問題がある。安部右馬助による嵐田左近闇討ち事件である。遡ることほぼ400年前の出来事が今も尾を引いている。

 

慶長3年(1598)、この地を直江山城守兼続が治めることとなり、直江に近い(母の実家)尾崎重誉が熊野の森の北、宮沢城に入る。どういう事情か、尾崎は半年そこそこで福島に去る。しかしその家臣の幾人かはこの地に関わりつづけ、現在の宮内の基礎を造ったのが嵐田左近であり、安部右馬助である。それまでは宮内の中心は熊野の森の背後、宮澤城のある今の菖蒲沢だった。信州飯山から移った、信玄謙信の流れを汲んで土木に長けた一統は、吉野川の水に着目、金山に堰を築き宮内の町に水を流し込み、その先に田地を開いた。近代になって宮内は製糸の町として稀に見る隆盛を誇る。その名残りが100年の歴史を重ねた菊まつりだ。

 

太々神楽百周年パンフ.jpgしかしどうもすっきりしない、何か事あると表面化する影がある。それがこの闇討ち事件だ。熊野大社太々神楽奉奏100周年に向けた動きの中での協賛金集め、その中でまた浮上した。いつか解決したいとずーっと思っていた。この際押し込めずに出してしまった方がいい。そういう思いで、「宮内文化史資料」第8集から「嵐田口伝記 全」をがんばって読み込んだ。薄れかかっているガリ版文字だが、89歳という嵐田源作翁の思いが伝わって一気にできた。ここからどんな展開が待っているかわからないが、400年来の課題解決に向けた第一歩でありたい。

 

*   *   *   *   *

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「パラダイムシフト」体験 [舟山やすえ]

舟山やすえ国会報告会290507.jpg地区長として理事を務める琴平神社のお祭りが昨日で終り、年度末から新年度、怒濤のような酒浸りの毎日もようやく一応一段落。身体もなんとか持ちこたえて今日明日手帳に何もない、じっくり「宮内よもやま歴史絵巻」に取組もうと思っていたら、明日7日のやすえちゃん国会報告会のチラシが届いていた。「森友疑惑・共謀罪・PKO問題等、参議院国会論戦の先頭で堂々と自公政権と闘う舟山やすえ参議院議員の報告会を開催いたします。」主催は「平和とくらしを守る南陽市民の会」。しかし私の中ではトランプ大統領の登場以降、まさに思考の激動変転を日々余儀なくされ、振りかえればいわゆる「パラダイムシフト」体験をさせられてきたわけで、今回のチラシを見る限りやすえちゃんは、はるか遠くに見る存在になってしまっている。そんな折の「放知技」板、mespesado さんの文章になるほど。


       *   *   *   *   *

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高橋富代論文「アメリカよ、日本を打つならまず自らの手を清めよ
~幾多のお吉たちへの鎮魂歌~ 
 」 [日本の独立]

高橋富代dscn0700.jpg安倍総理をまっすぐ見れるようになったところで下記論文に出会いました。思えば、「従軍慰安婦」問題は、ある意味私の原点です。高橋富代さん、よく書いてくれました。いちいちうなづかされつつ読みました。はじめて知ったこともあります。下田市議会議員を、途中落選の経験も経て3期、副議長も務められました。4期目は不出馬を決意、東京に移り住み、現在専業主婦のかたわら、尾崎行雄記念財団・咢堂塾の運営委員として「政治夜話」の講師として活動。議場では、「凛と、毅然と」が信条だったとのことで、その意気が文章から伝わります。「拡散希望」とあったので、そのまま転載させていただきます。 

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山口敬之『総理』 安倍批判がどこまで的を得ているか、その反省を迫る本 [政治]

『総理』.jpg山口敬之『総理』、アマゾンにレビューしてきました。五つ星です。

 

実は『暗闘』を先に読んだ。それはそれで『総理』発刊以降の情報、トランプ、プーチンとどう向き合って来たかについては貴重だが、先ず『総理』を読むべきだ。

 

*   *   *   *   *

 

安倍批判がどこまで的を得ているか、その反省を迫る本

 

日本という国を想うならば、先ずもって読むべき本だった。国家の最前線が描かれている。「まえがき」に本書の第一の目的が《至近距離で目撃してきた安倍晋三と安倍政権のキーマン達の発言と行動を詳らかにし、読者に「宰相とはどんな仕事か」「安倍晋三とはどんな人物か」「安倍政権はどのように運営されているか」を広く知っていただくこと》(17p)とある。読み終えて、たしかにその達成を納得した。

 

物事をほんとうに知るということは、その物事の内的必然性を理解するということである。おのれの価値判断を優先させた「知ってるつもり」で物事を批判してみても、批判される物事にとってはせいぜい「五月蝿(うるさ)い」だけだ。私も安倍批判を重ねてきたが、はるかな遠吠えでしかなかったことを思い知らされた。おのれの安倍批判がどこまで的を得ていたか、その切実な反省が迫られる。


nice!(1)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「宮内よもやま歴史絵巻」28年度版 [宮内よもやま歴史絵巻]

◎「日本ハム」草創を担った宮内ゆかりの人々 

 

 いまや売上高(連結)一兆二千億円を越す日本ハム株式会社、創業者大社義規(おおこそよしのり 1911-2005)と共にその礎石となったのは宮内に縁ある人たちでした。

 日本ハムファイターズの初代オーナーで野球の殿堂入りも果している大社は、生家の没落により旧制高松高等商業学校を中退、叔父が経営する 徳島の養豚組合へ就職します。当時(昭和9年 1934)について日本経済新聞の「私の履歴書」(昭和59年 1984)にこう記しています。
《組合には、現在日本ハムの専務をしている鈴木茂雄君がいた。彼は私と同い年で、香川県から派遣されていた稲葉育男技師の甥だった。山形県の中学を出てから叔父を頼ってはるばる四国に来ていたもので、組合では私より二年先輩である。彼が、豚を気絶させるお手本をみせてくれた。さすがにうまいもので、必中である。彼とは誕生日が一日違いということもあり、すぐに仲良くなった。》

 稲葉育男は中川村中山の出身で宮内粡町稲葉亮三郎の兄、妻は粡町中山家の出。置賜農業を卒業後、ハムづくりの先駆者ローマイヤに学び、香川県でその技術を伝えていました。大社社長の右腕として副社長を務める鈴木茂雄は宮内菖蒲沢の出身、宮内高校鈴木隆一先生の弟です。昭和17年(1942)「徳島食肉加工場」が、大社が営業、鈴木が製造の責任を担ってスタートします。戦争による中断の時期を経て昭和23年再開、《工場再開には、鈴木君が、私のたっての願いを聞いてくれ、はせ参じてくれた。彼は故郷の山形で入隊したが、戦後はまた元の養豚組合に復職していた。製造技術に明るい彼が協力者として来てくれたのは、何よりも心強かった。》(同右)二人三脚での再スタートでした。

 昭和26年(1951)には「徳島ハム」となり、昭和29年(1954)大阪工場建設を皮切りに全国展開、飛躍の時代を迎えますが、その工場建設の先陣役が高畠泉岡出身の武田昭二郎。稲葉を頼って四国に渡り、戦後徳島工場再開時からの叩き上げ、大阪、下館(茨城県)、酒田、旭川、八戸等全国各工場の礎を築きました。粡町中山家に嫁いでいる姉の縁で稲葉につながります。妻は粡町高岡家の出です。

 なお、藤沢周平は「日本加工食品新聞」の編集長を十年も務め、日本ハムの成長をつぶさに見守ってきた人でした。大社が語った文章があります。《実は、藤沢さんとは、彼が作家になる前からの古い付き合いだ。1961年に、山形県のハム会社に資本参加した時に、食肉業界紙の記者五、六人を山形に招待したところ、山形出身で郷土の話を切々とされる記者がおられ、非常に強い印象を受けた。それが藤沢さんだった。・・・当時から作家になりたいと言っておられ、仕事の合間に小説を書いては、雑誌に投稿されていたことを覚えている。藤沢さんが初めて小説で賞を取った時も、直木賞をもらった時も音頭を取って祝いの会を開いた」〈談〉(「日経ビジネス」1994) 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「置賜力」を考える  [メモがわり]

「置賜力」を考える     

南陽市更生保護女性会 平29.4.21 於 えくぼプラザ 

はじめに

○「置賜力」

山形県産の清酒をGI(地理的表示)指定まで高めたレジェンド的存在である山形県工業技術センター所長
小関敏彦さんが置賜出身であることを知った驚き(昭和31年、川西町大塚生れ。米沢興譲館高を経て新潟大学農学部農芸化学科卒)。

吉本隆明が米沢高等工業卒であり、井上ひさしが小松生れであり、ますむらひろしが米沢生れだった!

 

置賜観の転換

○上杉でなく伊達の視点への発想の転換(小川弘先生に聞いた「伊達遺風一掃政策(伊達事=悪い→「だで」「だでごど」の語源)」)

興譲館中学校校歌作詞/五十嵐力
 作曲/弘田竜太郎)

盆地米沢狭けれど
山には飯豊、吾妻山/川には松川、鬼面川/前には武道の不識公 /後には文道鷹山公 /自然に祖先にめぐまれし/
この恩寵を忘るるな /
興譲中学、興譲中学、学生我等」

・宮内中学校旧校歌 (作詞/結城哀草果 作曲/久木原定助)

南に開く国原/吾妻嶺と呼び合う飯豊/置賜は四季美しく/青ぞらにいらか輝き/晴れやかにサイレンひびく/学校は知徳満ち満つ/来よ、来よ、来よ/共に学ばん」

置賜人にとっての置賜観を変えたNHK大河ドラマ『独眼竜政宗』1987

伊達政宗が愛して止まなかった置賜25歳までこの地を拠点として成長した伊達政宗は、秀吉により岩出山への移封を余儀なくされた。それから23年を経た慶長19年(1914)、徳川幕府の命により越後高田城築城総裁として出向の帰途、次の歌を残している。)

   故郷は夢にだにさえ疎からず現になどかめぐり来にけん

  (夢に見ることしばしばであった故郷置賜、その地にいまこうして足を踏み入れるときが来ようとは)

  越方の思い旅寝のふるさとに露おきまさる草枕かな

  (越後での築城の工事を終えての帰途、思い出の故郷での旅枕にしきりに涙があふれてなりません)

  ある時はあるにまかせて疎けれど無きあとを訪う草枕かな

  (この地に居たときは在ってあたりまえと思っていたことも、この地を離れて旅人として来てみると、

   在ったものが無くなってしまっていることの何という切なさよ)

○置賜に於ける寺社山岳配置の妙の発見

○「21世紀、置賜は世界の中心となる!」1991

○直江兼続が主人公のNHK大河ドラマ『天地人』2009

○「江戸時代の2000藩主の中でぜひ大河ドラマに取り上げてほしい藩主・上杉鷹山公」(磯田道史・林修/2016

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

埼玉県白岡市の獅子博物館から [熊野大社]

獅子表紙.jpg3月30日のこと、獅子宿の渋谷さんが、埼玉県白岡市の獅子博物館の高橋裕一館長とフランス国立ケ・ブランリー美術館のジュリアン・ルソーさんと共に、熊野大社の獅子頭を見せて欲しいということでおいでになった。齊藤喜一頭取と鈴木信一総取締役と私とでご案内した。獅子博物館については10年以上前になるが、南陽市教育委員会の吉野一郎文化係長(当時)から聞いていた。ネパールに熊野大社の御獅子様のように頭に鏡が入ったものがあったということで、その写真をいただいたのだった。そこの館長さんということで、吉野さんのことを覚えておられ、私も初めてではないような親しみを感じた。その館長さんが作製された詳細な報告書が一昨日届いた。熊野大社についても多くのページが割かれてあり、貴重に思え転載させていただく。

「はじめに」で、今回の経緯がよくわかる。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一触即発? [現状把握]

「放知技」板からです(太字は引用者)。不気味な風音》が不気味です。


*   *   *   *   *


989:堺のおっさん:

2017/04/17 (Mon) 22:46:43host:*.ocn.ne.jp

今夜の大阪は嵐。不気味な風音がする。

気が付けば、アメリカは北朝鮮に引きずり込まれてしまった。

ペンスもまた、アメリカが主導権を持っているように錯覚しているが、

金正恩にうまく誘導され、板門店で脅しの啖呵を切ってしまった。

「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」なのだが、

情報戦でも自信満々のアメリカは北朝鮮(および旧瀋陽軍区)の

軍事的実力を見誤っており、必勝の前提で作戦を立案すると思われる。

もはや、アメリカは開戦する選択しかないと思われる。

そしてシリアのように、必ず、短期決戦の奇襲作戦を実行するだろう。

それを誘発させるのは金正恩の腹一つ。

この戦争、すでに主導権は金正恩が握っている。

後は、開戦の引き金となる核実験のボタンを押すだけだ。


991:飯山一郎
:2017/04/17 (Mon) 23:37:41host:*.ocn.ne.jp

>>987

アメリカという国家には,「使命感」はあっても,「国益観」はありませんでした.

それぞれの「衆」=勢力が,勝手放題に自己利益を追求して,ブン獲れるだけブン捕ってくる.

インディアン狩り,ゴールド・ラッシュ,最近ではイラク,リビア…等々,みな収奪し放題でした.

「共産主義との闘い」,「民主主義」.世界中で「アメリカの使命」を掲げて,ヤッてきたことは略奪行為.

アメリカ合衆国は,口では民主主義を説教しながら,強盗をはたらく,「説教強盗」のような国家でした.


「国益」らしきものも,「偉大なアメリカをつくる」といった抽象的で空虚なものでしたが…

国家社会の全体が疲弊し,劣化し,デフォルトする間際になって,トランプが出てきて…

内需拡大,インフラ整備,貧困化停止などなど具体的な政策をもった「アメリカ・ファースト政策」.

この「アメリカ・ファースト」政策こそ,実現すべき「国益」といえるものでした.


しかし,その「国益追求」も,今や風前の灯(ともしび).

またもや戦争屋勢力が抬頭し,勝手放題に自己利益を追求しはじめました.←いまココ.


なお,北朝鮮に対する要求というのは,「核ミサイル開発を止めろ!」ですが,これは大義名分でしかなく…

実態は…


戦争屋勢力(マクマスター)がトランプ政権を牛耳って…

中東と東アジアを緊張状態にして…

軍産が儲かる構造を維持しつつ…

あわよくば,北朝鮮をリビア化し,国富収奪を図り…

可能なら,中国を分断させ,分割統治したい!

と.


以上です.>ちょっこしさん.


992:飯山一郎
:2017/04/18 (Tue) 00:22:39host:*.ocn.ne.jp

>>989

堺のおっさんは↓↓さすがに読みが深いです.

>この戦争、すでに主導権は金正恩が握っている。

>後は、開戦の引き金となる核実験のボタンを押すだけだ。

すべては,金正恩(33)の胸ひとつ,ハラ次第,と.

しかも今回は,ロシア・中国・旧瀋陽軍区が,金正恩を全面バックアップ.


いっぽうのアメリカは…

電磁波ジャミングで北朝鮮の軍事力を麻痺させれば,2時間で勝負がつく!

軍事力・軍事技術では,アメリカが圧倒的に優勢!

あとは,いつヤルか?だ.

こ~ゆ~↑↑自信たっぷりの見方,考え方をする学者,政治家がほとんどで…

アメリカが北朝鮮に負ける!とは,誰一人思っていません.


ベトコン=南ベトナム解放民族戦線に完敗した!という記憶は,忘却の彼方.


だっから!

北朝鮮が38度線近くの韓国の村に毒ガスを撒いた残酷な写真を…

いつも一緒にいるイヴァンカ・トランプ親子に見せながら…

「電磁波ジャミングで北朝鮮軍を麻痺させれば,2時間で勝負がつきます!」

と,マクマスターとクシュナーに言われ…


残酷な画像を見たイヴァンカが…

「パパ!これはヒドすぎるわ!金正恩は悪魔だわ! パパがヤッつけて!」

と,涙をポロポロ流して,泣きながら,父親のトランプに訴える…


すると,クシュナーが…

「オヤジ,ヤッちゃいましょ!
日本,韓国,いや世界中がオヤジを賞賛します!」


そこへマクマスターが…

「大統領!いま! 北朝鮮が金正恩の命令で,水爆実験を強行しました!」


*   *   *   *   *


以上をまとめたのが、↓これ 

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ツチヤタカユキ『笑いのカイブツ』 [小田仁二郎]

笑いのカイブツ.jpg

こういう世界もあるのか、とリテラの記事で知った。アマゾンのレビューに《あふれんばかりの情熱を文章のなかに感じました。心動かされる最高の作品です。》とあって衝動買い。届くや、忙しいのに一気に読まされた。


読みつつなぜか小田仁二郎を思いうかべていた。なんとなく、宿題としてずっと気になっている『にせあぽりや』の世界のような気がしていた。このところ書いてなかったアマゾンレビューを書きたくなって、なぜ小田仁二郎と重なるかをさがしているうち、『塔の澤』に思い至った。このくだりは他のところにもあったし、たしか寂聴さんも書いている。(とりあえず『場所』を注文)


塔の澤.jpg文学者53.jpg『塔の澤』は、昭和29年下半期直木賞の予選候補作だった。手元に初出の「文学者53」がある。その後活字になったものかどうか。


以下、レビュー。


*   *   *   *   *


続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「詩人の会」の余波? [メモがわり]

錦三郎先生は「詩人の会」開催メンバーのひとりだった。昨日の山形新聞「気炎」で、その錦先生の歌が大岡さんの「折々のうた」に二回取り上げられていることを知ってうれしかった。「詩人の会」がきっかけとなったお二人の交流があったのかもしれない。


*   *   *   *   *


大岡信さんの詠進歌

 

 大岡信さんが5日、亡くなった。大岡さんは詩人、評論家として大活躍されたが、大岡さんと我々普通人とを結んだのは全国紙に6762回連載された「折々のうた」であっただろう。古今東西の多彩なジャンルの詩歌を取り上げ、180字ほどの寸評をそえたこのコラムは詩歌の魅力と言葉の持つ力に目を開かせてくれた。

 この「折々のうた」に父の短歌が2回登場した。初回は〈孫娘二人相和し唱ふこゑ「恋に生きたい二人です」ああ〉。大岡さんは、「独特の瓢逸昧」「何の気兼ねもないよさ」と評した。2回目は〈和同五年陸奥よりわかれし出羽の国その境界も大らかなりき〉。この時は「専門歌人臭がないところが貴重」「おっとりした歌い口が、そのまませせこましい現代生活への批評となっている」と論評した。

 父は中央歌壇に名を轟かせた歌人ではない。それなのに大岡さんはどうして父を厚遇したのか、不思議だった。その疑問が解けたのは丸谷才一さんのエッセー「歌会始に恋歌を」読んだ時だった。

 このエッセーは、大岡さんがある年の歌会始の儀(題は「幸」)の召人になり、〈いとけなき日のマドンナの幸ちゃんも孫三たりとぞeメール来る〉という歌を詠進した話から始まる。丸谷さんはこの歌を「歌会始の歌の詠みぷりに対する果敢でしかも粋な批評があ

る」と感心する。大岡さん自身も、歌会始という厳粛なしきたりに従順にしたがう気はないという態度の表明としてこの歌を提出した、と語っているという。日本文学の中心にあるのは和歌であり、そのまた中心にあるのが天皇の恋歌であるとする丸谷さんの持論を適えた歌でもあった。

 大岡さんの歌には何の気兼ねもない。専門歌人臭もない。現代生活への批評を含んでいる。大岡さんが父の歌を評価した理由がよく分かった気がした。(天見玲)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感