So-net無料ブログ作成
検索選択

目からウロコ「世界恐慌が起らない理由(わけ)」 [現状把握]

4月に、スティグリッツ教授「1000兆の国債は相殺すればゼロになる!」という提言をメモっています。そこでこう書いていました。《失笑(?)を買うこともあるが、「トランプ大統領の登場以来世の中が明るくなった」といろんな場で言っている。私の周囲には、ああしたい、こうしたい、そういう希望を持つことの大切さが漲(みなぎ)り始めている、そんな気がする。これまで70年生きてきて、この感覚は初めての体験だ。そんな中、今朝読んだ記事がこれ。「1000兆の国債は相殺すればゼロになる!」、なーんだ、そうだったんだ、「なにも後顧の憂いなく”希望”を語っていいんだよ、”いい世の中”を目指していいんだよ」。イハトビラキのまっただ中、そう思いたい。》

そして今朝の放知技板、「もう世界恐慌は起らない!」の議論に納得。要するに世界恐慌も、ネオコンの影響力後退の中では神話になりつつあります。/なので、ネオコンが大復活しない限り、世界恐慌は起こりません。》そもそもネオコン以外の誰かが損する範囲でしか恐慌は起きない》のです。そしてこう付け加えます。また、戦後は日本という便利なお財布があったので、その必要もなかった。/その流出資産、3000兆円とも!! 世界恐慌よりも儲かりまんな。》「株式投資は合法的な商い」として日本人の発想の転換を迫るフジさんの議論も貴重です。目を醒した日本には明るい未来が待っています。

ちなみに「ネオコン」とは世界を統一し自分たちに都合の良い世界を作ろうとしているグローバリスト・金融資本主義者を指します。ネオコンについてよくわかる説明があります。→https://sites.google.com/site/uranenpyou/home/neo-conservatism田中角栄を葬った愚をくり返してはならない!」にも転載しています。)


*   *   *   *   * 

続きを読む


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース

日本国は,いま,途轍もなく豊かな国家を目指している!? [現状把握]

「消費税率の8%から5%への引き下げ」説について「放知技」板で議論になっています。この説は「内閣改造の次は『消費減税』といえる根拠」https://news.nifty.com/article/magazine/12179-20170804-22760/が出処です。(その全文、最後に転載させていただきます。)飯山氏がこの説を「てげてげ」で取り上げました。http://grnba.jp/index.html#aa08051 一方、産経は「予定通り10%」の記事を書きました。そうして始まった議論です。飯山氏は希望的観測ながら「日本国は,いま,途轍もなく豊かな国家を目指している!」と言います。たしかにそう思った方が楽しい。
GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)のサイトを開いたら真っ先に出てきたのがこのグラフです。
GRIFtop2017_img_chart.png
「アベノミクス」の年金運用については、「大事な年金を株なんかに注ぎ込んでもらっては困る」との批判がありました。私もそう思いました。ところがその後の株価上昇で、今のところそんな心配は杞憂だったようです。グラフには「市場運用開始以来、2008年のリーマンショックの時期を含めても、平均収益率は年率+3.07%、累積収益額は+58.5兆円となっています。」と添えてあります。髙橋理事長コメントとして《2017(平成29)年度第1四半期(4月~6月)は、内外の堅調な経済指標、良好な企業業績により、世界的な株高基調が継続しました。また、日銀の金融緩和が継続される中で、FRB(米連邦準備理事会)の政策金利引き上げやECB(欧州中央銀行)等の金融政策正常化観測から円安基調となりました。このように良好な市場環境が続いたことから、4月から6月までの運用実績はプラス3.54%となりました。/当法人は長期的な観点から運用を行っており、投資原則・行動規範を遵守し、年金財政に必要な積立金を残すためにしっかりと受託者責任を果たしてまいります。》と胸を張っています。
このことに関連して、先に「安倍さん自身も気づいていない、「瓢箪から駒」の現状日本」という記事にしました。その中で紹介したmespesado さんの発言《現在の政権は年金ファンドを株に突っ込んでいますが、そもそもこれは株価が経済の指標だから、その株価を維持するためのPKO(Price Keeping Operation)のつもりでカネを突っ込んだだけだったはずですが、結果として多くの企業の大株主になり、期せずして「国家資本主義」を実施できてしまったわけです。まさに「瓢箪から駒」です。》「瓢箪から駒」なのでだれも気づかない、「てげてげ」「放知技板」以外は。実は安倍さん自身も気づいていないのではないか。その先にはベーシック・インカムまでも見えてくる。まず手始めに消費税引き下げ・・・としたらすごい。たしかに未来を明るく展望することは楽しいことです。
以下、「放知技」板の議論と「消費税引き下げ」説の典拠となった文章です。
*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース

やすえちゃんにぜひ読んで欲しい重要論文 [舟山やすえ]

昨年10月に書いた「『TPP問題と集団的自衛権問題』、舟山康江議員参院予算委員会質疑」の記事のコメント欄に「やすえちゃんにぜひ読んで欲しい重要論文」としてメモしたのですが、時代の流れを読み解く上でものすごく重要な文章ですので、あらためて記事にします。安倍内閣の新体制構想も固まったようですが、盤石の構えと見ます。

(↓太字は転載者。太字だけたどっていただいても大筋がわかると思います。)

   *   *   *   *   *

田中宇の国際ニュース解説 無料版 2017年7月31日 http://tanakanews.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★中国と和解して日豪亜を進める安倍の日本  http://tanakanews.com/170731abe.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 対米従属を維持する目的で、中国敵視を維持・扇動してきた日本の安倍政権が、6月以降、中国と和解・協調しようとする(中国にすり寄る)姿勢をとり始めている。これをどうとらえるかが、今回の課題だ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

神道天行居精神の大根本 [神道天行居]

『古道』8月号の先師巻頭言、神道天行居精神の大根本と受けとめます。
*   *   *   *   *
慢心といふことが格別に大きな邪魔となる
友清歓真
◎「神たる我れ」の自覚強化の修業と、慢心を大禁物とする修行とは、見方によって一寸矛盾した行きかたのやうに見えるが、さうでないので、そこが工夫修養の眼目の存するところである。山河にも号令し雷をも叱咤する「神たる我れ」の自覚強化を修行しつつ、断じて慢心を起さぬといふことが肝要で、それはそれほどむつかしいことでもないので、やる気さえあれば誰にもやれるので、学問識見の浅深等に関係ないことである。特に我党の同志諸君は、この点を眼目として修養工夫せられなければならぬ。慢心を起さぬといふことは、みだりに謙遜ぶって、ぺこぺこ頭をさげることではない。そんな人間には却って佞奸なものが多くつねに一種の精神的贈賄をやって「あの人は感心だ、実に謙遜だ」と思はせることを処世の秘訣とでも心得て居るものが多い。卑下慢をやってからに「どうだ、俺はこんなに謙遜だぞ」と思ふやうなのは、増上慢よりも更らに下等だ。
◎慢心がよくないといふことは、普通の世間的に考へても、誰でもが知り抜いて居ることで、わざわざ言ふに及ばぬほどのことであるけれど、苟も正神界に結縁し、正しい神法道術に交渉をもつものとして、この慢心といふことが格別に大きな邪魔となるものであるから、それで二十年来このことをうるさいほど中上げるのである。端的に申せば、慢心があって修業する神法道術は厳格なる意味に於て神法道術にならぬのである。多少の奇験が応現したりすれば、尚更らそれは警戒を要するのである。と申すわけは、正神界に於ては、慢心の影の存在するところには絶対に感格せられないからである。それに奇談があらはれたりするのは、断じて妖魔の感格である。邪人が正法を行へば正法も邪法となるとは此れをいふのである。慢心の影がさす瞬間に、正神の感応は去り、たくみに正神を擬装する邪神が感応する。それは神法道術に交渉をもつ人の実に大事な心がけを要するところである。
                            磐門胡餅第九

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

作谷沢まんだら(烏兎沼宏之)—「伝国の辞」碑の源流 [上杉鷹山]

やまがた再発見 烏兎沼宏之.jpg菊地和博先生の「やまがた再発見(366)烏兎沼宏之」(山形新聞日曜)は力作だった。3回にわたって掲載されたが、最終回(7/30)を読んで、「白鷹山に『伝国の辞』碑をつくる会」の前史が甦った。

キャロライン・ケネディ大使との交流バルバドスとの交流もそもそも「白鷹山に『伝国の辞』碑をつくる会」に発するのだが、その会は「白鷹山に『伝国の辞』碑を」という齊藤喜一会長の山形新聞への投書がきっかけだった。新聞投書の類いは普段それで終るのだが、それを読んだ作谷沢の樋口和男山辺町議が共鳴の声を寄せてきたことから思いがけない進展が始まった。実は当時すでに齋藤会長と樋口氏の間には「作谷沢まんだら」を介した交流があったのだった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山形新聞「談話室」子へ [現状把握]

山形新聞の「談話室」は、彩り豊かな文章で、いつも読ませられる。今朝は結城豊太郎翁が取り上げられた。宮内の人間からするとちょっと距離があるが、それでもうれしい。

 

*   *   *   *   *

 

1-188 22-A 結城豊太郎.jpg▼▽幕末維新の志士がくぐっただろう旧薩摩藩江戸屋敷の重厚な門が、南陽市赤湯にある。蔵相や日銀総裁を歴任した結城豊太郎が戦前、自身の書屋を横浜から郷里に移して図書館「臨雲文庫」を開いた際に、表門とした。

▼▽元蔵相の故井上準之助邸にあった門を結城が譲り受け、「(故郷の若者に)無言の教育にもなろう」と恵示から移築したものだ。戦争へと向かっていた不穏な時代。国家経済安定に心血を注いだ金融人が、「古里は国の本なり」と人づくりにも力を尽くした一面が偲ばれる。

▼▽根幹にあったのが儒学の教え。己を修め人を治む「修己治人」だ。修養に励んで徳を積み、世を正しく治めることを自らに課し、言葉通りに実践した。町に上水道を敷設し、母校にドイツ製のピアノも寄贈した郷土の偉人を、赤湯の人々は親しみを込めて「結城翁」と呼ぶ。

▼▽現代の政官界に、なおくすぶる陸上自衛隊の日報隠蔽問題。防衛相ばかりか制服組トップ、さらに南陽市出身の事務方トップも辞任する事態に追い込まれたが、真相解明には程遠い。あす8月1日は結城翁の命日。志高く国を率いた先人の目には、どう映っているだろうか。

 

*   *   *   *   *

 

結城翁、今の国会、マスコミを見て「なんて的外れなくだらないことに時間を費やしているか」と嘆いているにちがいない。

 

森友・加計問題については、高橋政弘氏の山形新聞への投書加計問題の報道に危機感が正論であることを指摘した。http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2017-07-22

 

日報の情報公開問題については、次のような議論があることを知って欲しい。(文中太字転載者)

 

*   *   *   *   *

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

黒江防衛事務次官(宮内生れ)、おつかれさまでした [政治]

昨日来、稲田防衛相、黒江防衛次官辞任ニュースが大きく取り上げられていますが、このところずっと、黒江次官就任時に書いた黒江哲郎新防衛事務次官は宮内生れの記事へのアクセスが多い日がつづいています。そこで以下を【追記】したのですが、あらためて記事にしておきます。
--------------------------------------
ー稲田辞任の背景ー
安倍政権vs官僚に巣食うネオコン勢力
(「放知技」板よりhttp://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=16155707 太字は転載者)
*   *   *   *   *
稲田/看板006-190x285.jpg35:muku : 2017/07/01 (Sat) 14:44:12 host:*.bc9.ne.jp
「内閣人事局」の看板。
  稲田防衛大臣談 https://www.inada-tomomi.com/blog/277
  >(稲田大臣)先週参議院で審議入りした国家公務員制度改革がいよいよ大詰めです。
  >吉川壽一先生の指導のもと「内閣人事局」の看板の字を気合い込めて書きました。
  >霞が関を敵にして孤立無縁だった去年の今頃を思うと感無量です。
 
323:堺のおっさん : 2017/07/26 (Wed) 05:48:11 host:*.ocn.ne.jp
稲田が責められるのは防衛大臣だからではなく、
内閣人事局の初代担当大臣だったから。
(看板の件)
山本幸三が責められるのも現担当大臣だから。
萩生田が責められるのも、現局長だから。
内閣人事局に関わると徹底的に嫌がらせするぞ、という
官僚勢力の必死の抵抗が見えるね。

こんなわかりやすい構図、他にないだろ。
答弁の肩書に必ずこれをつければ、
たとえば、稲田なら「元内閣人事局担当大臣、現防衛大臣」
こうすれば、かなりに人に官僚が既得権守るため
内閣人事局を骨抜きにしようとしてる
な…と分るだろう。
 
334:堺のおっさん : 2017/07/27 (Thu) 08:29:05 host:*.ocn.ne.jp
官僚側からの「リーク」が止まらない。
ネオコンの草どもが、仕掛けている。

彼らにとっても、出所を知られることは
背に腹は代えられないほどの事態を表す。
冷静に分析すれば、ネオコンの草名簿ができる。
頭のみならず、草を根っこから抜き取らないと
官僚支配の政治体制を終わらせることができない。
肉を切らせて、骨を断つ。
 
338:堺のおっさん : 2017/07/28 (Fri) 05:39:16 host:*.ocn.ne.jp
劇画子連れ狼の最後。
柳生烈堂が柳生の宝である日本中に長年かけて育てた草を
全員召集し拝一刀と対峙する。
一刀は倒したが、裏柳生もまた壊滅する。
なんか、あの流れを思い出しました。

諜報組織ってのは情報源の出所が命。
情報漏洩も出所がわかってしまえば終わり。
そして、対策もできる。
官僚に巣食うネオコン組織は強力だが、根っこから枯れようとしている。
他方で、稲田を切って守った…ということだろう。

 
*   *   *   *   *
 
以下、「てげてげ」http://grnba.com/iiyama/index.html#aa07111

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

オミコクづくり [熊野大社]

08-DSCF6936.JPG今年のハコバヨイ、80歳(72781歳になる)の頭取が十数年ぶりに箱を負った。そして私が、納所長の片平仁君とともに箱添(ハコゾエ)の役を務めた。本来は屈強な納所(ナッショ)の役割だ。片平君にしても60歳。彼は代々獅子冠事務所員の家柄で、若い頃は農青会員として参加、親が病いを得た十年ぐらい前から親に代わって事務所に入った。空白期間はあるが、獅子冠事務所のかつての形についてだれよりも知っている。屈強とは言えないが、農業と長距離選手としてならした体をもち、頼りになる。それにしても二人あわせて130歳のハコゾエ出現をだれが予想し得たか。箱を負う頭取とあわせると210歳。そこに至るにはそれなりのドラマ(葛藤)があったのだが、それにはふれない。

 

ハコゾエには若水汲みという重要な役割がある。ハコゾエはかつて23回務めたことがあったが、屈強でもなんでもない私には遠い役割だったので、25日早朝の若水汲み、そしてその若水を使ってのオミコク(黒豆フカシ)づくりについてもほとんど経験がない。それを今年はつぶさに経験(観察)、記録できたのがありがたかった。

 

以下、黒江太郎著『宮内熊野大社史』(昭和51年)の「オミコク」の項。

 

*   *   *   *   *

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北条郷熊野の夏まつり「若衆熱気、雨飛ばす」 [熊野大社]

神輿御下り(山新).jpg24日は朝から土砂降り、「こんなお祭り経験ない」と雨の中での準備開始。24日の天気予報90%、25日は80%の降水確率。かつてない雨のお祭りを覚悟した。しかし結果は、肝腎なところではほとんど雨にあたることもなく、ほんとうにほんとうに無事終了することができました。今日は総社祭がありますが、全県晴れマークです。昨日の山形新聞見出し「若衆熱気、雨飛ばす」でしたが、われわれも若衆のひとりでした。

今回NHKから取材に入っていただきました。今日夕方6時10分から7時までの県内ニュースの時間に10〜15分間放映なるそうです。そのほか、8月9日以降のいつになるかわかりませんが、同じ時間帯に東北六県に向けて放映なるそうです。

それにしても、昨年のダイドードリンコ「日本の祭り」、それに熊野大社総代で獅子冠事務所の川合さんが題材の写真が、県写真展で最高賞の県知事賞ということもあって、カメラマンの多かったことに驚きました。たしかに絵になるお祭りなのでしょう。そして、その背景にはいろんなドラマもあるわけです。「あー、無事終ったなあ」、とりわけ今回はその感慨ひとしおのおまつりでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

安倍さん自身も気づいていない、「瓢箪から駒」の現状日本 [現状把握]

「国家資本主義」のコメント欄にメモったのですが、ものすごく大事なところなので記事にしておきます。熟読玩味必須の内容です。
(以下、コメント欄より)
mespesadoさんの議論に納得です。「政治制度」と「経済制度」の原理的なちがいを根底に、日本の現状が見事に解き明かされています。

続きを読む


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース