So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

中国との新時代 [アジア主義]

《1930年代の日本による中国侵略を、中国人に正式謝罪するため、明仁天皇が来年4月の退位前に中国訪問を希望していることを安倍首相は伝えた。》

放知技板の192サクラ咲く :2018/11/10 (Sat) 20:14:18
習主席についでモディ首相と会談した安倍首相:アジア新‘協力圏’?
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/post-e802.html で知りました。その真偽についてはmukuさんからの疑義があります。→193194196 たしかにこの件、ネット検索ではこの記事以外、出てきません。【地球コラム】2度目の「天皇訪中」はあるのか~中国の対日接近戦略を探る~の記事がありましたが、ここでいう「天皇」は今上天皇ではなく来年以降の新天皇です。しかも《今回の安倍訪中の特徴として言えるのは、中期的な日中関係安定に向けたスケジュールを描いたことだ。2019年の習氏来日、同年の日中韓首脳会談に 合わせた安倍首相の訪中、20年の東京五輪開会式への習氏出席までが首脳会談で言及されたが、22年の北京冬季五輪での首脳交流まで視野に入れれば、同年の日中国交正常化50周年を安定した関係で迎えることに期待が高まる。中国政府は22年に向けて新天皇訪中への攻勢を強めるだろう。/ これに対して日本政府は、現時点で新天皇訪中を日中関係のスケジュールに入れていないのは確実だ。》と断言しています。ただ、「サクラ咲く」さんの記事を読んだとき、仮に天皇の御意志(中国への正式謝罪)がそうであるとすれば、そのお気持ちに添わねばならないと思いました。そしてそう思ったら、ぱあーっと未来が明るく開けたような気がしました。当初「イハトビラキ」のカテゴリーに入れたのですが、まだ真偽がわからないので「アジア主義」に入れておきます。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ドレイン・ザ・スワンプ Drain the Swamp」 [副島隆彦]


《今のアメリカの民衆の 標語は、ディープ・ステイト「裏に隠れている政府」の他に、「ドレイン・ザ・スワンプ」がある。上に載せたカリカチュア(政治風刺の戯画)の通りである。》《swamp スワンプとは、悪臭を発する沼のことだ。腐った穢(きたな)い水が溜まっている、沼(スワンプ)を、感慨(かんがい。イリゲイション)して、排水溝(ドレイン drain )を作って、大きな川の方に流して、そのきたない沼から汚水を抜け。そうしたら、そのきたない沼の底に、政治で汚れた、害虫の 蛭(ひる)やら、トカゲや ら、イモリやら、恐ろしい毒蛇やらが、うじゃうじゃ、にょろにょろと這い回っている。/それらの アメリカの庶民、大衆を食い物にしてきた、政治都市(首都)ワシントンに巣く食う、政治ゴロたちや、ヒラリー派の、吸血虫の、蛭(ひる)ど もを、日乾しにして、太陽の日差しに当てて、日光消毒で、すべて殺してしまえ。皆殺しにしろ、という、本当の、アメリカの庶民、民衆の 叫び声 だ。アメリカの血のさけびだ。》《トランプ大統領が、行く先々の、政治演説会の会場には、毎回、それこそ、3万人、4万人のアメリカ大衆が集まっている。入りきれない人が1万人ぐらいいて、外の巨大スクリーンで見ている。/そして、アメリカの大衆(本来は、民主党に入れる労働者たちも)は、この「ドレイン・ザ・スワンプ!」「ワシントンに巣くう、あいつらを日乾しにしろ!」と、「ロック・ハー・アップ !」「ヒラリーを逮捕、投獄せよ!」を、今も、怒号しているのだ。/民主党の集会なんか、どこも数百人が、集まっているだけだ。》《今は、全米の、爺さん、婆さんたちが、「deep state ディープ・ステイト(後ろの隠れている、影の政府)の悪い奴らが、アメリカを支配していて、トランプが、必死で、そいつらと、闘っているのだ」と、お互いに、ヒソヒソと話し合っている。そして、トランプを熱烈に支持している。これが、今の真のアメリカだ。》

以上副島道場「重掲板」より。以下、全文です。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(38) 中間選挙総括と今後 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

アメリカ中間選挙、「共和党圧勝」そんな希望的観測でいたのですが、下院は民主党という結果。しかし、トランプ大統領がツイッターで曰く:

Tremendous success tonight. Thank you to all!
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1060022696703070208
【とてつもなく大きな勝利を収める事が出来た。応援してくれた皆さんありがとう】

その真意について放知技板でいくつか発言がありましたが、mesさんによるまとめ記事。結論は《今回の結果を成功と述べたトランプが決して負け惜しみでないことは明らか》です。

さらにそのあとの補足記事で金子陽一元参院議員の主張を知りました。人手不足だから外国人労働者を入れるというのなら、その前に国が就職氷河期世代、ロスジェネ世代に就業・教育支援して働いてもらうべき。今までのように ほっておいたら老後は無年金で生活保護に陥るだろう。長い目でみれば国の予算も助かる。外国人にお金をかける前にまず日本人にお金をかけるべき。》https://twitter.com/Y_Kaneko/status/1059749830191341568

切実な問題のはず。全くの正論です。また金子氏の白川前日銀総裁に対する批判を読みましたhttps://gen-ron.com/archives/1410。これにも納得。このグラフ、説得力があります。


*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

青苧フェスティバル&創作紬展(3)青苧の可能性 [青苧]

世の中は、なんでもタダになる方向に向かっている、そう思っています。(『限界費用ゼロ社会』(1)「希望」が「確信」に変わる30年後の置賜(「光の子」原稿)プラチナ構想ネットワークinおきたま シンポジウム(承前)等で書いた通りです)マドモアゼル・愛さんの文章を読んで、青苧(=イラクサ)はそのことのシンボル的存在なのかもしれないと思うようになっています。青苧はどこにでも生えています。10年位前宮内公民館での青苧フェスティバルのとき、近所の古老が青苧の写真を見て「それなら菖蒲沢にいっぱいある」と言って、取ってきてくれたことがありました。9月22日の市民大学講座現地研修で池黒の皇大神社に行ったら石段の下に生えていました。元来わざわざ栽培しなくてもタダで手に入るのです。それに手をかけることで、値段をつけると一反何百万円もの布になる。宮古上布shopping.jpg(マドモアゼル・愛さんが「何千万円」という根拠は不明)特殊な人しか手に入れることの出来ない高嶺の花です。金に換算されたとたん、青苧も特別なものになってしまいます。 そこで「金換算」というわれわれに身についた習い性を取っ払ってみるのです。青苧は「刈って、剥いで、削いで、裂いて、績んで、染めて、織る」その一連の工程、手間ひま惜しまずやる気になれば全部ひとりでできてしまいます。金換算をやめて、何をしたらいいかわからない人が取組むには最高の仕事になるはずです。そのことに気づいて、ポスターとチラシを持って社会教育課長に行ってきたところでした。商工観光課、農林課主導で始まった南陽市行政の青苧への取組みは挫折しましたが、社会教育の観点から青苧を考えるとすごい可能性が開けてくる、そう思います。以下、チラシの裏面に書いた文です。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青苧フェスティバル&創作紬展(2)青苧(苧麻、イラクサ)のすごさ [青苧]

からむしの呼び名.jpg平成16年の3月に「大麻以上!」と言われて、どうする!? 青苧の題で、マドモアゼル・愛さんがイラクサに注目した記事を紹介したことがありました。その後さらに2回にわたって同趣旨のことを書いておられるのに気づきました。愛さんの言う「イラクサ」はわれわれが言う「青苧」とほぼ同じと考えていいと思いますが、青苧と「ギ酸」の関連については調べが必要です。青苧はごくありふれた植物なので、いろんな呼び方があります。平成25年の「青苧フェスティバル」パンフに「からむしの呼び名」表が載っていました。(出典「よみがえる南陽の青苧」

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青苧フェスティバル&創作紬展(1)ここまでの歴史 [青苧]

12月開催の青苧フェスティバルのポスター、チラシができました。

青苧フェスチラシA4たて_表面 [更新済み].jpg青苧フェスチラシA4たて_裏面 [更新済み].jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「宮内よもやま歴史絵巻」展(宮内公民館 銀杏サロン) [宮内よもやま歴史絵巻]

DSC_0462.JPGDSC_0461.JPGDSC_0459.JPG11月開催が恒例となった、宮内公民館銀杏サロンでの「宮内よもやま歴史絵巻」展、スタートしました。粡町通りの看板設置に先駆けた30年度版新作を加え、全37枚中21枚。粡町商店街の看板を2/3に縮小したものです。「熊野大社」「菊まつり」「小田仁二郎」「世界に届け!鷹山公精神」「宮内にぎわいの記憶」をテーマに並べてみました。その他に新作5点特別公開です。宮内公民館が開いているときはいつでも自由に入れます(土日祝日は休み)。ほんとうは、粡町通りを歩きながら見てもらうのがいちばんいいのですが。12月末まで飾っていただけるとのことです。12月になると向いの部屋で「芳武茂介展」が予定されています。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(番外10) 日本のdeep state [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

「ディープ・ステートの衰退と滅びが近い?」でトランプ大統領のdeep stateととの戦いを書きました。いわゆる「陰謀論」とは一線を画する「ディープステート論」を知りました。その日本版です。出世外人さんとmesさんの議論で安倍首相の立ち位置がよく納得できます。

*   *   *   *   *

153:出世外人 :2018/10/31 (Wed) 22:41:49

>>152:ホーキチさん
はじめまして。
出世外人です。
(堺のおっさんへの舌鋒、鋭いですね。「ちょっと難しい方かな」という気がして、お声掛けするのは怖いところもあるんですが・・・)


>「原子力緊急事態宣言」が未解除のまま「避難指示」だけ解除
私も実に由々しきことだと思いますが、ホーキチさんとは、問題がまた違った構造に見えます。
アメリカでdeep state(影の権力)が取りざたされていますが、日本にも強固なdeep state があり、一般国民の預かり知らぬところで重要な政策決定、予算の使途が決められていると。
アメリカのdeep stateはいわゆる軍隊と産業界の癒着構造=軍産複合体とか、イスラエル人脈だったりするわけですが、日本の場合、官僚と産業界の癒着構造、いわば「官産複合体」なんじゃないでしょうか。
官僚は許認可権やらなにやらを手ずるに産業界に食い込んで天下り先を確保、産業界も官僚を取り込めばごっそり国家予算が回ってきておいしい思いができるということで両者はくっついているわけです。
率直にいって、議会も有識者による諮問機関も、この官僚組織と産業界の癒着構造に対しては実に無力です。
官僚組織と産業界があらかじめ決めた既定路線を、承認する(承認させられる)くらいしかできないと。
東日本大震災と福島原発事故での重要な政策決定も、あまりに不可解なことが多いわけです。こうした政策決定も、大部分、官僚と産業界が決めてしまったものじゃないでしょうか。
思いつくままに列挙してみても、こんな感じです。

続きを読む


nice!(1)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

絶品!精進料理(三山大愛教会) [神仏混淆]

羽黒山五重塔特別拝観.jpg10月28日、4年ぶりの熊野大社神道会旅行。4年前は蜂子皇子御尊像拝観が目的でしたが、今回は羽黒山五重塔特別拝観と善宝寺五百羅漢特別拝観。バスに乗るなり竹さんが羽黒山五重塔の写真を指して「オーブ(玉響 たまゆら)が写っているのに気づいたか?」全然気がつかなかった。御開帳の一層目がすごい。蜂子神社御開扉E89C82E5AD90E79A87E5AD90E38381E383A9E382B7.jpg4年前の蜂子皇子御尊像拝観チラシにも写っているのを見ると、羽黒山の広報担当、かなり意識的なことがわかる。たまたま写ったものなのか、加工されたものなのか。徳田さんを訪問した時の写真にも写っていて《当日すぐにいただいた理事長との記念写真には、丸い不思議な玉のようなものがいくつか写っていました。理事長の熱い願いによって救われた数知れない生命が徳田虎雄という類い稀な存在を守っているという証のように思われました。》と書いたことがあった。三山大愛教会の神殿にあった、五重塔のところで法螺貝を吹く山伏の絵にも、たしかにオーブと思われるものが書いてありました。三代目はカビと思っていたようですが。200万円で書いてもらったそうです。

三山大愛教会での精進料理、前回もここだったのだが、今回はじっくり味わって感動した。外で食べてここまで「おいしい」と味つけの良さを感じたことはなかったような気がする。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

「秋月種茂→上杉鷹山→黒田長舒」が思わせてくれたこと [上杉鷹山]

秋月三名君フォーラム米沢.jpg秋月三名君系図.jpg10月27日、「秋月三名君フォーラム米沢大会」への誘いがあって、南陽市民大学で小形芳美氏の「鉱山とともに歩んだ吉野地区」を聴き終えてすぐ、米沢「伝国の杜」に駆けつけた。安部三十郎前市長の基調講演がちょうど終わったところだった。九州からの参加もあったようで大会議室ぎっしり満員。200名近いか。

鷹山公(1751-1822)は高鍋藩主秋月種茂(1744-1819)の弟、黒田長舒(ながのぶ 1765-1807)は種茂の次男で秋月藩主(福岡県朝倉市)。鷹山公にとって7歳年上の兄は幼少時より敬愛おく能わざる存在であり、後年「自分は大藩である上杉藩に入って世に知られる存在となったが、兄は高鍋藩という小藩のため、自分より勝れているのに、世に知られることもないままの生涯だった。そのことを申し訳なく思う」と語っていたという。また、秋月藩主となった黒田長舒は叔父である鷹山公を誇りに思い、叔父を手本に仁政を心がけた。その伝統は現在の朝倉市立秋月中学校に流れ、パネラー佐々木氏は元校長。共に参加の現校長の発言もあった。学校紹介パンフがすごい。「藩校稽古館の教育方針や内容を要約した『稽古館の教え』を生かした教育活動を構想し、社会に開かれた教育課程を編成・実施し、教育活動のブランド化を推進する。」として、見開きページに「稽古館の教え」が載る。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -