So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

訃報 流政之さん [小田仁二郎]

JIN No.3.jpg5日前に知った訃報です。小田仁二郎関連でメモっておきます。仁二郎没後間もなく寂聴さんによって発刊された「JiN」全三巻の表紙が流政之作品でした。手元に第3巻があります。小田が中心の同人誌「Z」の表紙も流作品でした。寂聴さんの『場所』(新潮社 2001)「西荻窪」の章にこのことが書いてありました。
《私は小田仁二郎を中心にして、新しい同人雑誌を始めた。「文学者」の中で、吉村昭、北原節子(津村節子)の夫妻が入り、吉村さんの学習院時代の友人で「赤絵」の同人だった鈴木晴夫と、小学館の編集者で私と親しかった田木敏智が参加した。他にも何人か呼びかけに応じてくれたが、最後に残ったのはこれだけだった。/ 編集会議のため、同人たちが、小俣家の離れを屡々訪れるようになった。きん女は訪問者が多くなったのを景気がよくなったと勘ちがいして喜んでくれた。/ この下宿に移ってほどなく、ある日私は近所の質屋叶屋の人口で、質種の蚊帳を肩にかついだ長身の男と出会った。それは京都油小路三条の大翠書院時代、常務だった吉田政之輔だった。会社がつぶれて以来、彼も上京して、本来の望みだった彫刻家への途を志している。名前も流政之と改めていた。どんな場所や境遇にいても、性来の美貌と姿の好さは際立っていて、何気なく着ているものも、垢ぬけて人目を引いた。/ 上京以来、すぐこの近所に下宿しているという、奇遇に喜んで、それぞれ質屋で用を果した後、つれだって私の下宿へ帰った。/ それ以来、流政之は度々立ち寄るようになり、仁とすっかり意気投合して、夜遅くまで話しこむこともあった。「文学者」では煙たがられ、友人もない小田仁二郎は、非社交的な性格とばかり思いこんでいたが、小説家以外の人々にはすぐ好かれ、信頼されるという一面があったのに、その頃私はようやく気づいてきた。/ 新しい雑誌の構想がまとまり、誌名は終りから始めるという意味で「Z」とつけた。表紙は流政之のオブジエを村井修の撮影したもので飾らせてもらうことに決った。》(176-177p)
小田と流の関係が、小田と井筒俊彦との関係に重なります。(→井筒俊彦夫妻と小田仁二郎・瀬戸内寂聴さんとの交流
訃報記事の中で寂聴さんが語っていました。
将来語り合う仲 お互い、無名だった頃からの知り合いで、「いつか世界的になる」と将来を語り合った仲でした。いつかまた会えると思っていたけれど……。流さん、待っててね。》毎日新聞
*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(番外7) 変化の兆し [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

舟山やすえレポート5018,5,15.jpg「舟山やすえレポート」をもらった。国対委員長拝命の記事の下に、「これからの地方の使命を考えるフォーラム」が発足したとの記事。「左右の対立を超えた組織」との説明だった。PDF版の「これからの地方の使命を考えるフォーラムの設立について」があった。すっと気持ちに入ってくるいい文章、やすえちゃんにちがいない。《保守対革新、右対左といった漠然とした空気の中で、地域の声を伝えるべき議員は、中央による政治の党利党略に巻き込まれ、地域の真の代弁者となり得ていないのではないか。また、各政党の目指す方向と、地方が望む方向は果たして一致しているのだろうか。/だからこそ、党派の枠を超えて大同団結し、この地に生きる個々人として地域のために結束する必要がある。》そう思う。「保守対革新、右対左といった漠然とした空気」がもたらす「事実」からの乖離。アーレントの言う「リアリティの喪失」。それこそが「全体主義」への導入口。私を「安倍批判」から「安倍評価」へ変えたのは、『総理』(山口敬之 著)だった。総理の間近にあって「事実」に即して描かれている。「安倍総理はバカではなかった!」・・・今になってみれば、頭ごなしの安倍批判側にこそ「全体主義」を感じ取る。そんなところでのmesさん、kojitaken氏の引用。「ルサンチマン左翼」であっても見える人には見えてくる。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(23) 見栄や虚栄から自由になれた時代 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

20代後半、当時就いていた仕事への自分の適性に疑問を持つようになっていたとき、祖父の夢を見せられて家に戻り今の仕事になりました。祖父の仕事は印染でした。ハンナ・アーレントの言う「仕事(work)」そのものでした。次男に生まれながら、幼くして亡くなった長男の代わりをやむなく引き継ぐことになった父は、祖父に対して批判的でした。時代も味方して、商家から嫁いだ母とともにキモノ商売で一時代をつくりました。私が戻った時もその時代がつづいていました。しかし私は何の疑問もなく、家に戻る以上祖父の仕事を継がねばならないと思い、半年そこそこでしたが大漁旗が中心の染物屋で一応一通り仕事を覚えさせてもらって家に戻りました。大漁旗を染める筒描きというやり方は印染のいわば原点だったのですが、その後何段階かのイノベーションを経て今のデジタル化に至ります。その変遷については5年前に自分なりにたどってみたことがあります。(→3Dプリンター革命) それはそれ、なぜこんなことを書き出したかというと、今みんなどうしていいかわからなくなっているキモノのことを思ったからでした。軸足は印染に置いていましたが、金額的には断然キモノでした。キモノに関しては母親の助手的役割でしたが、おかげでいい思いもさせてもらいました。あの当時、あんなによく売れたものだと思いますが、あれから30年、40年、一度も袖を通されることのなかったような高価なキモノが行き場を失ってうめき声をあげているのが聞こえてくるのです。いい思いをさせてもらった分、つらいです。《必需品でないものにはいつまでも付き合えるほど消費者は余裕がない》、その「必需品でないもの」の代表例として、自分も関わったキモノを思ったのでした。必要なものと必要でないものとがきっちり峻別される時代、豊かな時代なのだと思います。貧しさと裏腹の見栄や虚栄から自由になれたのです。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(番外6) 憲法について [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

前半と後半に分かれます。前半は猿都留さんのとりあげた憲法学者小林節教授と平野貞夫元参院議員批判へのコメント、後半は「国民の三大義務」についてどう考えるかということです。

小林教授の講演は、「安倍批判から安倍評価へ」変る前の時代に聴いたことがあります。小林節平和講演会舟山やすえちゃんのスピーチ(南陽総決起集会)やすえちゃんの前回選挙、総決起集会に併せた開催でした。要するに「憲法は事実上の権力者である政府に守らせることを規定したものだ」以外、あまり印象に残らなかったようです。

平野貞夫氏にはいろんな思い入れがあります。2年前に『田中角栄を葬ったのは誰だ』を読むを書いていますが、実は私のアマゾンレビュー処女作が平野さんの
昭和天皇の「極秘指令」

昭和天皇の「極秘指令」

  • 作者: 平野 貞夫
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/04/11
  • メディア: 単行本
でした。14年前です。「中曽根感覚跋扈への警鐘」と題して《著者の切迫した思いをひしひしと感じつつ、一気に読み終えた。/とりわけ9.11以降、本来日本の保守の立脚点が忘れ去られ、アメリカに付くが得策の功利の感覚が保守の本流となったかにも見えるいま、それと対置される精神の在り処を日本の政治の中に確認できたことがうれしい。/正しきに拠りて滅ぶる国あらば滅ぶともよしかならず滅びず 副島種臣》。どういう経緯だったか、平野さんから「御理解の通り」の趣旨のメールをいただき感激したものでした。「その平野氏にして」の思いです。溝を埋める手立てはないのでしょうか。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

 「活動(action)」「仕事(work)」「労働(labor)」(ハンナ・アーレント) [思想]

ハンナアーレントindex.jpg昨日、こども園の賞与支給日。急に思い立ってハンナ・アーレントについて話してきました。(手の離せない保育の合間を縫っての支給になるので、みんなに聞いてほしい時は文章にして渡すしかない↓)

*   *   *   *   *

 最近読んだ本でハンナ・アーレントという女性の思想家を知って、保育の仕事について考えさせられました。
 ハンナ・アーレント(Hannah Arendt、1906年10月14日 - 1975年12月4日) は、ドイツ出身ユダヤ人の哲学者、思想家です。ユダヤ人ゆえのナチによる弾圧を身をもって体験し、「ナチも同じ人間なのに・・・人間がそうしたことをなし うる、そういう世界があったという言語を絶した恐れ」を出発点に、全体主義という政治現象、そしてその悪を人びとが積極的に担うことになった原因について 考え続けました。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(22) 金融機関終わりの時代 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

これまでのmesさん理論の帰結するところです。まったく納得。短大出の娘が銀行の試験を受けたとき、「受かっても行くな」と本気で反対したものでした。その短大にとって銀行就職はいちばんいい方にランクづけられていたようです。落ちてホッとしたものでした。(最終審査、おそらく親の不徳の致すところだったのですが)

*   *   *   *   *

227 名前:mespesado2018/07/16 (Mon) 10:05:08host:*.itscom.jp
>>225
 リンク先の岩崎博充氏の記事:
日本国債めぐる、かつてないほどの異常事態
https://toyokeizai.net/articles/-/228734
を読みましたが、これは日本の財政政策の危機でも何でもなく、単に金融機関という業種の存続危機を素直に吐露しているだけの記事だな、と思いました。もともと金融機関って、余裕資金を持っている人から利息を付けるからという条件で、
オカネを吸い上げて起業や設備投資増強のためにオカネのない起業家に貸し付けることでオカネを回したり、
国家がインフラ整備のためにオカネを刷って供給するんだけども供給不足の時代にはインフレを防がにゃならんので国債を発行するという形でオカネを吸収する、という仲介業者として存在意義があったんですが、
①' 供給過多で消費は飽和し増産はもう要らない上に内部留保も積みあがってるから企業は借金しないし、
②'国家の生産力に大幅な余裕があるためいくらオカネを刷ってもインフレにならないから「市場から」オカネを吸収する必要がなくなった、という2つの理由から、金融機関の存在意義がそもそもなくなってきてるんですよね。

本当に金融機関の皆さま、ご愁傷さまです(って自分も金融機関に身を置いてるんですけどねw)。
 思えば金融派生商品などという美名のリスク隠し商品で天文学的な収益を上げてその後リーマンショックなどの大暴落を引き起こすなど、世の中のオカネのインフラもモラルも滅茶苦茶にした虚業としての金融機関の役割も、そろそろ幕引きの時期に来ているということじゃないでしょうかね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

獅子冠事務所 片平栄一さんへの弔詞(齊藤頭取) [弔詞]

精進固めの15日の朝、新聞で訃報を知った。享年87歳。今日が葬儀。今日から精進潔斎に入っているため、頭取はじめ獅子冠事務所員は参列できず、代読をお願いした。

*   *   *   *   *

        弔詞

 故片平栄一さんの御霊前に謹んで弔意を捧げます。
 沖郷から門前片平家に入った片平さんは、敬神の念篤い片平家代々の伝統を継ぎ、晩年に至るまで獅子冠事務所にご奉仕されました。対外的には、その古武士の如き風貌によって、事務所の威厳を示す象徴的存在でありました。一方、事務所においては、「門前、門前」とだれからも慕われ、ただそこに居るだけで安心できる、そういう存在でした。普段は一切余計なことを語らず無口でしたが、酒が入って気分が乗ると、昔の武勇伝をうれしそうに語られることもありました。沖郷の学校時代、走ることにかけてはこの辺では敵無しで活躍されたことをお聞きしたものです。この親にしてこの子ありと、仁君を思ったものでした。その仁君は、栄一さんの跡を承け、事務所になくてならない存在として、納所長の重責を担っております。栄一さんが立派に後継にバトンタッチされたことを、事務所一同、あらためてありがたく思わねばなりません。
 獅子冠事務所は、昨日の精進固めに始まり二十四、二十五日のお祭りまで、お精進に入っております。ために本日の葬儀への参列が叶いません。お祭りが明けた後、あらためて御霊前に参らせていただく所存です。
 ご家族の手厚い看護のもと、六年にわたる闘病生活から解放されて旅立たれた片平さんは、神様になられたような清々しいお顔でした。
 これまでの獅子冠事務所へのご功績に感謝を捧げつつ、獅子冠事務所がこれからも存分にその役割を果たし、お祭りが無事斎行されてゆくことを、ギラッと光る眼でしっかり見守っていただきたく、事務所一同お願い申し上げ、弔詞とさせていただきます。衷心より御冥福をお祈り申し上げます。
 ありがとうございました。
 
  平成三十年七月十六日
 
        獅子冠事務所
          頭取 齊 藤 喜 一

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(21) よくわかる金子勝批判 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

安倍批判から安倍評価への「変節」以前、2016年の暮れ、近藤洋介議員後援会主催の金子勝講演会を聴いたことがありました。黒田日銀は“マイナス金利政策”を導入したことによって、いつ債務超過に陥るか分からない危機に直面している。」「体制末期に手段がなくなり、後先考えずやるのが悪貨改鋳であり、紙幣の大量発行である。日銀券の信用を支える担保もなくお札を刷りまくる異常な体制がいつまでも続くとは考えにくい。安倍首相と黒田総裁は、後は野となれ山となれ、とでも思っているのではないか。」http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/180.html

金子氏の見立ては外れ、洋介議員は衆院選で議席を失う結果となりました。金子さん、まだ同じことを言ってますが、このたびmesさんによってあえなく轟沈。それより何より、200名超の死者を出した西日本豪雨、日本国中「明日はわが身」。日本全体の災害防止のためのインフラ整備は待ったなしの緊急政治案件》

教養としての土木学.jpg

土木新次元!(三橋貴明「全ての日本人よ、これが「資本主義」だ」)→https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12389651866.html

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(20) よみがえるワクワク感 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

石井威望.jpg《生産資産(固定資産あるいは資本)におカネを投じ、生産性向上で成長するからこそ資本主義です。資本におカネを投じるからこそ、投資です。投資によって成長するからこそ、資本主義なのです。》《今後の経営方針や政治の方針に技術革新の要素を組み込むという発想が全然ないんじゃないか》
80年代のワクワク感がよみがえった。今から35年ぐらい前だ。あの頃『Voice』を読んでいた。石井威望という名前を思い出した。検索したら元気でおられた。88歳、この4月に新刊を出されていた。シニア・マルチメイジャーのすすめ 21世紀高齢化への知恵』。《21世紀版「伊能忠敬」をめざせ。VR、AR、量子宇宙、ミトコンドリア共生…新たな次元がはなひらく21世紀は“第四次産業革命”まっただなか。超高齢社会のいま、五十にして測量を志した伊能忠敬のように、誰もがマルチメイジャー(複数の専門家)になれる! 》とあった。衝動買い。       
(『Voice』平成8年10月特別増刊号「日本の論壇500人」 見えていた石井威望、見えなかった三菱総研牧野昇 画面クリック拡大なります)
*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

「にぎわった頃の宮内を思い起こしてみよう」(鍾秀学)(3) 子どもたちの感想 [地元のこと]


先日子ども達の感想が届きました。みんなそれぞれいい感じに受けとめていてくれて安心しました。すぐお礼の文章を書きました。足りなかったことを補いつつ授業の記録も入れました。全員分用意して、昨日評議員会での授業参観(20分ぐらいで全クラスを覗く)の時渡してきたところです。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -