So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(28) 日本のPB理論の見極め [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

途中の数式はスルーですが、朝起きてすぐ頭の冴えているうちにmesさんの議論をたどるのは、私にとってほんとうにありがたい頭の体操です。《例え有名な学者の言うことだからといって、決してその結論を鵜呑みにせず、自分の頭で改めて考えることが必要だ》。そのためのいい訓練です。

*   *   *   *   *

377:嘘と欲 :2018/08/03 (Fri) 05:58:07
host:*.bbtec.net

メッツさん PB理論を守っている国はあるのですか。たとえばダメリカ、台湾、ドイツ、イギリスオーストラリア、ニュージーランド等 それから違う体制のロシア 中国等も出来ればご説明お待ちいたします。

386:mespesado :2018/08/04 (Sat) 20:42:04
host:*.itscom.jp

>>377 嘘と欲さん
> PB理論を守っている国はあるのですか

 返事が遅くなってすみません。堺のおっさんさんが >>379 で述べておられるように、日本のPB理論というのは極めて特殊なものです。
 そもそも生産供給力が事実上青天井な日本では「PB健全化」そのものが何の意味もないので、こんな制約条件を考えること自体がナンセンスなのですが、国によってはPB健全化が必要になってくることもあるのでややこしいのです。
 例えば欧州。彼らは通貨統合のために「マーストリヒト基準」というものを欧州連合に参加するための条件として設定しました(マーストリヒト条約)。これは、具体的には「財政赤字が対GDP比で3%、債務残高が対GDP比で60%を超えない」という条件のことです。
 欧州連合がなぜこんな「PB健全化条件」を欧州連合加盟希望国に課したかというと、通貨統合後は各国は「自国の通貨発行権を失う」からです。つまり通貨統合前は、たとえ国債による国の借金があっても、自由に自国通貨を刷ることができたので、どんな経済環境にあってもオカネを刷れば国債の償還金は支払うことができたため国債がデフォルトすることは無かったのに対し、通貨統合後は自国通貨を勝手に刷ることができなくなるので、経済状況が悪ければ国債の償還金が払えずに実際に破綻してしまうようになったわけですね。ですから、そんな経済環境の国を欧州連合に参加させたら大変だから、経済環境が「悪くない」ことの担保を取るために、PBが健全であることを制約条件として課したわけです。その結果、

世界の基礎的財政収支対GDP比 国別ランキング・推移
https://www.globalnote.jp/post-12144.html

を見ればわかるように、欧州連合加盟国の対GDP財政赤字のワーストワンである世界第112位のルーマニアでも -1.69% と、3%以内の条件をクリアーしています。
 ちなみに、このランキングでは日本は149位で -3.74%と、マーストリヒト基準を満たしていませんから、ただでさえ「死刑の廃止が条件」のところで条件が満たされないだけでなく、マーストリヒト基準で見ても日本はは欧州連合に加盟できないということになりますね。もちろん仮に日本が欧州連合に加盟したら、日本の製造業の強さから、(相手国が通貨安で対抗することができなくなるので)ドイツ以上に対欧州で貿易黒字が積み上がり、たちまち「財政黒字」に転換して「財政規律が守られる」ことになるでしょう。しかし、このような「財政黒字」は他の欧州各国の財政赤字とバーターで得られる黒字ですから、いわば「弱い者いじめ」で得られた黒字ということになり、日本という供給王国の矜持としていかがなものか、と言わざるを得ません。        (続く)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世界はまともになりつつある [イハトビラキ]

平成9年(1997)の武藤嘉文国務大臣国会発言オーストラリアへ参りましたときに、オーストラリアの当時のキーティング首相から言われた一つの言葉が、日本はもうつぶれるのじゃないかと。実は、この間 中国の李鵬首相と会ったら、李鵬首相いわく、君、オーストラリアは日本を大変頼りにしているようだけれども、まああと三十年もしたら大体あの国はつぶれるだろう、こういうことを李鵬首相がキーティングさんに言ったと。》に発して、バブル後の日本に中国脅威論が広がった。パソコン通信の時代だったが、私もその雰囲気をよく記憶する。歴史教科書見直しの気運はその中で広まった。副島隆彦著「次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた」が出たのが平成18年(2006)、中国は驚異の成長を遂げて今、最も焦点の国である。

*   *   *   *   *

372:堺のおっさん :2018/08/02 (Thu) 13:40:46
host:*.ocn.ne.jp

米朝会談、米ロ会談と大きな節目が立て続けに続いた。
その結果、世界はどうなるのだろうか?
今アメリカは覇権国家の座を降りようとしているが、
アメリカ後は中国が覇権国家として登場する…、というのが
一般的な見方であった。しかし、もっと掘り下げなければ実像が見えない。

まず世界は中国の覇権国家化を望んでいるかというと、ほぼ拒否。
北もロシアも望んではいない。
それでも習近平は中国が覇権国家になることを宣言してしまった。
これには、もう一つの意味があって、中国国内に向けたものでもある。
中国の膨張主義は中国政府から発されているというよりも、
むしろ富裕層を中心とした層に突き動かされていると見たほうが正しい。
中国も一枚岩ではないようだ。

プーチン・トランプは先の首脳会談で長時間の密談を行った。
内容は一切不明であるが、おおよその推測はできる。
その肝は、北朝鮮を起点とした極東開発にアメリカも乗ってこい!
これは両者の利害が完全に一致するテーマでもある。

どうであろうか。中国の膨張主義を押さえて、覇権国家化を阻止する。
それほどにもプーチンは危機感を抱いているということだ。

覇権国家が登場すると、その他の国家は基本的には発展できない。
これからの世界はどこであれ、覇権国家の登場を拒否していくだろう。
多極化ともいうが、それは不安定化を意味するものではなく、
各国家が成長していくための舞台でもある。
アメリカも多極化の中でこそ復活する条件ができるというものだ。

*   *   *   *   *

そんな中、副島氏の重掲版で、王岐山国家副主席についての記事を読んだ。「ようやく 中国の一番の大物の人物が、表に出てきた。真打ち登場、である。」との紹介だった。その記事を読んで、中国には中国の必然性に基づいて今の中国がある、「覇権」という言葉に過剰反応しない方がいい、そう思った。「世界における正当な場所を求める善意のパワーだ」との言葉に、大丈夫、世界はまともになりつつある、そう思えた。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(27) 世界経済の基本的な対抗軸は「緊縮vs反緊縮」 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

前回と後先が逆になりましたが、昨日mesさんが紹介されていた記事、今読んでメモしておかねばと思ったところです。《世界経済の基本的な対抗軸は、もはやイデオロギーの右や左ではなく、「緊縮vs反緊縮」》というのです。mesさんの主張があらためて世界経済の流れの中に位置づけられます。

*   *   *   *   *

368:mespesado :2018/08/02 (Thu) 07:37:19 host:*.itscom.jp
 へっぴりごしさんのサイトで、NEWSWEEK日本版の記事:
世界が反緊縮を必要とする理由
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180801-00010004-newsweek-bus_all&p=1
が紹介されていました。そこで、松尾匡氏の『そろそろ左派は〈経済〉を語ろう――レフト3.0の政治経済学』について述べられており、この本が、正論が書いてあるのにサヨク界隈の一部で目の敵にされているようなので、この本を、早速Amazonで注文しましたw。本が届いたら、書評というか、感想文を書きこんでいきたいと思います。よろしくお願いします。

369:堺のおっさん :2018/08/02 (Thu) 08:57:16 host:*.ocn.ne.jp
>>368 メッさん
期待してます。経済学者も星の数ほどですが、いろんな理論で混乱。
松尾 匡氏はアベノミクスは新ケインズ主義であると断じ、庶民には恩恵が届かないと。
ジャー、ベーシックインカムを提唱すればいいのに寝。

*   *   *   *   *

以下、「NEWSWEEK日本版の記事:世界が反緊縮を必要とする理由」です。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(26) 「小さな負担で大きなサービス」! [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

当面しなければならないバタバタに追われて、mesさんの大事な議論のいくつか取り上げ損ねたのが気になりますが、今日の議論は重要です。

《現在の日本では、いくら通貨を発行(100兆円規模)して回収が少なく(50兆円規模)ても一向にインフレにならないわけですから、大きなサービスを小さな負担で提供することが可能です。つまり、大きなサービスのために「大きな政府」を選ぶか、小さな負担のために「小さな政府」を選ぶかという「究極の選択」をする必要がないから、両者の対立の図式にはならないのです。ですから、日本政府は、これらのいいとこどりをして、堂々と小さな負担で大きなサービスを提供すればよい。そして、今日の政治でこれを妨害しているのが、他ならぬ財務省だ、というわけですね。しかも大半の国民がこのことに気づいていない、ということが最大の問題なわけです。》

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

漢方医舟山寛のこと [安藤昌益]

家内は「昔の夏はこういうものだった」と言うが、この暑さただ事でない。数日前台風12号がほんのお湿り程度の雨を齎してくれたが、それ以外20日以上ずっと降ってない。祭りが終わった後の「オミサカアライ」、このところ毎年まちがいなくあったので、今年もあるにちがいないと思っていたのだが、ついになかった。(それほど異常だ。)大正10年(1921)に熊野のお獅子を大清水神社まで御出動願って雨乞いした記録がある。お獅子が集結する8月7日の七夕、雨乞いしなければならないのではないか。

よもやま歴史絵巻 表紙.jpg例年のことだが祭明けのこの時期、本業はじめ何やらかにやらでとにかく忙しい。とりわけ今年は「よもやま歴史絵巻」、なんとか8月18日のえくぼプラザ出張展に間に合うように冊子化にこぎつけたい。新たに今年度版5枚追加したくて、それも冊子に含めたくてまだその段階でまごまごしている。資金調達の予約は1000冊分ほど集まって資金的には大丈夫。2000冊発行できそうだ。500円を300円(10冊単位)、しかも予約部数に合わせて広告を掲載します、といういい条件なので、できてから「言ってくれればよかったのに」と言われることも心配しなければならない。(まだ間に合います。ご希望の方はご連絡ください。)

安藤昌益 通信2018.7.1.jpg新たに作る分に、今年になって急浮上した、安藤昌益の医統に連なるという「舟山寛」を取り上げたいと思っていたところに、「安藤昌益と千住宿の関係を調べる会」の矢内信悟事務局長から「会通信第86号」が、私が答えねばならないいくつかの課題とともに届いた。矢内氏による「調査研究の『新たな10年』に向けてー川村寿庵の弟子舟山寛について報告する(その二)―」が掲載されている。実は矢内氏とは6月にもお会いしているのだが、ここに書かねばと思いながら書きそびれてしまっていた。とりあえず、その中から宮内関連部分を転載させていただきます。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(25) ボランティア頼みでいいのか [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

8年間岡山に住みました。災害のない地域だなあとずっと思っていました。このたびの豪雨災害でその思いは覆えされました。知合いの住む場所は大丈夫そうだと思っていたのですが、白桃を送ってくれた友人へお礼の電話をして奥さんと話したら、職場の同僚の家が真備町で2階まで水が上がってかける言葉もない、ということでした。昨日届いた暑中見舞いには、同級生の何人かが被害に遭ったと書いてありました。真備町の惨状は津波の被害と同等に思えます。それにつけてもこのクソ暑い中でのボランティアの様子が報道されるたび、ほんとうに頭が下がります。

南陽市地域福祉計画.jpg昨年度、南陽市地域福祉計画策定委員を務め何回かの会合に出席しました。眼目は【共助・公助】から住民主体による【自助・互助】重視へ、ということでした。異和感があって発言しました。地域福祉計画策定委員会最終会合の後こう書きました。

《この計画の眼目は、行政・社協による【共助・公助】よりも、住民主体による【自助・互助】への傾斜。いわく《少子高齢化や財政状況から、「共助」「公助」 の大幅な拡充を期待することは難しく、「自助」「互助」の果たす役割が大きくなることを意識した地域づくりが必要となります。》(2p)そうして打ち出さ れた〈基本理念〉が、『市民一人ひとりの取り組みと住民相互の支え合いの町 南陽』。このことに関連して第二回会合でこう発言した。「市職員の姿勢が問われる、その視点がなければ市民の共感は得られない。これまでの『公助』『共助』頼みから、ボランティアをあてにする『自助』『互助』に比重をおくと言っても、市民は簡単には納得しない。」この発言が計画の中にどう反映されたかたよりないが、今回は長く民生委員を務めた委員から「福祉人材の 育成・確保」の項の〈地域支援推進員(支援員)の育成〉が問題にされた。「そう簡単なことではない」と。「いつもいつもボランティア頼みでなんとかなると 思っては困る。」》

このたびのmesさんの問題提起に共感しました。ボランティア頼みの根底にあるのは「財政赤字で金がない」という財務省感覚であることに気づかされました。今頃遅いのですが、そのことを問題にすべきでした。(いつも気づくのが遅い)

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

飯山一郎さん追悼集成 [飯山一郎]

23日夜の「祭はじめ」に始まり、26日の「総社祭」と獅子冠事務所の反省会で今年のお祭り終了。その最中で知った飯山さんの訃報でした。心筋梗塞経験者として他人事でない思いでしたが、私は私なりの「自灯明」感覚(明石原人さん)で生きています。医者の言う通りに生きていたら神社の石段を上ることもできません。今年は志願したわけではないけれども昨年に引き続き「箱添」役を務めました。頭取がお獅子の入った箱を負い、その脇を固める役です。3年前大動脈解離で生死の間をさまよった82歳の頭取共々無事生還です。頭取はむしろ病気の前より元気です。拝殿前でお獅子を舞いました。私も第三立場(タテバ)の鏡池前で舞わせていただきました。大丈夫、生かされている、この感覚を今年も得ることができました。

「放知技」板では飯山さんへの追悼の言葉が引きも切りません。それぞれに胸打たれる思いです。とりわけ読み返したい文章をメモっておきました。転載させていただきます。

*   *   *   *   *

故飯山一郎氏による、日本人の希望と力強い生き方を発信し続けた功績に感謝する。

                                    ・
1:堺のおっさん :2018/07/24 (Tue) 17:58:18
host:*.ocn.ne.jp
平成30年7月20日の未明に、飯山一郎先生が急性心不全にて永眠されました。享年72歳でした。
飯山一郎先生は以前にも心筋梗塞で入院されたことがあり、今回は三回目の発作でした。
2005年に心臓発作で倒れた時は生死の境を彷徨いましたが、病を強い意志で克服してきた13年間でした。

7月23日、ご遺族のご意向により家族葬にて葬儀がしめやかに執り行われました。
ファンの皆様からのご要望により、「飯山一郎先生を偲ぶ会」の開催を検討しております。
場所や時間などの詳細は後日改めて発表させていただきますのでご了承ください。
皆さまのご理解とこれまでのご支援に、心より深く感謝を申し上げます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

訃報 飯山一郎さん [飯山一郎]

ほんとうに驚きました。「放知技」板に書いてきたところです。

*   *   *   *   *

まさかの報せでした。
堺のおっさん、野崎博士とともに、
パソコンに向かう隙もないほどの濃密な時間を過ごしておられるものとばかり思っておりました。

夕べ7時すぎ、9年前に心筋梗塞を患った私にとっては命懸けの祭りの大役を果たし終え、
ヘトヘトヘロヘロになって家に戻って最初に開いた「てげてげ」、
やはり更新されていないことを確認して「文殊菩薩」へ。
あまりに突然のこと、信じられないまま「放知技」板へ。
少しずつ現実が自分のものになってきました。
すぐにも何か書きたい、書かねばと思いつつ、そのまま寝入って今朝を迎えました。
その後の「放知技」板を読みながら、
私にとっての飯山一郎さん、飯山さんなかりせばに思いを致しました。
そうして今朝最初に開いた本(『ハンナ・アーレント』矢野久美子著 中公新書)で
目に飛び込んだのが「死者との交わり」、
カール・ヤスパース追悼式典でのアーレントの言葉です。
ヤスパースに飯山さんを重ねつつ読ませられました。
今朝この文章に出会ったのも意味あることのように思え、
僭越ながら転載させていただきます。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(24) 若者のカジノ法案評価 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]


【10・20代男性の期待値大】FNN世論調査。カジノ解禁を含むIR実施法案による経済効果について、期待するが31.3%で、期待しないが62.0%。 10代、20代の男性に限ると期待するが63.4%で、期待しないのダブルスコアで上回る。 非常に興味深い…。

 

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(番外8) KYふたり(小泉&山崎)のKY性 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

大きく様変わりした時代についてゆけない古い世代の政治家として、小泉氏と山崎氏が浮き彫りになります。《「経済の仕組み」とか「外交の手練手管」とかの重要性》が理解できないKYふたりのKY性の指摘です。(もっとも小泉氏は《何らかの原発以外のエネルギー利権の代弁者だからわかっててああいう主張をしてるのかもしれ》ない)

われわれ世代までの感覚が、それ以降の若い世代になるにつれてどう変わっていったか、そのことを象徴する議論がありました。山崎氏の言い分に対するmesさんの批判です。

>  昔は学生運動が盛んだったが、今はないから。昔は自由主義だ資本主
> 義だ民主主義だ、共産主義だ社会主義だとそれぞれイデオロギーを信奉
> して学生運動にまい進した人が多かったのですよ。

>  今はイデオロギーがない。あなた(記者)は何主義ですか?って聞か
> れて答えられないでしょう。ありません、ただ生きているだけ。飯を食
> わなくてはいけないからこういう仕事をしています、と。

 わっはっは。この人、イデオロギーを持つ方がエライと未だに思ってるわけですな。イデオロギーを持つということはイコール特定の思想に洗脳されることだ、というのは、1980年代以降、世界で共産主義や新自由主義といったイデオロギーが次々に失敗するのを見ている今や若い人には常識。彼らは一つ一つの政治案件に、そんなイデオロギーによらないで、是々非々で判断しているだけでしょ。

昨日ちょうどそこを読んでたまらなく共感したハンナ・アーレントの考えに通じ、私なりのシンクロニシティ体験でした。

《アーレントは、複数の人びとか距離をもって共有する世界を媒介とせずに人びとか直接に結びつく同胞愛や親交の温かさのなかでは、人びとは論争を避け、可能なかぎり対立を避けると語る。彼女はこうした同胞愛や温かさが不必要だと宵っているのではない,それか政治的領域を支配してしまうとき、複数の視点から見るという世界の特徴が失われ、奇妙な非現実性か生まれると言うのである。複数の視点が存在する領域の外部にある真理は、善いものであろうと悪いものであろうと、非人間的なものだ、と彼女は言い切る。なぜなら、それは突如として人間を一枚岩の単一の意見にまとめ、単数の人間、一つの種族だけか地上に佐むかのような事態を生じさせる恐れがあるからである。世界喪失への危惧はこうしたところにも存在していた。》(179-180p)
ハンナ・アーレント - 「戦争の世紀」を生きた政治哲学者 (中公新書)

ハンナ・アーレント - 「戦争の世紀」を生きた政治哲学者 (中公新書)

  • 作者: 矢野 久美子
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2014/03/24
  • メディア: 新書
中公新書 2014)

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -