So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

白川前日銀総裁は結城豊太郎をどう評価したか(5)人間としての結城総裁 [結城豊太郎]

結城豊太郎先生遺芳録DSC_0400.jpgそもそも10月9日デフレで滅んだ戦前の日本で、 金解禁に係る井上蔵相の二つのミスが指摘されています。①円とゴールドの交換レートを以前の水準のままにした結果、金解禁のために準備したゴールド3億円 の70%以上がわずか6ヶ月で海外流出したこと ②金解禁前年の世界恐慌の始まり(1929)を甘く見て、結果的に日本の輸出産業を壊滅状態に追い込んだ こと、この二つです。結果的に昭和7年(1932)5月15日の犬養首相殺害を経て政党政治の終焉、軍部による実権掌握、そして戦争への道を歩むことにな ります。とすると結城豊太郎の役割は井上蔵相の失敗の始末をつけることではなかったのか、というのが今朝の段階の私の理解です。ただ結城に「井上蔵相の失 敗」という認識があったのかどうか、その辺に関心を向けてみたいと思ったところでした。》と書いたことに端を発する白川前日銀総裁講演録の転載でした。「井上蔵相の失敗(井上暗殺)」→「髙橋財政による景気回復」→「軍事予算増大の見直し」→「2.26事件(髙橋暗殺)」→「馬場蔵相による軍事予算拡大」→「結城蔵相登場(林銑十郎内閣)」→「1割削減予算案」→「林内閣退陣、近衛内閣に」→「結城日銀総裁」の流れがよく理解できました。結局、結城総裁の意に反して時代は大東亜戦争へ向い、後世「悲劇の総裁」の評価に甘んじなければならなかったわけです。「過去を語ろうとはしなかった」、その思いがよくわかります。工藤宗一郎先生13323796951.jpegただその分、郷土への思いの深さはひとしおだったにちがいありません。その証しが臨雲文庫であり結城豊太郎記念館なわけで、南陽市民としてほんとうにありがたく思います。10月13日に結城記念館で開催された文化講座で結城亮一さんと牧野房先生の話しを聴いてきたところです。今の記念館、なんといっても加藤館長のはたらきがめざましい。それにつけても、黙々と大著『結城豊太郎先生遺芳録』をまとめあげられた工藤宗一郎先生の面影が懐かしく思い浮かんだことでした。


*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

白川前日銀総裁は結城豊太郎をどう評価したか(4)結城豊太郎の経歴(総裁就任まで) [結城豊太郎]

mespesadoさんの議論で結城豊太郎に関心が向いたところで白川批判の議論に出会い、あらためて結城豊太郎とリンクしたという流れの中で掘り起こした講演録です。そんなわけで「2.昭和初期から昭和12年までの経済・金融情勢」からの転載でしたが、あらためて「はじめに」「1.結城豊太郎総裁の経歴:総裁就任まで」を転載、その後に「5.人間としての結城総裁」「おわりに」で締めたいと思います。過去の記録に埋もれさせておくにはもったいない、前日銀総裁渾身の講演です。

            *   *   *   *   *
はじめに
 ただいまご紹介にあずかりました白川です。本日は日本銀行の大先輩に当たる第15代総裁である結城豊太郎総裁の記念館開館20周年、臨雲文庫開庫80周年の記念行事にお招きいただき、誠にありがとうございます。大変光栄に存じております。この行事の実施・運営に当たられた白岩南陽市市長、猪野記念事業実行委員会委員長、加藤結城豊太郎記念館館長はじめ、多くの方に心からお礼申し上げます。
 先ほど加藤館長からお話がありましたが、2012年11月に結城先生の遺徳顕彰会の方々が日本銀行にお見えになりました。そのときのことははっきり覚えております。ご高齢であった佐貝会長が、「長年遺徳顕彰会を運営してきたが、高齢になったので市にお返ししたい」ということで、わざわざご丁寧に挨拶に来て下さいました。そのときに昔の話をなさったのですが、奨学金を結城先生から貰われていて、半年に一度、今は日本銀行の旧館と呼ばれている建物の中にある総裁室にお見えになっていたそうです。結城総裁は直接、現金で奨学金をお渡しになったそうです。毎回、佐貝少年に「元気に勉強してますか」と声をかけたということですが、佐貝会長は、そのことを70年近く経っていたその時点でもつい昨日のことのように話されていました。それほどまでに大きな影響を残されている方はどういう方なのだろうと、私は当時から興味がありました。今回、こうした形でご招待いただき、喜んで参った次第です。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

白川前日銀総裁は結城豊太郎をどう評価したか(3)日銀総裁の役割 [結城豊太郎]

《大勢は世の中の大きな動きで決まってくるかもしれません。しかし、その中でどういったコースを進むかについては、中央銀行がやはり大きな役割を果たすと、自分自身は信じたい》。白川氏は自らを結城豊太郎に重ね合わせて語っている。戦争への道をひた走る「時代の空気」に抗しつつ抗しきれなかった「悲劇の総裁」結城豊太郎。では、白川氏が今感じ取っている「時代の空気」とは何か。おそらく私がそうであった、「安倍批判から安倍評価へ」に至る以前の感覚、すなわち安倍首相を「戦争屋」としか見れなかった感覚なのではないだろうか、そんな気がした。白川氏は「いい人」にはちがいないけれども、「日本人虐殺の戦犯」批判にも甘んじなければならない。mespesadoさんの指摘、《今日のように供給過多で内部留保が多く企業の借金の必要が無くなった社会では、たとえ景気が向上したとしてもその結果「税収が増え」て「財政再建」する、というような経済ビジョンを描くべきではありません。》(878)自国の大きな「生産供給力」こそが本質です。》(971)を深く認識すべきなのです。暗い未来に向けてひた走っていた結城豊太郎の時代と今とでは、全く真逆です。そう思う。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

白川前日銀総裁は結城豊太郎をどう評価したか(2)大きな流れに抗するも・・・ [結城豊太郎]

白川方明14323832081.jpeg「結城総裁時代の日本経済と金融政策」ということで、大蔵大臣、日銀総裁としての結城豊太郎がどう考え、何をしようとしたか、そして「悲劇の総裁」と呼ばれざるを得なくなった、その経過が見事に説明されています。そこから白川方明という人の考え方も浮かび上がります。白川氏色紙14325538702.jpeg結城豊太郎記念館の館長日記で白川氏の色紙を見て驚きました。見かけ通りのいい人です。

     *   *   *   *   *


3.結城総裁時代の日本経済と金融政策

 昭和12年2月、大蔵大臣に就任した結城豊太郎は、前任の馬場大蔵大臣——高橋是清の国債漸減政策を放棄して軍事予算拡大を図った蔵相——の路線を軌道修正します。大蔵大臣に就任した当日、結城蔵相は馬場前蔵相の編成した12年度予算案について、「物価騰貴、悪性インフレ誘発の懸念なきにしもあらざるゆえ、修正組替えを行う」と述べ、わずかな間に1割弱削減しました(3,038百万円→2,814百万円、2月12目閣議決定)。しかし、すぐに林内閣が倒れて近衛内閣が発足し(昭和12年5月)、結城豊太郎は大臣を辞めることになります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

白川前日銀総裁は結城豊太郎をどう評価したか(1)結城総裁登場前史 [結城豊太郎]

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(33)財政経済政策から見た現代日本史で、大東亜戦争に至る滅びの道は、大蔵大臣井上準之助の経済政策の失敗に端を発すると理解して、こう書きました。デフレで滅んだ戦前の日本で、 金解禁に係る井上蔵相の二つのミスが指摘されています。①円とゴールドの交換レートを以前の水準のままにした結果、金解禁のために準備したゴールド3億円 の70%以上がわずか6ヶ月で海外流出したこと ②金解禁前年の世界恐慌の始まり(1929)を甘く見て、結果的に日本の輸出産業を壊滅状態に追い込んだ こと、この二つです。結果的に昭和7年(1932)5月15日の犬養首相殺害を経て政党政治の終焉、軍部による実権掌握、そして戦争への道を歩むことにな ります。とすると結城豊太郎の役割は井上蔵相の失敗の始末をつけることではなかったのか、というのが今朝の段階の私の理解です。ただ結城に「井上蔵相の失敗」という認識があったのかどうか、その辺に関心を向けてみたいと思ったところでした。》
白川講演会14323832070.jpeg昨日のmespesadoさんによる1億人のための経済談義(36)財務省と日銀、そのバランスの取り方の議論は、「インフレ恐怖→デフレ→自殺者1万人増」の戦犯として白川方明前日銀総裁を槍玉にあげる事から始まっています。白川前日銀総裁は3年前に南陽市で講演しています。白川氏は、井上準之助、結城豊太郎をどう評価しているか。「2.昭和初期から昭和12年までの経済・金融情勢」でこう語っています。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(36)財務省と日銀、そのバランスの取り方 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

経済政策を進めるにあたって、財務省と日銀をどうバランスとるか(あやつるか)が大きな課題ということです。この度の議論、かたや日銀プロパーが総裁に就くのを阻止し、かたや財務省が徴税権に拘るのを阻止する、という両面作戦で行くしかありません》という結論です。そうしているのが今の安倍政権です。

結城記念館だより14341400090.jpegこの議論は、「インフレ恐怖→デフレ→自殺者1万人増」の戦犯として白川方明前日銀総裁を槍玉にあげる事から始まっています。実は白川前日銀総裁は3年前に、結城豊太郎記念館開館20周年・臨雲文庫開庫80周年記念ということで、南陽市で講演しています。私は聴けなかったのですが、市民大学講座運営委員会も共催していたので、実施報告書に講演録が載っています。演題は「結城豊太郎総裁と日本銀行」です。このたび引っ張り出して、ビックリしました。半端でない中味です。おそらく白川氏の校正を経ての掲載です。白川氏の現在日本の経済政策についての見解がわかるので、後ほど取り上げることにします。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ディープ・ステートの衰退と滅びが近い? [イハトビラキ]

今朝読んだ「文殊菩薩」です。ケネディJr.は飛行機事故で死んだように見せかけて、JFK暗殺の裏にいたブッシュやロックフェラーへの復讐をしているようだ。》にビックリ仰天です。

*   *   *   *   *

ヒラリーの機密情報アクセス権が剥奪される
ヒラリー
バイバイ!!魔女ヒラリー

米中間選挙まであと一ヶ月を切ったが、米国国務省がヒラリー・クリントン元国務長官の機密情報アクセス権を剥奪を発表した。

機密情報アクセス権の剥奪は元CIAブレナン長官に続く措置で、トランプ政権によるディープ・ステートへの大きな反撃となる。

国連大使ニッキー・ヘイリーの突然の辞任も、北方領土をめぐる日露の争いを煽るなど、彼女の言動に不審な点が見られたからであろう。

また、トランプを側面から支援していたQアノンと呼ばれる情報提供者は、JFKの息子であるケネディJr.である可能性が指摘されている。

どうやら、ケネディJr.は飛行機事故で死んだように見せかけて、JFK暗殺の裏にいたブッシュやロックフェラーへの復讐をしているようだ。

ヒラリーの没落は、ロスチャイルドやロックフェラーに操られたディープ・ステートの衰退と滅びが近いことを示しているのかもしれない。

野崎晃市(44)

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 

『安藤昌益からの贈り物 石垣忠吉の物語』 [安藤昌益]

安藤昌益からの贈り物―石垣忠吉の物語

安藤昌益からの贈り物―石垣忠吉の物語

  • 作者: 萓沼 紀子
  • 出版社/メーカー: 東方出版
  • 発売日: 2000/12
  • メディア: 単行本
安藤昌益の晩年を明らかにした二井田資料の発見者石垣忠吉の物語である。プロローグにこうある。《二井田資料から窺い知ることのできる安藤昌益は、温厚そうな、ごく普通の田舎親父像だ。烈しい革命家でもなく、高邁な哲学者でもない。彼、孫左衛門は医者としての見立ての確実さで村人の信頼を集め、預言者的な不思議な魅力によってカリスマ性を発揮する。あるときは村人独特の猥談で人を笑わせ、その猥談にも理屈のあることを語ってみせる。人はみな平等でなければならないと語り、自己中心主義的行為に激しい嫌悪の情を示す。こうした昌益の姿はあるところで石垣忠告と重なって見える。昌益と同じようにさまざまなことを独学で習得し、すべての人に差別なく真剣に向き合う。自己中心の考え方に、ことのほか抵抗し、人間の真実を見つめようとする。その忠告が昌益の足跡を捜し当てたのだ》。安藤昌益という人はきっとこんな人だったのかもしれない、石垣忠吉という人について、たしかにそう思わせられた。何よりもその夫婦の関係についてである。恥ずかしながらドキドキさせられながら読み終えた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(番外10) 安倍首相のしたたかさ [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

かつて私も安倍首相を戦争屋と考えていました。3年前、「安倍ちゃんは26社の軍事関連企業の幹部を引き連れて中東へ乗り込んだよ。」https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2015-01-22-1と書いています。しかし昨年来、「山口敬之『総理』 安倍批判がどこまで的を得ているか、その反省を迫る本」https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2017-04-30を経て、「安倍批判から安倍評価へ」https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2017-11-10 に変わりました。安倍首相のしたたかさ(マキアベリズム)に教えられることは多いです。その感覚は実生活上も役立っています。何がたいせつかを、気張らずに(冷静に)考えることができるようになりました。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

「宮内よもやま歴史絵巻」は宮内の「思い出話」 [宮内よもやま歴史絵巻]

無常という事.jpg10月2日のこと、南陽市倫理法人会で講話の機会を与えられて「宮内よもやま歴史絵巻」について語らせていただいた。北野達宮司が、小林秀雄が放ったアカデミズム歴史に対する有名な言葉(という)《過去から未来に向って飴の様に延びた時間という蒼ざめた思想》(「無常という事」)と対比させて「おもしろい歴史」と評価してくれたのがうれしかった。その出典、読んでもわからぬまま本棚の隅でしみだらけの新潮文庫(『モオツアルト・無常という事』昭和45年版)を引っ張り出した。

《歴史の新しい見方とか新しい解釈とかいう思想からはっきりと逃れるのが、以前には大変難かしく思えたものだ。そういう思想は、一見魅力ある様々な手管めいたものを備えて、僕を襲ったから。一方歴史というものは、見れば見るほど動かし難い形と映って来るばかりであった。新しい解釈なぞでびくともするものではない。そんなものにしてやられる様な脆弱なものではない、そういう事をいよいよ合点して、歴史はいよいよ美しく感じられた。晩年の鴎外が考証家に堕したという様な説は敢るに足らぬ。あの膨大な考証を始めるに至って、彼は恐らくやっと歴史の魂に推参したのである。『古事記伝』を読んだ時も、同じ様なものを感じた。解釈を拒絶して動じないものだけが美しい、これが宜長の抱いた一番強い思想だ。解釈だらけの現代にはいちばん秘められた思想だ。》自分についても他人についても生きている人間はつかみどころがないけれども、死んだ途端にはっきりした相貌を見せてくる。歴史には死人だけしか現れて来ない。従っで退っ引きならぬ人間の相しか現れぬし、動じない美しい形しか現れぬ。》その、のっぴきならないところを掬いとるのが思い出」というものだ。過去の方で僕等に余計な思いをさせないから「美しい」。《記憶するだけではいけないのだろう。思い出さなくてはいけないのだろう。》それに対して歴史家は《頭を記憶で一杯にしているので、心を虚しくして思い出す事が出来ない》。その結果としての《過去から未来に向って飴の様に延びた時間という蒼ざめた思想》。それはおそらく現代に於ける最大の妄想》と言っていい。大切なのは《上手に思い出す》ことである。・・・そうして気づいた。「宮内よもやま歴史絵巻」は宮内の「思い出話」なんだ、と。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -