So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「置賜発アジア主義」(6)雲井龍雄と内村鑑三 [アジア主義]

雲井龍雄と内村鑑三
対訳・代表的日本人index.jpg
  戦後教育で叩き込まれた「民主主義」を至上とする考えは、自分の中にもしっかり根を下ろしています。だから、内村鑑三『代表的日本人』の鷹山公の章の序を読んだとき、「えっ」と思いました。《徳がありさえすれば、制度は助けになるどころか、むしろ妨げになるのだ。・・・代議制は改善された警察機構 のようなものだ。ごろつきやならず者はそれで充分に抑えられるが、警察官がどんなに大勢集まっても、一人の聖人、一人の英雄に代わることはできない》《本質において、国は大きな家族だった。・・・封建制が完璧な形をとれば、これ以上理想的な政治形態はない》。そして時間が経つうちに、投票箱に頼る立憲民主制より徳ある君主を得た封建制に信を置く内村の考えの方が、本来まっとうな考えなのかもしれないと思うようになってきました。
 その内村が雲井龍雄を評価する文章を書いています。
友田昌宏氏の著で知りました。
 《内村鑑三は「萬朝報」(明治30420日) の社説で、「起てよ佐幕の士」と題して「諸士に賊名を負はせ、諸士の近親を屠り、諸士をして三十年の長き、憂苦措く能はざらしめたる薩長の族ハ今や日本国民 を自利の要具に供しつゝあるに非ずや、若し雲井龍雄をして今日尚ほ在らしめバ彼等ハ何の面ありてか此清士に対するを得ん」と雲井を引き合いに出しつつ薩長藩閥の専制を批判し、「嗚呼諸士の蒙りし賊名を洗ひ去るハ今なり、諸士何ぞ起たざる」と「佐幕の士」に呼ぴかけた。彼らは内村の呼び掛けを待つまでもな く、このような思いをより深く胸に刻み付け、自由民権運動に邁進していたのである。》(友田昌宏「雲井龍雄と米沢の民権家たち――精神の継承をめぐって」『東北の近代と自由民権白河以北」を越えて』所収)

 雲井龍雄は自由民権運動の中に甦ったのです。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「置賜発アジア主義」(5)雲井龍雄と曽根俊虎 [アジア主義]

雲井龍雄と曽根俊虎

雲井龍雄43dc652878e4f5a670f7d60ba9bd1ae8.jpg 曽根俊虎は三歳年上の雲井龍雄1944-1971)を敬愛して止みませんでした。尾崎周道著『志士・詩人 雲井龍雄』の最後の場面に、極めて印象深く曽根が登場します。  
 明治38月、雲井龍雄が米沢から東京に檻送され、小伝馬町の牢に送られる前の三日ほどを藩邸の獄で過します。名詩の誉れ高い「辞世」はここで生まれました。
  死不畏死  死して死を畏れず
  生不偸生  生きて生を偸(ぬす)まず
  男児大節  男児の大節
  光興日争  光日と争う
  道之苟直  道苟(いやしく)も直くば
  不憚鼎烹  鼎烹(ていほう)を憚(はばか)らず
  妙然一身  妙然たる一身
  万里長城  万里の長城
            龍雄拝
 尾崎は言います。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「置賜発アジア主義」(4)置賜的「アジア主義」 [アジア主義]

米沢藩士の「アジア主義」
 明治14年の福岡黒田藩士が中心となった玄洋社発足に先立ち明治13、日本におけるアジア主義(興亜主義)の原点であり源流とされる興亜会が設立されています。その前身は、米沢藩士曽根俊虎(1847-1910)、大八の父宮島誠一郎(1938-1911)等による振亜社でした。曽根は孫文(1866-1925)を宮崎滔天(熊本出身/1871-1922)に引き合わせた人物としても知られます。宮崎滔天は、中国革命の日本人支援者として中心的役割を果すことになります。

曽根俊虎250px-Sone_Toshitora.jpg曽根俊虎について狭間直樹京都大名誉教授その真っ当さを評価しています。曽根にある「万国公法」に基づく公平性、そしてその根底には、儒学的教養に忠実な「政治とは民生の安定にある」とする思想があったといいます。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

「置賜発アジア主義」(3)宮島大八(詠士)と中野正剛 [アジア主義]

宮島大八(詠士)と中野正剛
 明治14年(1881)旧福岡(黒田)藩士、頭山満1855-1944)、内田良平1874-1937)らが中心となって結成された玄洋社黒龍会)があります。アジア各国の独立を支援し、それらの国々との同盟によって西洋列国と対抗する「大アジア主義」を標榜した団体で、日本最初の右翼団体ともいわれます。「我が国勢を伸張する」という「遠大の見地から支那革命に参画」(黒龍会)、しかし大東亜構想の行き着くところ、帝国主義的野心と一体化、悲惨な敗戦への道をたどることになります。一時期、中野正剛(福岡出身/1886-1943)はその中心的イデオローグでした。
 実はもうひとつの「アジア主義」の潮流がありました。帝国主義的野心をもって戦火への道を開くことになる中野らとは明確に一線を画す
米沢藩と深く関わ「アジア主義」で。ふたつの「アジア主義」のちがいわかるエピソードが、木村東介1901-1992)の『女坂界隈』(1956)に記されています。田中角栄時代のご意見番として「元帥」の異名をもつ木村武雄代議士1902-1983)の一歳違いの兄で、無頼の人生を経て民族美術の発掘紹介に生涯を捧げた東介が、宮島大八1867-1943)との一度きりの出会いを記した一文です。日支事変(1937)から間もなく、木村が「雲井塾」を立ち上げた時のことです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「置賜発アジア主義」(2)息を吹き返す「真っ当なアジア主義」 [アジア主義]

 「アジア主義」

 明治以来日本には「アジア主義」とよばれる潮流がありました。19世紀後半に活発となった欧米列強のアジア侵出に対抗するため、日本が中心となって他のアジア諸国との連携を目指した主張や運動です。しかし結局、西洋流パ ワーポリティックスへの同調を余儀なくされ「大東亜」戦争へ、そして敗戦。以来「アジア主義」は帝国主義的侵略裏付けの理論と見なされ、さらには東アジア内部の深刻な対立の中ですっかり立場を失くしていたのです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「置賜発アジア主義」(1)はじめに [アジア主義]

4月に発刊される「懐風」に寄せた原稿です。一挙掲載と思ったのですが、11回に分けることにしました。

*   *   *   *   *

置賜発アジア主義

はじめに——「戊辰雪冤」

 上杉博物館の特別展「戊辰戦争と米沢」で上杉茂憲漢詩「戊辰討庄先鋒細声駅述懐」を見て、公の心中を思い心が震えました。慶応四年の秋、東北越後の奥羽越列藩同盟と薩長を中心とする新政府軍とが戦った戊辰戦争。同盟成立の中心を担った米沢藩でしたが、必死の戦い空しく新政府軍の前に屈します。戦さの倣いとはいえ米沢藩は、同盟庄内藩討伐の先鋒を命ぜられます。その軍を率いる上杉茂憲公24歳、月山六十里越細越駅で詠んだ悲痛の七言絶句です。

上杉茂憲漢詩.jpg  軽重自存義与情 軽重自ら存す、義と情と 
  暗揮双涙討同盟 暗に双涙を揮って同盟を討つ
  隊伍森然更無語 隊伍森然として更に語る無し 
  満山風雪発軍営 満山風雪、軍営を発つ
 早い冬の訪れで凍死者も出たほどだったと伝えられます。

 この日927日(旧暦)に先立つ829日、綱木峠で米沢藩降伏決断の報を小森沢琢蔵(宮島誠一郎の実弟)によって知らされた雲井龍雄は、夜半急ぎ峠を駆け下ります。
 
《米沢城下に着いたのは、夜明け近い時刻である。まだ人気のない、青白く光が澱む町を駈け抜けて、龍雄は真直ぐ千坂太郎左衛門の屋敷に行き、門を叩いた。/ だが、通された一室で、龍雄が見たのは、別人のような千坂の姿だった。沈着で、男気と智謀に恵まれた青年家老、米沢藩全軍を指揮した輝かしい総督の姿は消えて、罪囚に似た暗い顔を伏せがちな一人の敗軍の将がいるぱかりだった。千坂の顔は、戦場焼けして憔悴し、身体はひとまわり痩せている。》
(藤沢周平『雲奔る』)
 千坂から苦渋の思いを聞いた龍雄は、邸を辞して後、激しい喀血に襲われたのでした。
 それからほぼ一月後、庄内に向けての辛い出陣でした。その後、必死の工作効を奏して同盟相撃つ事態は寸前で免れたとはいえ、この間の思いは米沢藩苦衷の記憶として深く根を下ろすことになったはずです。茂憲公の沖縄県令としての奮闘、雲井龍雄の失業浪士救済に向けた奔走、宮島誠一郎の新国家中枢に入りこんでの人知れぬ影響力行使、いずれも「戊辰雪冤」の念あってのことにちがいありません。冤を(すす)がんとする切なる意志を以て迎えた置賜の近代、以来百五十年、この間この地に発した世界史的思潮の流れがあったことに気づかされました。今後の新たな時代に益するかとも思い、記させていただきます。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

朗報!消費増税が流れるかも/DS vs トランプ→トランプ勝利? [現状把握]

やっぱり。「10月の消費増税が流れるかもしれません」》
                                  
     *   *   *   *   *
                                 
997Conganas :

2019/02/15 (Fri) 22:11:12

   きょう確定申告の打ち合わせでやってきた税理士が開口一番
「10月の消費増税が流れるかもしれません」と言った。

「それは望むところだけど、何か税理士会で話があったの?」
と聞くと、
「国税から法人税がらみの通達が出たんですよ」
という。

法人税の節税保険の販売に規制をかけたらしい。
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190213-OYT1T50347/

この新聞記事は、きのうの税理士会で大きな話題になったようだ。

法人減税と消費増税はセットというのが税理士たちの共通認識という。
法人増税に相当する施策を打ってきたからには
セットの消費増税ができなくなる見通しが大という観測ができるらしい。

霞が関では、現下の世界経済の情勢がどの程度リーマンショックに近いのか、
各種の指標データを突き合わせて試算も繰り返されているはずだという。
https://toyokeizai.net/articles/-/265558

消費増税中止の信を問う解散総選挙
それこそが安倍さんの胸にある秘策だろう。
                  ・
  *   *   *   *   *
一方、文殊菩薩も。かねてより準備していた非常事態宣言により、トランプがDeep Stateに反撃できるかどうか、米国の内戦はいよいよ佳境に入った。》
     *   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書→トキメキ→健康 [こども園]

 こども園の卒園文集に書いた文章です。

*   *   *   *   * 

    読書→トキメキ→健康                

 ちょうちょう組のみなさん、そして保護者のみなさん、ご卒園おめでとうございます。明るい日差しの中、気持ちのいい空気をいっぱい吸い込んで、胸を張って新しい環境に向かって進んでいって下さい。

 NHKスペシャルでいい情報を知りました。AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン」の第3回、健康寿命がテーマでした。61歳以上のお年寄り、のべ41万人の生活習慣や行動のデータ(質問数600以上、10年以上の追跡調査)から、「本や雑誌を読む人」は多くの健康要素とつながっている一方、「読まない人」は不健康要素(「人生に嫌気がさすことがある」「社会に関心がなくなってきた」など)と数多くつながっていることが判明したのです。そしてその健康要素とのつながりの度合いは、「運動」や「食べ物」よりも高かったのです。このことを裏付けるデータも紹介されました。山梨県は健康寿命が全国トップクラス(男性一位・女性三位)です。その山梨県、運動やスポーツの実施率では全国最下位ですが、人口10万人あたりの図書館数が全国平均2.61館のところ、山梨は6.59館というものでした。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(53)「日本衰退論」(9) 「グローバリズム」その背景 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

mespesadoさんの議論に「機序」という言葉がしばしば出てきます。「ものごとが動いたり成り立っていたりすることの背景にある仕組み」のことです。mesさんの頭の中にはその「ものごとの機序」が見事にきちんと納まって入っています。「陰謀論」のようななんだかわけのわからぬブラックボックスはmesさんの議論には一切ありません。今回の議論、第二次大戦後の英国、米国の経済の流れから、「グローバリズム」の背景、「ネオコン」「ディープステート」登場の「機序」が見事に明かされています。mesさんは決して無理な理解を強いません。自然に理解できてしまうのです。読み終えると、それがあたりまえのこととして自分の「感覚」になっているのを感じます。「放知技」板で展開される見事な議論、流しっぱなしはもったいない、と転載させていただいたmesさんの経済講座、ひたすら自分のためにやってきたことですが、身近な人はじめ多くの方にも知っていただきたくて、無理お願いして南陽で語っていただくことになりました。5月18日(土)午後2時から、シェルターなんようの小ホールです。仮題ですが、とりあえず「mespesadoさんによる、世界を明るく見据えることができるようになる経済講演会」と銘打ちたいと思います。チラシ等できましたらその都度お知らせします。当日までには資料も作成します。 ご期待下さい。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(53)「日本衰退論」(8) グローバリズム、その「悪」の所以は? [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

mesさんが「理屈は尤もなところがあるが、どこか唯物的で人間に対して冷たいところがある」との感想をもったグローバリゼーションで貧乏人は得をする」《物理学では熱は高いところから低いところに流れ、やがてすべての温度が一定になります。経済学では同じモノがちがう場所でちがう値段で売られていたら、 安いところで買って高いところで売るという単純な経済活動によって儲けが出るので、やがて同じモノならひとつの値段に収斂していくのです。》とありました。私にはこの割り切り方がひっかかります。近所の八百屋さん、商品に値札はついていません。欲しいものを揃えると、ソロバンをはじいて金額を出してくれます。スーパーでの買物はひとつひとつの値段を気にしますが、ここでは気にしようもない。それでも何か言葉を交わしながら、買ったものに満足して帰るのです。昔のまんま、過去の遺物、いずれ無くなる・・・とは私には思えない。先に見える「限界費用ゼロ社会」「ベーシックインカム」、昔のまんまがまた息づくような気がします。

mespesadoさんにシェルターなんようの小ホールで講演していただくことになりました。5月18日(土)午後2時からです。いずれ詳しくお知らせしますが、とりあえず第一報です。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -