So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(22) 金融機関終わりの時代 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

これまでのmesさん理論の帰結するところです。まったく納得。短大出の娘が銀行の試験を受けたとき、「受かっても行くな」と本気で反対したものでした。その短大にとって銀行就職はいちばんいい方にランクづけられていたようです。落ちてホッとしたものでした。(最終審査、おそらく親の不徳の致すところだったのですが)

*   *   *   *   *

227 名前:mespesado2018/07/16 (Mon) 10:05:08host:*.itscom.jp
>>225
 リンク先の岩崎博充氏の記事:
日本国債めぐる、かつてないほどの異常事態
https://toyokeizai.net/articles/-/228734
を読みましたが、これは日本の財政政策の危機でも何でもなく、単に金融機関という業種の存続危機を素直に吐露しているだけの記事だな、と思いました。もともと金融機関って、余裕資金を持っている人から利息を付けるからという条件で、
オカネを吸い上げて起業や設備投資増強のためにオカネのない起業家に貸し付けることでオカネを回したり、
国家がインフラ整備のためにオカネを刷って供給するんだけども供給不足の時代にはインフレを防がにゃならんので国債を発行するという形でオカネを吸収する、という仲介業者として存在意義があったんですが、
①' 供給過多で消費は飽和し増産はもう要らない上に内部留保も積みあがってるから企業は借金しないし、
②'国家の生産力に大幅な余裕があるためいくらオカネを刷ってもインフレにならないから「市場から」オカネを吸収する必要がなくなった、という2つの理由から、金融機関の存在意義がそもそもなくなってきてるんですよね。

本当に金融機関の皆さま、ご愁傷さまです(って自分も金融機関に身を置いてるんですけどねw)。
 思えば金融派生商品などという美名のリスク隠し商品で天文学的な収益を上げてその後リーマンショックなどの大暴落を引き起こすなど、世の中のオカネのインフラもモラルも滅茶苦茶にした虚業としての金融機関の役割も、そろそろ幕引きの時期に来ているということじゃないでしょうかね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

獅子冠事務所 片平栄一さんへの弔詞(齊藤頭取) [弔詞]

精進固めの15日の朝、新聞で訃報を知った。享年87歳。今日が葬儀。今日から精進潔斎に入っているため、頭取はじめ獅子冠事務所員は参列できず、代読をお願いした。

*   *   *   *   *

        弔詞

 故片平栄一さんの御霊前に謹んで弔意を捧げます。
 沖郷から門前片平家に入った片平さんは、敬神の念篤い片平家代々の伝統を継ぎ、晩年に至るまで獅子冠事務所にご奉仕されました。対外的には、その古武士の如き風貌によって、事務所の威厳を示す象徴的存在でありました。一方、事務所においては、「門前、門前」とだれからも慕われ、ただそこに居るだけで安心できる、そういう存在でした。普段は一切余計なことを語らず無口でしたが、酒が入って気分が乗ると、昔の武勇伝をうれしそうに語られることもありました。沖郷の学校時代、走ることにかけてはこの辺では敵無しで活躍されたことをお聞きしたものです。この親にしてこの子ありと、仁君を思ったものでした。その仁君は、栄一さんの跡を承け、事務所になくてならない存在として、納所長の重責を担っております。栄一さんが立派に後継にバトンタッチされたことを、事務所一同、あらためてありがたく思わねばなりません。
 獅子冠事務所は、昨日の精進固めに始まり二十四、二十五日のお祭りまで、お精進に入っております。ために本日の葬儀への参列が叶いません。お祭りが明けた後、あらためて御霊前に参らせていただく所存です。
 ご家族の手厚い看護のもと、六年にわたる闘病生活から解放されて旅立たれた片平さんは、神様になられたような清々しいお顔でした。
 これまでの獅子冠事務所へのご功績に感謝を捧げつつ、獅子冠事務所がこれからも存分にその役割を果たし、お祭りが無事斎行されてゆくことを、ギラッと光る眼でしっかり見守っていただきたく、事務所一同お願い申し上げ、弔詞とさせていただきます。衷心より御冥福をお祈り申し上げます。
 ありがとうございました。
 
  平成三十年七月十六日
 
        獅子冠事務所
          頭取 齊 藤 喜 一

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(21) よくわかる金子勝批判 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

安倍批判から安倍評価への「変節」以前、2016年の暮れ、近藤洋介議員後援会主催の金子勝講演会を聴いたことがありました。黒田日銀は“マイナス金利政策”を導入したことによって、いつ債務超過に陥るか分からない危機に直面している。」「体制末期に手段がなくなり、後先考えずやるのが悪貨改鋳であり、紙幣の大量発行である。日銀券の信用を支える担保もなくお札を刷りまくる異常な体制がいつまでも続くとは考えにくい。安倍首相と黒田総裁は、後は野となれ山となれ、とでも思っているのではないか。」http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/180.html

金子氏の見立ては外れ、洋介議員は衆院選で議席を失う結果となりました。金子さん、まだ同じことを言ってますが、このたびmesさんによってあえなく轟沈。それより何より、200名超の死者を出した西日本豪雨、日本国中「明日はわが身」。日本全体の災害防止のためのインフラ整備は待ったなしの緊急政治案件》

教養としての土木学.jpg

土木新次元!(三橋貴明「全ての日本人よ、これが「資本主義」だ」)→https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12389651866.html

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(20) よみがえるワクワク感 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

石井威望.jpg《生産資産(固定資産あるいは資本)におカネを投じ、生産性向上で成長するからこそ資本主義です。資本におカネを投じるからこそ、投資です。投資によって成長するからこそ、資本主義なのです。》《今後の経営方針や政治の方針に技術革新の要素を組み込むという発想が全然ないんじゃないか》
80年代のワクワク感がよみがえった。今から35年ぐらい前だ。あの頃『Voice』を読んでいた。石井威望という名前を思い出した。検索したら元気でおられた。88歳、この4月に新刊を出されていた。シニア・マルチメイジャーのすすめ 21世紀高齢化への知恵』。《21世紀版「伊能忠敬」をめざせ。VR、AR、量子宇宙、ミトコンドリア共生…新たな次元がはなひらく21世紀は“第四次産業革命”まっただなか。超高齢社会のいま、五十にして測量を志した伊能忠敬のように、誰もがマルチメイジャー(複数の専門家)になれる! 》とあった。衝動買い。       
(『Voice』平成8年10月特別増刊号「日本の論壇500人」 見えていた石井威望、見えなかった三菱総研牧野昇 画面クリック拡大なります)
*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

「にぎわった頃の宮内を思い起こしてみよう」(鍾秀学)(3) 子どもたちの感想 [地元のこと]


先日子ども達の感想が届きました。みんなそれぞれいい感じに受けとめていてくれて安心しました。すぐお礼の文章を書きました。足りなかったことを補いつつ授業の記録も入れました。全員分用意して、昨日評議員会での授業参観(20分ぐらいで全クラスを覗く)の時渡してきたところです。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

発見!宮島詠士の書 [宮島詠士]

火然泉達 DSC_0076.jpg

今朝公民館に行って宮島詠士の書を見つけた。宮内図書館時代の本などがごちゃごちゃで手のつけようのない一部屋が、昨年新館長になって見事に片付けられた。その時出てきた扁額で処分寸前のところを、由緒ありげという館長の判断で捨てられずに窓際に無造作に立てかけられていた。明日「飯山食文化の会」の一行が来られるので、案内の一助にと以前作った「町歩きマップ」を探しに、めったに入る事のないその部屋に入って見つけた。「火然泉達」。正直のところ、まさか詠士の書とは思えず、てっきり尾崎周道かと思った。館長が「裏に何か書いてある」という。ひっくり返してみて驚いた。手だれの字でこうあった。

火然泉達 DSC_0080.jpg宮島大八先生之書

米沢出身 名は大八 詠士又は勗斉と号す/豊富な学識と崇高な人格 真に「東洋の君子」というべきである/昭和十八年七月九日逝去 享年七十七歳

扁額 火然泉達(ひもえていずみたっす)

この得難い書は山口町長の心尽しによって昭和三十五年庁舎落成記念当館に掲げられたものである

今書き写しつつ驚いた。なんと今日が祥月命日だった。七十六回忌。もう多言は弄さない。瞑すべし。

↓「火然泉達」の意。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(19)「ポリコレ感覚」相対化 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

今朝読んだ「ポリコレ感覚」相対化の議論に先立ち、一昨日もmesさんの重要な発言があったのを思い出してあらためて読んだ。今朝の議論への導入の意味をもつことに気づいた。「叔父と兄を粛清したからトランプに会えた金正恩」に納得。たしかに、「政治を正義や善悪で考えると本質を見誤る」。「東行 梅太朗の気になるニュース」ブログをはじめて知った。「東行」は高杉晋作のことだろう。志あるブログと見た。「毎日チェック」に加えたい。

*   *   *   *   * 

75:mespesado :2018/07/05 (Thu) 22:23:17
host:*.itscom.jp

東行 梅太郎の気になるニュース(2018-06-23)より↓
------------------------------------------------------------------------------
金正恩は中国が金正日の後継者候補としようとした、叔母の夫である張成沢
を粛清して死刑にし、実兄の金正男をクアラルンプールで暗殺した。その残
虐性がクローズアップされるが、いまになると、これが効いている金正恩
の対米接近を嫌っても中国もこの二人がいないから、かわりの指導者候補の
カードがないのである。中国を信用していない北朝鮮は、これを利用し対米
接近を図っている。トランプ大統領も金正恩委員長を引き付け自陣営に引き
込もうとする戦略が伺われる。アメリカが北朝鮮を利用して中国をけん制す
る構図にしたいのである。これは、中国を嫌う北朝鮮にも悪い話ではない。
中国とアメリカがお互い牽制する事により、その狭間で北朝鮮が経済援助が
得られる可能性があるからである。難しいのは日本の立場であるが、北朝鮮
が核兵器廃絶 拉致問題の解決があれば経済援助もでき、アメリカと北朝鮮
の関係が上手く行けば日本の国益には寄与するだろう。その場合は金正恩委
員長が反日を武器にしないのが前提となる。
------------------------------------------------------------------------------

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

手島郁郎「日本よ、永遠なれ」上映会 [新しい歴史教科書をつくる会]

手島郁郎 上映会チラシ.jpgもう20年近くになるが「新しい歴史教科書をつくる会」に関わることになったのは、県支部立上げに奔走する山形ビジョンの会のKさんとキリストの幕屋のTさん(現在ヨーロッパでがんばっている)によってだった。熱血漢の酒造会社社長Uさんを紹介して山形県支部長に担ぎだそうとしたところ、こんどは逆にUさんから事務局長に指名され、以来数年本気でがんばった。毎週水曜日の夜、十数名山形の千歳館に集まって議論した。それが2年以上つづいた。平成13年(2001)9.11に対する会の対応への疑義から距離を置くことになったが、私にとって当時の仲間は「同志」と言うにふさわしい。そのひとり、今や山形幕屋の重鎮たるYさんから「宮内で手島先生の映画の上映会をしたいので会場を紹介して」と言われたのが半年ぐらい前だったろうか。ワトワセンターを紹介して、その後「政教分離」抵触云々での曲折を経ながらもまもなく開催の運びとなっている。

私がキリストの幕屋を知ったのは、信頼を置く当時M興業社長であったNさんから「日本を本気で考えるいい団体がある」ということで『生命乃光』を手渡されたことによってだった。この団体についてはイスラエルとの関わりからいろいろ取沙汰されることもあったが、とことん善意の集団であることはまちがいない。安心できる人たちばかりと言っていい。そのまじめさ、真剣さは、今どき群を抜く。その団体の創始者手島郁郎という人のドキュメンタリーということでぜひ行ってみたい。原始福音を説く手島からイエスの実像が見えてくるかもしれない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

『AI時代の新・ベーシックインカム論』 「労働」観の転倒 [イハトビラキ]

新・ベーシックインカム論.jpgmespesado理論の先に見えてくるのはベーッシックインカム(BI)、そんな思いがあって『AI時代の新・ベーシックインカム論』(井上智洋著 光文社新書 2018.5)を読んだ。最終第5章も終わり近く、そこに著者の思いが集約されていた。いわく、《社会保障制度を変革せずにAIのみが高度に進歩した未来の経済はディストピアになるが、BIを導入し、これを反転させてユートピアにすることも可能だ。/ そもそもユートピアとは、資本家による搾取がない社会というよりも、労働が必要なくなった社会であると考えられる。労働こそが人間に疎外をもたらす根本要因だからである。》(272p) 前章まででベーシックインカムが制度的財政的に、それこそ「やる気次第」で十分可能であると納得させられるのだが、BI実現には制度整備と並行して意識改革を伴わねばならない。すなわち、「労働」観の転倒である。

人間の営みを「労働」「仕事」「活動」に分けて考えたというハンナ・アーレントの説が紹介されるが、よくわかる。マルクスによって極みまで高められた商品生産のための「労働」を高みから引きずり下し、永続性あるものの制作を目指す「仕事」と、人間としての正体を明らかにした社会的営みとしての「活動」の価値こそ上位に位置づけるべきというのだ。そうして開けるのがユートピアへの道である。

しきしま霊界訪問記.jpg実はそこで思い起こしたのが「しきしま霊界」であった。手元の『しきしま霊界訪問記』(神道天行居 平成6年)をあらためて繙いた。昭和9年4月に(1934)に友清歓眞先生が「石城島(しきしま)霊界」を訪問した記録で、《縁あって此の霊界に居住して居られる高井氏(仮名)を訪問することが許されて、高井氏から説明を聴いたことが六分、私が見たことが四分、それが此界における私の知識の内容である。仮に此界を『石城島霊界』と名づけておく。》(2p)とある。「労働」「仕事」「活動」に関わる箇所を抜き出してみる。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ベルギー戦を見終えて [メモがわり]

1点先取から2点目のスーパーゴール、それからしばしの間、いい夢を見せていただいた。香川選手のインタビュー、「受けとめにくい結果だけど、この結果を受けとめるしかない。・・・この結果、きっとぼくたちに意味あるものにちがいない。」試合直後の残酷なインタビューに、監督も選手もなんとか言葉を絞り出していたが、最後に登場した香川の言葉が深く響いた。

ポーランド戦の残り10分、むしろセネガルが1点取ってくれた方がすっきりする、そんな思いも過ぎらせながら2台のテレビの間を行ったり来たりしたものだった。その評価はベルギー戦の結果次第、そう思いつつ今日の試合を観ていたが、10分間のパス回し、〇としたい。かりに惨敗だったら×だった。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -