So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

構成吟「宮内八景」より(宮内地区新春懇談会) [詩吟]

1月6日の宮内新春懇談会オープニングアトラクションで、宮内岳鷹会20周年の構成吟「宮内八景」を1/3に詰めて披露した。4年前(平成26年)に新春宮内歌碑めぐり」をやったばかりで心苦しいところもあったが、「宮内八景」を聞いてほしくて立候補した。会員18名中17名が参加できた。とりわけ「宮中校歌」で会場を盛り上がらせたかった。こっちも歌っているので会場の声が聞き取れなかったが、終わっての拍手からみんな歌ってくれたにちがいないと思えた。8年前に統合なって歌われなくなった校歌だ。宮中の校長も初めて聞いたとのことだった。宮内の人間にとっては「若く純真な心に、宮内の、置賜の誇らしさを植え付けてくれた」ほんとうに大切な歌なのだ。鹿又会長がハーモニカで伴奏した。「よかった」の声を何人からも聞けた。

            *   *   *   *   *   

 
12-1始まり.JPG構成吟「宮内八景」より       
 あけましておめでとうございます。 
 宮内岳鷹会は、おかげさまで昨年創立二十周年を迎えることができました。その記念として、宮内の豊かな自然と歴史に思いを馳せ、「宮内八景」と題する構成吟を発表しました。新春を寿ぎ、その中からご披露させていただきます。


◎第一景 鳥居の場(全員)
 まず、宮内のシンボルゾーン鳥居の場です。十八年前、電柱電線が姿を消して空が大きく広がりました。その感動から生まれた「宮内讃歌」を全員で吟じます。

       宮内讃歌     宮内岳鷹会
 
  天広望熊森    天広やかにして熊森を望み
 
  地康懐四神    地康らかにして四神を懐く

     史悠千歳五    史悠かなり 千歳五つ

   菊馥潤宮民    菊馥りて宮民を潤す 
13-2天広やかにして.JPG14-3地康らかにして.JPG15-4史悠かなり.JPG16-5菊馥りて.JPG

17-6大銀杏.jpg
◎第二景 大銀杏(男性)
 秋が深まり冬が近づくと大銀杏が気になります。大銀杏の葉が落ち終えると初雪です。宮内で文房具の店を営んでいた鈴木藤吉は、宮内の情景に自分の心情を込め、多くのすぐれた歌を残しました。男性会員が吟じます。

       今朝一葉なき         鈴木冬吉
   みづからを振ひ落とせしもののごと今朝一葉なき大公孫樹たり
18-7みづからを.jpg19-8今朝一葉なき.jpg

20-9.秋葉山.jpg◎第三景 秋葉山(全員)
 「秋葉山かくもおおほらか」。東に在って宮内を見守る秋葉山のゆったりとした稜線は、宮内の人の心を和ませてくれています。山形百名山の一つに選ばれました。漆山中、吉野中と合併して、もう歌われることもなくなった結城哀草果作詞の宮内中学校校歌、力いっぱい歌った中学時代を思い起こして歌います。宮中卒業生でない会員も歌います。会場の皆様もどうか一緒に、思いっきり歌って下さい。若く純真な心に、宮内の、置賜の誇らしさを植え付けてくれた歌です。

       旧宮内中学校校歌   結城哀草果
   南に開く国原 吾妻嶺と呼び合う飯豊
   置賜は四季美しく 青空にいらかかがやき
   晴れやかにサイレン響く
   学校は知徳満ちみつ 来よ 来よ 来よ 共に学ばん
03-10.南に開く国原.JPG   
   秋葉山かくもおほらか 吉野川楽を奏でて
   宮内は四季おもしろく 青空にいらかかがやき
   高らかにサイレン響く
   学園は善と美が咲く 行け 行け 行け 共に遊ばん
04-11.宮中校歌2.JPG

05-12妹背の松.JPG◎第四景 妹背の松(女性)
 二本がつながる松は、日本各地どこでも「相生の松」として尊ばれてきました。双松公園の名の由来となった宮内の相生の松は「妹背の松」とよばれ、その姿形、歴史からして日本一です。宮内が製糸で栄えた昭和のはじめ、しばしばこの地に滞在した横山大観は、宮内のこの松をモチーフに「相生の松」と題する絵を残しています。超優良企業吉野石膏を須藤永次を支えて育て上げた妻るいも、誇らしげにこの松を詠っています。女性会員が吟じます。

       千とせふる          須藤るい
   千とせふる妹背の松は今もなほみどり色濃し里のほこりと
06-13ちとせふる.JPG07-14緑色濃き.JPG
08-15置賜平野.JPG◎番外 置賜平野
 しめくくりは結城哀草果の名歌「おいたまは」です。
 戦後間もない昭和二十三年の春、長井での講演を終えて乗った長井線、宮内あたりからの風景に感動してつくったといわれています。この歌の碑はいちはやく昭和三十四年、長谷観音に建立されています。十年前の宮内岳鷹会十周年に際し、私たちの指導者平岳謙先生に節をつけていただきました。今は置賜各地で広く吟じられるようになっています。この地に縁りあることの幸せに感謝しつつ全員で吟じます。

       おいたまは         結城哀草果
   おいたまは国のまほろば菜種咲き若葉茂りて雪山も見ゆ
09-16置賜は.JPG10-17若葉茂りて「.JPG

       *   *   *   *   *

11-18終わり.JPG 「宮内八景」の中から、五景を吟じましたがいかがでしたでしょうか。 
 宮内岳鷹会は、月三回月曜日午後六時半から公民館で、いつも楽しく研修しています。ぜひ仲間にお入り下さい。
 では、今年一年いい年でありますように。
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。