So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(番外4)「有機的知識人」たれ!  [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

6月25日の「mesさん経済談義」サヨクが若い人から見放されるワケこれからの国会における野党の存在意義、本気で考え直さないと居場所がなくなります。(やすえちゃん、わかってください!)」と書いた続きです。mespesadoさんが答えを探し出してきてくれました。

左翼やリベラルが現場に軸足を置き、上部構造の政治と連結して「有機
> 的知識人」であったのなら、日本の貧困問題、社会問題はここまで深刻
> でなかったことだろう。面倒くさがらずに、真面目な活動をしてほしい。

「現場に軸足を置いて上部構造の政治と連結させうる『有機的知識人』たれ!」

初めて聞く「有機的知識人」という言葉に納得、なんとなくわかった気分であらためて検索したら「思索的営為にふけりながらも、思索(=理論)を行動(=実践)に関連づけよ うとして、道徳的な目標を立て、政治的な目的のために支持者をつくり、それらを組織化し、連携・連帯させる精神的活動者」とありました。グラムシ(1891-1937)のintellettuale organico に由来するとのこと。

*   *   *   *   *

964:mespesado :2018/06/27 (Wed) 22:54:41host:*.itscom.jp
経済に関するウヨクとサヨクのルサンチマンの真相について ~
 ウヨクは在日半島人が生活保護の不正受給をしてる。ケシカラン!生活保護の給付対象は日本人に限定しろ!と文句を言う。
 一方のサヨクは大企業や金持ちがうまく税金逃ればかりして、庶民ばかりが正直に税金を搾り取られる。ケシカラン!金持ちからもっと税金を取って再分配しろ!と文句を言う。
 これ、どちらも「政府の支出は国民から払われた税金が財源である」という財務省の虚偽プロパガンダを真に受けて、これを当然の前提にしてるからこんなことを言うわけだ。
 税金なんて国家支出の財源でも何でもない。ハイパーインフレを防ぐための単なる国家自身が発行した通貨の回収に過ぎず、供給過多の日本ではそもそも通貨を回収しなくてもインフレにならないと知れば、こんなシバキ経済を主張する必要もないことがわかるはず。
 すなわち、在日半島人に生活保護を大盤振る舞いしてるというなら、日本人にも生活保護を大盤振る舞いすればよい。これで問題は解決。
 また、大企業や金持ちが税金逃れをしてるというなら、庶民も税金を税金逃れができるようにすればよい、というのも変なので、そもそも税金自体を廃止してしまえばよい。これで問題は解決。

 そもそも国家財政の「本質」をこれだけ暴露しても、ウヨクやサヨクはその説明に耳を傾けようとせず、相変わらず自分の主張を曲げないの は、彼らは本当は日本人(ウヨクの場合)や庶民(サヨクの場合)が損をしていることを問題にしているんじゃなくて、在日や金持ちが得をしているのが気に入 らない、いやもっとはっきり言うと、在日や金持ちが「悪質」なことをしているということが事実であって欲しい。なぜならそうであれば、日本人(庶民)であ る「私自身」は、ずるい在日(金持ち)という「悪人」を「糾弾」する「正義のヒーロー」であることができて、自己満足できるから!
 どうだ、図星だろ?w


966:mespesado :2018/06/27 (Wed) 23:47:35host:*.itscom.jp
>>964
 前に紹介したルサンチマンでウルトラ左翼のkojitaken氏が主催している「鍋パーティー」というブログのエントリー:貧困問題を政治利用するな
http://nabe-party.hatenablog.com/

藤田孝典さんという人の2016年のツイートが紹介されていたのが、まさに >>964 と同じことを言っているので引用しておきます:

藤田孝典@fujitatakanori
> 左翼やリベラルは、貧困問題を政治利用しないでほしい。「貧困を解消
> するために政治に働きかけるのではなく、政治を変えるために貧困問題
> を利用する」という転倒した構図が散見される。だから、政治活動は支
> 持や力を持ちえないし、失敗してきているではないか。いつになったら
> 自省するのか。

> 政治家や政党が貧困問題を利用するのは、百歩譲って理解する。しかし、
> 現場の実践者や支援者までも目的を忘れて、政治を変えることのために
> 貧困問題を利用するなら本末転倒である。思想・信条を押し付けず、真
> 剣に貧困問題を解決するために考えてほしい。

> 左翼やリベラルが現場に軸足を置き、上部構造の政治と連結して「有機
> 的知識人」であったのなら、日本の貧困問題、社会問題はここまで深刻
> でなかったことだろう。面倒くさがらずに、真面目な活動をしてほしい。

> 政治を変えるための基礎となる地道な社会運動や組織化(アソシエーショ
> ン)、情報発信、福祉実践(ミクロの相談支援活動)もなく、一過性で貧困
> を取り扱うとか消費するとか、やめてほしいとずーっと言ってる。なか
> なか伝わらない。

> 個別名や団体名を挙げたらキリがないです。従前の政権批判や政治批判
> を目的化した社会活動に傾倒しているものが多く辟易しています。貧困
> 問題は結局その道具なのです。「貧困問題を悪化させている政治が悪い」
> と言いたいだけの方が本当に多いです。貧困問題でなくても何でもよい
> のです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。