So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

発見!宮島詠士の書 [宮島詠士]

火然泉達 DSC_0076.jpg

今朝公民館に行って宮島詠士の書を見つけた。宮内図書館時代の本などがごちゃごちゃで手のつけようのない一部屋が、昨年新館長になって見事に片付けられた。その時出てきた扁額で処分寸前のところを、由緒ありげという館長の判断で捨てられずに窓際に無造作に立てかけられていた。明日「飯山食文化の会」の一行が来られるので、案内の一助にと以前作った「町歩きマップ」を探しに、めったに入る事のないその部屋に入って見つけた。「火然泉達」。正直のところ、まさか詠士の書とは思えず、てっきり尾崎周道かと思った。館長が「裏に何か書いてある」という。ひっくり返してみて驚いた。手だれの字でこうあった。

火然泉達 DSC_0080.jpg宮島大八先生之書

米沢出身 名は大八 詠士又は勗斉と号す/豊富な学識と崇高な人格 真に「東洋の君子」というべきである/昭和十八年七月九日逝去 享年七十七歳

扁額 火然泉達(ひもえていずみたっす)

この得難い書は山口町長の心尽しによって昭和三十五年庁舎落成記念当館に掲げられたものである

今書き写しつつ驚いた。なんと今日が祥月命日だった。七十六回忌。もう多言は弄さない。瞑すべし。

↓「火然泉達」の意。

*   *   *   *   *


孟子曰、人皆有不忍人之心、先王有不忍人之心、斯有不忍人之心、行不忍人之政、治天下可運之掌上、所以謂人皆有不忍之心者、今人乍見孺子將入於井、皆有怵惕惻隱之心、非所以内交於孺子之父母也、非所以要譽於郷黨朋友也、非惡其聲而然也、由是觀之、無惻隱之心、非人也、無羞惡之心、非人也、無辭讓之心、非人也、無是非之心、非人也、惻隱之心、仁之端也、羞惡之心、義之端也、辭讓之心、禮之端也、是非之心、智之端也、人之有是四端也、猶其有四體也、有是四端而自謂不能者、自賊者也、謂其君不能者、賊其君者也、凡有四端於我者、知皆擴而充之矣、若火之始然、泉之始逹、苟能充之、足以保四海、苟不充之、不足事父母。

孟子は言う。
「人間たるもの、誰でも他の人間に対して放っておけない心があるものだ。いにしえの王は、この他の人間に対して放っておけない心を持って、他の人間に対して放っておけないという政治をした。このように、他の人間に対して放っておけない心を持って、他の人間に対して放っておけないという政治をするならば、天下を治めることは手の平の上で転がすようにたやすいことだ。
人間が誰でも他の人間に対して放っておけない心があるという理由は、こういうことだ。
今、ちっちゃい子供が井戸に落ちかけていたとする。これを見たらどう行動するか?誰でもこれはいかん!とあせってかわいそうだ!と思って助けるだろう。その瞬間、これをネタに子供の父親母親に取り入ってやろう、などとと考えないだろう。地元の英雄になって友達から賞賛されたい、などと考えないだろう。見殺しにした薄情者めと悪名を受けるのはいやだ、などと考えないだろう。こうやって考えれば、惻隠の心(かわいそうだ、と思う心)がないのは、人間でない。
同様に、羞悪の心(悪を恥じる心)がないのは、人間でない。辞譲の心(ゆずってへりくだる心)がないのは、人間でない。是非の心(何が正しいことかまちがっていることかを区別判断する心)がないのは、人間でない。
惻隠の心は、仁の始まりだ。羞悪の心は、義の始まりだ。辞譲の心は、礼の始まりだ。是非の心は、智の始まりだ。この「四端」(四つの始まり)があるのに、仁義礼智の道を行えないと言う者は、自分の価値を貶める者だ。ひるがえって君主に仁義礼智の道を行えないと言う者は、君主の価値を貶める者だ。大体、自分にある「四端」を発展拡張していくことを知る者は誰でも、おこした小さな火がやがて大火となり新しく掘った井戸がやがてどんどん水を噴出すように仁義礼智の道を奥へ奥へと進んでいくのだ。これを大きくしていけば、やがて天下を安んじることもできるだろう。逆に、これを大きくしていかないならば、両親に仕えることすらできない。」


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。