So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

mespesadoさんによる1億人のための経済講座〈Ⅱ〉(5) 現実感覚による経済理論批判 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

mespesadoさんの経済論の真骨頂は、くらしの実感レベルで経済の仕組みが理解できることです。

《「価格メカニズムが働いて需要と供給がバランスする」ことと「景気が良好な状態にある」こととの間には何の関係も無いですよね?/ なぜなら、「市場にまかせていれば、価格メカニズムが働いて需要と供給がバランスする」というときの「需要」や「供給」というのは消費者や生産者にとって「本意」な需要や供給であるとは限らないからです。/ 恐慌ではない通常時でも、(特に日本以外では)貧富の差が激しく、貧しい人たちはオカネが無いので欲しいものも買えず、結局買えるオカネを持っている人たちの間だけで需要と供給がバランスしているだけですから、このバランス状態が維持されているからといって、すべての人が「満足している」わけではありません。貧しい人は消費を「諦めてしまっている」だけです。 恐慌における「不完全雇用均衡」というのは、単にこの「消費を諦めてしまっている」人たちの範囲が拡大しただけのことであって、通常時と仕組上何の違いもありません。》つまりそもそも新古典派が「神の見えざる手」などと形容した需要と供給のバランス理論は、そもそも景気が(消費者が満足する消費ができるという意味で)正常に維持されることを保障する理論ではなかったのです!》

「貧しい人」というのは、消費を「諦めてしまっている人」、「景気の好し悪し」とは、「諦め加減の如何」です。モノの豊かな世の中では「諦めてかえって幸せ」もおおいにあり得るわけです。

*   *   *   *   *

269:mespesado : 2018/01/28 (Sun) 17:23:28 host:*.itscom.jp
>>226
 さて、書評の連載の続きです。今回は第5章の「復活ケインズ理論と新しい古典派の闘い」です。
 この章では経済学の発展史が述べられています。
 経済学と言えば、昔は「神の見えざる手」で有名な、「新古典派経済学(Neoclassical Economics)」が主流で、「市場にまかせていれば、価格メカニズムが働いて需要と供給がバランスするから、政府は余計な手出しをしなくてよい」と主張されていて、それで実際の経済が説明できると思われていました。また、政府の財政も、収支が均衡するのが理想とされていました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

mespesadoさんによる1億人のための経済講座〈Ⅱ〉(番外編) 明日からでもできるベーシック・インカム! [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

康江ちゃん、必読です!
同胞に対するフリーライダーを許さない、という「ねたみ」根性。こういう、本能に(日本人には特に)刷り込まれている心理の問題さえ克服できれば、今の経済ルールを変更しなくても、ベーシック・インカムって、明日からでもすぐにでも実施可能なんです。》
その理由がだれにもよくわかります。なんと言っても「1億人のための経済講座」ですから。
*   *   *   *   *
260:猿都瑠 : 2018/01/26 (Fri) 22:53:18 host:*.au-net.ne.jp
安倍首相ってどうして国内では「お金がないから社会保障削減」とか言ってるのに海外にはばら撒きまくるんですか?
https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q13140912763
またまた、ベストアンサーが、神がかり的な回答ですね!
昔は、ヤフー知恵おくれなんて、揶揄されましたが、最近の回答者のレベルが、素晴らしい!(^_^)/

等と言う、Facebook上での知り合い。
メスさんに聞けと言いたいです(笑)
263:mespesado : 2018/01/27 (Sat) 10:15:26 host:*.itscom.jp
>>260
 リンク先読ませてもらいました。
 ワハハ、質問者もベスト・アンサー書いた人も、そのベストアンサーを称える人も典型的な「安倍憎し」論者ですよね。
 で、ベストアンサー以外の回答の中にかなりまともな意見がありますね。
 例えば 2015/1/2111:12:10 の fajekyuriさんの次の回答です:

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ひきこもり」を考える講演会の報告 [教育]

A4たて_表面 [更新済み].jpg1月24日、折り悪しくこの日から本格的寒波襲来。夕方になるにつれて雪の勢いが増してくる。この時期いちばん心配していた天気になったが、予想(期待数50人)の5割増し、75人の方においでいただいた。

演題は「ひきこもりの理解と対応」。講師は「特定非営利活動法人 から・ころセンター」スタッフで若者自立支援員の佐藤祐治さん

レジュメを参考に講演内容を反芻してみたい。(文字は私見

*   *   *   *   *

2015年12月の内閣府調査、15歳から39歳のひきこもり54.1万人というのはおそらく氷山の一角。 ひきこもり易い時代背景がある。
1.インターネット、ゲームなどの普及で外に出なくても社会と接点を持っているような気になれる。
2.親が必要最小限のお金を出してくれるため衣食住には困らない。(ただし親が働いているうちはいいが、年金暮らしになるとたちまち困る。)
3.深夜営業の店が増えて日中を避けて行動しやすくなった。

まさ1月24日-3.jpg豊かな社会ゆえの多様化現象のひとつと言える。「ひきこもり」を負の現象としてとらえていたのでは、ほんとうの問題解決にはつながらない。ジェンダフリーが提唱される中でマツコ的タレントが活躍するようになったような形が今後生まれるのでは。堂々としたひきこもり。

ひきこもり家庭への介入について、「親、当事者が両方SOSを出している場合はいちばん相談に乗れるが、どちらもSOSを出さない、いわば悟りを開いているような家庭には入り込めない。」そして何度も強調されたのが、「ひとりひとり問題がちがいます」。家庭内暴力を伴うような深刻なレベルもあれば、「ひきこもり」状態を生き方の一つとして割り切っているレベルもある。深刻な場合には夜中でも電話相談があったりする。そうした加入者からの相談対応は代表の伊藤さんがていねいにこなしておられるとのこと。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済講座〈Ⅱ〉(4) 戦後「ユダヤ的」支配下ゆえの日本の左派 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

「てげてげ」での指摘の通り「◆2018/01/18(木)現在と過去を比較すれば,現在が見えてくる」「◆2018/01/20(土)売国議員は,311の時は亡国議員だった」左派の存在意義低下に歯止めがかからない。これはとりもなおさず、日本が「両建て支配」の軛(くびき)から脱しつつあることの証しにほかならない。

「両建て支配」を説明するにいい文章を見つけた。根底的左派批判としてだけでなく、戦後教育批判としても急所を衝く極めて重要な文章だ。30年も前に書かれている。『日本人に謝りたい』モルデカイ・モーゼ著 日新報道/1979)

《ユダヤ人の思考法で最も基本的なものに、二元論と呼ばれるものがある。論理学的には二値論理といわれるものである。ユダヤ人は両建て主義ということが多いようである。・・・この二元論というのは、絶対に相容れない両極端の対応物を設定することから始まる。しかも宗教民族らしく、この二元論は多くの場合、倫理的要素が混入されているのである。したがってこの二元論は、善悪二元論、時によっては明暗二元論など、いろいろいわれよう。》《戦後、教育界に最初に持ち込まれたものに、○×式思考法がある。この思考法も見て分る通り、二元論の典型的なものである。》《教育界へ本格的に持ち込まれたのは、日本が最初である。・・・そこでつけた理屈が、主観主義の排除ということであった。つまり、科学的、客観的ということである。/しかし、その裏に創造的能力を奪うという大きな問題点を含んでいることは、何故か表面には出なかった。》《GHQを支配していたニューディーラーはいろいろな二元論的思考を戦後の日本へ植え付けたのであるが、教育界へ持ち込まれたこの○×式思考法により育てられた現在の中堅クラス以下の多くは社会、政治、経済その他あらゆる面でこの○×式教育を忠実に反映した思考法により諸現象を分析することにすっかり慣れているようである。/「保守」か「革新」か、「大企業」か「国民大衆」か、「戦争」か「平和」か、「経済成長」か「社会福祉」かなど、二元論花ざかりである。これらを持ち出しているのが共産党、社会党といったマルクス主義を絶対的な世界観、あるいはそれに類する思考をする政党であるからには当然というべきかも知れない。・・・マルクス主義は二元論から成り立っている虚構論理なのである。この○×式思考法なくしては、「革新」政党たるもの、今日まで生きのびることは不可能であったかも知れない。》ユダヤ長老が明かす戦後病理の原像)。

こう言われてからさらに30年、「革新」政党は「左派」として生き延びた。アメリカによる「ステルス支配低被発見的・隠密的支配)」が効いていたのだ。それが「トランプ大統領就任→緑・網の影響力失墜」によって、ようやく「日本独立」の光が差してきた。まさに「イハトビラキ」の始まりだ。暗い未来しか思い描くことのできない勢力は消えてゆかざるを得ない。

ここでのmespesadoさんの議論は、欧米の左派(リベラル)に比して日本の左派がいかに役立たずかの指摘である。

   *   *   *   *   * 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「アマゾンvs.アリババ」に日本企業メルカリが割り込む構図がすごい [現状把握]



    *   *   *  

《もはや人々はアマゾンというインフラなしでは暮らせないかもしれません。・・・いったんアマゾンの要塞に足を踏み入れたら最後、消費者も、事業者も、競合事業までもが囲い込まれ、このアマゾンの要塞のなかであらゆる経済活動が完結する。より正しくは、それを余儀なくされる可能性があるのです。》(273p) まさに実感、よくわかる。アマゾンの日本上陸が2000年11月、当時すぐ紀伊国屋から乗り換えたのは手軽さで勝っていたのだと思う。以来17年のつきあい。まもなく送料が無料になった。町に出ても書店に立ち寄る回数はどんどん減っていった。そのうち中古本が充実して、本屋で見つけた本もアマゾンで確認して、あれば中古本で手に入れる。さらに書籍にとどまらず、必要なものがあれば、先ずアマゾン。今では日を置かずアマゾンからの配達がある。そもそもそのアマゾンとはなにものか。知りたくて手に取った。一気に読ませられた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「ひきこもり」を考える講演会 [教育]

A4たて_表面 [更新済み].jpg1月24日の開催日まで8日しかなくあわただしいですが、共育ネットワークの「ひきこもり」を考える講演会チラシが今日から宮内中学校区内、回覧板でまわります。そもそも自衛隊音楽隊による演奏会の予定だったのですが、言出し団体で主軸となるはずの交番連絡協議会が会長の突然の退任で後退、それを受けて共育ネットワーク事務局会で議論の末中止の決断、急遽の代案としての講演会です。共育ネットワークの事業としてはずっとふさわしく意義深い。チラシづくりを担当しました。あ

「ひきこもり」についてはこのところ二つの記事を書いています。

まず、佐藤祐治さんの講演を聴いて、

・「から・ころセンター」のこと http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2017-11-28
次いで、地域福祉計画策定委員会に出席して、
・「ひきこもり」問題、解決のみちすじ http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2017-12-22-1

地域福祉計画案の《地域の中で子育て中の親、高齢者、障がい者等の孤立やひきこもりを防ぐ仕組みづくりや支援の方法について検討します。》という文言に関連してこう書いた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

mespesadoさんによる1億人のための経済講座〈Ⅱ〉(3) 戦後経済のインフレについて  [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

1301.jpgradio.jpg《高度成長下の日本における「所得増加率が物価上昇率を上回っていた」という事実は、まさに供給不足の解消のプロセスや食管法や出稼ぎ労働という時代の特殊性に依存していたメカニズム》
体験としての高度成長期がよみがえります。前回の朝ドラ『ひよっこ』(私の一級上がモデル)が再現してくれていました。(↑写真http://nikko.us/17/108.htmlから)

unnamed-3-1-1.jpg
*   *   *   *   *  
136 名前:mespesado 2018/01/13 (Sat) 15:16:46 host:*.itscom.jp
>>74
 さて、松尾さんの本の書評が第3章第2節のところで中断していました。
 著者は1930年代のアメリカのニューディール政策の例を挙げて、「オカネをジャンジャン刷ったのに、実際ひどいインフレになどならなかったことを実際の「マネタリーベース」と「消費者物価指数」のグラフを重ねることによって証明します。実際、1932年から1950年までで、マネタリーベースは5倍に膨れ上がっているのに、消費者物価指数は1.5倍くらいになっているだけです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

政府が「実は日本の財政破綻の可能性はない」と正直に国民に伝えれば、日本の財政問題は消えます。 [舟山やすえ]

E38284E38199E38188E381A1E38283E38293E8A6AAE5AD90a.jpg財務省による国民洗脳研修会のコメント欄にメモろうかと思ったのですが、mespesadoさんも「ジャンジャン拡散させましょう!」と言っておられるので記事にしておきます。要するに、政府が「実は日本の財政破綻の可能性はない」と正直に国民に伝えれば、日本の財政問題は消えるのです。「クニノシャッキンデハタンスル」という呪縛から解放されれば、夢いっぱいの明るい未来が開けてきます。まずもってだれよりも、やすえちゃんにわかってほしい!http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=16340424

◎関連記事 


*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キリスト教では「天地の結婚」 [イハトビラキ]

1-DSCF7384.JPGこども園に届いていた年賀状の中に「渇いている者には、命の水の泉から価なしに飲ませよう。」(ヨハネ黙示録216)の言葉を見た。かつて学校法人の理事として共に過した懐かしい佐々木牧師からの賀状だった。当時は山形市の本町教会、今は武蔵野教会におられる。(写真→ やまべ幼稚園の後藤和枝先生と佐々木潤牧師) 日々の聖句を記載したローズンゲン』という刊行物があり、今年1年の言葉として冒頭に掲げられているとのこと。

 

園長先生が「ローズンゲンというのはもともと『籤(くじ)』の意味で、今年当たったのがこの言葉」と教えてくれた。なんというタイミング、この時期にこの言葉が選ばれたということは、まさにキリスト教側におけるイハトビラキの啓示ではないか!と咄嗟に思えた。というのも「価なし」という言葉に「限界費用ゼロ社会」を思い、それがそのまま私の中ではイハトビラキにつながるからだ。

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

構成吟「宮内八景」より(宮内地区新春懇談会) [詩吟]

1月6日の宮内新春懇談会オープニングアトラクションで、宮内岳鷹会20周年の構成吟「宮内八景」を1/3に詰めて披露した。4年前(平成26年)に新春宮内歌碑めぐり」をやったばかりで心苦しいところもあったが、「宮内八景」を聞いてほしくて立候補した。会員18名中17名が参加できた。とりわけ「宮中校歌」で会場を盛り上がらせたかった。こっちも歌っているので会場の声が聞き取れなかったが、終わっての拍手からみんな歌ってくれたにちがいないと思えた。8年前に統合なって歌われなくなった校歌だ。宮中の校長も初めて聞いたとのことだった。宮内の人間にとっては「若く純真な心に、宮内の、置賜の誇らしさを植え付けてくれた」ほんとうに大切な歌なのだ。鹿又会長がハーモニカで伴奏した。「よかった」の声を何人からも聞けた。

            *   *   *   *   *   

 
12-1始まり.JPG構成吟「宮内八景」より       
 あけましておめでとうございます。 
 宮内岳鷹会は、おかげさまで昨年創立二十周年を迎えることができました。その記念として、宮内の豊かな自然と歴史に思いを馳せ、「宮内八景」と題する構成吟を発表しました。新春を寿ぎ、その中からご披露させていただきます。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー