So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

いま日本はどういう方向に向かいつつあるか [現状把握]

”いま日本がどういう方向に向かいつつあるか”についてイメージできる重要な議論が「放知技」板で展開されました。昨年7月に「日本の将来を見晴るかす(見霽かす)上で重要な議論」として、飯山一郎氏の「てげてげ」記事に始まる堺のおっさんの議論をメモっておきました。その議論を飯山氏は「国家社会主義者」である安倍晋三が,日本国を「国家資本主義」を目指して着実に改造してゆく流れ…/これが↑↑成功すれば,その行き着く先は…,ベーシックインカム!≫とまとめています。「国家資本主義」という言葉が私には新鮮でした。天然居士さんの問題提起に始まるこのたびの議論は、半年前の議論の延長上に位置づけられます。このたびの議論の飯山氏による結論です→安倍晋三は米国留学時代の2年間,リープクネヒトの国家社会主義論やヒトラーの国家社会主義論(ナチズム)を徹底的に学び,安倍晋三流の「国家資本主義」に書き換えました./簡単にいうと,安倍晋三の「国家社会主義」は,思想史学的には,「国家資本主義」に近く…/それが,現在の政策=国家財政で超優良企業の株式を買い漁り,大企業を(岸信介流の官僚ではなく)国家政府が支配してゆく!という政治手法に現れています./このことによって↑↑安倍晋三は,日本国内の超優良企業の外人支配を解き放ち,「日本政府支配」に一歩も二歩も近づけました. 

*   *   *   *   *

341:天然居士 : 2018/02/04 (Sun) 18:07:28 host:*.ocn.ne.jp

正直言って、私はアベノミクスはすでに破たんし、米中の景気上昇が止まれば、経済は沈没すると思っていました。
しかし、飯山先生流に視座を変えて考えると、なんとパラダイムシフトが起こりました。
マルクスは、資本主義体制が行き詰った先に社会主義体制が出現すると預言した。
水野和夫の言う通り、マイナス金利に突入した日本は、まさに世界で最初に資本主義の終焉期に至った。
社会主義とは、乱暴に言えば「市場を政治権力で牛耳る」経済体制だ。
かつての社会主義国は土地・生産手段・金融機関などを国有化し市場を無力化しようと試みた。
この結果、経済のダイナミズムを破壊し社会の停滞を招いた挙句、強権で国民の不満を押しつぶし自滅した。
アベノミクスは、金融・財政政策で市場を乗っ取り、「社会主義体制」を実現しようとしている。
安倍首相やブレインらは、そんなことはつゆほど思っていないだろう。
デフレからの脱出を追い求めているうちに、とんでもない時代の扉を開けてしまったのだ。
すでに、国債市場は日銀の大量購入で息絶えている。金利操作のハンドルは日銀の手の中にある。
株に関しても、今や日本の主要企業の筆頭株主の大半が日銀や政府機関だ。
株でも国債でも暴落しそうになれば、政府・日銀が買い支える。
市場はギャンブル性をなくし、ほとんど公認の八百長状態だ。
その気になれば、巨額な公共投資で工業製品などの市場も抑えることができるだろう。
市場の「見えざる手」を神から、政府が奪い取ることが可能になったのだ。
ただ、この「社会主義経済体制」を安倍首相がどう活用するかが問題だ。
一部の金持ちをより豊かにするためでは情けない。
史上最大の生産能力を最大限活用し、日本から貧乏人を一掃することだって可能だ。
ひとり月20万円ほどのベーシックインカムをばらまけば、日本経済はフル回転し、不況は吹っ飛ぶ。
政府の借金は塩漬けにしてしまえばいい。
市場に振り回されることがないのだから、恐慌も起こりようがなく、計画経済は意のままだ。
世界中が「社会主義経済体制」で統一できれば、貧困も資源の取り合いも戦争もなくなる。
安倍さんに、この「社会主義体制」に踏み切る覚悟と勇気があるのか。それが問題だ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感