So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「手をつなぐ育成会」 [地区長]

地区長関連の宛職もだいたい整理がついてきたが、昨日、「南陽市手をつなぐ育成会」の29年度最後の役員会。これがこの会への最後のお務めとなる。知的障害者を持つ親御さんたちによって結成された「手をつなぐ親の会」として始まったこの会、市内全戸に200円の賛助金を各地区を通して募集していることから、地区長連絡協議会長が副会長として年5回の役員会に出席することになる。2年間に10回、だいたい出席した。あらかじめのレクチャーもなくなんとなくその場を与えられて、わけのわからぬまま2年間が過ぎ、問題がようやく見えかけたところでお役御免という感じ。心残りがあるので書いておくことにした。

パラリンピック効果もあって、身体障害者への理解はかなり進んできたのではないだろうか。それに比べて知的障害者はどうだろうか。知的障害者として認定されると、都道府県知事より「療育手帳」が支給されて特別児童扶養手当をはじめとする様々な援助措置を受けることができる。南陽市では約200人。このうち「南陽市手をつなぐ育成会」会員になっているのが60名。(米沢市の場合は500名中50名。ただし、全戸から賛助金を集めているのは南陽市、高畠町、川西町のみ)

昨日、象徴的と思える話を聞いた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

副島理論の検証(1)「レイシオ」の思想 [副島隆彦]

副島隆彦氏は世界の「希望」を逆撫でするように、3月2日に米軍の北朝鮮爆撃は6月! 米、中が金正恩体制破壊を決行する日』、5月19日に迫りくる大暴落と戦争〝刺激〟経済』と2冊の著作を刊行した。5月17日以降の米朝首脳会談をめぐるせめぎ合い(放知技板248以降)は、「あるいは副島氏の予想もありうる」感を抱かせた。 

副島氏いわく副島img20180517225638.png《これからの日本及び世界の経済はどうなるか。私の予測、先見(せんけん)は、大きくP7の図(→)のとおりだ。この本が出て近いうちに株式市場で2回ぐらい大きな山が来るだろう。なぜなら、株式の次の暴落に対してアメリカは戦争〝刺激(しげき)〟経済(War boosts Economy. ウォー・ブースト・エコノミー)でなんとかエンジンをブオブオと吹かして景気を上げようとするからだ。/ トランプは「北朝鮮の金正恩に会う」と言ったが、この米朝の話し合いは、短時間でだめになるだろう。世の中に不安感が広がる。それで投資家も心配して、NYダウと日経平均はだーっと1回落ちる。1000ドル、2000ドル落ちる。日経平均も1000円、2000円ぐらい平気で落ちる。/ トランプは、ここで戦争(せんそう)によって経済を刺激する、押し上げるまさしくWar boosts economy.(ウォー・ブースト・エコノミー)を仕掛ける。戦争“刺激”経済とは、まさしく、「米軍による北朝鮮への爆撃」のことだ。戦争で経済を刺激する、のである。景気の落ち込みから脱出するためのアメリカの手口だ。》 

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんの経済談義(8)今後の世界わ <日本の常識わ 世界の常識> !! [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

虻農〇さんは先に目を見張るばかりの金正恩の一連の動きを「自然の摂理」と喝破しました。こんどは「米帝からすれば・・・・・北朝鮮以上に未だ日本わ不可解な国」と結論付けています。そこにいたる逆説的論理が冴えています。虻農〇さん、アブノーマル、ただ者ではありません。そしてmesさんとのやりとりを経ての結論、
>もう経済のイデオロギーをアメリカに依存するのはやめて、日本独自の価
>値基準を堂々と前面に出してもいい時期に来たように思います。

ほんの一昔前 <日本の常識わ 世界の非常識> と喧伝されましたが
今後の世界わ <日本の常識わ 世界の常識> となるのでわと夢想しております.
拍手喝采。その気持ち、よくわかります。その道筋、見えてきます。
*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんの経済談義(7)トランプをどう見るか [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

「トランプをどう見るか」をめぐって、堺のおっさん、飯山御大とのやりとりです。「優れた判断力を持つ」のか「見通しが甘い」のか。信頼できる情報源がない発言が大きくぶれるのも致し方ないとしても、そのホンネはしっかり理解できます。トランプ登場によって世界はまっとうな方向に動き出しました。
*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんの経済談義(6)どうやったら物価(賃金)は上昇するか [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

染屋の仕事もデジタル化したことで、手作業の時代に比べ格段に生産性が上がったにもかかわらず、時間的余裕はできたが、どうも「豊かになった」という実感が伴わない。手作業時代と同じ価格であれば儲かってウハウハなのかもしれないが、楽になった分価格は当然下がる。価格を決めるのも、昔は自分の商圏内だけで判断して通用していたのが、今はそうはいかない。「安い」情報がどんどん入る。染物のデジタル化に移行し始めて20年近くなるが、この間ずっとデフレマインド。価格もずっと据え置き、どころかぎりぎりまでの安さの追求。「値上げできる雰囲気」が待ち遠しい。
*   *   *   *   *
453:mespesado : 2018/05/26 (Sat) 13:40:58 host:*.itscom.jp
 経済学の用語に「フィリップス曲線」というのがあります↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B9%E6%9B%B2%E7%B7%9Aフィリップス曲線2009-05-21.gif 「縦軸にインフレ率(物価上昇率)、横軸に失業率をとったとき」のグラフをフィリップス曲線というのですが、これが右下がりの曲線、すなわちインフレが強くなるほど失業率が減少する、というのがフィリップス曲線に関する経験則です。で、その理屈は「期待インフレ率が上昇すると、名目賃金には硬直性があるため、実質賃金(=名目賃金/予想物価水準)が低下する。完全雇用が達成されていない短期においては、この労働力価格の低下を受けて雇用量が増加し、失業率が減少する。」のだそうです。
 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんの経済談義(5)農水省も同じ穴のムジナ [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

食糧自給率0105f5770f1b225a70dedddf9edfa2cc.jpg日本の「食料自給率」は、他の先進国に比べてほんとうにそんなに低いのか。世界標準は「生産額ベース」なのに日本の農水省は、ことさら低く見せるために「カロリーベース」で計算しているとの指摘。目からウロコです。

下記記事がありました。

日本の食料自給率「カロリーベース」の裏のウラ 正直、こんな指標は農業政策に無意味だhttps://www.sankei.com/premium/news/150504/prm1505040004-n1.html

康江ちゃんがアメノウズメの神様の役割を果すには自らをも斬る覚悟が必要、とのmesさんからの御指摘のように読めました。

*   *   *   *   * 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんの経済談義(4)康江ちゃーん、読んでくださーい! [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

与党も野党もごった混ぜになって、そしてそこから日本人の共通意思が自然(じねん)と醸されだす。そんな希望が見えてきます。 


*   *   *   *   * 


396:mespesado : 2018/05/23 (Wed) 22:56:09 host:*.itscom.jp
 元民進党参院議員の金子洋一氏のブログから
 
私が野党の党首ならこんな経済政策を掲げます
http://blog.guts-kaneko.com/archives/689 
> もし今このタイミングで野党の党首だったらどういう経済政策を掲げる
> だろうかというのは頭の体操としてとても興味深い問いだと思います。
 
という自問のもとで、
 
> 『金融緩和については拡充。財政政策については緊縮政策を離れる。成
> 長戦略については金融緩和の果実を利用する』というスタンスであるべ
> き
 
> 今、必要なのは増税ではありません。経済を回復させて、将来も安定し
> て働ける職場を増やし、家計の赤字を黒字に変える経済政策が必要です。
 
金融緩和は加速させなければなりません。
 
> 野党も胸を張って金融緩和を推進すべき
 
> 総額50兆円以上のファンドを創設。教育・子育ての無償化をはじめ、次
> 世代エネルギー開発、現状でも混雑・不足しているインフラ整備を大胆
> 拡充するなど、わが国経済の将来の成長を促すための投資ともいうべき
> 政府支出を増やします。(中略)このファンドは現在の歴史的な低金利
> を利用し、超長期国債を原資の中心とした国債の追加発行でまかないま
> す。
 
> 2014年4月の消費増税分約8兆円については、これまで約1/5しか社会保
> 障の充実・強化にまわされていませんでしたが、その配分を改め、全額
> 社会保障の強化にまわし、借金の返済には流用しません。

 
> 黒字化を口実とした理念なき財政支出削減は行いません。支出の削減に
> より、景気が悪くなるということもさることながら、将来の世代に対す
> る子育て支援、収入に関わらない公教育、生活の基盤となるインフラ整
> 備が真っ先に切り捨てられてしまい、わが国の将来が危うくなるからで
> す。
 
> 予算編成の中での、各省庁からの減税や新規施策要望の際に、査定当局
> が同額の事業削減を強制する「ペイ・アズ・ユー・ゴー原則」によって、
> 新規施策も往々にして看板の掛け替えに終わり、政策効果を削いでしま
> っています。これは戦略的な予算編成のためには有害無益であるため、
> 閣議決定を持って廃止します。
 
> 家族の年齢構成と所得に応じた「給付つき税額控除」(負の所得税)、
> 教育・子育ての無償化、生活保護の適用範囲拡大など所得再配分などの
> われわれの生活に密着した各種施策を同時に実施します。
 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

粡町自主防災訓練、参加者54名! [地元のこと]

22-DSCF8799.JPG5月20日、市の水害対応総合訓練に合わせて粡町自主防災訓練が行われました。一昨年は10月、昨年は6月、今年は5月とだんだん早まりました。昨年(6月25日)、さくらんぼ農家にとって一番の繁忙期との苦情で今年の5月になったとのことですが、新しい地区役員体制のところでは大変です。粡町もどうなるか心配でしたが、最高の天気となり、在住者122名中54名、昨年を超える参加者でした。(昨年48名。一昨年45名)若い人の参加が多いのも良かったです。一年に一度、粡町のみんなが一堂に会する貴重な機会として定着してきました。粡町にとって菅野市郎防災士の存在も大きいです。用意周到、貴重な話をしていただきました。その後、消防団による消火器使用訓練と放水訓練。今年から役員の元中学先生の進行も見事で、和気あいあいのうちに終了。そのまま解散するのが名残惜しいような集まりでした。

01-DSCF8754.JPG

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

松坂世紀記念財団奨励賞受賞(粡町商店街) [宮内よもやま歴史絵巻]

粡町商店街が「一般財団法人松坂世紀記念財団」の平成29年度奨励者に選ばれて奨励金5万円を受けてきました。受賞理由は次の通り。

        *   *   *   *   *
1-DSCF8745-001.JPG 「粡町商店街」は、衰退する商店街を再興するために、地元出身の著名人や地域の歴史を紹介する活動を平成21年度から始めた。当初は「天地人絵巻」の布幕を街角に掲示したことが始まりであり、今では「宮内よもやま絵巻」として32枚のアルミ製パネルを家の壁面や塀に設置し、歴史ミュージアムのような商店街に雰囲気を変えている。
 今後は、これまで作成したパネルを冊子にして多くの人に見ていただく計画であり、奨励金はその冊子作成費用として活用し、郷土の文化・歴史を後世に残していく意向である。

        *   *   *   *   *

松坂世紀記念財団.jpg10万円をあてにしての5万円で、これから冊子発行にこぎつけるまでの金策を考えると大変ですが、何より世紀工業の創業者堤菁氏の思いのこもった賞をいただいたことの感慨があります。置賜にあって堤氏は特別な存在のように思えていた方です。たまたま私の遠縁が堤氏と親しいことから、30年ぐらい前に一度お会いしたことがありました。ちょうど地図の線引きにはまっていた頃のことで、私とは全然レベルがちがうところで堤氏も同じようなことをやっておられ、そのお話をお聞きしたのでした。数学的に解明できたということで論文を書き、「ネイチャー」だったかに掲載してもらう段取りになっているとのお話だったような気がします。あの研究がその後どうなったのか。とにかく「プラスチック成型加工に革命をもたらした」という実業上の業績にとどまらず、文化的造詣の深さも別格でした。しかしその偉大さにもかかわらずネットで探しても堤氏についてわかるサイトが見つかりません。市の文化係が窓口だったのですが、応募に際していただいた資料の中に、亀岡博氏がまとめられた文章がありました。「松坂世紀記念財団」の松坂二郎氏についてもよくわかります。以下転載させていただきます。

        *   *   *   *   *

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんの経済談義(3)「放知技感覚」 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

現在の国際政治の見方の基本が示されています。「放知技感覚」と言っていいと思います。私自身「放知技」板の議論に学ぶことで身につけた感覚です。結論は「パワー・ポリティクスの時代」などとんでもない、「真の国際協調が可能となった時代」であるといえると思うのです。そういう意味ではリベラルがよく揶揄される「世界市民」的理想に実は近づいていると言えるのです。》です。昨晩の議論、飯山御大(232)への堺のおっさんの反応(235)《激しいせめぎあいの果てに出てくるのは、結局、新時代の大東亜共栄圏構想。それもロシアまで巻き込むスケールアップした途轍もない構想。アジアの繁栄を予見させます。また、これによりロシアでのネオコンの影響力が弱まり、プーチンの基盤が盤石になるなら、真にアメリカからアジアへ覇権の移行が完遂することとなります。トランプも安心してモンロー主義を前面に打ち出し、アメリカの再建に着手できるでしょう。その流れは、中東にも及びます。》に通底します。ウヨクサヨクは言うに及ばず、国境をも超えて広がる雄大雄渾の世界が見えてきます。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(1)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感