So-net無料ブログ作成

mespesadoさんによる経済談義(107)通貨発行をめぐる「タブー」 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

「フリーメーソン」という言葉とともに、いわゆる「ユダヤ陰謀論」について意識するようになったのは昭和60年代はじめだった。神道天行居修斎会での熊野秀彦先生講話によってだった。先輩から『神々の陰謀―闇の結社・フリーメーソンの世界支配戦略』(赤間剛)を見せてもらったが、それには反フリーメーソン団体の代表的存在として、神道天行居があげられていた。戦前から戦後、東北大学文学部が天行居の一大拠点だった。「猶太と世界戦争」(昭和18年)の愛宕北山は、奥津彦重東北大教授(独文学/1895-1988)のペンネーム。奥津先生は参玄社版「友清歓真全集 第二巻 天行林」(昭和48年)の帯に「日本民族の魂の原点に迫り 古神道霊学体系の太陽を明らかにした待望の名著!」としてこう記しておられる。

《若き日に、何ものかに促される思いがして端座し、或ることを体験して以来、世の常の霊覚者ないし霊術者の前に出て、彼等の所業を直視すると、多くの場合、その真似ーあえてその堂奥までもとは言わぬがーをすることができた。しかし、これによって大きな禍誤を犯さず、魔境ないし地獄にさらわれることのなかったかに見えるのは、幸運というほかはない。今にして思えば危険極まりない道を歩いたのである。その後幸いにして友清先生の御著書に接し、救われたの感がまことに深い。とは言え、ついに肉体的には、先生の前に正坐して、高教を承る機会を失したが、その理由は、今なおこの侏儒の身には不明である。おそらくは、生得の不精のためか、或いは身の卑小の故に、へだたりが余りに大きかったからであろうと察せられる。しかし、今、先生の御全集を前にして机辺に坐するとき、身をもって果たしえなかったことが、ここに実現されたとの感の切なるものがある。/平伏して、御全集全巻完了の日を待望し奉る。》

この全集には詳細な注解がつくが、その中心となったのが奥津先生の後進小野浩明治大学教授(1907-1997)。小野先生は一時期、天行居宗主の座にあった。また奥津先生は、『ユダヤは日本に何をしたか -我が愛する子や孫へ語り継ぎたい-』(原題『攘夷の流れ』)の著者渡部悌治先生(1912-?)の岳父。太田龍氏によって『攘夷の流れ』を知り、隠棲されていた酒田のお宅を訪ねたことがある。「新しい歴史教科書」運動の中で、鶴岡の荘内神社で2度講話いただいた・・・mespesadoさんの「ウラ事情」への言及でいろいろ思い出した。ちなみに「フリーメーソン→イルミナティ→国際金融資本」という理解の流れがあった。馬野周二氏、副島隆彦氏が関わる。亀さんによって「みち」が太田龍氏の流れを汲んでいることを知ったが、「みち」の同人安西正鷹氏の『お金の秘密』からも多く学んだ・・・とはいえ、私にしても、mespesadoさん言われる《この問題について、確かに何らかのタブーはあるのでしょうが、「どんなレベルの危険を伴った」タブーなのか、よくわからないというのが私の正直な感想です。》の通りです。渡部悌治先生に「危険を感じたことはありませんでしたか?」とお尋ねした時の答えは、「地を這う思いで生きてゆくこと。そうすれば健康で過ごせるものです」でした。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感