So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
現状把握 ブログトップ
前の10件 | -

「日中露合同軍事演習→日中露軍事同盟→在日米軍撤退」? [現状把握]

「まず平和条約を」のトランプ発言は、さらにその先、「在日米軍の撤退」までを視野に入れた発言であることが明らかになってきました。日本政府も呼応しています。トランプとも話しがついているはず、という。プーチンの平和条約締結の提案はこうした安全保障枠組みの大転換を見据えたもので、もはや在日米軍ありきの議論は不毛である。》

*   *   *   *   *

在日米軍撤退後は日中露軍事同盟成立?

日中露軍事同盟


先日お伝えした、ウラジオストク国際経済フォーラムでの日中露軍事同盟の話を、ようやくスプートニク日本語版が報道した(記 事)。
また、レコード・チャイナもスプートニクと同様の記事を伝えていることから、まさに中露が日本を抱き込み始めた状態だ(記 事)。
なんと、早くも来月には自衛隊の幕僚がロシアを訪問して、来年からは日中露合同軍事演習を開始するという、まさかの急展開なのだ。
しかし、自衛隊幹部が来月にはロシアと接触するということは、すでに日本政府とトランプ間では水面下で話がついていているのであろう。
というのも、日中露共同軍事演習と日中露軍事同盟は、トランプが検討している在韓・在日米軍撤退に呼応した動きだからだ。
中東でもシリア問題を契機に、トルコとイランがロシアと連携を強める一方で、米軍は中東から追い出されるような様相を見せ始めている。
同様に、極東でも北朝鮮問題の解決を契機に在韓・在日米軍が撤退すれば、日本は米軍無しで安全保障を構築する必要が生じてくる。
つまり、日中露軍事同盟は極東地域から米軍が撤退した後に、米軍に代わり中露軍に日本の安全保障をしてもらうのが主旨なのである。
プーチンの平和条約締結の提案はこうした安全保障枠組みの大転換を見据えたもので、もはや在日米軍ありきの議論は不毛である。

野崎晃市(44)

        *   *   *   *   *

堺のおっさんはこの見方を評価しつつ、《露中日の同盟は日米同盟と両立するものでなければ極めて危険な同盟関係となる可能性を持っている。》と慎重です

        *   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プーチン発言をどう見るか(9/16追記) [現状把握]

トランプ大統領の登場以来、世界の動きを見るのに「陰謀論的裏読み」の必要がなくなりました。真直ぐに見れるのです。真直ぐ見れるようになるための指南役が、私にとっては飯山一郎氏であり、堺のおっさんであり、mespesadoさんでした。このたびのプーチン発言をどう見るかも、放知技板は、9/12のひとことじいさんによる速報(733)以来、ぶれることなく本筋を示してくれています。(733735737743744745746750753754755757↓)

*   *   *   *   *

758:mespesado :
2018/09/14 (Fri) 22:08:30
host:*.itscom.jp
 北方領土問題については
2016年の鈴木宗男氏へのインタビュー記事:
鈴木宗男氏「北方領土への誤解が多すぎる」
安倍・プーチン1215長門会談へ大きな期待
https://toyokeizai.net/articles/-/145689

と、宗男氏自身による今年1月の記事:
鈴木宗男氏が展望する「北方領土問題の行方」
オリバー・ストーンのプーチン密着記を読む
https://toyokeizai.net/articles/-/203465

が圧巻です。特に、後者は小泉政権がネオコンのパシリで折角まとまりつつあった日ロ交渉のちゃぶ台をひっくり返したことなどに触れられており、
> それでも第2次安倍政権になったあとの2015年から再び日ロで交渉が始
> まった理由の1つに、西側の中で日本だけが小渕・森政権の時代に、チ
> ェチェンを人権問題としてとらえずにロシアの内政問題だとして、干渉
> しないという立場を表明したからです。

 なんと、今の安倍さんだけでなく、小泉政権の直前の小渕・森政権でも今の日露の良好な関係の足掛かりを作っていたんですね。こうして見ると、小泉政権時のネオコンの支配が、いかに日露関係を破壊した政権だったかがよくわかります。そして第2次安倍内閣:

> 2015年12月に私は安倍首相に呼ばれてこう言われました。

> 「来年は日ロをやりたい。ついては先生、協力してくれないか」

>  「空白の10年」を経て、もう一度日ロ関係が動き出したのです。安倍
> 政権は米国と違うスタンスでロシアと交渉する、しかも、交渉の基盤は
森政権が枠組みをつくった経済協力をしながら、北方四島のことを考え
> ていこうというものでした。
> その交渉で、2016年の12月には、北方領土での共同経済活動をすること
> がまとまりました。読売新聞や日本経済新聞が二島返還か、三島返還か
> とあおって書いたものだから、期待値が上がってしまいましたが、この
> 共同で経済活動をするということが合意できたということは大きな進歩
> なのです。

> というのは、プーチンは1956年の日ソ共同宣言の認識に立っていること
> を認めているわけですから、平和条約が結べれば領土問題は解決する。
> 平和条約の中に共同経済活動というのは含まれている。つまり平和条約
> への道が一歩進んだということなのです。

 現実も、この鈴木宗男氏の見立て通りになってきているように見えます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ネオコンの主目標はすべて排除された→新時代! [現状把握]

706:堺のおっさん : 2018/06/12 (Tue) 20:13:21  host:*.ocn.ne.jp

今回の米朝会談は、トランプと金正恩二人の成功であった。
CVIDは盛り込まれなかった。
非核化も「朝鮮半島の非核化」と表現された。
要は、ネオコンの主目標はすべて排除された。


707:飯山一郎 : 2018/06/12 (Tue) 20:41:27 host:*.dion.ne.jp>>706
↑↑
この短文が,本日の米朝首脳会談の本質の全てです!!!
まことに見事な“見透かし”です!>堺のおっさん

*   *   *   *   *

飯山御大によるその詳細解明↓ http://grnba.com/iiyama/index.html#ai06131

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

激動を読む一本の線(堺のおっさん) [現状把握]

「放知技」板の議論の流れがすごいです。在宅中はほとんど1時間ごとに追っています。(そんな中での30000000ゲットでした!)一日ごとの「文殊菩薩」ともダイナミックに絡み合いつつの展開、「激動の今」を生きている実感が味わえます。それだけでなく、「今」に密着しつつ、そこから「時代を超えた真実」が浮かび上がらせるのも「放知技」板のすごさです。それを実感したのが771774787788789790795797を経て以下の結論にいたる議論でした。
*   *   *   *   *
 

続きを読む


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

「官邸vs.財務省」=「リフレ派vs.増税派」 [現状把握]

今回,安倍と麻生が仕掛けた「熾烈きわまる政治闘争!」 /この死闘行方は↑↑(日本政治史に残る)『(最強官庁)財務省のカタストロフィ!!』という結末に向かっています.》(飯山御大)

和田正宗議員が太田理財局長に、「あなたは増税派ですね」「民主党時代に消費税増税を推し進めていた」「アベノミクスを止めさせようとしているんじゃないか」といった質問をした際、太田理財局長はうろたえ…「いくらなんでも、それはあんまり…。私どもはお仕えする身でありまして…。」と答える場面》(堺のおっさん) https://www.youtube.com/watch?v=pfamav-AjBQ&feature=youtu.be&t=18m21s和田政宗財務省に超絶マジギレ!【森友文書書き換え問題】2018年3月19日)18:22〜

「大宝律令以来の日本のしくみ(参考サイト:日米官僚同盟の正体:流出した外交公電から見る民主党鳩山・小沢政権崩壊の裏側が変わる!」と言われるほどの「官邸vs.財務省」バトルの展開です。ところが、マスコミに乗せられた野党議員にはこのことが理解できない。そもそもマスコミの安倍政権敵視の理由は、30年度中に法案提出を図る電波オークション導入にあるといいます。結果的に野党は、既得権擁護にまわって本来の民主化の足引っぱり。それよりも何よりも「官邸vs.財務省」とは「リフレ派vs.増税派」でもあります。増税派には自民党内反安倍派も含まれます。この問題は、昨年の地区長研修会(財務省による国民洗脳研修会)以来、このブログにとって大きなテーマのひとつです。mespesadoさんから教えられるところが大きいです。(参照→mespesadoさんによる1億人のための経済講座」)要するに、「金があるからやる」「金がないからできない」的発想の世の中から、「何が必要か」「どんな夢(ビジョン)を描いているか」がいちばん優先される世の中に変わりつつある、と私は思っています。

昨日来の「放知技」板の議論を転載しておきます。今朝の「てげてげ」は、そのまとめです。→政治のオモテとウラは全く違う!(【追記】 エリート官僚がシドロモドロでマジギレ

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

「放知技」感覚 [現状把握]

「放知技」板の首脳メンバーが一堂に会して語り合ったとのことです(>599)。そのメンバーのひとり猿都瑠さんが、そこで話された(おそらく)メンバーの共通認識を長文にまとめられました。一読して、日本の現状把握としてきわめて貴重な文章に思え、転載させていただきます。太字にしたのは私です。(読み返すのに便利なので)

*   *   *   *   *

615:猿都瑠 : 

2018/03/06 (Tue) 02:27:56

 host:*.eonet.ne.jp

土曜日の朝から飯山先生の講義を受けて、昼から誉田八幡宮を訪れた。
鳥居の一歩手前から既に何か神々しい何かが皮膚の感覚で感じられる。
宮司さんの説明を受け、応神天皇陵に向かって歩み始める。
出来る限りの接近を果たし、その塀の隙間から仰ぎ見る天皇陵の威容に圧倒される。
1400年前に出来た巨大建造物。その当時の国家権力の凄まじさに言葉を失う。
武家政治の祖、源頼朝が神輿(国宝)を寄進し、参拝した事実の意味を少しでも味わえた気分だ。

当然我が国である日本の事に思いを馳せる事になる。

日本の戦後70年とは、国民の国家意識を薄める為にネオコン戦争屋が全力を尽くし、旨味を吸い上げて来たと言えよう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いま日本はどういう方向に向かいつつあるか [現状把握]

”いま日本がどういう方向に向かいつつあるか”についてイメージできる重要な議論が「放知技」板で展開されました。昨年7月に「日本の将来を見晴るかす(見霽かす)上で重要な議論」として、飯山一郎氏の「てげてげ」記事に始まる堺のおっさんの議論をメモっておきました。その議論を飯山氏は「国家社会主義者」である安倍晋三が,日本国を「国家資本主義」を目指して着実に改造してゆく流れ…/これが↑↑成功すれば,その行き着く先は…,ベーシックインカム!≫とまとめています。「国家資本主義」という言葉が私には新鮮でした。天然居士さんの問題提起に始まるこのたびの議論は、半年前の議論の延長上に位置づけられます。このたびの議論の飯山氏による結論です→安倍晋三は米国留学時代の2年間,リープクネヒトの国家社会主義論やヒトラーの国家社会主義論(ナチズム)を徹底的に学び,安倍晋三流の「国家資本主義」に書き換えました./簡単にいうと,安倍晋三の「国家社会主義」は,思想史学的には,「国家資本主義」に近く…/それが,現在の政策=国家財政で超優良企業の株式を買い漁り,大企業を(岸信介流の官僚ではなく)国家政府が支配してゆく!という政治手法に現れています./このことによって↑↑安倍晋三は,日本国内の超優良企業の外人支配を解き放ち,「日本政府支配」に一歩も二歩も近づけました. 

*   *   *   *   *

341:天然居士 : 2018/02/04 (Sun) 18:07:28 host:*.ocn.ne.jp

正直言って、私はアベノミクスはすでに破たんし、米中の景気上昇が止まれば、経済は沈没すると思っていました。
しかし、飯山先生流に視座を変えて考えると、なんとパラダイムシフトが起こりました。
マルクスは、資本主義体制が行き詰った先に社会主義体制が出現すると預言した。
水野和夫の言う通り、マイナス金利に突入した日本は、まさに世界で最初に資本主義の終焉期に至った。
社会主義とは、乱暴に言えば「市場を政治権力で牛耳る」経済体制だ。
かつての社会主義国は土地・生産手段・金融機関などを国有化し市場を無力化しようと試みた。
この結果、経済のダイナミズムを破壊し社会の停滞を招いた挙句、強権で国民の不満を押しつぶし自滅した。
アベノミクスは、金融・財政政策で市場を乗っ取り、「社会主義体制」を実現しようとしている。
安倍首相やブレインらは、そんなことはつゆほど思っていないだろう。
デフレからの脱出を追い求めているうちに、とんでもない時代の扉を開けてしまったのだ。
すでに、国債市場は日銀の大量購入で息絶えている。金利操作のハンドルは日銀の手の中にある。
株に関しても、今や日本の主要企業の筆頭株主の大半が日銀や政府機関だ。
株でも国債でも暴落しそうになれば、政府・日銀が買い支える。
市場はギャンブル性をなくし、ほとんど公認の八百長状態だ。
その気になれば、巨額な公共投資で工業製品などの市場も抑えることができるだろう。
市場の「見えざる手」を神から、政府が奪い取ることが可能になったのだ。
ただ、この「社会主義経済体制」を安倍首相がどう活用するかが問題だ。
一部の金持ちをより豊かにするためでは情けない。
史上最大の生産能力を最大限活用し、日本から貧乏人を一掃することだって可能だ。
ひとり月20万円ほどのベーシックインカムをばらまけば、日本経済はフル回転し、不況は吹っ飛ぶ。
政府の借金は塩漬けにしてしまえばいい。
市場に振り回されることがないのだから、恐慌も起こりようがなく、計画経済は意のままだ。
世界中が「社会主義経済体制」で統一できれば、貧困も資源の取り合いも戦争もなくなる。
安倍さんに、この「社会主義体制」に踏み切る覚悟と勇気があるのか。それが問題だ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「アマゾンvs.アリババ」に日本企業メルカリが割り込む構図がすごい [現状把握]



    *   *   *  

《もはや人々はアマゾンというインフラなしでは暮らせないかもしれません。・・・いったんアマゾンの要塞に足を踏み入れたら最後、消費者も、事業者も、競合事業までもが囲い込まれ、このアマゾンの要塞のなかであらゆる経済活動が完結する。より正しくは、それを余儀なくされる可能性があるのです。》(273p) まさに実感、よくわかる。アマゾンの日本上陸が2000年11月、当時すぐ紀伊国屋から乗り換えたのは手軽さで勝っていたのだと思う。以来17年のつきあい。まもなく送料が無料になった。町に出ても書店に立ち寄る回数はどんどん減っていった。そのうち中古本が充実して、本屋で見つけた本もアマゾンで確認して、あれば中古本で手に入れる。さらに書籍にとどまらず、必要なものがあれば、先ずアマゾン。今では日を置かずアマゾンからの配達がある。そもそもそのアマゾンとはなにものか。知りたくて手に取った。一気に読ませられた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

北朝鮮情勢、レベルアップの緊迫度 [現状把握]

堺のおっさんによる北朝鮮講座のコメント欄にメモろうかと思ったのですが、1ヶ月前の「暴発の危険性」という程度の緊迫度が、「防衛から攻撃への転換か」という緊迫度にレベルアップしています。今日の「文殊菩薩」は『吉林日報』が核戦争への備えを勧告です。「米トランプ政権が北朝鮮との有事に備え、韓国に駐留する米軍人家族の帰国をすでに決めている」との情報も飛び交い出しています。こうした折、堺のおっさんの発言は必読です。(↓太字は転載者)

   *   *   *   *   *

667:堺のおっさん : 2017/12/06 (Wed) 20:32:51 host:*.ocn.ne.jp
皆さま、お久しぶりです。
一寸先は闇。
これ以外に言い表せない情勢。

新たな米韓合同軍事演習 防衛から攻撃への転換かhttps://sptnkne.ws/ggzX

明らかに、開戦を意識したスプートニクの論調
今、出来ることは米朝(とロシアは)は開戦する! と
その前提に立って、生き残りの準備をして、
つまり、最悪を想定し、準備し、その上で楽天的に生きる。
これしかありません。
乳酸菌をわがものにし、健康に生きられる人間は生き残ることができる。
この一点に自信を持ち、生きていきましょう。
それがつまるところ…
最高の指針です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

天人一体となった放射能からの解放ドラマ [現状把握]

いつのまにか日本人、放射能の恐怖から解放されています。うそのようです。

辞別(ことわけ)て白さく去(いに)し六年前(むとせまえ)三月(やよひ)十一日(とあまりつひたち)東北地方太平洋沖を震源(みなもと)とする比類(たぐひ)なき大地震(おおなひ)加へて嘗て無き大津波(おおたかしほ)襲(おそひ)来て許々太久(ここだく)の人始め田畑樹木建物船舶車輛と有りと凡(あら)ゆる諸々を呑み込む大被害(おほきわざはひ)更に加ふるに福島原子力発電所爆発による放射能の拡散(ひろがり)のさま青人草恐れ慄(おのの)きおれば大神等(おほかみたち)の奇霊(くしび)の御神徳(みいづ)を蒙(かが)ふらせ給ひてこれより後は諸々の枉事(まがこと)有らしめず一日(ひとひ)も速やけく平穏(おだひ)なる世に立かへらしめ給ひ四方の海皆美(うるは)しく諸人たちの身も心も平穏に守り恵み幸(さきは)へ給へと畏み畏みも乞祈(こひの)み奉(まつ)らくと白す

福島、宮城の多くの神社を夫婦して、放射能からの穢れを祓い、清めを祈願して回られた方を知っています。「人の道を尽くして神に頼め」、天の動きに先立つ人の尽力もあったはずです。天人一体となった放射能からの解放ドラマの核心が「放知技」板で明かされつつあります。(↓太字 転載者)

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 現状把握 ブログトップ