So-net無料ブログ作成
mespesadoさんによる1億人のための経済講 ブログトップ
前の10件 | -

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(62)「日本衰退論」(16) 狩猟民族的冷酷ビジネス [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

アマゾンのほかに図書館の蔵書検索の普及もあり、学者レベルはいざ知らず、私レベルで「欲しい、読みたい、見てみたい」と思った本で手に入らない本はほとんどなくなった。ただしその背景には、《アマゾンは、あたりを見回して新ビジネスの余地がありそうな特殊な制度や困っている公企業を見つけて、その「特異性」や「弱み」に付け入って、「消費者の利便性の向上」を旗印にして起業し、使えるものは何でも使い、従来型のビジネスから客を根こそぎ奪うことも躊躇しない、という「狩猟民族」的なある種「冷酷な」ビジネスを展開している姿が浮かび上がってきます。》という現実があってのことだった。「狩猟民族」は目ざとく獲物を狙う。狙われた方はたまったものではないが、得た獲物を享受する側もある。「利便性」は「ビジネスであること」を原動力にして達成された。将来的(限界費用ゼロ社会)には、「ビジネスであること」は意味をなさなくなる、そして「利便性」は確実に残る。後戻りはない。「利便性」を享受しつつ、われわれはわれわれなりの未来を考えればいい。日本人には日本人の役割がある・・・そんなふうに思わされました。

*   *   *   *   *

264 名前:mespesado
2019/03/25 (Mon) 22:33:28

>>253 「日本衰退論」の続きです。
 日本版Wikipedia の「Amazon.com」の項目には、さらりと

> ベゾスはオンラインで販売できる20種類の商品のリストをつくった。次
> にベゾスは、このリストから最も有望と思われる5種類の商品を絞り込ん
> だ。それらの商品は、コンパクトディスク、コンピュータハードウェア、
> コンピュータソフトウェア、ビデオ、そして書籍だった。最終的に、文
> 学への大きな世界的需要、書籍は低価格であること、膨大なタイトルが
> 出版されていることなどを考慮し、ベゾスは自身の事業をオンライン書
> 店とすることを決めた

と 抽象的に書いてありますが、今まで解説してきた「書籍販売の世界の特殊性」を考えると、ベゾスがネット販売のターゲットとして最初に書籍を選んだ理由が鮮 明になります。この件に関してアマゾンの『買い切り方式』は『再販制度』廃止への礎となるのか?いやむしろ新たなビジネスモデルを!
https://news.yahoo.co.jp/byline/kandatoshiaki/20190204-00113234/
という記事には

『出版不況』という社会的な潮流の中で、Amazonだけが成長できた理由
> は何か?。


と問題提起していて、次のように「再販制度(定価販売)」「委託販売(返本可)」という2つの理由が挙げられています:

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(61)「新しい金融理論」(1)  [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

mespesadoさんの「新しい金融理論」、どこまでついてゆけるかわかりませんが、がんばります。

数学科出身というmespesadoさんによる、計量経済学にまで踏み込んだPB(プライマリーバランス)論に対する根底的批判です。(《私は(数学科の出身者であるにもかかわらず)かねがね数式は本質じゃない、そのベースとなる考え方にこそ本質がある、と主張し続けている》というmespesadoさん、岡潔さんに通じます。)

《「国家財政は将来究極的には赤字が解消する」という(実は根拠がない)仮定》を前提にした議論そのものがおかしい。《この「前提」を仮定せず、未来永劫赤字が残ったまま(不換紙幣なんですからそんなことは当然に可能です)な場合・・・現在の財政赤字が増えたって、将来のPBを改善する「必要もない」し、現在の物価が上昇する「保証もありません」》という結論です。数式は私にはチンプンカンプンですが、おそらく計量経済学者にとってはかなり衝撃的な議論と思われます。正しい前提のもとでの結論であるこの「不等式」は、ほとんど何の「制約」も齎さないし、物価や将来のPBについて何の情報も提供できない》のですから、もっともらしい数式自体ほとんど何の意味もないということです。

*   *   *   *   *

258:mespesado:2019/03/24 (Sun) 09:21:14
https://twitter.com/hayashi_r/status/1109491540764745728
リフレねこ@hayashi_r

> 【定期】デフレは雇用を減らし、所得を奪い、人を殺します。
> やれリフレだ、MMTだ、FTPLだと細かな論に入る前に
> 「ぜったいにデフレにしてはいけない」
> という1点をまずは、日本国民の共通の認識にしていきたいものです

 リフレねこさんという人の“定期的つぶやき”の一つです。
 おやおや、ここでまたMMTに続いてFTPLというのが出てきましたよ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(60)「日本衰退論」(15) 書店衰退の真の理由  [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

「書店衰退の真の理由」、なるほどです。

*   *   *   *   *

253 名前:mespesado
2019/03/22 (Fri) 16:46:32

>>242 「日本衰退論」の続きです。

 前回予告した書店衰退の別要因ですが、日本の書店が衰退している真の理由について考察した鋭い論考があります↓
日本の書店がどんどん潰れていく本当の理由
https://toyokeizai.net/articles/-/253083

 確かに記事の冒頭にあるように、

> 多くの人が実感しているだろうが、日本にある書店の数は、この20年ほ
> どで半数以下に減った。かつては駅前や商店街に必ずといってよいほど
> 存在していた「本屋さん」が、人々の生活空間から消えつつあるのだ。
> なぜ、これほど書店がなくなっているのか。今後、書店という業態はわ
> れわれの前から姿を消してしまうのだろうか。

という事実は我々も実感しているところです。
 しかし、これは「日本の」という形容詞がついていることからもわかるように、日本独自の特徴があるようで、

> 欧米先進国と日本の書店の最大の違いは、日本の書店は雑誌を多く販売
> してきたという点である。一般的に日本以外の国の書店は「書籍店(Book
> Store)」であり、雑誌はニューススタンドやドラッグストアなどで販売
> されてきた。書店店頭に毎日新しい雑誌が次々に並ぶという風景は、日
> 本にしかないのだ。

ということだそうです。このため、欧米の書店では、書籍の販売で得る利益で経営を支えているのに対し、日本では(特に中小書店では)雑誌の販売で利益を上げてきた、 ということのようです。日本には出版の流通を担う「取次会社」というものが存在し、雑誌と書籍両方を出版社から書店へと“取り次いで”いるのですが、雑誌 というのは週刊、月刊いずれにせよ同じ名称の雑誌が時事的な内容を持つ記事をメインに定期的に販売され、「定期購読」の対象となることから、前回書籍が持 つ特徴として書いた③の「書籍というのは同じ本を1冊買ったら、その本についてはそれでオシマイで同一消費者によるリピート買いという現象が無い」という弱点をカバーしています。
 この効果は絶大で、出版社も売り上げ予測が立てやすく、大量生産によるメリットを享受することができます。そしてこの大量生産に合った配送網に一般書籍を(雑誌のオマケのような形で)乗せることで、書店は利の薄い一般書籍を消費者に雑誌と同じような利便性で、しかも欧米より安い価格で提供できていたのです。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(番外17)「経済音痴」立憲民主党 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

舟山やすえちゃん、芳賀道也さん、読んで下さーい!

*   *   *   *   *

243 名前: mespesado
2019/03/21 (Thu) 23:24:09

立憲パートナーズ
社会構想研究会(非公式)
第一次政策提言書
2018年12月25日
https://drive.google.com/file/d/13uf4-JPrWP73tkZK1qSAZ-SqAJZYxvCc/view
↑立憲民主党の政策立案のブレインが作った資料らしい。

 全98ページと長いが、中身は抽象的で空虚。何をしたいのかわからない。
 そんな中で目に留まったところについて少しコメントを…。
 まず35頁。
 アンケートを採ったらしく、「あなたは国家の第一目的って何だと思いますか?」という質問で、4択になっており、①軍事(安全保障)、②経済、③社会保障、④その他、で、それぞれの集計結果は①が7%、②が6%、③が78%、④が9%となっている。
 まあ、いかにも立憲民主党支持者らしい結果で「社会保障」が最優先ということなんだろうが、よく考えればわかるが、これこそ「経済音痴」としか言いようがない。
 なぜなら、軍事も社会保障もいかに予算を付けるかという問題でしかない。だから、すべては「経済」問題の一部なのだが、それがわかっていない。どうしてわかっていないとわかるのかwというと、「ゼロサム思考だから」。その証拠に、次の36頁に「国家の第一目的を経済とすると、社会保障の軽視へ。労働者の搾取をすれば利益が生まれるため、労働法制が悪化し、格差が拡大し、社会の底が割れます」などとトンチンカンなことが書いてある。
 つまり、彼らの頭の中では、予算の枠は「国家の歳入」による縛りがあって、限られた予算の範囲でどれに優先的に分配するかという問題だと信じているので、その発想の下では、彼らのWGIPイデオロギーのもとでは「軍事予算を削って」社会保障に回すべきだ、と考えてしまうから。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(59)「日本衰退論」(14) 書籍販売のしくみ  [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

「書籍」の特殊性のゆえに出版界は保護されてきた。しかし、デジタル化の波によって、これまでの「既得権」が大きく脅かされることになる。今回はここまで。次回、日本の書店衰退の真の理由が解き明かされます。

*   *   *   *   *

242:mespesado:
2019/03/21 (Thu) 17:54:57

>>211 「日本衰退論」の続きです。

 前回の予告通り、「委託販売」と「再販」の話をします。
 まず「委託販売」制度ですが、『ブリタニカ国際大百科』:
https://kotobank.jp/word/%E5%A7%94%E8%A8%97%E8%B2%A9%E5%A3%B2-31103
によれば、

> 商品の製作者,所有者が,問屋,小売業者に期限を定めて販売業務を委
> 託する商いの方式。期限時に残品の返品,売上代金の決済で商いが完了
> する。出版社が取次会社に委託し,取次会社から書店に配本され,売れ
> 残れば返本できるという日本の出版物の流通制度がその典型的な例であ
> る。問屋,小売業者にすれば資金の回転が比較的楽であり,残品在庫の
> 危険が少いが,一方仕入れ,販売の自主性が制限される。また商品を提
> 供する側からいうと,再販売価格の維持,見込み商品の市場開発などが
> 容易であるが,反面,返品・返本率を高くする原因ともなっている。

とあります。また「再販」制度については、同じく
https://kotobank.jp/word/%E5%A7%94%E8%A8%97%E8%B2%A9%E5%A3%B2-31103
によると、

> 正式には再販売価格維持制度といい、独占禁止法上は原則として禁止さ
> れている再販売価格の指定を例外的に認める制度。独占禁止法は自由な
> 価格競争を促進する立場から、商品の製造業者(供給者)が販売店に対し
> てその商品の小売価格を指定することを、不公正な取引方法として禁止
> しているが、書籍、雑誌、新聞及びレコード盤、音楽用テープ、音楽用
> CDの6品目については例外的に、言論の自由や文化の保護という見地から、
> 1953年以来、再販売価格の指定が認められてきた(著作物再販制度)。か
> つては化粧品なども例外とされてきた時代があったが、自由競争の見地
> から例外の範囲が狭められ、出版物についても廃止を検討しようとする
> 考え方が70年代末に公正取引委員会から提起され、特に90年代に入って
> 本格的な検討がすすめられてきた。これに対して、日本新聞協会が新聞
> の戸別配達の維持や質の低下の回避などを主張し、日本書籍出版協会、
> 日本雑誌協会なども全国同一価格の維持や活字文化の振興などを主張し
> て、強く反対している。

と詳しく解説されています。
 この後者には「言論の自由や文化の保護という見地から」とありますが、もちろんそんなのは「利権」を隠すための大義名分によるカモフラージュに過ぎないことは明白ですが、それじゃあ「再販」制度が誰のどういう利権になっているのか?

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(番外16) 日本人のおカネ感覚 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

前回の議論を受けて始まった「現金かカードか」論議、その着地点は、《大判・小判といえば…/ 経済が滞ると、時の幕府は「改鋳」と称して金の含有量を減らした小判を鋳造した。これを見て、後の人は「悪貨は良貨を駆逐する」などと言う。/ 何が「悪貨」だ。何が「良貨」だ。》そして最後に、《徳川吉宗・松平定信・水野忠邦は糾弾しなければならない》でトドメ。頭の中のグジュグジュが、ひとつすっきりしました。刷り込みから解放されたのです。

*   *   *   *   *

213 名前:たかひろ
2019/03/18 (Mon) 05:10:34

>>211メッサさんの、この記事に関してですが私の住む市内でもドラッグストアーやスーパーでは少しずつですが買い物をした後の会計時にレジでは現金は置かずクレジットカードか電子マネーでしか会計出来ない店が増えつつあります。若い人らは良いけどお年寄りはクレジットカード、電子マネーは不慣れだから批判的でした。 これから何らかの対策はするでしょうが。

214 名前: mespesado
2019/03/18 (Mon) 21:07:24

>>213

 お年寄りは「不慣れ」っていうより「オカネを払った気がしない」からじゃなんじゃないですかねぇ。
 オンライン経済誌の記事を見ると、高齢者に迎合しているのか、キャッシュレス社会に批判的な記事が目に付きますが、やれ「カードやスマホを落としたとき被害が甚大だ」とか「トータルでいくら使ったかが分からないので
使いすぎる」とか理由はいろいろあるけど、どうも後から取って付けた理由に過ぎず、やはり日本では「オカネ」イコール「日本銀行券」だから、数字に過ぎない電子マネーをオカネだと思えないんじゃないですかね。
 私なんか、アンチ現金派なので、スーパーで並んでるとき、前の人が現金で払ってたりすると「今時現金で決済してるなんて原始時代かよ」と腹が立つぐらい現金決済嫌いですw
 また、日本では電子決済に対する商店の手数料が高いからなのか、現金決済だと付くポイントがカード決済だと付かないスーパーもあります。
 とにかく日本の通貨円は「管理通貨制」のはずなのに、人々の意識は「日本銀行券本位制」なんじゃないかと疑いたくなるほどです。それほどまでに現金がすごい価値があるモノになってしまっていて、これじゃあMMTのように「オカネは国が勝手に無から増やすことができる」という事実を実感として持てないのでしょう。何とも腹立たしい限りですw

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(58)「日本衰退論」(13) eコマースの本質 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

eコマースの出現によって最も影響を受けたのは「書籍」だった。アマゾンが「書籍」に目を付けたのはなぜか。eコマースの本質に斬り込む今日の議論、実にスリリングです。

*   *   *   *   *

211 名前: mespesado
2019/03/17 (Sun) 23:06:10

>>209 「日本衰退論」の続きです。

 さて、いよいよ「電子商取引」あるいは「eコマース」と呼ばれるオンライン・ショッピングサイトの出現です↓
eコマースの歴史がわかる!EC業界年表まとめ(1996年~2015年)
https://ecnomikata.com/blog/9682/

 今でこそ、我々は eコマースと言えばアマゾンと脊髄反射的に名前が出て来ますが、日本においては、この eコマースの先駆けとなったのは1997年、日本の企業「楽天株式会社(旧名はエム・ディー・エム)」による「楽天市場」でした。次いで1999年に「Yahoo!ショッピング」が、そして、2000年になってAmazonが「書籍」に限定した販売サイトを開設しました。
 さて、アマゾンが米国で最初に手掛けたのはやはり書籍で、1995年にサービスを立ち上げています。
 この eコマースですが、ここに至って、ついに、最初に消費者がネットで商品を選択してから購入した商品を事業者が消費者の自宅(や、指定された受取場所)まで配送する、という形になり、「消費者の選択」が先、「輸送」が後、という、従来の小売店での購入とは全く逆の手順を取ることになります。これは順番が逆になったというだけでなく、消費者は自宅に居ながらにして商品を受け取るという「究極の楽」ができることになり、また「商品の選択」という観点から見ても、今までならいくら大規模店舗といえども、すべてのメーカーの全ての商品を取りそろえるということは不可能でしたが、eコマースではネットの画面に商品を表示しておくだけでよいのですから、「商品の選択の幅」は原理的には「無限大」ということになります。これは、消費者にとってはまさに「究極」の利便性ということになるのではないでしょうか。
 さて、これだけのメリットにもかかわらず、日本で第一次流通革命のときのようなリテール(小売業)の世界の劇的な変化は生じているでしょうか?

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(57)「日本衰退論」(12) 消費者から見た「小売業」 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

高校卒業後山形を離れ、10年ぶりに戻って地域と関わるようになったのは商工会青年部の活動を通してでした。「大店法」も「地元で買物キャンペーン」も、その立脚点はずっと地元商店(流通業者・店舗業者)側でした。だからいつも後追い、モグラ叩きでした。そうである限り先行き悲観論、おのずと心性はルサンチマンです。一方mespesadoさんの議論は、「消費者」側から見た小売業の変遷です。アマゾン登場の手前までです。次回どんなビジョンが見えてくるのか。ルサンチマンから自由になって明るい未来の構想へ。故飯山一郎師に率いられてきた「放知技板」、まさに面目躍如を思います。

*   *   *   *   *

209:mespesado:
2019/03/16 (Sat) 22:01:23

>>170 「日本衰退論」の続きです。

 前回 >>170 では、流通業が都市部では消費地の近くに商店ができ、生産者から商店への物流があり、まず「輸送」してから「消費者による選択」がある、という順番で「生産者」と「消費者」を結ぶ「流通業者」「店舗業者」に対する秩序が保たれていた、という話をしました。
 さて、こんな秩序の中で、様々な種類の「大規模小売店」という存在が現れて、この秩序がどのように乱されていったかという歴史を綴った論文があります↓

わが国大規模店舗政策の変遷と現状
http://www.ndl.go.jp/jp/diet/publication/refer/pdf/071604.pdf

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(番外15) 「MMT理論」のこと [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

「MMT理論」とは?

《Modern Monetary TheoryMMT(あるいは新表券主義〈しんひょうけんしゅぎ、Neo-Chartalism〉)とは、不換貨幣を 通貨単位として用いることによる過程と結果とを特に分析する経済学の理論のひとつ。ここでいう不換貨幣とは、例えば政府発行紙幣が挙げられる。 Modern Monetary Theoryの主張は次のようなものである。すなわち、「貨幣的主権を持つ政府は貨幣の独占的な供給者であり、物理的な形であれ非物理的な形であれ任意の貨幣単位で貨幣の発行を行うことができる。そのため政府は将来の支払いに対して非制限的な支払い能力を有しており、さらに非制限的に他部門に資金を提供する能力を持っている。そのため、政府の債務超過による破綻は起こりえない。換言すれば、政府は常に支払うことが可能なのである」》(wiki)

こう言われるとつい構えてしまいますが、要するに「不換貨幣発行の主権者は自由に貨幣を発行できる」というあたりまえのこと。しかつめらしく「MMI理論」などと言うまでもない。その時々の裁量をもって貨幣を発行するのは、「MMI理論」を信奉するからなのではなくて、「不換貨幣」とは元来そういうものなのです。

*   *   *   *   *

193 名前:suyap
2019/03/14 (Thu) 18:13:41

おカネのこと、ケーザイのこととなると頭が朦朧として理解拒否を起こすタチなのですが、ここ放知技でmespesadoさんら諸先達から「MMT理論」について、多少は聞き(読み)かじっていたおかげで、下の記事がイカに「失笑」もんであるか、また筆者の立ち居地が透けて見えてオモシロかったです:

日本の借金拡大は問題なし?世界が苦笑するトンデモ理論「MMT」を
真顔で実験するアベ・クロ=今市太郎
https://www.mag2.com/p/money/651055?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000204_thu&utm_campaign=mag_9999_0314

ところで昨今お騒がせの各省庁統計不正(偽装)疑惑は、安倍ちゃんが、
「やっぱ景気悪いみたいだから消費増税やめるわ」と言い出すための地ならしじゃないかにゃ...と思ったり。


続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(56)「日本衰退論」(11) そもそも「流通業」「小売業」とは [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

mespesadoさんは、「なんとなく」わかったつもりでいることを、言葉できちんと整理説明してくれます。その説明は小学生も十分納得させることのできる説明です。すごいのは、それをふまえたその後の展開です。「小売業」が、消費者がそこで実際の商品を手に入れる場》であると同時に《どの商品を買うか「消費者による選択」がなされる場》であることが提示されます。その上で、これまでは「生産→輸送→消費者による選択」のプロセスが基本的に安定していました。ところが「技術の進歩」と「貨幣経済の本質的な弱点」のために、この平穏が脅かされるようになる》、それがどういうことかは次回のお楽しみというのが今回です。

*   *   *   *   *

170 名前:mespesado
2019/03/12 (Tue) 12:13:15

 お待たせしておりました『日本衰退論』の続きです。
 >>70 で

>  以上のように、「消費者・生活者の観点からグローバル化の善悪を判
> 断する」という方法論こそが、グローバル化問題を考える場合に一番
> ふさわしいように見えます。それでは、この方法論を携えたうえで、最
> 近のデジタル情報化のグローバル化に関する善悪や、最近の欧米で流行
> 中の「脱グローバリズム」の問題を次に考えていくことにしましょう。

と述べ、>>138 の最後で

> 肝心の連載中の「日本衰退論」の方ですが、それに大いに関連するベス
> トセラー『GAFA 四騎士が創り変えた世界』を読んでいましたので暫く間
> が空いてしまいましたが、昨日でようやく読み終わったところです。

と書きましたので、まずは GAFA( Google, Apple, Facebook, Amazon )に関する「サクセスストーリー」+「その評価」を論じた上記書籍や関連するサイトなどを参考にしながら、いろいろ考えていきたいと思います。
 さて、これらの G・A・F・A のうち、実経済活動に直接関与するのはAmazon と Apple で、前者が「流通」と「小売」に、後者が「製造」にかかわる分野となっており、彼らがそれらの分野でいかにしてグローバルな規模で圧倒的なパワーを得て多くの中小規模の会社を絶滅させ、大規模なライバルの中でも勝ち残って独占に向かってまっしぐらに突き進んでいるのかが、アメリカ人の好きなヒーローをたたえる論調で述べられています。ただ、これらの記述は様々な視点からの評価が入り混じった記述になっていますので、頭の整理のために、まずは最初の「流通」の問題について、「消費者から見てどのように環境が変化してきたか」ということを整理することから始めたいと思います。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - mespesadoさんによる1億人のための経済講 ブログトップ