So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
mespesadoさんによる1億人のための経済講 ブログトップ
前の10件 | -

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(22) 金融機関終わりの時代 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

これまでのmesさん理論の帰結するところです。まったく納得。短大出の娘が銀行の試験を受けたとき、「受かっても行くな」と本気で反対したものでした。その短大にとって銀行就職はいちばんいい方にランクづけられていたようです。落ちてホッとしたものでした。(最終審査、おそらく親の不徳の致すところだったのですが)

*   *   *   *   *

227 名前:mespesado2018/07/16 (Mon) 10:05:08host:*.itscom.jp
>>225
 リンク先の岩崎博充氏の記事:
日本国債めぐる、かつてないほどの異常事態
https://toyokeizai.net/articles/-/228734
を読みましたが、これは日本の財政政策の危機でも何でもなく、単に金融機関という業種の存続危機を素直に吐露しているだけの記事だな、と思いました。もともと金融機関って、余裕資金を持っている人から利息を付けるからという条件で、
オカネを吸い上げて起業や設備投資増強のためにオカネのない起業家に貸し付けることでオカネを回したり、
国家がインフラ整備のためにオカネを刷って供給するんだけども供給不足の時代にはインフレを防がにゃならんので国債を発行するという形でオカネを吸収する、という仲介業者として存在意義があったんですが、
①' 供給過多で消費は飽和し増産はもう要らない上に内部留保も積みあがってるから企業は借金しないし、
②'国家の生産力に大幅な余裕があるためいくらオカネを刷ってもインフレにならないから「市場から」オカネを吸収する必要がなくなった、という2つの理由から、金融機関の存在意義がそもそもなくなってきてるんですよね。

本当に金融機関の皆さま、ご愁傷さまです(って自分も金融機関に身を置いてるんですけどねw)。
 思えば金融派生商品などという美名のリスク隠し商品で天文学的な収益を上げてその後リーマンショックなどの大暴落を引き起こすなど、世の中のオカネのインフラもモラルも滅茶苦茶にした虚業としての金融機関の役割も、そろそろ幕引きの時期に来ているということじゃないでしょうかね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(21) よくわかる金子勝批判 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

安倍批判から安倍評価への「変節」以前、2016年の暮れ、近藤洋介議員後援会主催の金子勝講演会を聴いたことがありました。黒田日銀は“マイナス金利政策”を導入したことによって、いつ債務超過に陥るか分からない危機に直面している。」「体制末期に手段がなくなり、後先考えずやるのが悪貨改鋳であり、紙幣の大量発行である。日銀券の信用を支える担保もなくお札を刷りまくる異常な体制がいつまでも続くとは考えにくい。安倍首相と黒田総裁は、後は野となれ山となれ、とでも思っているのではないか。」http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/180.html

金子氏の見立ては外れ、洋介議員は衆院選で議席を失う結果となりました。金子さん、まだ同じことを言ってますが、このたびmesさんによってあえなく轟沈。それより何より、200名超の死者を出した西日本豪雨、日本国中「明日はわが身」。日本全体の災害防止のためのインフラ整備は待ったなしの緊急政治案件》

教養としての土木学.jpg

土木新次元!(三橋貴明「全ての日本人よ、これが「資本主義」だ」)→https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12389651866.html

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(20) よみがえるワクワク感 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

石井威望.jpg《生産資産(固定資産あるいは資本)におカネを投じ、生産性向上で成長するからこそ資本主義です。資本におカネを投じるからこそ、投資です。投資によって成長するからこそ、資本主義なのです。》《今後の経営方針や政治の方針に技術革新の要素を組み込むという発想が全然ないんじゃないか》
80年代のワクワク感がよみがえった。今から35年ぐらい前だ。あの頃『Voice』を読んでいた。石井威望という名前を思い出した。検索したら元気でおられた。88歳、この4月に新刊を出されていた。シニア・マルチメイジャーのすすめ 21世紀高齢化への知恵』。《21世紀版「伊能忠敬」をめざせ。VR、AR、量子宇宙、ミトコンドリア共生…新たな次元がはなひらく21世紀は“第四次産業革命”まっただなか。超高齢社会のいま、五十にして測量を志した伊能忠敬のように、誰もがマルチメイジャー(複数の専門家)になれる! 》とあった。衝動買い。       
(『Voice』平成8年10月特別増刊号「日本の論壇500人」 見えていた石井威望、見えなかった三菱総研牧野昇 画面クリック拡大なります)
*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(19)「ポリコレ感覚」相対化 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

今朝読んだ「ポリコレ感覚」相対化の議論に先立ち、一昨日もmesさんの重要な発言があったのを思い出してあらためて読んだ。今朝の議論への導入の意味をもつことに気づいた。「叔父と兄を粛清したからトランプに会えた金正恩」に納得。たしかに、「政治を正義や善悪で考えると本質を見誤る」。「東行 梅太朗の気になるニュース」ブログをはじめて知った。「東行」は高杉晋作のことだろう。志あるブログと見た。「毎日チェック」に加えたい。

*   *   *   *   * 

75:mespesado :2018/07/05 (Thu) 22:23:17
host:*.itscom.jp

東行 梅太郎の気になるニュース(2018-06-23)より↓
------------------------------------------------------------------------------
金正恩は中国が金正日の後継者候補としようとした、叔母の夫である張成沢
を粛清して死刑にし、実兄の金正男をクアラルンプールで暗殺した。その残
虐性がクローズアップされるが、いまになると、これが効いている金正恩
の対米接近を嫌っても中国もこの二人がいないから、かわりの指導者候補の
カードがないのである。中国を信用していない北朝鮮は、これを利用し対米
接近を図っている。トランプ大統領も金正恩委員長を引き付け自陣営に引き
込もうとする戦略が伺われる。アメリカが北朝鮮を利用して中国をけん制す
る構図にしたいのである。これは、中国を嫌う北朝鮮にも悪い話ではない。
中国とアメリカがお互い牽制する事により、その狭間で北朝鮮が経済援助が
得られる可能性があるからである。難しいのは日本の立場であるが、北朝鮮
が核兵器廃絶 拉致問題の解決があれば経済援助もでき、アメリカと北朝鮮
の関係が上手く行けば日本の国益には寄与するだろう。その場合は金正恩委
員長が反日を武器にしないのが前提となる。
------------------------------------------------------------------------------

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(18) やる気次第! [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

連日の猛暑日です。半年前の大雪の日々がうそのようです。世界の動きも同じです。北朝鮮のミサイルが飛んできたというので、ラジオ体操まで緊急放送でジャックされたのが昨年の8月29日のことでした。『AI時代の新・ベーシックインカム論』(井上智洋著 光文社新書 2018.5)を読んでいますが、mesさん理論の現実化はもう「やる気次第」の時代です。国会でこのレベルの議論が展開されるよう切に願います。(やすえちゃんに期待!)

*   *   *   *   *

31:mespesado :2018/07/01 (Sun) 15:48:09host:*.itscom.jp
>>25
> mespesadoさんのいわれている経済の仕組みが実行されるのは
> 具体的にいつ頃になるのでしょうか?

 経済的な観点だけからすると、今からでも直ちに可能だと思いますが、現実の実行を拒んでいるのは、見かけ上は「財務省の抵抗」ですが、その核となるのは「国民の誤った経済倫理」にあると思っています。だから具体的にいつといわれても…。消費税が財務省の企みどおりに20%くらいまで上がって世の中の景気が壊滅的になっても国民はま~だ気が付かなかったりして。
 一番ありそうで、しかし一番情けない可能性としては、アメリカかどこかの先進国で実際に税金が廃止になるという「先例」が起きて、諸外国が真似しだしたときですかね。日本人って、制度変更はどこかの外国で初めて導入して成功したのを見て、初めて「ああ、そんな方法があるんだ!」って改心して制度変更しますからw

続きを読む


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(番外5) 「世界市民」か「国民」か [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

かつて高教組の県委員長の歴史の先生と論争したことがありました。(追悼 菅 弘先生)) とどのつまりの対立点は「『世界市民』か『国民』か」という問題でした。このたびmesさん、新鮮な視点を提示されました。《「認識の深さ」というか「認識のネイティブさ」ということからすると、集合の包含関係でいうと、逆に「狭い概念」の方が「上位概念」》 ということで納得です。また、日本の場合はこれが欧米のような単なる「政体」であるだけでなく、「国体」という、これまた霊長類の本能とも整合性を持つ実体でもある≫というのも納得。その結果として、「日本の風土という環境による見えない影響力」によって日本人を日本人たらしめるわけです。そしてその影響力は日本に住む外国人にも自ずとおよぶわけで、そこに日本には日本なりの「共感の大系(関係の絶対性)」があるがゆえなのだと思います。人と人との具体的な共感の積み重ねこそが認識の初源です。理屈(>ポリコレ感覚)はその後です。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(17) 「貧困」は経済のルールの問題 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

《(「貧困の問題」は)「個別対応の問題」もありますが、そうでない場合も「政治の問題」というよりは、ことの本質は、究極、実は私がいつも言っている「経済のルールの問題」に行きつくのではないか》ということで、その具体的事例として「保育士給料安すぎる」問題へと考察の鉾先が向けられます。昨晩、こども園の理事会で夏期賞与をめぐって議論してきたところで、これからどういう展開になるのか、おおいに注目です。

*   *   *   *   *

974mespesado :2018/06/28 (Thu) 21:24:37host:*.itscom.jp


>>966
 さて、>>966 でリンクを貼ったサイト:
「貧困問題を政治利用するな」
http://nabe-party.hatenablog.com/entry/2016/12/22/233326
では、藤田さんのツイートに対して反論する人がいるとして、稲葉剛さんの

>「誰が貧困を拡大させているのか」という議論を恐れてはならない。


> カジノ法案や年金カット法案、生活保護基準の引き下げといった「政治
> 的」な課題に対して意見を述べると、自分たちの活動が色メガネで見ら
> れるようになり、支持が広がらなくなってしまうのではないか、と恐れ
> てしまう。「左派と見られるのが怖い」症候群とでも言うべき現象が広
> がりつつあるように、私には思えます。
> 政治が良くも悪くも貧困に対して現状維持の立場を取っているのであれ
> ば、国政の課題にはタッチせず、目の前のことに集中する、という姿勢
> も有効かもしれません。
> しかし残念ながら、今の政治が貧困を拡大させ続けているのは明白です。
> 一人ひとりの生活困窮者を支えていく現場の努力を踏みにじるがごとき
> 政治の動きに対して、内心、憤りを感じている関係者は多いのではない
> かと思います。
> そうであれば、貧困の現場を知っている者として、社会に発信をしてい
> くべきではないでしょうか。団体での発信は難しい場合もあるかもしれ
> ませんが、個々人がSNSなどで意見を述べるのは自由なはずです。
> 貧困問題を本気で解決したいのであれば、「誰が貧困を拡大させている
> のか」という議論を避けて通ることはできないのです。
> 現場レベルで貧困対策を少しでも進めることと、将来にわたる貧困の拡
> 大を防ぐために政治に物を申していくことは決して矛盾していません。

という記事が紹介されています。この中で「今の政治が貧困を拡大させ続けているのは明白です。」とか「一人ひとりの生活困窮者を支えていく現場の努力を踏みにじるがごとき政治の動き」という表現は、まさにサヨクの面目躍如で、まるで牢座敷の某2名のようなサヨクの典型的な考え方がよく表れています。また、>>966 で紹介した藤田さんの発言:

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義(番外4)「有機的知識人」たれ!  [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

6月25日の「mesさん経済談義」サヨクが若い人から見放されるワケこれからの国会における野党の存在意義、本気で考え直さないと居場所がなくなります。(やすえちゃん、わかってください!)」と書いた続きです。mespesadoさんが答えを探し出してきてくれました。

左翼やリベラルが現場に軸足を置き、上部構造の政治と連結して「有機
> 的知識人」であったのなら、日本の貧困問題、社会問題はここまで深刻
> でなかったことだろう。面倒くさがらずに、真面目な活動をしてほしい。

「現場に軸足を置いて上部構造の政治と連結させうる『有機的知識人』たれ!」

初めて聞く「有機的知識人」という言葉に納得、なんとなくわかった気分であらためて検索したら「思索的営為にふけりながらも、思索(=理論)を行動(=実践)に関連づけよ うとして、道徳的な目標を立て、政治的な目的のために支持者をつくり、それらを組織化し、連携・連帯させる精神的活動者」とありました。グラムシ(1891-1937)のintellettuale organico に由来するとのこと。

*   *   *   *   *

964:mespesado :2018/06/27 (Wed) 22:54:41host:*.itscom.jp
経済に関するウヨクとサヨクのルサンチマンの真相について ~
 ウヨクは在日半島人が生活保護の不正受給をしてる。ケシカラン!生活保護の給付対象は日本人に限定しろ!と文句を言う。
 一方のサヨクは大企業や金持ちがうまく税金逃ればかりして、庶民ばかりが正直に税金を搾り取られる。ケシカラン!金持ちからもっと税金を取って再分配しろ!と文句を言う。
 これ、どちらも「政府の支出は国民から払われた税金が財源である」という財務省の虚偽プロパガンダを真に受けて、これを当然の前提にしてるからこんなことを言うわけだ。
 税金なんて国家支出の財源でも何でもない。ハイパーインフレを防ぐための単なる国家自身が発行した通貨の回収に過ぎず、供給過多の日本ではそもそも通貨を回収しなくてもインフレにならないと知れば、こんなシバキ経済を主張する必要もないことがわかるはず。
 すなわち、在日半島人に生活保護を大盤振る舞いしてるというなら、日本人にも生活保護を大盤振る舞いすればよい。これで問題は解決。
 また、大企業や金持ちが税金逃れをしてるというなら、庶民も税金を税金逃れができるようにすればよい、というのも変なので、そもそも税金自体を廃止してしまえばよい。これで問題は解決。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる1億人のための経済談義〈16〉 所信を貫く安倍体制のオトナぶり [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

池田信夫氏がとりあげている『ネオアベノミクスの論点』が出たの3年前。著者の若田部日銀副総裁、当時は早稲田大学教授。いちばん新しいアマゾンレビューが「経済予測が的中している」で★5つです。いわく「出 版は2015年1月であるが、2018年の今読み返してみると、アベノミクスを正しく評価し、将来について的確に予測している。かつ学問的主張が首尾一貫 している。井戸端経済コメンテーターとは一線を画している。結局のところ経済学者は予測的中率が高いことが能力の高さを示す。著者が日銀副総裁に任命され たのは日本経済そして日本国民にとっても僥倖である。」(2018年4月5日)

mesさんの議論から、忖度しつつ身を躱(かわ)しつつ所信を貫く安倍体制のオトナぶりが見えてきます。
*   *   *   *   *

947:mespesado : 2018/06/26 (Tue) 23:17:23 host:*.itscom.jp
 へっぴりごしさんが、池田信夫氏のエッセイ: 財政ファイナンスの何が悪いのか
http://agora-web.jp/archives/2033381-2.html を取り上げていて、私にコメントを振られたので取り上げます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんの経済談義(番外3)サヨクが若い人から見放されるワケ [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

天下りあっせん問題で引責辞任、その後現職時代の出会い系バー頻繁出入りが暴露されつつ、モリカケ問題では反安倍の象徴的存在として目立ちまくっていた前川喜平元文科省事務次官、実は根っからのサヨクであったことが猿都瑠さんによって明らかになります。思い起こせば「新しい歴史教科書をつくる会」の立ち上げが22年前、それまで文科省は何の疑いもなく自虐的歴史観をまかり通させてきたわけで、その中にあったお役人がサヨク的思考であるのは当然と言えば当然です。mesさんはサヨク的思考の根源に踏み込んでイデオロギー的に「善」を口で「主張」することこそが一番大切なことであって、・・・現実問題として何も解決しようとしない》と結論づけます。ポリコレ感覚で洗脳された(われわれ)世代の消滅とともに、サヨクの寿命もそれまでです。これからの国会における野党の存在意義、本気で考え直さないと居場所がなくなります。(やすえちゃん、わかってください!)

*   *   *   *   *

917:mespesado : 2018/06/24 (Sun) 17:27:39 host:*.itscom.jp
>>912
 アハハ…。前川さん、もろに典型的なサヨクだったんですね。
 ここで猿都瑠さんが引用されたツイートの内容、ほとんどのサヨク系論者が判で押したように同じことを主張している、そのまんまじゃないですか!
 しかもこれらの中にサヨクの主張の一番根っこにある発言が出て来ていますね↓

> 個人の尊厳を踏み躙るイデオロギーとは徹底的に闘わなければならない。

 「個人の尊厳」…これ、戦後教育の柱になっているものですが、実は決して「人類普遍の真理」などではないことは私もかつて論じたことがあるし、私もしばしば参照しているブログ「移ろうままに」の管理者の「めい」さんも論じていることです。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - mespesadoさんによる1億人のための経済講 ブログトップ